バラエティ

アマゾンに暮らす日本人の63年ぶり帰国に密着! 子供達との再会に涙

(画像提供:©テレビ東京)

20日、『世界!ニッポン行きたい人応援団』(テレビ東京系)の2時間SPが放送され、1954年に6歳でブラジルに移住して以来、一度も日本に帰ったことのない草野恒雄さんを日本に招待。

長年会っていない子供たちとの再会を果たした。

 

■アマゾンで広大な土地を守る日々

恒雄さんはアマゾンの森の中で、父と作った日本風家屋に暮らしている。東京ドーム6個分の広大な農場を守りながら生計を立てており、日本に帰ったことは1度もない。

恒雄さんには子供が4人おり、そのうち、長男・照雄さんと次女・リアさんは出稼ぎのために日本で暮らしている。

照雄さんとは8年、リアさんとは19年も顔を合わせていないため、子供達に会うことを旅の第一の目的としていた。

あんなに広大な農園をたった二人で管理しててもそんなに生活が厳しいのがショックだ #ニッポン行きたい人応援団

— よこちゃん (@yokoyokotyan) November 20, 2017

 

■子供たちとの再会

(画像提供:©テレビ東京)

6歳で移住して以来、はじめての日本で、恒雄さんは渋谷の交差点の人の多さに目を丸くする。しかも、当日は雨模様で、晴天ならもっと人が多いと聞くと、文字通り開いた口が塞がらない様子。

噂には聞くも、見たことのなかった東京タワーに登ってみると、長男・照雄さんがサプライズで登場。

経済的な理由で大学進学を諦めた照雄さんに、「親として何もしてやれなかったことを許してほしい」と涙ながらに語る恒雄さん。照雄さんは「そんなことない」と抱きしめた。

父親として何もしてない?

ぃゃ生まれて住み慣れたブラジルから単身日本へ出てきてたくましく生活する知恵をご子息に授けたのは貴殿ではないですか( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ ) #ニッポン行きたい人応援団

— ネコ8世 (@meow_miaou) November 20, 2017

父の帰国を知らせずに次女・リアさんに会いに行くと、驚きのあまりに大号泣。そこで恒雄さんは孫たちと初めて対面する。

子供と孫たちに囲まれて、団欒する恒雄さん。ブラジルでは食べられないフグも堪能し、幸せな時間に思わずほっこり。

『YOUは何しに日本へ』日本最大級の骨董市でYOUたちがGETしたお宝とは

13日に放送された『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)では、京都で開かれた骨董市・東寺の弘法市に訪れたYOUたちに密着。

東寺の弘法市は約800年前(1239年)から毎月21日に開かれている骨董市で、出店数は1,200店舗と国内最大級。そこには、お宝を探しに外国人がたくさん来ていた。

 

■お宝①:団扇

(画像は『Youは何しに日本へ?』のスクリーンショット)

広告デザインの学校を経営するイタリア人男性は、日本の古き良きデザインの発掘のために骨董市を訪れた。GETしたお宝は、70年以上前に作られた5,000円の竹団扇。6,500円のところを値切ったそうだ。

イタリアの彼が特に気に入ったのは、扇と柄の接合部分で、竹が細かく織り込まれており職人の技を感じる。高級な団扇は、江戸の絵師・歌川国芳なら8万円から45万円、同じく江戸の絵師・歌川広重なら350万円の値がつくことも。

団扇は学校に飾って、生徒たちにデザインの素晴らしさを伝えると語る男性。視聴者からは団扇の柄の美しさを褒めるツイートがあった。

うちわか納得だなしかもすげえええ綺麗だな#naratv #tvtokyo #YOUは何しに日本へ

— プチとあかほん@アイ♡濱中博(実況用垢) (@aihExpo4545) November 13, 2017

 

■お宝②:鯉のぼり

(画像は『Youは何しに日本へ?』のスクリーンショット)

日本に家族旅行でやって来たドイツ人一家が8,500円で購入したのは、鯉のぼり3色セット。日本に旅行をすると決めて調べていた時に、ネットの動画サイトで色とりどりの鯉たちが空を舞うのを見て、「欲しい」と心打たれたのだそう。

しかし、何故、鯉のぼりを飾るのかは知らず、『子供がすくすく育つように願いを込める』とスタッフが説明すると嬉しそうだった。

ネットでは、鯉のぼりが日本のお土産になることを喜ぶ人や、ドイツの庭ではためくであろう鯉のぼりのミスマッチさを面白がる人もいた。

鯉のぼりを日本のお土産にしてくれるってなんか嬉しいな #youは何しに日本へ

— わたなべ (@watter60996) November 13, 2017

ドイツの庭で鯉のぼり見たらビビるなーw #youは何しに日本へ

— mmmmiki (@ubmk38) November 13, 2017

『YOUは何しに日本へ』ボランティアに来たロシア人YOUがかわいすぎ

(画像は「読むテレ東」のスクリーンショット)

