デジタル世代の身の丈に合った腕時計選び

普通、だけどそれがいい。『プロマスター×mont-bell』はシチズン史上最高傑作だった!

デジタル世代の身の丈に合った腕時計選び

腕時計はなんとなく欲しいけど、何を買っていいのか分からないという読者のために。業界で“ハカセ”と呼ばれる、腕時計ジャーナリスト広田雅将の腕時計選び指南書『デジタル世代の身の丈に合った腕時計選び』。

広田雅将の「デジタル世代の身の丈に合った腕時計選び」連載一覧ページ

 

タウンにもタフにも対応。万人向けの実用時計

日本の時計メーカーにはそれぞれ個性がある。カシオはごつい時計を得意とし、セイコーは高級品を作らせると上手い。ではシチズンはどうか。普通の時計を手がけると、抜群に上手いのである。もちろんシチズンの高級品や、「カンパノラ」といった複雑なモデルにも魅力がある。しかし名は体を表すの通り、普通の人、つまり市民が使う時計のジャンルで、シチズンは他社より頭ひとつぬきんでている。バランスの取れた、実にいい時計を作るのだ。今回取り上げるのは、そんな時計のひとつ、というよりも、シチズン史上最高傑作のひとつ、かもしれない。

筆者が時々買う時計のジャンルに、チタン製のマルチパーパスウォッチがある。見た目はオーソドックスだが、スポーツウォッチ並みの頑強さを持ち、しかも軽くて使いやすい。スイスやドイツにもこういった時計はあるが、筆者の経験を言うと、日本メーカーの物がベストだ。というのも、スイスやドイツの時計メーカーは、チタンという柔らかい素材の加工が、どうも上手くない。仮によくできてても、それらは途方もなく高価なのである。日本のメーカーはチタンの加工が上手いだけでなく、値段も控えめだ。

2016年に発表された、シチズンとアウトドアメーカーのモンベルがコラボレートして作った『プロマスター×mont-bell』は、そういう筆者の好みにどんぴしゃだった。適度な大きさで、防水性能は20気圧、そして軽いチタン製のケースを持ちながらも、価格は3万円台だったのだ。しかし各モデル限定550本。少なすぎると思っていたが、案の定、どの店でも完売とのことだった。筆者は慌ててモンベルの専門店に出かけたが、ついぞ手に入れることができなかった。

シチズン プロマスター×mont-bell 価格:3万7800円 シチズンお客様時計相談室 TEL:0120-78-4807

2016年に発表された限定版をレギュラー化。チタン製の2ピースケースに、光で発電する「エコ・ドライブ」を採用する。アウトドアでの使用を考慮して、ケースは軽く薄く作られている。20気圧防水という性能も十分以上だ。価格は驚異的で、レザーストラップのモデルは3万8880円(ナイロン替ストラップ付)、チタンブレスでも4万3200円だ。エコ・ドライブ。Tiケース。20気圧防水。

筆者以外にも悔しがる人は多かったのだろう。今年、シチズンはこのモデルのレギュラー化を決めた。違いは、ストラップが茶色になったことのみ。それ以外、何も変わっていない。

このモデルの魅力は、実用時計として、理想的なパッケージングを持つ点にある。ケースのサイズは、直径39.75mm、厚さ11.65mmと、普段使いにジャストだ。また時計をひっくり返せば分かるが、このモデルは、裏蓋とボディを一体加工した2ピースケースを持つ。裏が滑らかなため装着感は良いし、裏蓋がないためケースはいっそう頑強なのだ。加えて表面に硬化処理の「デュラテクトTIC」を施してあるため、傷もつきにくい。

▲このモデルの魅力が、アウトドアウォッチらしい高い視認性。針はやや細いが、大きなインデックスを持つため、時間はかなり読み取りやすい。

裏蓋を持たない2ピースケースにできた理由は、このモデルが光で発電する「エコ・ドライブ」のためだ。光を当てれば時計が動き出すため、エコ・ドライブは、交換バッテリーを持たない。そのためバッテリーにアクセスする裏蓋を省けたのである。

▲驚くべきは、裏蓋を持たないこと。防水性は高まるが、製造コストは上がる。3万円台という価格で2ピースケースを採用したのは驚異だ。

またこのモデルは、電波を受信して時間を修正する機能を持たない。月に1度は時間を合わせなければならないが、値段は抑えられた。上位機種の『PMD56-2952』は電波受信機能と曜日表示を持つが、価格は約倍だ。機能を押さえて買いやすくしたのは、いかにもシチズンらしい。

