トムクルーズ

ジョセフ・コシンスキー監督、『トップガン』の続編『Top Gun: Maverick』の展望を語る

Filed under: , , ,

AOLの映画サイト『Moviefone』は、消防士たちを巡るドラマを描いたジョセフ・コシンスキー監督の新作映画『Only the Brave』(原題)に関して同監督に話を聞いた際、彼が手掛ける待望の次期作品『Top Gun: Maverick』(原題)についても質問を投げかけてみた。 『トップガン』(1986年)の続編となる同作は、SFアクション映画『オブリビオン』でコシンスキー監督と組んだトム・クルーズが帰ってくることと、2019年7月12日に米国公開予定であること以外、分かっている情報は少ない。しかし、今回のインタビューでコシンスキー監督から、彼の映画で長年撮影を務めてきたクラウディオ・ミランダと再び組みそうなこと(「クラウディオが撮影する」と話していた)、続編の音楽に関する取り組み、脚本を務める人物、そして本編に続き続編も監督する予定だったトニー・スコットが自殺前に構想していた要素を取り入れるか否かについて、新たな情報を得ることができた。Moviefone:音楽についてはもうお考えですか?コシンスキー監督:本編のメロディーがすごく気に入っている。ハロルド・フォルターメイヤーが本編で手掛けた音楽が大好きなんだ。オリジナルの音楽をたくさん聞いているよ。歌自体ではなく音楽をね。そのメロディーやサウンドを続編に取り入れようというのは名案だと思うから、そのための方法を探っている。ダフト・パンク(同監督の『トロン:レガシー』の音楽を担当)、M83(『オブリビオン』の音楽を担当)と来て、フレンチディスコアーティストのカードは尽きそうです。 ああ、フレンチディスコが『トップガン』の音楽にふさわしいかは分からないが。このプロジェクトを新たな観客に向けて現代化するという、実にユニークな機会を手にしましたね。 そのとおりだ。ノスタルジアは本当に強い力を持っているが、それを頼みにしたくはない。だが、この作品のメロディーやサウンドには、非常に象徴的な部分がある。続編の新しいストーリーを助けるような形で取り入れる方法を考えないといけない。トムと再び組むのは楽しみですか? もちろんだよ! 特にこの役はトムにとって、彼がこれまでに演じたどの役よりも大切なものだ。失敗のないようにしたい。トニー・スコットは生前、『トップガン』の続編に取り組んでいました。その資料などをご覧になりましたか? トニーの草案は見ていない。実は初めからやり直したんだ。『Only the Brave』の脚本エリック・ウォーレン・シンガーが書いた、全く新しい草案でね。今、それに沿って進めているところだ。 コシンスキー監督の『Only the Brave』は10月20日から全米公開されている。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

トム・クルーズが「偽尻」疑惑を完全否定!

Filed under: , , , , , ,

トム・クルーズは誰もが認めるイケメンで、ユーモアのセンスも兼ね備えた大スターだが、このところ、カーダシアン級のヒップの持ち主との噂も浮上している。 自身の最新作『バリー・シール/アメリカをはめた男』のPR活動中のクルーズ。今年の夏からネットで噂の偽尻について聞くのにもってこいのタイミングだ。ちなみに今回の噂は新作映画には全く関係がなく、2008年の「ワルキューレ」 から出たものである。まずは、以下のツイートをご覧頂きたい。

hello, please, i present the theory that for one single shot in Valkyrie (2008), at 5:12, tom cruise wears a fake butt. observe: pic.twitter.com/Tw6yTbsQUe

- swizz keats (@iluvbutts247) 2017年8月20日 「2008年の『ワルキューレ』の開始5分12秒のクルーズのお尻は、ヒップパッドを使った偽尻だという説を提唱したい。意見求む」 映画情報サイト『Screen Rant』は、思い切ってクルーズに、このシーンで尻を偽装するような何かを本当に着けていたのかと尋ねた。すると、クルーズは、自分のお尻がネットでネタにされていると知らなかった様子だった。しかし、撮影ではスタントを使わず何でも自分でこなすのが彼のプライドなので、偽尻疑惑についてもこうコメントしてくれた。 「『ワルキューレ』では何も着けてなかったよ、絶対にね」 こんなバカバカしい噂話にも、ちゃんと答えてくれたのだ。その上、バカ話にも付き合ってくれた。 突然、前触れもなく尻の話を始めたように見えるが、実は『バリー・シール/アメリカをはめた男』に関係があるのだ。同サイトによると、本作でクルーズ演じる役柄には、自分の家族にお尻を見せるというギャグがあるらしい。このギャグについて質問され、クルーズはどんなシーンもスタントなしで演じたことを宣言してくれた。 「あれは僕だよ。CGじゃなく、自分でやった。映画の中で自分のお尻を出したんだ。ちゃんと宣伝しておいてよ、僕は自分で尻も出せるのさ」 走ったり、ジャンプしたりするシーンはもちろん、お尻も自分で出すのだ。しかし、『ワルキューレ』で見せた超ド級のお尻の原因は今も分からない。今後、"トムのお尻"がセレブたちの整形手術のリクエストに加わるかもしれない。 『バリー・シール/アメリカをはめた男』は、9月29日に全米で公開される。(2017年10月21日に日本公開予定) ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

