パック

franche lippeeのムックが可愛すぎる!付録のクオリティを超えたバッグ

みなさま、お待ちかね!フランス語で“心を込めて作るごちそう”を意味する人気ブランド「franche lippee(フランシュリッペ)」の豪華な付録が付いた新作BOOKがついに発売されました。秋冬の新作アイテムがズラリと並んだ新作コレクション企画や過去の刺繍アイテムを集めたアーカイブなど、ファン必見の

家庭でできる肌のスペシャルケア!さまざまなパックの種類と効果

モテ子 スペシャルケアにばかり注目しないで、基本のケアもちゃんとするのよ。

photo by Fotolia.com

おうちでできるスペシャルケアといえば、やっぱりパックですよね。肌が疲れた時などにパックをすると、ツヤと透明感が出るので、手放せない人も多いのではないでしょうか?また、最近ではパックの種類も多く、昔ながらのもの、手軽なものから斬新なものまでいろいろとありますので、今回はパックの種類と効果や使い方などを、ご紹介します。

すっかり定番になったシートタイプのパック

シートタイプのパックは、今ではすっかり定番ですよね。最近では目や鼻が描かれている動物の顔バージョンや、歌舞伎の隈取り風、キティちゃんなどのキャラクターバージョン、ハロウィン風お化けなど、ビジュアルが楽しいものまでたくさんの種類があります。 本来のシートタイプのパック(メーカーによってはマスク)の目的と効果は、顔に貼りつけるだけで水分や美容成分を補給し、保湿効果を与えるというものでしたが、かなりバリエーションが増えていまでは保湿だけにとどまらず、美白、ひきしめ、ニキビ予防、アンチエイジングなども期待できます。

価格も、100円ショップで売っているものから、10,000円以上する高級タイプまでいろいろありますが、シートの素材(コットン、パルプなど)、厚みや密着感、美容成分の種類や量などが変わりますので、目的や予算に応じて選びましょう。

ただし、長時間つければ効果が倍増するというものではなく、もっとも効果を発揮させるには各メーカの指示通りの時間を守ることが原則となります。平均して10分〜15分程度です。

効果別に選ぶパックの形状

photo by Fotolia.com

固まるタイプ

粉末を水で溶き、やや硬めのクリーム状にしたパックを、目の周りと鼻の穴、口を避けてヘラやハケなどで塗布し、10〜15分程度放置して、最後はぬるま湯で洗い流すタイプです。

【効果】 たんぱく質分解酵素を配合したものが多いので、老化角質の除去、毛穴の深部の汚れや皮脂を取り除く、シミやくすみ、ニキビ予防など。

はがすタイプ

チューブやポット容器に入っており、ジェル状やクリーム状になっているパックを、固まるタイプと同じ要領で顔に塗布するタイプです。ただし、こちらは指で塗った方が扱いやすいです。しばらく時間をおくとプルンと固まるので、ゆっくりとはがしていきます。

【効果】 老化角質の除去、毛穴の汚れや皮脂を取り除く、毛穴の引き締め、たるみ防止、保湿、アンチエイジングなど。

クリームタイプ

最初からクリーム状になっているので、そのまま顔に塗布できるタイプです。ただし、固まらないので、10〜15分放置した後に、ぬるま湯で洗い流します。

【効果】 固まるタイプやはがすタイプと同様の効果もありますが、保湿や栄養補給、アンチエイジングがメイン。

その他のめずらしいパック

ナイトパック(睡眠パック)

夜のお手入れの最後に、ジェルやクリーム状のパックを顔になじませるように塗布したまま、睡眠できるタイプです。翌朝は、いつも通りの洗顔をします。

【効果】 睡眠中に美容成分が肌に浸透させる、新陳代謝促進、保湿など。

泡のパック(ムースタイプ)

ムース状の泡を、肌の上に置くような感じで塗布するタイプです。時間をおくと、泡が消えて肌になじむので、軽くぬるま湯で洗い流すか、ウォーターコットン(水を含ませたコットン)でふき取ります。

