ネガティブ

ネガティブな人と一緒にいると疲れる…効果的な対応方法とは

(©ぱくたそ)

口を開けばマイナスの感情しか吐き出さない人は、扱いに困るものだ。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,336名に「人との付き合いについて」の調査を実施。

ネガティブ思考の人に対して、どのような気持ちを抱いている人が多いのだろうか。

 

■ネガティブな人といると疲れる

「ネガティブな発言が多い人とは、あまり一緒にいたくない」と答えた人は、7割以上と多い結果になっている。

やはり一緒にいるのは、苦痛との意見が多い。

「ネガティブな人と話をしても、疲れるだけで楽しくないから」(20代・女性)

 

悪気はないのかもしれないが、周囲を疲弊させるのは確かなようだ。

 

■楽しいことの中からあえて不幸を探す人

20代の女性は音楽が好きで、ネットで知り合った同じバンドのファンとたまにライブに行くという。しかしその相手が、かなりのネガティブで困っている。

「開演前から『前の人が邪魔』など、ずっと愚痴を言いまくる。終わってからも文句ばかりで、せっかくの楽しみが台無し。目の前に楽しいことがあるのに、わざわざ嫌なことに目を向けるのが理解できない」

 

自分から不幸を探すような人は、「一生、幸せになれないタイプ」とも言われるほどだ。

 

■距離を置きたいけど難しい

ネガティブな人には、どのような対応をするのかが悩みどころ。会社での付き合いで悩む30代の女性は、距離が取れずに困っている。

「距離を置ける相手ならば、関わりを持たないようにするのが一番だと思う。だけど職場の人だと、嫌でも相手にしなければいけないから大変」

 

その人と会話をするときには、それなりに工夫をしているという。

「不平や不満を言い出したら、別の話題を持ち出して話を変えてみる。誰かの悪口を言い出したときは、適当な相づちをしてはいけない。過去に、なぜか私が悪口を言っていると広められたので」

 

ネガティブな感情は伝染するとも言われており、自分の心を守るためにも距離を置きたいもの。しかし関係性によっては、そうもいかないのが悩ましいところだ。

「メンタルが弱すぎる女性」に非難殺到 「関わると疲れる」の声も

(©ぱくたそ)

他人のふとした一言に心が傷ついてしまったり、プレッシャーに負けてしまった経験は誰しもあるだろう。しかし過剰なまでに繊細な心は、ときに迷惑をかけることも…。

女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』でのとあるトピックが話題になっている。

 

■メンタルが弱すぎる女性

職場にいる中年女性に対して「メンタル弱くてイライラします」と語った投稿者。「ここ違います」と間違いを指摘されただけで、「ずーん」と1日落ち込むことがあるという。 

さらに、その女性以外の人のグチを職場の人と話していると、「自分のこと言われてる!」と思い込み、また落ち込むよう。

それだけならまだ良いが、その女性は思い込みも激しく、あることないことを上司に報告することもあるようだ。 

投稿者は辟易しているようで「関わると疲れてしまいます」と悩みを訴えた。

 

■「うざい」「迷惑」と共感の声

投稿を受け、「迷惑な人」「いるいる」と共感の声があがった。プライベートならまだしも、仕事関係でこういったネガティブでメンタルの弱い人は敬遠されるようだ。

・うちの職場にいる。毎日遅刻してくるくせに、ちょっと注意されると泣く。ほんと毎回泣く。ドMなのかな? て思ってる

 

・あーすぐ泣くのはうざい しかもこっそりじゃなくて構ってもらいたいのミエミエのやつ 仕事の場なのに、まともに話し合いが出来ない相手っていう時点で、大問題だよね

 

・すぐ泣く人って、話し合いできないよね迷惑 プライベートならまだしも仕事場だし

裏の顔を感じてゲンナリ…「モテる男ほど、アピール気遣い見抜く」

(liza5450/iStock/Thinkstock)

若い人ほど「気遣いアピールしてしまう」とわかった、しらべぇ編集部の調査結果。

では、そうした人を周りはどう感じるのだろうか?

