ドッキリ

みちょぱがドッキリ映像で炎上騒ぎ 「怖すぎる」と誤解招く事態に

(画像はTwitterのスクリーンショット)

若い女子から絶大な人気を誇るファッションモデル、「みちょぱ」こと池田美優(18)。

バラエティ番組ではヤンキー風キャラでウケている彼女だが、今とある動画が話題になっている。

 

■BBQのケンカ動画が話題に

ことの発端は、ツイッターで出回っている動画。池田を含めた男女数人でBBQをしているのだが、「焼けてねぇよ」と文句を言いながら作業する男性に、池田が「火、足そうよ。お前がやれよ」とつっかかりはじめる。

これに対し男性は「あ? お前がやれよ。テメエ見てるだけじゃねえか」と池田に激怒。そしてふたりは口論になり、次第に険悪なムードに。

そして池田は男性の胸ぐらをつかみ、周りもケンカを止める状況となった。

 

■悪意ある拡散に本人もコメント

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

しかしこれは、『Popteen9月号』のドッキリ映像。このドッキリは池田と男性で耳打ちし、突発的に行ったもののようだ。周りも「オレ本気で止めたんだけど」「みちょぱさんが殺されるって思った」とすっかり騙され、企画は成功したようだ。

しかしネット上では、冒頭のドッキリを打ち合わせするふたりの様子がカットされた映像が出回っている。その動画ではネタバラシ部分についてはあるものの、最後まで見ていないツイッターユーザーから、「みちょぱ怖い」「ヒドすぎる」などの声があがり、あわや炎上騒動に。

この状況を見かねたのか、池田も自身のツイッターで発言。「普段そんな言うほど怒らないし、怒鳴りません」と語った。

なんか動画出回ってるみたいですが、これのドッキリですよ〜。笑あたし普段そんな言うほど怒らないし怒鳴りません、、。笑 https://t.co/uJaWV4MGou

— みちょぱ(池田美優) (@michopaaaaa) September 14, 2017

土屋太鳳の「たおうえん」がかわいすぎる 「俺なら3万払う」の声も

(画像はInstagramのスクリーンショット)

若手女優の中でもトップクラスの人気を誇る土屋太鳳。朝ドラ『まれ』でブレイクして以降、順調な活躍を続け、現在公開中の映画『トリガール!』でも主演を務めている。

そんな彼女が7日に放送された『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に出演。そこで見せた神対応と「たおうえん」がかわいすぎると話題になっている。

 

■土屋太鳳が3000円であなたを応援!

この日、放送されたのは「3000円で土屋太鳳が応援してくれる場合、それを買うか」検証するという、番組の人気企画の第三弾。

バッティングセンターでは多くの男性が購入することになり、隣のボックスでポンポンを持った土屋が歌あり踊りありで応援してくれた。

もっとも長く放送されたのは男子高校生3人組。彼らにとって3000円は大金のようだが、15分の会議の末、購入を決断。

しかし、いざ土屋が応援し始めると、見つめられ、目の前で名前を呼ばれる緊張のせいか、それまで快音を響かせていたバットが急に沈黙してしまうことに。

 

■土屋太鳳自ら「値下げ」提案の神対応

その後、羨ましくなった友達のひとりが「俺もう昼とか食べないでいいよ」「歩いて帰るから」と言い出し、再チャレンジするかどうか真剣に悩み始める。

すると、彼らの懐事情を察した土屋が「2000円でも全然いいですよ」とスタッフに自ら値下げを提案。結果、2人目は2000円で購入し、最後の1人はタダで応援を受けることになった。

ある意味、ルールを無視した土屋の行動だが、彼女の優しさがよく出ていたと言えるだろう。そして、男子高校生たちにとっては、一生の思い出になったに違いない。

『とくダネ!』小倉智昭も苦言 警察にイタズラしたユーチューバーに批判の嵐

(Medioimages/Photodisc/Thinkstock)

6日に放送されたフジテレビ系情報番組『とくダネ!』で、警察にドッキリを仕掛けて炎上中のYouTuberに対して、司会の小倉智昭が苦言を呈した。

 

■そのイタズラおもしろい?

騒動の発端は、8月30日に投稿された「覚醒剤 いたずらドッキリ」というタイトルでYouTubeに投稿された動画である。

警察官の前で、砂糖の入ったビニール袋をポケットからわざと落とし、走って逃げるという内容。逃げ出した動画投稿者を警察官が必死に追いかける。パトカーも数台出動し報道陣も駆け付ける大騒ぎになった。

この動画を観た小倉智昭は「視聴率の高いドッキリ番組を自分で作ってるようなものだから、作るほうは楽しくてしょうがないんだろうね…」と苦言を呈した。

番組が、新紀尾井町法律事務所の江口大和弁護士に法律的な問題の解説を求めると…

「砂糖の粉を覚醒剤に見せかけるという偽計で無駄な職務質問をさせることは『偽計業務妨害罪』が成立する」

 

との見解を示した。

 

■再生数を増やすため?

YouTubeでは、動画の再生数を稼ぐために一部では、過激な動画を投稿するYouTuberが増えている。人に迷惑をかけず大きな実験をしてみる動画など、楽しめる動画も多くある。

ところが、中にはチェーンソーを持って配達業者に乗り込むものやコンビニのおでんを指でつつくなど迷惑YouTuberが増えていることは事実だ。

これだけ、迷惑動画が増えている以上YouTube、側も対策が必要かもしれない。

コーヒーを待っていたら天井から…スタバで行われたドッキリに客も唖然

アメリカ・ニューヨークのスターバックスで撮影された、最新映画「スパイダーマン ホームカミング(8月11日全国ロードショー)」のプロモーションドッキリイタズラ。これが「凄い!この場に居合わせたかった!」「もし、スパイダーマンが本当に存在するのなら、きっとこんな感じなんだろな」と現在、全米を中心に話題と