トム・クルーズが「偽尻」疑惑を完全否定!

Filed under: , , , , , ,

トム・クルーズは誰もが認めるイケメンで、ユーモアのセンスも兼ね備えた大スターだが、このところ、カーダシアン級のヒップの持ち主との噂も浮上している。 自身の最新作『バリー・シール/アメリカをはめた男』のPR活動中のクルーズ。今年の夏からネットで噂の偽尻について聞くのにもってこいのタイミングだ。ちなみに今回の噂は新作映画には全く関係がなく、2008年の「ワルキューレ」 から出たものである。まずは、以下のツイートをご覧頂きたい。

hello, please, i present the theory that for one single shot in Valkyrie (2008), at 5:12, tom cruise wears a fake butt. observe: pic.twitter.com/Tw6yTbsQUe

- swizz keats (@iluvbutts247) 2017年8月20日 「2008年の『ワルキューレ』の開始5分12秒のクルーズのお尻は、ヒップパッドを使った偽尻だという説を提唱したい。意見求む」 映画情報サイト『Screen Rant』は、思い切ってクルーズに、このシーンで尻を偽装するような何かを本当に着けていたのかと尋ねた。すると、クルーズは、自分のお尻がネットでネタにされていると知らなかった様子だった。しかし、撮影ではスタントを使わず何でも自分でこなすのが彼のプライドなので、偽尻疑惑についてもこうコメントしてくれた。 「『ワルキューレ』では何も着けてなかったよ、絶対にね」 こんなバカバカしい噂話にも、ちゃんと答えてくれたのだ。その上、バカ話にも付き合ってくれた。 突然、前触れもなく尻の話を始めたように見えるが、実は『バリー・シール/アメリカをはめた男』に関係があるのだ。同サイトによると、本作でクルーズ演じる役柄には、自分の家族にお尻を見せるというギャグがあるらしい。このギャグについて質問され、クルーズはどんなシーンもスタントなしで演じたことを宣言してくれた。 「あれは僕だよ。CGじゃなく、自分でやった。映画の中で自分のお尻を出したんだ。ちゃんと宣伝しておいてよ、僕は自分で尻も出せるのさ」 走ったり、ジャンプしたりするシーンはもちろん、お尻も自分で出すのだ。しかし、『ワルキューレ』で見せた超ド級のお尻の原因は今も分からない。今後、"トムのお尻"がセレブたちの整形手術のリクエストに加わるかもしれない。 『バリー・シール/アメリカをはめた男』は、9月29日に全米で公開される。(2017年10月21日に日本公開予定) ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

『M:I6』撮影中に起こったトム・クルーズの負傷、実は前日リハでスタントマンも同じジャンプに失敗していた事が明らかに

Filed under: , , , , ,

トム・クルーズが『ミッション:インポッシブル6』のスタント中に骨折し、少なくとも6週間、撮影が中断される事となった。 数々のスタントを自らこなしてきたトム・クルーズ。映像は、そんなトムが、ビルの屋上から隣のビルへ飛び移ろうとしたものの、飛距離が足りずに飛び移ろうとしたビルの側面に身体を強打してしまう瞬間を捉えている。米『Variety』がある情報筋の話として伝えるところによると、足首を骨折した上、臀部も負傷したという。以下はトムによるその時のスタントの映像だ。

Tom Cruise gets injured doing a stunt for #MI6 Looks like he jumped to soon. pic.twitter.com/tgT0BPXHas

- BATMAN (@Batmancanseeyou) 2017年8月13日 そして、英『Mirror』の最新の情報によると、この日の前日に行われたリハーサルで、代役のスタントマンが同じスタントに挑戦し失敗していたという。 目撃者は次のように語っている。「トムの負傷の映像を観たけど、昨日これと全く同じ事がスタントマンの身に起こった・・・スタントマンは、身体を守るために何か服の中に入れていたから、そのお陰で大丈夫だったはずだけど、トムは何か仕込んでいたんだろうか。(怪我の前日に)スタントマンがジャンプして、壁に当たって跳ね返ったのを見た」 『ミッション:インポッシブル6』は、予定通り、米国で2018年7月27日に公開されるとのことだ。 ■参照リンクhttp://www.mirror.co.uk/http://www.moviefone.com/

Permalink

『トップガン』続編の監督と公開日が決定!

