ノロケ

いつまでたっても大好き! 配偶者ののろけ話が今でもできる人は

(imtmphoto/iStock/Thinkstock)

この人と一生を過ごすんだ…と思い、結婚して早何年。

時が経てば「恋人」のような関係から、「家族」へと変化していくのは仕方がないこと。それでも、何年たっても「配偶者のことが好きで好きで仕方がない!」という人もいる。

今でも「配偶者ののろけ話ができる」人はどれくらいいるのだろうか。

 

■4人に1人は…

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の既婚男女705名を対象に「今でも配偶者ののろけ話ができる」かどうか調査したところ、全体の27.0%が「できる!」と回答。

結婚したばかりの20代・30代の割合が高いのはわかるが、50代・60代になっても2割近くいるのが驚きだ。

一緒になって何十年経っても、相手の素敵なところを話せる関係は、若い人たちからみたら理想的だろう。

 

■のろけ話、できるけれど「しない」?

しかし、実際にするのはなかなか難しいようで…。

「しろと言われればできるし、奥さんのこと大好きですが…まあ、自分からは話しませんよね。なんか恥ずかしいし」(40代・男性)

 

「飲み会とかで話したらうざいやつになりそうなんで、SNSで幸せアピールしてます」(30代・男性)

 

「ママ友たちと『旦那についてひたすらのろける会』を開いています。普段の会話でのろけると、『夫婦円満アピール?』『嫌味?』と受け止める人もいるので…」(30代・女性)

 

実際、全国20〜60代の男女1,368名に「他人の恋愛話」について調査したところ、「聞くのが不快」と3割程度が回答している。

のろけ話を聞くのが好きな人も、嫌いな人がいるのも事実。大好きな人の話をするときは、『のろけ会』を開くのも手かも。

・合わせて読みたい→菊地亜美がイケメン彼氏とラブラブをアピール 「幸せわけてほしい」の声

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日/2016年8月26日〜2016年8月29日対象:全国20代~60代の既婚男女705名/全国20代〜60代の男女1,368名(有効回答数)

完全にノロケ!?菊地亜美が噂の彼とのプチ夏休みエピソードをインスタに投稿

7月7日に発売された週刊誌「フライデー」で、5歳年上の会社役員男性との交際が報じられた、元アイドルでタレントの菊地亜美さん。 直撃取材では素直に交際を認められた菊地さん。当日Instagramに投稿された、指先で作られた小さなハートを作った意味深な写真も話題になりました。