文字盤の下に太陽電池の「ソーラーセル」を持つエコ・ドライブは、文字盤がポリカーボネート製である。そのため金属文字盤のような高級感は与えにくいが、価格の割に作りはいい。少なくとも、プラスチックっぽい、テカテカした光り方をしないのは好感が持てる。ギザギザ加工を施したリュウズも、丁寧な加工を証明するかのように、肌を刺激しない。こういう細やかな配慮は、日本メーカーならではだろう。

昨年、筆者はこの限定版を買いそびれた。今年のモデルは非限定だが、すぐ売り切れてしまったら困る。というわけで、見た瞬間注文してしまった。時計を衝動買いする習慣はないが、このモデルは例外だ、というのも、普段使いに最高のパッケージングを持ち、しかもチタンケースとエコ・ドライブが乗っているのに、価格はたった3万8880円なのである。つくづく上手い時計と感心させられた、『プロマスター×mont-bell』。こんな時計を作れるシチズンは、本当にイイ会社だと思う。

文/広田雅将 撮影/下城英悟(GREEN HOUSE)

広田雅将(ひろたまさゆき):1974年生まれ。時計ライター/ジャーナリストとして活動する傍ら、2016年から高級腕時計専門誌『クロノス日本版』の編集長を兼務。国内外の時計賞の審査員を務めるほか、講演も多数。時計に限らない博識さから、業界では“ハカセ”と呼ばれる。

『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋

(モンベル)mont-bell ウインドブラスト パーカ Men's 1103242 ネイビー/バーントオレンジ(NV/BO) L

The post 普通、だけどそれがいい。『プロマスター×mont-bell』はシチズン史上最高傑作だった! appeared first on デジノ杜.

バウハウス最後の巨匠、マックス・ビルが手掛けた腕時計に至高の機能美を見た

デジタル世代の身の丈に合った腕時計選び

腕時計はなんとなく欲しいけど、何を買っていいのか分からないという読者のために。業界で“ハカセ”と呼ばれる、腕時計ジャーナリスト広田雅将の腕時計選び指南書『デジタル世代の身の丈に合った腕時計選び』。

広田雅将の「デジタル世代の身の丈に合った腕時計選び」連載一覧ページ

 

時計史に残るデザインウォッチの先駆け

ユンハンスの「マックス・ビル」は、時計マニアも初心者も好き、という不思議な時計である。その初出は1956/’57年。当初は磁器製のキッチンタイマーだったが(ユンハンスはキッチンタイマーでも名声を博していた)、大ヒットを受けて、’59年には壁時計が、’62年には腕時計が追加された。デザイナーは「バウハウス最後の巨匠」と言われるマックス・ビル。彼はデザイン要素をそぎ落とし、文字盤を大きくすることで、ユニークで見やすいデザインを与えてみせた。ちなみにニューヨーク近代博物館(MOMA)には、マックス・ビルのキッチンタイマーが収蔵されている。MOMAによる評価は次の通り。「(このキッチンタイマーは)スイスとドイツ工作連盟の精神に根ざしており、デザインを通じて、完璧なフォルムと道徳的な目的を満たした理想的な例である」。生産性とデザインを高度に両立させた試みが、マックス・ビル以前に希だったと思えば、べた褒めは当然だろう。

理由は、デザインスタジオ・バウハウスの姿勢にあった。それ以前のデザイン教育と異なり、バウハウスはデザイナーたちに、工業的な教育を体系的に施した。結果、バウハウスのデザイナーたちは、生産性を考えながら、デザインできるようになったのである。そのもっとも成功した例が、マックス・ビルの腕時計だろう。

ベルトを支える4本のラグは、金型で抜きやすくするため細くされ(後には短く詰められた)、ケースをシンプルに作るため、裏蓋は可能な限り深くされた。また時間を示すインデックスも、コストのかかる別部品ではなく値段の安い印刷仕上げである。しかもマックス・ビルは、デザイン全体をシンプルにすることで、時計を安っぽく見せなかった。マックス・ビルとは、モダンで時間が見やすいだけでなく、作りやすく買いやすい時計だったわけだ。事実、マックス・ビルの価格は、その名声にもかかわらず控えめだ。クォーツモデルの値段は、税別8万9000円。マックス・ビルは、工業デザイナーとしての才能をこの時計で遺憾なく発揮したのである。

現在のマックス・ビルコレクションは、手巻きと自動巻き、そして自動巻きクロノグラフを載せたものと、そしてクォーツムーブメントを載せたもの、そしてクロックに分かれている。バリエーションが多いため選ぶのは迷うが、個人的なお勧めは手巻きモデルの『027 3702 00』だ。

JUNGHANS Max Bill by Junghans Hand Wind 027 3702 00 価格:11万円 ユーロパッション TEL:03-5295-0411