【効果】 保湿、アンチエイジング、美白など

炭酸パック

ゼリー状のパック基剤を専用の小さな容器に移し、粉末をよく混ぜてから顔に塗布するタイプです。この時、粉末のかたまりが残っていると肌に乗せた時、パチパチと痛みを感じるので、ていねいに混ぜましょう。ただし、混ぜすぎると炭酸特有のシュワシュワ感が無くなるので注意してください。時間をおいても固まりませんが、シュワシュワした感覚がなくなるので、パックを軽くふきってから洗い流します。

【効果】 血液循環を良くする、顔色が明るくなる、美白、くすみ、新陳代謝促進、アンチエイジングなど

番外編(食材を利用してのパック)

photo by Fotolia.com

おうちにある食材を利用して、パックを作ることもできます。ただし、刺激が強すぎることもあるので、敏感肌ではなくてもパッチテストが必要です。また、使用する食材は新鮮なものを選び、一回で使い切るようにしましょう。

卵白パック

卵の白身だけを小さな容器に移し、肌の上にマッサージするように塗布します。白身が流れてくるので、お風呂場での使用がおすすめです。5分ほど放置した後、よく洗い流しましょう。 保湿効果や引き締め効果があるので、しっとりつるつるになりますよ。

ヨーグルトパック

無糖のヨーグルトをパックの基剤にして、いろいろな食材を混ぜて作ります。ヨーグルト大さじ2杯程度に、その他の食材を大さじ2分の1〜1杯程度を混ぜて作ります。保湿効果を高めたい場合は、バージンオリーブオイルを足し、さっぱり感や皮脂分泌を抑えたい場合は、小麦粉を少々混ぜて調節可能です。

【アレンジレシピ】

  • ヨーグルト+アボカド
  • ヨーグルト+はちみつ
  • ヨーグルト+豆乳
  • ヨーグルト+緑茶パウダー、など

終わりに

パックっていろいろな種類がありますし、美肌効果だけではなく、リラックスもできて気分転換にも最適です。週末には、あなたのお気に入りのスペシャルパックを、ぜひお試しくださいね。

The post 家庭でできる肌のスペシャルケア!さまざまなパックの種類と効果 appeared first on ガール配信局.

朝パックの魅力とおすすめ10選♡キレイは朝のひと手間から!

「朝パックの魅力って何だろう?」 「朝パックにピッタリのマスクってある?」とお悩みではありませんか?

夜、ついつい疲れてスキンケアをしっかりせずに寝てしまったり、普段あまりスキンケアを行えていなかったり・・・

そんな疲れ気味な方のスキンケアにおすすめしたいのが、「朝パック」です。

朝のひと手間で、心も肌も喜ぶと評判の新習慣「朝パック」の魅力をご紹介します。

さらに、朝パックにおすすめしたいアイテムもご紹介します。

お気に入りのパックを見つけて、ぜひ朝パックを行ってみてくださいね♡

1.朝パックのメリット♡

朝パックを行う最大のメリットは、肌が整うことによって「化粧のりが良くなること」と、「化粧崩れしにくくなること」が期待できるところです。

メイクをする女性にとって、この2つのメリットはとても魅力的ではないでしょうか?

ここで、2つのメリットについて簡単に解説していきます。

1‐1.化粧のりが良くなる

朝パックを行う1つ目のメリットは、化粧下地やファンデーションののりがよくなることが期待できるということです。

朝パックを行うことで、角質層のすみずみまでうるおいが与えられ、肌のキメが整います。

肌のキメが整うと肌の凹凸がなめらかになり、化粧がきれいにつきやすくなると言われています。

1‐2.化粧崩れしにくくなる

朝パックを行う2つ目のメリットは、化粧崩れしにくくなることが期待できることです。

朝パックを行うことで角質層にうるおいが与えられ、化粧のりがよくなると、乾燥による化粧崩れがしにくくなると考えられています。

また、肌が乾燥することによってできる、乾燥小じわなどによるファンデーションのヨレも防ぐことが期待できます。

2.朝パックにおすすめ!シート状マスク5選

ここでは、肌らぶ編集部が選んだ朝パックにおすすめのシート状のマスク(パック)を5点ご紹介します。

シート状のマスク(パック)は、貼ったまま歯を磨いたり、身支度を行ったりすることができるなどメリットがたっぷり♡ 肌の乾燥を感じやすい方や、肌にうるおいを与えたい方におすすめです。

今回は、肌に密着しやすく、毎朝パックを行っても1カ月2,000円以下で収まるプチプラ価格のシートマスクを選びました。 肌がみずみずしくうるおうものを選んだので、ぜひ試してみてくださいね!

サボリーノ 目ざまシート朝専用マスク

販売元:サボリーノ 価格:1,300円(税抜) 容量:32枚入り 参考:1枚あたり 約41円

寝起きの肌にそのまま貼るだけで、洗顔、スキンケア、化粧下地まで完了するというオールインマスクです。清涼感のあるマスクで、寝起きの肌もスッキリ!フルーティーハーブの香りも付いているので、爽やかな気分で朝のスキンケアが行えます。 保湿成分として「水溶性コラーゲン」、「ヒアルロン酸Na」、「アボカドエキス」を配合。しっとりと肌を整えます。ちなみに、『夜用マスク』も販売中です。

ルルルン フェイスマスク ルルルン

販売元:ルルルン 価格:1,500円(税抜) 容量:42枚入り 参考:1枚あたり 約36円

まるでオーダーメイドのような密着感が魅力のルルルンシリーズのシートマスクです。目元や口元もカバーできるよう、マスクの形にこだわって作られています。 洗顔後の肌にのせて時間をおいたら、マスクを折りたたんで軽くパッティングするのがおすすめです。 美容エッセンスをシートがヒタヒタに含んでいるため、たっぷりのうるおい感を実感できるでしょう! ルルルンシリーズのシートマスクは、種類が豊富なので気分によって使い分けるのもおすすめです★

クオリティファースト オールインワンシートマスク モイスト

販売元:クオリティファースト 価格:1,900円(税抜) 容量:50枚入り 参考:1枚あたり 約38円

国産のコットンを100%使用した、やわらかい密着感のあるシートマスクです。1枚で化粧水・美容液・乳液の3役を果たすので、スキンケアしながら髪を整えたり、ごはんを食べたりと時間を効率的に使えます! 洗顔後の肌にのせて時間をおいたら、マスクを折りたたんで優しい力加減で肌全体をふき取りましょう。「ヒアルロン酸」、「ベビーコラーゲン」、「セラミド」、「レシチン」、「ビタミンC誘導体」などの保湿成分を配合しています。

なめらか本舗 モイストシートマスク

販売元:なめらか本舗 価格:1,200円(税抜) 容量:32枚入り 参考:1枚あたり 約38円

取り出しと同時にぱっと広がり、パックを広げる手間いらずのシートマスクです。 厚手のシートが採用されていて、肌にしっかり密着し、うるおいを角質層までしっかり浸透させます。 保湿成分として「豆乳発酵液」、「植物性コラーゲン」、「ヒアルロン酸」、「ビタミンC誘導体」を配合。肌の水分や油分を補い保ちます。 さらに、密着キャップ付きの袋に入っているため、最後の1枚まで乾きません!

クリアターン プリンセスヴェール スキンコンディショニングマスク うるおい

販売元:コーセー 価格:1,500円(税抜)※肌らぶ編集部調べ 容量:46枚入り 参考:1枚あたり 約33円

1つで化粧水、乳液、美容液、クリーム、パックの5役を果たす、シートマスクです。 日本人女性の顔のサイズを研究して作られた形状は、顔に乾燥が気になりがちな目元や口元にもピタッと密着♡ 保湿成分として「ライチハニーGL」を配合。美容液がヒタヒタに含まれた、みずみずしいマスクが魅力です。フルーティフローラルの香りに包まれながら、肌にうるおいを与えて整えましょう!

