バービー

おぎやはぎも驚愕! 「オシャレを履き違えたブス」があるあるすぎる

©AbemaTV

自分を表現する手段でもあるファッション。さまざまな理由でオシャレに気を遣っている人も多いだろう。しかし、ときには非常識ともいえる服装を見かけることも…。

9日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で明かされた、「オシャレを履き違えたブス」が話題になっている。

 

■ブスは中村アンを意識しがち?

番組は「オシャレを履き違えたブス」について街頭インタビュー。

・ほぼ毎日ホットパンツを履いているブス。はみ出している足が太く、汚い

 

・胸が見えそうになるほど深いVネックのシャツを着ているブス。夏でもタートルネックを着てほしい

 

・目の下に真っ赤なチークをしている「年中ハロウィンブス」。流行っているが、気持ち悪い

 

・勉強が忙しい学部にも関わらず、何が入っているかわからないほどの小さいバッグで登校してくるブス

 

・首にチョーカーを巻いている「チョーカーブス」。ブルドッグが首輪を付けているみたいになっている。かわいい子とチョーカーを付けたブスが一緒に歩いていると、ペット感がある

 

・中村アンを意識して髪をかきあげているブス。自分も中村アンになれると思っちゃっているブス

 

といった声があがった。

 

■メイクで美人も台無し

ブスのファッションについて意見を求められたフォーリンラブ・バービー(33)は韓国系のメイクをする女性に疑問を呈した。薄くとった前髪をカールさせた髪型に、太眉、白い肌、赤いリップを塗っている、韓国アイドル風メイクをしている女性を見かけるようだ。

バービーはそれらの女性に「何がかわいいと思ってやっているんだろう。美人でもおかめちゃんみたいになる。『おかめ納豆』そのまま」と感想をもらした。

「別れた後のほうが好き」 ゆいPが『イッテQ』で元カレへの思いを叫び感動の声

(画像はInstagramのスクリーンショット)

10日放送の日本テレビ系人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』内で、おかずクラブのゆいPが元カレへの思いを絶叫。

その内容が「切なく泣ける」と話題になっている。

 

■温泉同好会でオーストラリアを訪問

ゆいPは川村エミコ・バービー・オカリナと温泉同好会として、オーストラリアを訪問。スカイダイビングやアーチェリータグなどのスポーツに挑戦する。

そして一行は最後にキングスキャニオンへ。映画『世界の中心で愛を叫ぶ』のロケ地としても有名な崖に立った4人は、「思いのたけ」を叫ぶことに。

 

■元カレへの思いを絶叫

バービーが「最近身体が臭い」と笑わせ、川村エミコが「どうしてブスに生まれたんですか、20歳になればキレイになれると思ったのに。もう37歳、助けてください」と切ない思いを叫んだあと、ゆいPが登場。

「あれ叫べば? 振られたやつ」と水を向けられると、突然回想シーンが。

「それは初めてできた彼氏だった」

 

というナレーションとともに、以前川村から交際のことについていじられ、「9キロダイエットした」などと赤面しながら告白する模様が放送され、最終的にフラれたことが伝えられる。

そのうえでゆいPは崖に向かい、

「今でも大好きだ~。別れた後のほうが好きだ~。写真が消せません」

 

と絶叫した。