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,354名を対象に「気遣いアピールする人をどう思う」のか、意識調査を実施した。

■多くの人がネガティブに感じる

全体では「共感する」4.8%、「理解はできる」26.4で、「気遣いアピールする人に寛容」派は3人に1人以下の31.2%、「違和感がある」42.1%と「おかしいと思う」26.7%で「気遣いアピールする人って、どうかと思う」人は68.8%。

かなり多くの人が、ネガティブな印象を持っているようだ。

男女別では

「共感する」「理解はできる」と回答した「気遣いアピールする人に寛容」な人の割合は、男性が33.1 %に対し、女性は29.4%と男性のほうがやや寛容。

しかし、「気遣いアピールする人って、どうかと思う」人を性別・年代別に見てみると、

全般に女性が男性を上回るが、20代は男性が女性より高い結果に。

年代が上がるにつれてネガティブ度が増していくが、同年代のアピール具合を見ていて「よくやるよ」と感じることや、「アピールだけで、実際は…」と思ってしまうことが、20代は女性より男性のほうが多いのかも。

 

■モテる男には逆効果?

実際に「気遣いアピールする人はダメだと思う」人に、話を聞いた。

「かなり強烈に気遣いアピールする後輩女子がいて、社内の女性社員の間で浮いています。まだ新人でスキルもなく、できるアピールをがんばろうとするだけなら、周りも『しょうがない』って思えるけど、もう4年め。しかも、アピールだけで実際の気遣いはないし、仕事はがんばらないんですよ。(苦笑)

 

女子力アピールもすごいんですが、彼女が入った後のトイレは、どういう使い方をしているのか、トイレットペーパーの切れ端が散らばっていたり、予備があるのに使い切ってそのままだったり、洗面台が水浸し。そんな状態で、女子力も何も…。

 

しかも、月末などでみんなが残業している時に、気づけば挨拶もせずに一人だけ消えているとか、いろいろありすぎて誰も彼女に『気遣い』『女子力』なんて感じていないのに、あのアピールは意味がわからないですね」(30代・女性)

 

「相手によく思われたくて、気遣いアピールするってありますよね。気持ちはわからなくもないけど、逆効果だな…って思う時があります。

 

友達にすごくイケメンでモテるヤツがいて、気遣いだけじゃなく、いろいろアピールされまくり。その場では『ありがとう。気が利くね』とか、『○○ちゃんは気遣いができる、優しい人だな』なんて言うんですが、実際はそういう女子は対象からバッサリ切っています。

 

友達に言わせれば、『本当に優しくて、気遣いを見せる子は、あんなあからさまなことしない。裏の顔がすごそうで、むしろ引く。気が利かなくて、ちょっとぼんやりしている子のほうがかわいいし、安心する』らしいです。モテる男ほど、そういうのを見抜くだろうし、アピールして対象外になるなら、何もしない方がいいんじゃないかなあ」(20代・男性)

 

アピールだけで本当の気遣いがないと、マイナスの印象しか持たれない。やはり気遣いはアピールせず、そっとするくらいがよさそうだ。

ガス抜きは必要! 仕事のグチ「言わないで爆発するよりマシ」の声

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

ムチャ振りなノルマやミッション、意味不明な顧客や上司のオーダーなど…仕事をしていると、グチのひとつも言いたくなることは誰にでもある。

しかし、「グチを言っていると、ネガティブに思われるかも」と、我慢してしまう人も少なくない。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,343名を対象に「仕事のグチを言う人をどう思う」のか、意識調査を実施した。

 

■みんな寛容

全体では「自分もそうだ」4.9%、「共感する」11.3%、「理解はできる」63.7で、「仕事のグチを言う人に寛容」派はほぼ8割の79.9%。

一方で、「違和感がある」14.5%と「おかしいと思う」5.6%で、「グチるのはどうなの?」派は20.1%に止まった。

男女別では

「自分もそうだ」「共感する」「理解はできる」と回答した「仕事のグチを言う人に寛容」な人の割合は、男性が77.4%に対し、女性は82.4%と、5ポイント女性の割合が高い。

