トヨタ

東京モーターショー2017で絶対に見るべき「コンセプトカー」5選

本日から一般公開が始まる『東京モーターショー2017』。自動車好きにはたまらないイベントだが、2017年も多くのユニークな車両が展示されている。

そんな車両の中でも毎年話題になるのが、各社が出す「コンセプトカー」だ。

 

■コンセプトカーとは

コンセプトカーとは、ざっくり言うと「こんなイメージを持って次世代の車両を開発していますよ」といったものがわかるクルマ。

あくまでイメージではあるものの、見るだけで夢が広がるようなワクワクしてしまうクルマばかり。

しらべぇ編集部イチオシの、絶対に東京モーターショー2017で見ておくべきコンセプトカーをいつつ選び、紹介したいと思う。

 

①まさに「未来型ジムニー」!? スズキ『イー・サバイバー』

スズキの『イー・サバイバー』は、スズキの4WD車の流れを汲んだ、未来のコンパクトSUV。

EVの未来性とスズキ4WDの無骨さを兼ね備えたフォルムは、まさに「未来型ジムニー」と呼ぶべきスタイルだろう。

事故や渋滞も防げてお金も稼げる? トヨタの『未来型ドラレコ』がアツすぎる

最近は「あおり運転」によるトラブルが全国で相次ぎ、運転中に周囲を録画できる『ドライブレコーダー』(ドラレコ)の需要が高まっている。

わざと事故を起こして揉めようとする悪質なドライバーもいることから、警察沙汰になったときにもドラレコは非常に重要な証拠となるのだが、気になるのはやはり設置費用。

 

■ドライバー待望のドラレコをトヨタが開発中

安いものでも数千円、取り付け料を含めると数万円になることも多いため、安全になるとしても付けることをためらってしまうドライバーもいる。

そんな人たち待望のドラレコをトヨタが開発していることが判明。

そのドラレコが展示されていたのは、10月27日から一般公開が始まる『東京モーターショー2017』のトヨタブースだ。

 

■渋滞情報もわかるドラレコ

いったいトヨタが開発しているドラレコのなにがスゴいのかというと、まずクラウド上にドラレコで撮影した情報を常時アップロードすることにより、渋滞情報もわかること。

しかも一般的なナビでわかる渋滞情報は道路全体の混雑具合しかわからないが、これはドラレコで撮影した動画をもとに渋滞情報がわかる。

そのため、ナビ以上の速度でレーンごとの渋滞情報も把握することができるのだ。

事故や渋滞も防げてお金も稼げる? トヨタの『未来型ドラレコ』がアツすぎる

最近は「あおり運転」によるトラブルが全国で相次ぎ、運転中に周囲を録画できる『ドライブレコーダー』(ドラレコ)の需要が高まっている。

わざと事故を起こして揉めようとする悪質なドライバーもいることから、警察沙汰になったときにもドラレコは非常に重要な証拠となるのだが、気になるのはやはり設置費用。

 

■ドライバー待望のドラレコをトヨタが開発中

安いものでも数千円、取り付け料を含めると数万円になることも多いため、安全になるとしても付けることをためらってしまうドライバーもいる。

そんな人たち待望のドラレコをトヨタが開発していることが判明。

そのドラレコが展示されていたのは、10月27日から一般公開が始まる『東京モーターショー2017』のトヨタブースだ。

 

■渋滞情報もわかるドラレコ

いったいトヨタが開発しているドラレコのなにがスゴいのかというと、まずクラウド上にドラレコで撮影した情報を常時アップロードすることにより、渋滞情報もわかること。

しかも一般的なナビでわかる渋滞情報は道路全体の混雑具合しかわからないが、これはドラレコで撮影した動画をもとに渋滞情報がわかる。

そのため、ナビ以上の速度でレーンごとの渋滞情報も把握することができるのだ。

事故や渋滞も防げてお金も稼げる? トヨタの『未来型ドラレコ』がアツすぎる

最近は「あおり運転」によるトラブルが全国で相次ぎ、運転中に周囲を録画できる『ドライブレコーダー』(ドラレコ)の需要が高まっている。

わざと事故を起こして揉めようとする悪質なドライバーもいることから、警察沙汰になったときにもドラレコは非常に重要な証拠となるのだが、気になるのはやはり設置費用。

 

■ドライバー待望のドラレコをトヨタが開発中

安いものでも数千円、取り付け料を含めると数万円になることも多いため、安全になるとしても付けることをためらってしまうドライバーもいる。

そんな人たち待望のドラレコをトヨタが開発していることが判明。

そのドラレコが展示されていたのは、10月27日から一般公開が始まる『東京モーターショー2017』のトヨタブースだ。

 

■渋滞情報もわかるドラレコ

いったいトヨタが開発しているドラレコのなにがスゴいのかというと、まずクラウド上にドラレコで撮影した情報を常時アップロードすることにより、渋滞情報もわかること。

しかも一般的なナビでわかる渋滞情報は道路全体の混雑具合しかわからないが、これはドラレコで撮影した動画をもとに渋滞情報がわかる。

そのため、ナビ以上の速度でレーンごとの渋滞情報も把握することができるのだ。

事故や渋滞も防げてお金も稼げる? トヨタの『未来型ドラレコ』がアツすぎる

最近は「あおり運転」によるトラブルが全国で相次ぎ、運転中に周囲を録画できる『ドライブレコーダー』(ドラレコ)の需要が高まっている。

わざと事故を起こして揉めようとする悪質なドライバーもいることから、警察沙汰になったときにもドラレコは非常に重要な証拠となるのだが、気になるのはやはり設置費用。

 

■ドライバー待望のドラレコをトヨタが開発中

安いものでも数千円、取り付け料を含めると数万円になることも多いため、安全になるとしても付けることをためらってしまうドライバーもいる。

そんな人たち待望のドラレコをトヨタが開発していることが判明。

そのドラレコが展示されていたのは、10月27日から一般公開が始まる『東京モーターショー2017』のトヨタブースだ。

 

■渋滞情報もわかるドラレコ

いったいトヨタが開発しているドラレコのなにがスゴいのかというと、まずクラウド上にドラレコで撮影した情報を常時アップロードすることにより、渋滞情報もわかること。

しかも一般的なナビでわかる渋滞情報は道路全体の混雑具合しかわからないが、これはドラレコで撮影した動画をもとに渋滞情報がわかる。

そのため、ナビ以上の速度でレーンごとの渋滞情報も把握することができるのだ。

子育てママの間で大きな感動を呼んだ“悩み相談”をモチーフにしたCMが泣ける

トヨタ自動車が「赤ちゃんの日(10月10日)」を記念して、人気Q&Aサイト「OKWAVE」で、子育てママを中心に話題、感動を呼んだ 「6ヵ月の自分の子供が嫌いになりそうです…。」 という投稿に対する回答をモチーフにしたスペシャルムービーを公開!これが泣けるとネットを中心に話題となっているので紹介した

日本では見かけない光景!?フィンランドで熱狂を見せる「あるイベント」とは

音楽フェス、盆踊り、花火大会…日本の夏には、歴史と伝統を感じる祭礼から、新しくお目見えしたものまで、さまざまなイベントがあります。世界を見渡しても、ここまで多様化している国は少ないのではないでしょうか。 そんな中、日本では見受けることのない、“あるイベント”が毎年世界で盛り上がりを見せていることをご