「バウハウス最後の巨匠」こと、マックス・ビルがデザインを手がけた腕時計。初出は1962年だが、デザインはほぼ変わっていない。直径は34mmと小ぶりだが、ベゼルを細く絞った結果、文字盤の面積は拡大。またドーム状の文字盤に合わせて、分・秒針の先端を曲げたため、視認性は非常に高い。手巻き。SSケース。3気圧防水。

理由は3つある。まずは’62年発表のファーストモデルにサイズが一番近いため。また文字盤のデザインも第一作にほぼ同じで、つまりこのモデルがマックス・ビルデザインの忠実な後継者と言える。加えてこのモデルは、ゼンマイを巻き上げるローターがないため、薄くて軽く、着けやすいのである。装着感だけを言えばベストはクォーツモデルだ。しかし手巻きとあまり値段が変わらないのだから、手巻きの方がお得だろう。

▲風防と裏蓋を盛り上げて、ケースを細く見せるのは1940年代から’60年代の時計に見られるデザイン手法。そのため約8mmという薄いケースは、いっそう薄く感じられる。

もっとも弱点はある。オリジナルデザインを踏襲したため、手巻きモデルには日付表示がないのである。時計は日付表示付きがいいという人には、自動巻きかクォーツモデルをお勧めしたい。また手巻きのため、一日に一回ゼンマイを巻かないと時計は止まってしまう。毎日時計のゼンマイを巻くのは楽しいが、慣れない人には面倒だろう。またプラスチック製の風防は、気をつけないと傷がつきやすい。マックス・ビルが採用する風防には傷つきにくい加工が施されているが、最新のサファイア製風防と比較してはいけない。もっとも、傷がついたら歯磨き粉で磨けばいいだけだから、さほど心配する必要はなさそうだ。

▲手巻きのメリットが、比較的フラットなケースバック。ねじ込み式のため、防水性もまずまずだ。また飛び出したリュウズも引き出しやすい。

マックス・ビルの魅力とは、シンプルで時間が見やすいだけでなく、手の届くプライスで、ずっと使えるデザインを持つ点にある。これより高価な時計にも、いわゆる定番はある。しかし10万円という価格帯で、古びない昔のデザインを持つのは、マックス・ビルしかなさそうだ。なるほど手に取ると、レトロモダンという言葉ではくくれない、練られた製品ならではの「まとまり感」がある。この時計が、初心者だけでなく、コアな時計ファンに愛されてきたのも納得ではないか。

文/広田雅将 撮影/下城英悟(GREEN HOUSE)

広田雅将(ひろたまさゆき):1974年生まれ。時計ライター/ジャーナリストとして活動する傍ら、2016年から高級腕時計専門誌『クロノス日本版』の編集長を兼務。国内外の時計賞の審査員を務めるほか、講演も多数。時計に限らない博識さから、業界では“ハカセ”と呼ばれる。

『デジモノステーション』2017年10月号より抜粋

正規輸入品・マックスビルMax Bill by Junghans Hand wind 027 3702 00

The post バウハウス最後の巨匠、マックス・ビルが手掛けた腕時計に至高の機能美を見た appeared first on デジノ杜.

「おみやげ時計」と侮るなかれ。プロも認めるスイス製モンディーンの実力

デジタル世代の身の丈に合った腕時計選び

腕時計はなんとなく欲しいけど、何を買っていいのか分からないという読者のために。業界で“ハカセ”と呼ばれる、腕時計ジャーナリスト広田雅将の腕時計選び指南書『デジタル世代の身の丈に合った腕時計選び』。

広田雅将の「デジタル世代の身の丈に合った腕時計選び」連載一覧ページ

 

専門家にも好まれるモンディーンの実力

時計好きならば、モンディーンという名前は聞いたことがあるだろう。スイス国鉄の駅時計を模した、ウォッチやクロックを作るメーカーである。いかにもスイスっぽいデザインの時計が魅力で、筆者は何度目かのスイス取材のとき、ジュネーブの土産物屋で買った。しかしこれを、ベタなお土産時計と考えるのは早計だ。

▲モンディーンのベースとなったのは、スイス国鉄のいわゆる「駅時計」。チューリヒ駅のモンディーン ミーティングポイントは、同駅を代表する待ち合わせスポットである。

時計ジャーナリストの端くれとして見ると、モンディーンの魅力は、スイスっぽいデザインが、決して飾りになっていない点にある。太い時分針と赤い秒針のおかげで時間が見やすい上、薄くて軽いため、長時間付けてもストレスにならないのだ。だから意外にも、時計関係者にモンディーン好きは少なくない。