Filed under: , , ,

パラマウント映画は、1986年の名作の続編『トップガン:マーヴェリック』(原題)の米国での公開日を2019年7月12日と発表した。映画・エンターテインメント情報サイト「Deadline」 が確認した情報によると、このほかに『トロン: レガシー』の監督だったジョセフ・コシンスキーがメガホンを取り、『オブリビオン』で監督と主演の間柄だったトム・クルーズと再びタッグを組むことになった。 「Deadline」はさらに、クルーズ演じる「マーヴェリック」は、血気盛んな若いパイロットたちに飛び方を教える訓練教官になっていると伝えている。 一番最近の情報では、撮影が来年から始まるだろうとクルーズが記者に語っていたこの映画だが、詳細はもう少し待たねばならないようだ。ただ、公開日から逆算すると、2019年夏のロードショーに間に合わせるには、来年中には製作開始するのが妥当だろう。 去る2015年に、スカイダンス・プロダクションズのデヴィッド・エリソンCEOがエンタメニュースサイト「Collider」に、脚本家のジャスティン・マークスが続編では「マーヴェリックに最高の役どころ」を用意していると話していた(Deadlineの続報では、脚本を担当するのはピーター・クレイグとジャスティン・マークス、それにアシュリー・エドワード・ミラーとザック・ステンツが加わるという)。7月3日の誕生日を迎えて御年55歳になったクルーズだが、依然として『ミッション・インポッシブル』シリーズの時のように自分でスタントをこなすつもりだと伝えられている。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』に酷評、「トム・クルーズが手掛けてきた中で最低の映画」との評価も・・・

Filed under: , , ,

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(7月28日に日本公開予定)のレビューが続々と届いているが、評論家たちは容赦なしだ。「トム・クルーズが手掛けてきた中で最低の映画」との評価もあるくらいだ。 80年代の駄作と言われる『カクテル』よりも出来が悪いようで、別の評論家からは「魂のない、退屈で面白くない失敗作」との評価もあった。 ユニバーサルのモンスター映画シリーズ「ダーク・ユニバース」では、『フランケンシュタインの花嫁』、『狼男』、『ドラキュラ』などの作品のリブートも控えているが、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』は良いスタートを切ったとは言い難い。映画評論サイト「ロッテン・トマト」の現在の評価は27%となっている。この映画の、非常に厳しいレビューの一部を紹介しよう。

it pains me to report that THE MUMMY is *by far* the worst movie Tom Cruise has ever made. my review: https://t.co/dAVnjEkzn9pic.twitter.com/RuV9wD3j0d

- david ehrlich (@davidehrlich) 2017年6月7日 「『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』が、トム・クルーズが手掛けてきた中で最低の映画だと報告するのは心苦しい」

The Mummy is a joyless and soulless bore of a disaster. Nothing about the movie works, and I hate it for even TRYING to be like Indy

- Devindra Hardawar (@Devindra) 2017年6月7日 「『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』は、魂のない、退屈で面白くない失敗作だ。うまくいっている部分は1つもない。『インディ・ジョーンズ』風にしようとしているところが嫌いだ」

The Mummy made me so angry at how it treats women that I nearly ripped my notebook in half so... yeah.

- Clarisse Loughrey (@clarisselou) 2017年6月7日 「『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』の中での女性の扱いが悪かった。怒って私のノートを半分に引き裂くところだったわ」

Brendan Fraser as he sees all the bad reviews for The Mummy pour in. pic.twitter.com/LCI7ugoTdk

- Rebecca Pahle (@RebeccaPahle) 2017年6月7日 「『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』の酷評全てに目を通した(『ハムナプトラ』の)ブレンダン・フレイザー」

There are some dumdum moments in 'The Mummy' but I'd take this crew over 'Alien: Covenant' dumdums any day. @ScottWamplerBMD thoughts?

- Dr. Claw, MD (@DrClawMD) 2017年6月7日 「『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』にはくだらないシーンがいくつかあるが、このクルーを『エイリアン:コヴェナント』のくだらないシーンの中に連れて行こう」 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink