ドナルドトランプ

犬の耳の中がトランプ大統領の横顔そっくりと話題!

Filed under: , , , , , ,

犬のビーグルの耳の中が、トランプ大統領の横顔にそっくりだと話題を呼んでいる。 北東イングランド在住の女性、ジェイド・ロビンソンさんは、2歳になる愛犬チーフの耳の中のできものを獣医に見せるため、寝ている間に写真を撮った。この写真を見た友人が、耳の内側がアメリカ大統領に似ていると指摘し、ロビンソンさんは写真をSNSに投稿。すると、瞬く間にネットで話題となった。

The moment you realise why your dogs ear hurts..... he has DONALD TRUMP IN IT!!!! 😂😂😂😂

Posted by Jade Robinson on Saturday, November 4, 2017 「愛犬が耳を痛がる理由が分かった。耳の中にドナルド・トランプがいた」 ロビンソンさんは、クラウドファンディングのJustGivingで愛犬のページを立ち上げ、獣医から適切な治療を受けられるための資金調達を始めた。 ロビンソンさんは、同サイトで次のように説明している。「ビーグルのことを知っている人なら、分かってくれるでしょう。ビーグルは賢く、活動的で、好奇心旺盛な犬で、チーフも例外ではありません。彼はとってもいたずら好きの子です・・・彼の耳はとても長いので、匂いを嗅ぐときに、地面をこすってしまいます。そのため、耳に汚れが溜まりやすいのです」、「昔から耳を清潔に保つために努力をしてきましたが、普通の耳掃除では間に合いません」。 「チーフは耳の内側を触られるのが嫌いなので、この写真は寝ている間に取りました。私はこの写真を20回以上も拡大、縮小して見ましたが、ドナルド・トランプを見つけられませんでした。鋭い友達が指摘して、初めて気づいたのです」 そして、見事、目標額450ユーロ(約5万9000円)が集まり、ロビンソンさんは資金提供者に対して感謝の意を述べている。

Thank you everyone 💙🐶🐾 pic.twitter.com/JmtUsI6fv5

- Jade Robinson (@JVR1992) 2017年11月12日 「皆さんどうもありがとう」 ■参照リンクhttp://www.justgiving.com/http://www.aol.com/

Permalink

トランプ大統領を「普通の髪型」にしたコラ画像が話題に

Filed under: , , , , ,

トランプ大統領のあの髪型は、彼の代表的な特徴の1つだと言えるが、この髪型はかなり昔から話題にされてきた。 長年、大統領の主治医を務めているハロルド・ボーンスティン医師は今年の2月、トランプの髪型について裏話を教えてくれた。同医師は、「あの髪は全て自毛です」と打ち明けたのだ。トランプは、抜け毛を防ぐ作用のあるフィナステリドという薬を服用しているのと、以前に毛髪を移植した可能性があるとのことだった。

Whoever made this "Trump with normal hair" 'shop did an excellent job. pic.twitter.com/SDfOodYqzz

- Matt (@mattstaggs) 2017年11月7日 「誰がやったか知らないけど、『普通の髪型のトランプ』のフォトショップはかなりいい出来だ」 ネットでは、トランプの髪型について更に深堀りされており、もし彼の髪型が"普通"だったらどうなるかを想像したコラ画像が発見された。この画像はツイッターで話題になり、多くの人を驚かせている。

looks like Owen Wilson in 20 years.

- luis beauregard (@luispablob) 2017年11月7日 「20年後のオーウェン・ウィルソンっていう感じだな」 このコラ画像の大統領が、年を取ったオーウェン・ウィルソンのようだとの反応もあったが、これには賛同せざるを得ない。とはいえやはり、この新しい髪型の写真は、選挙戦の時に有名になったトランプそっくりの鳥のインパクトとは比べ物にはならない。 ■参照リンクhttp://www.aol.com/ ■関連動画

Permalink

イヴァンカ・トランプ氏、訪日終え日本の「温かいおもてなし」に感謝

Filed under: , , , , ,

11月2日~4日までの3日間の日本訪問を終えた、米トランプ大統領の長女で大統領補佐官のイヴァンカ・トランプ氏。 11月3日の夜に大手町の「星のや東京ダイニング」で行われた安倍晋三首相との会食では、着物風のドレスを身にまとい、日本文化に敬意を表していた。イヴァンカ氏は、イタリア人デザイナー、ジョアンナ・オッティがあつらえた1,995ドル(約23万円)のドレス姿で登場。ピンクのアクセントや花模様があしらわれ、腰で黒のベルトをリボン結びしたデザインだ。普段のつややかなストレートのブロンドにウェーブをかけていたのは、多湿な日本の気候に合わせたためかもしれない。 着物のような雰囲気のこのひざ下丈ドレスには黒のピンヒールを合わせており、アクセサリーはほとんど着けていなかった。 イヴァンカ氏は会食時の写真をInstagramに多数投稿しており、10月30日に誕生日を迎えていたため安倍首相からブーケのサプライズがあったことも明かしている。

An unforgettable last night in Tokyo! Thank you Prime Minister Abe for the warm hospitality and the belated birthday wishes 🎂

Ivanka Trumpさん(@ivankatrump)がシェアした投稿 - 2017 11月 3 6:15午前 PDT

「昨日、東京での忘れられない夕べ! 安倍首相、温かいおもてなしと遅い誕生日お祝いをありがとうございます」 イヴァンカ氏は同日、女性の起業家としての活動や経済における女性の役割について国際女性会議WAW!(WAW! 2017)でスピーチを行い、世界はSTEM(科学、技術、工学、数学)の分野で女性やマイノリティーの参画を高める必要があると力説した。 「STEM分野における女性やマイノリティーの参画は、間違った方向に進んでいます。私たちは、この伝統的に男性優位の経済分野で対等な参画を実現させなければなりません」 もちろん、イヴァンカ氏はこのスピーチの際も申し分のない装いで、パールの飾りボタンが付いたピンク色のスーツに黒のローヒールパンプスを合わせていた。 イヴァンカ氏は4日に帰国し、以下のように今回の訪日を振り返った。

Touched by the warm hospitality of Prime Minister Abe and the Japanese people. ありがとうございます [Thank you]! Until next time 🇯🇵 🇺🇸

Ivanka Trumpさん(@ivankatrump)がシェアした投稿 - 2017 11月 4 12:43午前 PDT

「日本の安倍首相や皆さんの温かいおもてなしに心を打たれました。ありがとうございます! またお会いしましょう」 ■参照リンクhttp://www.aol.com/

Permalink

メラニア・トランプ風の刺激的なハロウィンコスチュームが米国で話題に

Filed under: , , , , ,

インターネットで下着やコスチュームを販売するYandyは、妊娠中のカイリー・ジェンナー風のお腹がぽっこりとしたコスチュームを発表し、世間をあっと驚かせた。そして今回、同社がハロウィンに向けて新たにお披露目したコスチュームがまたもや刺激的だと話題になっている。 このセクシーなコスチュームは、大統領就任式でファーストレディーのメラニア・トランプが身につけていたラルフローレンのパステルブルーのアンサンブルを明らかに意識して作られているが、Yandyは、これにさらにアレンジを加え、お腹が丸見えのトップスとミニスカートで、肌の露出が多めになっている。この「YANDY MODEL WIFE COSTUME」という名のコスチュームは、69.95ドル(約7962円)で販売されている。 この商品のページには、「他にはないこのモデル・ワイフのコスチュームでダンナ様をお出迎えしよう」との説明があるが、どうやら手袋や靴は含まれていないようだ。ちなみに、よりこだわりたい人のためにお伝えすると、メラニア夫人が履いていたパンプスは高級ブランド、マノロ・ブラニクのものだそうだ。 以下の映像には、その他の話題になっているコスチュームも登場するので、ぜひご覧いただきたい。 ■参照リンクhttp://www.aol.com/

Permalink

メラニア・トランプ風の刺激的なハロウィンコスチュームが米国で話題に

Filed under: , , , , ,

インターネットで下着やコスチュームを販売するYandyは、妊娠中のカイリー・ジェンナー風のお腹がぽっこりとしたコスチュームを発表し、世間をあっと驚かせた。そして今回、同社がハロウィンに向けて新たにお披露目したコスチュームがまたもや刺激的だと話題になっている。 このセクシーなコスチュームは、大統領就任式でファーストレディーのメラニア・トランプが身につけていたラルフローレンのパステルブルーのアンサンブルを明らかに意識して作られているが、Yandyは、これにさらにアレンジを加え、お腹が丸見えのトップスとミニスカートで、肌の露出が多めになっている。この「YANDY MODEL WIFE COSTUME」という名のコスチュームは、69.95ドル(約7962円)で販売されている。 この商品のページには、「他にはないこのモデル・ワイフのコスチュームでダンナ様をお出迎えしよう」との説明があるが、どうやら手袋や靴は含まれていないようだ。ちなみに、よりこだわりたい人のためにお伝えすると、メラニア夫人が履いていたパンプスは高級ブランド、マノロ・ブラニクのものだそうだ。 以下の映像には、その他の話題になっているコスチュームも登場するので、ぜひご覧いただきたい。 ■参照リンクhttp://www.aol.com/

Permalink

トランプ大統領が付けたジョージ・H・W・ブッシュ氏の呼び名にネット界が騒然

Filed under: , , , , ,

ドナルド・トランプ大統領は今週月曜の会見でも様々な波紋を巻き起こした。その中にはオバマ前大統領に関するコメントも含まれていたが、前任者を引き合いに出して世間をざわつかせた発言はそれだけではなかった。 トランプ大統領が過去の大統領の名前を挙げる際に、「ブッシュ、オバマ、クリントン・・・それから、ブッシュ・オリジナル」と発言した。 これがたちまちソーシャルメディア、とりわけツイッター上で大騒ぎに。

Omg Trump literally just named the last few presidents as "Obama, Bush, Clinton, and Bush.... Bush Original."

- Day Clancy (@dayclancy) 2017年10月16日 「トランプが過去の大統領のことを"オバマ、ブッシュ、クリントン、そしてブッシュ・・・ブッシュ・オリジナル"って言ってた」

Just heard Trump say "Bush Original" in reference to George H.W. Bush...awesome.

- Emilee Syrewicze (@emjsyre) 2017年10月16日 「今、ジョージ・H・W・ブッシュのことを"ブッシュ・オリジナル"って言ってた。すごい」 各ニュースメディアはこれまで、ジョージ・H・W・ブッシュ氏と、ロナルド・レーガン政権での8年間の副大統領時代を含め12年間ホワイトハウスに勤務した息子のジョージ・W・ブッシュ氏に対して、様々な呼び名を考えてきた。 例えば米国の41代大統領と、43代大統領にちなんだ「41」と「43」。それから、ミドルネームの「H・W」と「W」。会話の中で「ダビア」(Wのテキサス訛りに由来)と呼ばれることもある。 しかし、ツイッターユーザーはトランプ大統領の「オリジナル」が知性や見識に欠けるとすかさず反応。

#Trump could not think of the word 'senior' and therefore called George Bush "George Bush....original". I'd laugh if I wasn't so terrified.

- Katy Gadders (@MommaMogwai) 2017年10月16日 「トランプは『シニア』という単語が思いつかなかったから『オリジナル』なんて言ったのよ。私ならあり得ないわ」 しかしそれほど深刻に捉えていないユーザーもいるようだ。

Trump just referred to George Bush as "Bush Original" and it was definitely in my top 5 favorite things he's ever said.

