ドライバー

車で全国を周る営業に聞いた「危険なドライバーに絡まれない方法」3選

(Creatas/iStock/Thinkstock)

2017年6月に、東名高速道路下り車線で起きた、ワゴン車が大型トラックに追突され夫婦が死亡した多重衝突事故が、インターネット上で物議を醸している。

容疑者の男が被害者家族が乗っていたワゴン車の進路をふさぎ、追い越し車線で無理やり停止させる危険きわまりない「あおり運転」と呼ばれる行為を行ったことが原因で事故は起きた。

 

■あおり運転を見かけることはよくある?

車を運転する人ならきっとわかると思うが、この「あおり運転」をするドライバーに自分が絡まれることも、人が絡まれていることを見るのも意外によくあるのだ。

記者も数カ月前に東北の某県を運転していたところ、低速の車を追い越しをしただけで後ろから強烈にパッシングをされ、その後数キロにわたって進路妨害をされた。

しかし、安全な追い越しなど普通の運転をしていても危険なドライバーに絡まれることがあるため、それを防ぐにはどうすればいいのだろうか?

 

■運転のベテランにトラブル回避方法を聞く

そこで、全国を10数年にわたって運転してきた運転のベテランである飲食関係の営業職の男性に話を聞くと、絶対に絡まれないという保証はないものの、その可能性を大幅に減らす方法を教えてくれた。