フランソワ=ポール・ジュルヌといえば、泣く子も黙る世界屈指の独立時計師である。かつて彼に、腕に巻いているモンディーンを見せてくれ、といわれた。人の時計に興味を示さない彼が、モンディーンを見たがるのは意外だった。彼は筆者の時計を一通りチェックした後、こう評した。「モンディーンはよく考えられた時計だね。新作のヒントを得たよ」。モノにうるさいジュルヌが、人の時計を褒めたのはたぶん初めてだろう。あるメーカーのプロダクトマネージャーも、やはり筆者のモンディーンを見て「これは見やすくていいね。個人用に買う」と激賞していた。つまりプロに褒められるほど、モンディーンの時計はちゃんとしているわけだ。

もっともこれには理由がある。モンディーンは創業1951年の結構な老舗であり、タフなスポーツウォッチで知られるルミノックスも今やその傘下だ。同社がきちんとした実用時計を作れるのも納得ではないか。

モンディーンには様々なモデルがあるが、今回取り上げるのは、ベーシックな「ニュークラシック デイデイト メンズ ホワイトダイアル」である。

モンディーン ニュークラシック デイデイト メンズ ホワイトダイアル ブラックレザー A667.30314.11SBB 価格:3万1000円 yDKSHジャパン TEL:03-5441-4515

モンディーンの中で、もっとも標準的なモデル。3時位置にデイデイトを持つため、実用性は高い。またケースの直径が36㎜、厚さは8mmしかないため、取り回しも実に優秀だ。ムーブメントは汎用のロンダ製クォーツ。そのため、どこでも修理可能である。個人的な希望をいうと、ブレスレット付きのモデルがあればなお望ましい。3気圧防水。

このモデルを選んだのには理由がある。機械式ムーブメントを載せたモデルも完成度は高いが、値段が10万オーバーのため却下。実用性を考えるとクロノグラフやアラーム付きのモデルもありだが、ケース厚が11mを超えるので選ばなかった。10気圧防水の「スポーツライン メンズ デイデイト」はどこでも使える魅力的な時計だが、直径が40mmと筆者にはやや大きかった。また10気圧防水ならば、風防の素材はミネラルではなく、硬くて割れにくいサファイアクリスタルにすべきだろう。ラージデイトは圧倒的に見やすいが、日付をちゃんと修正しないと、32日や33日が表示されてしまうのは気に入らない。結果、一番ベーシックな本作が残った。

とはいえ、このモデルには「素時計」ならではの魅力がある。ケースの直径は36mm、厚さも8mmしかないため、シャツの袖に引っかからないのだ。また37gと軽いため、ストレスも感じにくい。加えて本作には、現行品では珍しいデイデイト表示(日付・曜日表示)がついている。実用時計としては、十分以上ではないか。それに機械式でないため、磁気帯びで壊れる心配も少ないはずだ。

もっとも、意地悪く見ると、この時計にも弱点はある。ひとつは、秒針の動きがはっきりしないこと。搭載するロンダのクォーツは、ETAなどに比べてトルクが弱い。そのため太い秒針を動かすと、先端がわずかにぶれるのだ。もっともオタクしか見ない些細な弱点だから、普通の人は気にならないだろうが。そしてもうひとつが、風防がミネラルガラス製であること。ミネラルでも問題はないが、硬いサファイアクリスタルならば、実用性は上がったはずだ。価格は最低でも数千円は上がるだろうが、同グループのルミノックスもサファイア製の風防を使うようになったのだ。モンディーンにも採用を期待したい。

▲高い視認性をもたらす、太い針とインデックス、そして赤い秒針の組み合わせ。インデックスも、プリントではなく立体的だ。

今や日本やスイス製を筆頭に、どの時計も素晴らしい完成度を持つ。しかしモンディーンのように普通に使える「素時計」は、もはや絶滅危惧種だろう。正直、モンディーンには、一種の土産物感がつきまとう。しかし色眼鏡を外してみたら、実に素敵な時計なのだ。個人的な意見を言うと、ダニエル・ウェリントンを買うよりも、モンディーンを着けた方がずっとスマートに見えるだろう。

広田雅将/1974年生まれ。時計ライター/ジャーナリストとして活動する傍ら、2016年から高級腕時計専門誌『クロノス日本版』の編集長を兼務。国内外の時計賞の審査員を務めるほか、講演も多数。時計に限らない博識さから、業界では“ハカセ”と呼ばれる。

文/広田雅将  撮影/下城英悟(GREEN HOUSE)

※『デジモノステーション』2017年9月号より抜粋

The post 「おみやげ時計」と侮るなかれ。プロも認めるスイス製モンディーンの実力 appeared first on デジノ杜.