- christa (@luftballoons) 2017年10月16日 「トランプったらジョージ・ブッシュのことを"ブッシュ・オリジナル"だって! 彼の発言の中ではトップ5に入るくらい好きかも」

Trump calls George H. W. Bush, "Original" Bush, leading me to wonder - Does this make George W. Bush the "Extra Crispy" version? #RoseGardenpic.twitter.com/uTLviCCbJI

- Vintage Wingnut (@vintagewingnut) 2017年10月16日 「トランプが"H・W・ブッシュ"を"オリジナル"ブッシュって言ってる。てことは、ジョージ・W・ブッシュはその後に登場したカリカリの"エクストラ・クリスピー"バージョンってこと?」 ■参照リンクhttp://www.aol.com/

Permalink

トランプ大統領最初の妻が「私はファーストレディ」と発言し物議

Filed under:

ドナルド・トランプ大統領の最初の妻であるイヴァナ・トランプは先日、米のニュース番組『グッドモーニング・アメリカ』のインタビューを受けたのだが、元夫トランプ大統領についての大胆な発言が物議を醸した。 68歳のイヴァナ・トランプは、自身の回顧録『Raising Trump』(「トランプ家における子育て」という意味)の宣伝を兼ねて同番組に出演し、番組アンカーのエイミー・ロバックにトランプ大統領と現在良好な関係にある事を明かした。 ホワイトハウスの直通電話番号を知っており、未だに2週間に1回はトランプ大統領と会話をするというイヴァナ。しかし、メラニア夫人とのトラブルを避けるため、あまり電話はしたくないのだとか。イヴァナは冗談まじりに次のように発言した。「メラニアがいるし、一切嫉妬とかはさせたくない。そもそも私はトランプの最初の妻、ファーストワイフだから。そう、私は『ファーストレディ』なのよ?」。さらに、元夫であるトランプ大統領に時折アドバイスを送っているとも語った。 メラニア夫人はこの発言にすぐに反応。スポークスパーソンが次のような声明を発表した。「メラニア夫人はファーストレディという肩書きを使って子どもたち救おうとしています。本を売るために利用したりはしません」 ■参照リンクhttp://www.aol.com/

Permalink

ホワイトハウス、乳がん啓発月間のためピンク色にライトアップ!

Filed under: , ,

10月は国際乳がん啓発月間だ。これに合わせ、1日日曜日の夜からホワイトハウスが鮮やかなピンク色にライトアップされている。 このキャンペーンへの支持を表明するため、メラニア・トランプ夫人が、鮮やかに照らされたホワイトハウスを中から撮影した写真をツイッターにアップし、「乳がん啓発月間にちなみ、ホワイトハウスをピンク色に照らしました」とつぶやいた。

In honor of National Breast Cancer Awareness Month we lit the @WhiteHouse pink! pic.twitter.com/w3M3XlpXos

- Melania Trump (@FLOTUS) 2017年10月2日 「乳がん啓発月間にちなみ、ホワイトハウスをピンク色に照らしました」 夫人はホワイトハウスから出された最近の声明でも、この病気のリスクを減らすために必要なことを多くの人に行ってほしいと呼び掛けている。 メラニア夫人は「10月中は人々の乳がんへの意識を高め、そのリスクを減らすために検査を受けることを勧めたい。全ての女性に、医療機関でマンモグラフィー検査や早期発見のための検診を行い、リスクを減らすためにできることを行ってほしい」と話す。 ホワイトハウスのライトアップは2期目のブッシュ政権から始まり、オバマ政権に受け継がれた。トランプ政権もこれを継承したにすぎないわけだが、なぜかメラニア夫人はツイッター上で大統領の国民皆保険制度の見直しについて叩かれることとなった。

In honor of Breast Cancer Month maybe you shouldn't take away the health care of millions of women who need it to fight breast cancer.

