デッドプール

デッドプール、続編のティーザー動画でボブ・ロスに扮する!?【映像】

Filed under: ,

ライアン・レイノルズと映画『Deadpool 2』(タイトル未定)チームの悪ふざけには何らかの筋道があるはずだが、我々にはまだつかみ切れていない。同作のR指定の本編『デッドプール』が2016年に公開される前からすでに、ライアンと20世紀フォックスは、この異色のマーベルアンチヒーローを宣伝するのにユニークな方法を見つけていた。予告編やお決まりのポスターだけに頼るのではなく、デッドプール自身にふさわしいパロディやおどけた写真撮影、クレイジーな悪ふざけも活用しているのだ。

I love the smell of turpentine in the morning. #Deadpoolpic.twitter.com/r1fUsfPfoR

- Deadpool Movie (@deadpoolmovie) 2017年11月15日 「朝のテレピン油の香りが大好きです」 例えば、最近公開されたティーザー動画では、デッドプールに扮したライアンが米国のテレビ番組『ボブの絵画教室』で人気だった画家ボブ・ロスの物まねを披露した。 彼は、性的にきわどい言葉も発しつつ、例の「幸せな木」を描き、色の使い方を教えている。楽しくてふざけた動画だが、我々にも予想のつく展開だったのかもしれない。というのも、これまでに2つのヒントが与えられていたのだ。1つは1月17日のツイート(職場での閲覧注意)で、ライアンがロスへの称賛を独特な詩的表現で述べている。

Bob Ross is very calming. 5 min into this show, it feels like you've been fucked to death by a thousand pillows. pic.twitter.com/UMazluwLui

- Ryan Reynolds (@VancityReynolds) 2017年1月17日 「ボブ・ロスはすごく癒やしを与えてくれる。この番組を5分見ると、枕の海で死ぬほどフ○○クされた感じがする」 ティーザー動画が公開された11月15日以来、ライアンはこのツイートを一番上に固定している。おそらく、単にそのふざけた(でも実は的確な)着眼をしていたことを喜んでいるだけでなく、ずっと前からそのヒントを発していたと言いたいのだろう。 もう1つのヒントは最近のもので、11月9日に公開された最初のポスターに込められていた。ノーマン・ロックウェルが描いた1943年の絵画『欠乏からの自由』中の人物を『Deadpool 2』のキャストにすり替えたものだ。そのパロディー画がティーザー動画にも登場しており、ボブ・ロスとうまくリンクしている。 この絵が公開された時は、何を意味しているのか謎だった。彼らは今後数ヶ月のうちにさらなる仕掛けを繰り出してくるであろうから、見逃さないように注意するとしよう。 『Deadpool 2』は2018年6月1日に米国公開予定だ。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

ザジー・ビーツ、『デッドプール2』撮影中に亡くなった女性スタントに対し手書きの追悼コメントを投稿

Filed under: , , ,

『デッドプール2(仮題)』の撮影中、自身のスタントの女性が死亡したザジー・ビーツが、今月14日に起きた事故について声明を発表した。 ドミノに扮するビーツは、17日、自分のスタント役で事故死したジョイ・"SJ"・ハリスさんに捧げる手書きのメッセージをインスタグラムに投稿した。事故発生から数日経ってからのメッセージとなったことについて、ビーツはその気持ちを表す言葉を見つけるのに苦心していたと綴っている。投稿されたメッセージは意義深く、深い悲しみが込められたものになっている。

Zazieさん(@zaziebeetz)がシェアした投稿 - 2017 8月 16 9:40午後 PDT

「今週月曜日、不慮の事故で仲間を失いました─ジョイ・SJ・ハリスさん。この二日間、私の心の痛みは増すばかりで、一体何と言ったらいいのか、何をすればいいのか、その答えを見つけようとしていました。でも、私のこの思いなど、ご家族やご友人の悲しみに比べれば、ほんの些細なものです。心よりお悔やみ申し上げます。本作品のキャスト、スタッフ一同、ご冥福をお祈りするとともに、一日も早く皆様の心の痛みが癒えるよう願っております」 エンタメ情報サイト『Deadline』によると、自らのスタントを務めたハリスさんが亡くなったことで、ビーツは特に大きな衝撃を受けているとみられる。今回の事故について声明を出したのはビーツの他に、ライアン・レイノルズも事故直後にツイッターに投稿しており、「胸が痛む。ショックでやりきれない気持ちだ」と記し、ハリスさんに近しい人々の心情は察するに余りあると続けている。 映画の撮影は先週水曜日まで中止となり、その翌日の木曜日にキャストとスタッフがハリスさんを追悼する黙祷を捧げた後再開された。 『デッドプール2(仮題)』はアメリカで2018年6月1日公開予定。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

『Deadpool 2』ケーブル役ジョシュ・ブローリンが変身の様子を公開

Filed under:

先日、『デッドプール』最新作である『Deadpool 2』(原題)の撮影現場の画像が初めて公開されたが、そこにはジョシュ・ブローリンの姿は映っていなかった。 そこで今回は、ブローリン本人がインスタグラムで画像を公開。自身が演じるケーブルに変身する様子をファンに披露した。ブローリンいわく、「機械的で、凶暴で、短い髪と機械化された腕に強靭な筋肉を持つ何者かに変身」しているところとのことだが、これは、タイムトラベルを得意とするタフなキャラクター、ケーブルに変身するため、顔の型を取っている最中の写真だ。 原作コミックのファンにとってケーブルは馴染み深いキャラクターで、デッドプールの敵としても味方としても登場する。今回、どちらで登場するにせよ、主演のライアン・レイノルズの他、ザジー・ビーツ、ジャック・ケシー、レスリー・アガムズらと共にブローリンを見るのが楽しみである。 『Deadpool 2』は、2018年6月1日に全米公開予定だ。

Insanity on the brink. Face is morphing into something machine, fierce, hair sliced, arm machined, bulged. Where is Deadpool?!? Looking. Looking. All I got are these two...molding me, prodding, turning me into something hard. @bcorso #mikesmithson #deadpool #ivebeencabled #cableswole @weprevail

Josh Brolinさん(@joshbrolin)がシェアした投稿 - 2017 6月 28 10:04午前 PDT

「すごいことが起こるぞ"彼はこうコメントしている。"顔が機械的で、凶暴で、短い髪と機械化された腕に強靭な筋肉を持つ何者かに変身しているところだ。デッドプールはどこだ?探せ、探せ。ここにいるのは2人だけ・・・僕の顔の型を取って、別人に変えようとしている2人だ」 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink