(Grosescu Alberto Mihai/iStock/Thinkstock)

「若くて美しい体を、永遠に残したい」

そう思う女性は少なくないはず。しかし、現実的にはシワも出てくるし、体型はたるんでくるし…歳を重ねるごとに、体つきが変わっていくのは仕方がない。

ならば、写真として残しておくのはどうだろうか。

 

■やっぱり少数派

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の女性671名を対象に、「ヌード写真を撮ってみたい」かどうか聞いてみたところ、興味がある人は全体の5.2%とかなりの少数派。

年代別で見てみると、年齢が上がるごとに「さすがにヌードは…」と思っていることがわかる。

まだ若い20代は11.3%が「撮ってみたい!」と答える一方で、30代からは激減。60代では1.5%と、ほぼいなくなるのだ。

「ヌードを撮りたくなるほど、いい身体をしてないので」(30代・女性)

 

「若い頃ならともかく、この歳になってからは…ねえ。誰が見たいの、っていう(笑)」(60代・女性)

 

一方で、撮ってみたいと答えた人たちからは、こんな意見が。

「最近見たヌードの写真集が、本当に綺麗で。こんな風になら、撮られたいなあって思いましたね」(20代・女性)

 

芸術的な意味で撮影してみたい…という人もいるようだ。

 

■やっぱり? 自分に自信がある人ほど…

さらに詳しく見てみると、自分の体に自信がある人ほど、やっぱり「ヌードに興味」を持っている。

勝負下着を持っていたり、筋トレで鍛えている人は、なんと2割以上が「ヌード写真を撮ってみたい」と回答しているのだ。

「今の体が一番、きれいだと思う」(20代・女性)

 

実際に撮った人からは、「また撮りたい」「世界が広がった気がする」なんて声も。ちょっと興味があって…という人は、思い切って挑んでみると、何かに目覚めるかもしれない。

・合わせて読みたい→叶美香がヌードで解説! 叶姉妹の「座るだけエクササイズ」のコツ

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日対象:全国20代~60代の女性671名(有効回答数)