- starshine (@starshine731) 2017年10月2日 「乳がん啓発月間というなら、乳がんと闘う数百万人の女性が治療を受ける機会を奪うべきではないわ」

this breast cancer survivor sees it as an empty gesture from an administration ripping health care from millions #EmptyWords#FailureAgain

- Bonnie Shoemaker (@Einnob53) 2017年10月2日 「国民から治療の機会を奪おうとしている政府がこんなことをしても、私のような元がん患者には白々しく見える」 その一方で、大統領夫人の支援を称賛する声もある。

America & the world alike adores & appreciates your voice in D.C.!! Looking forward to the next 7 yrs! Thank u @FLOTUS#MAGApic.twitter.com/nEMtzexvzH

- Jali_Cat (@Jali_Cat) 2017年10月2日 「米国も世界もワシントンD.C.からのあなたの声に感謝してます。残り7年間も期待してる!ありがとう」

Our #WhiteHouse is beautiful in #Pink, and I have a cousin who has just been diagnosed with #BreastCancer for the second time. This means so much! Thank you.#BreastCancerAwarenessMonth#BreastCancerAwareness

- Rhonda Kazmierski (@KazmierskiR) 2017年10月2日 「私たちのホワイトハウスが美しくピンクに染まっているわ。先日、私のいとこが乳がんの再発が分かったばかりなので、あなたの行動にはすごく意味がある。ありがとう」 ■参照リンクhttp://www.aol.com/

Permalink

50セント、トランプ大統領からの選挙応援の高額オファーを断ったと明かす

Filed under: , , , , ,

俳優などでも活躍するラッパーの50セントことカーティス・ジャクソンは26日、2016年の大統領選の際、応援に1度現れることを条件にトランプ大統領から50万ドル(約5,600万円)のオファーがあり、それを断っていたことを明かした。 カーティスは、当時、共和党の大統領候補として立候補していたトランプ氏から、黒人有権者から支持を得るための応援役としてオファーを受けたとラジオ局「HOT 97」の番組に出演した際、明かした。内容は以下の通りだ。 「大統領に選出される前、アフリカ系アメリカ人の票集めに苦労してたらしい。選挙の応援に1回現れるだけで50万ドル払うと言われたが、俺は『いや、それっぽっちの金じゃダメさ』って。やるだけの価値は無いよ」。 トランプ氏はその後、大統領に当選したが、黒人やヒスパニック層からの支持は過去40年間の米国大統領の中で最も低いものだった、とロイターは投票日調査の結果を伝えていた。また、9月末にクイニピアック大学が行った新たな世論調査によると、94%のアフリカ系アメリカ人がトランプ大統領の人種問題への対応に不満を抱いている事が分かった。 ■参照リンクhttp://www.aol.com/

Permalink

50セント、トランプ大統領からの選挙応援の高額オファーを断ったと明かす

Filed under: , , , , ,

俳優などでも活躍するラッパーの50セントことカーティス・ジャクソンは26日、2016年の大統領選の際、応援に1度現れることを条件にトランプ大統領から50万ドル(約5,600万円)のオファーがあり、それを断っていたことを明かした。 カーティスは、当時、共和党の大統領候補として立候補していたトランプ氏から、黒人有権者から支持を得るための応援役としてオファーを受けたとラジオ局「HOT 97」の番組に出演した際、明かした。内容は以下の通りだ。 「大統領に選出される前、アフリカ系アメリカ人の票集めに苦労してたらしい。選挙の応援に1回現れるだけで50万ドル払うと言われたが、俺は『いや、それっぽっちの金じゃダメさ』って。やるだけの価値は無いよ」。 トランプ氏はその後、大統領に当選したが、黒人やヒスパニック層からの支持は過去40年間の米国大統領の中で最も低いものだった、とロイターは投票日調査の結果を伝えていた。また、9月末にクイニピアック大学が行った新たな世論調査によると、94%のアフリカ系アメリカ人がトランプ大統領の人種問題への対応に不満を抱いている事が分かった。 ■参照リンクhttp://www.aol.com/

Permalink