6日に放送された『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)では、茨城へボランティアをするためにロシアから来た22歳の女性・アローナさんに密着した。

 

■ロシア人YOUがかわいすぎてメロメロ

アローナさんは初来日で、今回参加するボランティアの内容をよく知らない。ただ茨城に行って、子供たちと何かをしたり、ダンスをしたりすると聞かされているようだ。

それでも「人のために何かできるのなら」と日本にやってきた。取材をしていたディレクターが「かわいいね」を連呼し、MCのバナナマンも「わかるわかる。色白いね」とべた褒め。

ツイッターでも、その可憐さにメロメロになる人たちが続出。慈愛の心と天使の容貌をもった彼女に、心奪われてしまったようだ。

YOUの可愛さが異彩を放っている件#Youは何しに日本へ

— なおP(乙倉担当)@バハ鯖在住 (@o_aki_1224) November 6, 2017

ボランティアYOU可愛すぎわロタ…ロシアっ子の要素たくさん持ってるのに(色白とか)背は低いとかかわいいいいいいい #youは何しに日本へ

— コゴリ( ˘ω˘) (@kuro8love) November 6, 2017

 

■茨城のボランティアはお祭りの手伝い

東京駅で同じボランティアに参加する日本人や色んな国の人たちと共に、住民が530人程度のエリア・茨城県常陸大宮市長倉を訪れる。この町では、65回目になる七夕まつりがまもなく開催。

しかし、若者が少なく人手不足になり、祭りを存続させるため、世界中のボランティアたちの力を借りることに。町には外国人がやって来ること自体が初めてだが、はたしてうまくいくのだろうか。

松本人志、テレビ番組のつまらなさを痛烈批判 ファンからは称賛の声

インターネットやビデオオンデマンドの普及、趣味の多様化により、視聴率の低下が危ぶまれるテレビ業界。それら理由に加えて「テレビが面白くない」との声もあり、業界は冬の時期を過ごしていると言っていいだろう。

このことについて、ダウンタウン・松本人志(54)が16日に自身のツイッターを更新し、持論を展開した。

 

■最近のテレビ業界は「スピード出さなすぎ違反」

バラエティ番組を「車」に例えた松本。「番組はときにスピード違反で叱られる時がある」と、面白いものをつくろうとするあまり、視聴者などからのクレームが殺到することもあると述べた。

しかし、昨今の番組は「叱られることを恐れすぎの『スピードださなすぎ違反』だと思う」と指摘。クレームを恐れすぎるがあまり、制作側が面白いものをつくろうとしていないと批判した。

バラエティ番組はいわゆるスピード違反で叱られる時がある でも それはテレビを面白くしたい情熱だったりする。今のテレビを面白くなくしてるのは叱られることを恐れすぎのスピードださなすぎ違反だと思う。

— 松本人志 (@matsu_bouzu) October 16, 2017

 

■ファンからも称賛の声

テレビ業界にとって、視聴者とはなるべく良好な関係を築きたいもの。そのため、誰もが安心して見られるような番組制作を目指すのは、ある意味自然な行為だ。

とはいえ松本の指摘のとおり、面白いものをつくろうとする情熱がなければ、テレビから笑いが消えてしまう日がやって来るかもしれない。

投稿を受け、ネット民からは松本を称賛する声があがった。

・少しでも問題が起こるとすぐにテレビ局が謝ってしまうのが当たり前になりつつあるのは嫌ですね。テレビサイドが昔の過激な番組を今じゃできないと言ってるのを聞くと悲しくなってしまいます

 

・「BPOなんてクソくらえ!」精神のあるバラエティが見たいです

 

・報道、放送、人権さえある程度配慮してれば 基本アウトバーンでえぇですやん ちょっとパンチあるぐらいじゃないとハートも思考力も育たんです

 

・バラエティ番組って、違反くらいが面白くて見応えありますもんね。社会全体が、まわりを気にしすぎていたり、事あるごとに攻撃しようとしたり、そんな空気をテレビから感じて悲しいです。もっともっと違反しまくって、それを観ながらテレビの前で大爆笑をまたしてみたいです

 

■若い男性を中心にテレビ離れが進行

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,343名に「テレビ」についての意識調査を実施したところ、全体の1割が「全然観ない」と回答した。

若い年代ほどテレビを見ない傾向にあることも判明。時間がないことや、ネット番組のほうが過激で面白いといった理由から「テレビ離れ」が始まっているのかもしれない。

 

松本の主張は一方で、何でもクレームを入れてしまう視聴者にも向けられているといえる。もしかすると、テレビ番組をつまらなくしているのは、他ならぬ視聴者たちかもしれない。

・合わせて読みたい→松本人志、自分の帰宅時に電話を切らない妻へのイライラに賛否

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん イラスト/ミキシマ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)