以前、しらべぇ編集部が行なった「仕事のグチを言う」人に関する意識調査で、「グチを言いがち」な人の割合も、男性が53.3%、女性は62.0%で女性が上回っている。

ただし、グチに対する寛容さでは男女いずれも割合が高くなっているだけでなく、その差は小さくなることから、「自分は言わないけど、言う人の気持ちはわかる」人が多いもよう。

 

さらに「仕事のグチを言う人に寛容」な人を性別・年代別に見てみると、

中間管理職世代の40代男性が最多で、ほぼ9割の89.6%。

一方、60代は男女共に一気に低下するのは、「言っても、しょうがない」という悟りの境地に達するのか。

 

■ガス抜きは必要

実際に「グチを言ってもいいと思う」という人に、話を聞いた。

「自分自身もグチを言うことはあるし、何の不満もないような仕事や職場って、実在しているようには思えない…というか、『実在しない』と思わなければ、今の環境でがんばれないかも。(笑)

 

それに、グチが出るって状況は、問題点や改善点が明確だと考えることもできますよね。もちろん、全部を解消するのはムリでしょうけど、同僚がこぼしたグチから業務の効率化に至ったこともあったりして、グチにもポジティブな面はあると思っています」(30代・男性)

 

「昔は“グチは言わないようにしよう”と思っていました。だけど、溜め込んでいたせいか、大爆発しちゃって…。担当上司がオロオロしていたところに、全然違う部署の、ほとんど話したこともないような女性上司が飛んできて、近所のカフェに連れていかれた…というか、ほぼ連行。(笑)

 

『あなたの上司が、グチひとつこぼさないで働くいい子だって自慢してたから、心配してたのよ。我慢するのもいいけど、ガス抜きは必要! ほらほら、ケーキも頼んでいいからね』って言われて、ケーキ食べながらすごい勢いでグチを言いまくりました。

 

確かに、溜め込んで爆発するよりも、マシだよなぁ…って実感したんです。今は、私が後輩に『イヤなことあったら、たまにはグチっちゃいなよ』と言うようにしています」(30代・女性)

 

多くの人が「言いたい気持ち、わかるよ」と考えているし、グチをポジティブに捉える人もいる。自分のグチを話しつつ、身近な誰かのグチを聞いてあげるのも、思いやりのひとつになりそうだ。

・合わせて読みたい→ついつい言っちゃう仕事のグチ「言って、仕事するなら上等!」評価も

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)

ビジュアルが圧倒的劣勢? 『もしズレ』で高橋真麻の闇深発言が好感

11日放送『もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)に出演したフリーアナウンサー・高橋真麻(35)の、ネガティブ発言と短所を冷静に受け入れた自然体な姿勢に、共感が集まっている。

(画像は高橋真麻オフィシャルブログからのスクリーンショット)

 

■顔で勝負していない

「独身女性のこじらせた私生活」をテーマに番組は進行。真麻の1日に密着する。

「芸能人ぶっていると思われたくない」ため、マスクやサングラスなどで変装することなく、そのままの姿で街を歩く真麻。「顔で勝負していない」からメイクにも時間はかけない。

「芸能人なのにビジュアルがイマイチ。圧倒的劣勢」だと自覚し、「エステに行って、頑張ってソレ? と思われたくない」ため、エステには行かないと語る。

密着のカメラが近いことに「アップに耐えられない」と愚痴り、休みがあると「私、今日ニーズがない日なんだ」と落ち込むなど、ネガティブ発言が連発した。

 

■開き直って個性を活かす

片思いの相手に突然「寿司をおごれ」と呼び出されるなど、初恋で傷ついたことがネガティブの原因と20年来の友人が暴露。

しかし真麻は、「それ聞いてもあの時の私可哀想とは思わない。だから今バラエティでイジられても大丈夫なのかも」と語る。

「開き直りと言えば開き直り。この顔に生まれたこともある意味良かった。完璧なものに対して人は興味を持たない。ちょっと不幸な部分を持っている方がいい」

 

これまでの経験を踏まえた上で、自身を分析した。