3.朝パックにおすすめ!フォーム状マスク5選

パックというとシート状のマスクを想像する方も多いかもしれませんが、意外とおすすめなのがフォーム状のマスクです。

泡を肌にのせてパックにするのがフォーム状のマスク。フォーム状のマスクは、時間がないけれどスペシャルケアを行いたい方やシート状マスクが苦手な方におすすめです。

フォーム状のマスクにはさらに種類があり、洗顔の機能を兼ねた洗い流すタイプと、洗い流さないタイプがあります。どちらもシート状のマスクに比べ、長い時間を置く必要がないものが多く、短い時間でお手入れができるメリットがあります。

ここでは、フォーム状のマスクのなかから、肌らぶ編集部が朝パックにおすすめしたいマスクを5点ご紹介します。

今回は、保湿成分が配合されていて、きめ細やかな泡が魅力のマスクを選びました。

POLA【B.A ザ デイマスクS】

販売元:ポーラ 価格:15,000円(税抜) 容量:60g

ポーラのなかでもひときわ目立つハイエンドブランドの「B.A」から出ている朝用フォームパック。 朝用のひんやりとした微発砲マスクが心地よく、朝の肌をシャキっと目覚めさせてくれるようなテクスチャーが魅力です。 泡がみずみずしくなじみ、肌にうるおいやハリを与えます。 グリーンフローラルのフレッシュな香りも朝にぴったりです♡

D.U.O. ザフォーム

販売元:D.U.O. 価格:3,000円(税抜) 容量:150g

目覚めの10秒でも行えるお手入れをテーマにしたフォームマスクです。1本で洗顔・マッサージ・マスクの3つの役割を果たします。 炭酸ガスが作り出す、濃密炭酸泡が心地よく肌に密着。保湿成分配合で、角質層のすみずみまでうるおいを与えます。ダマスクローズの香りで、朝から優雅な気分でお手入れができますよ! 定期購入だとお得に購入できるので、使い続けるときはそちらがおすすめです♪

エスト アクティベート サーキュレーター

販売元:エスト 価格:4,500円(税抜) 容量:170g

炭酸ガスが作り出すクリーミィな濃密泡が魅力のフォームマスクです。 使い方は簡単!30秒~1分顔全体をマッサージするだけです♪ ぬるま湯や水をしっかりとなじませて洗い流すので、マッサージ後に洗顔料で顔を洗う必要もありません。保湿成分として「ユズエキス」、「褐藻エキス」、「グリセリン」などを配合。肌にたっぷりのうるおいを与え、もっちりとしたハリを与えます。

ポーラ ホワイティシモ 薬用フォーム ディープクリア (医薬部外品)

販売元:ポーラ 価格:5,500円(税抜) 容量:90g

3日に一度のスペシャルケアに使用する、洗い流すタイプの美白*フォームマスクです。 白玉のような弾力感のある泡が肌に心地よく密着します。 3~5分じっくりとマスクをした後に洗い流すと、うるおい感のあるしっとり肌に。 手が濡れていても泡がへたりにくいので、お風呂の中でも手軽に使用することができますよ! *メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

オルビス ホイップソーダパックブライト 販売元:オルビス 価格:2,200円(税抜) 容量:100g

炭酸温感濃密泡が心地よい、洗い流すタイプのフォームマスクです。 乾燥やキメの乱れによるくすみに着目して作られています。 保湿成分として「コラーゲン」、「ローヤルゼリーエキス」などを配合。 きめ細やかな弾力のある泡が肌の細かな凹凸にもしっかり密着し、角質層のすみずみまでうるおいを浸透させ、ハリを与えます。

4.朝パックを行う際の注意点

ここでは、朝パックを行う際に気をつけたい2つのポイントをご紹介します。

4‐1.朝パックする時間や使用頻度を守る

朝のパックに限った話ではありませんが、パックする時間や使用頻度はパッケージに記載されたものを守りましょう。

特にシート状のパックをしながら身支度をしていると、つい時間を置きすぎてしまいがちです。 時間を置きすぎてしまうと、逆に肌が乾燥してしまうことがあるので気をつけましょう。

また、パックには毎日使用できるものと週に数回使用するものがあります。

パックのし過ぎが肌への負担になってしまうことも考えられるので、各商品に書かれている推奨の頻度で使用するようにしましょう。

4‐2.朝パックに使用できるか確認する

朝パックに使用するパックは、朝使用してもよいか確認し、肌なじみのよいテクスチャーのものを選ぶようにしましょう。

テクスチャーが重めのものは、肌になじませるだけでも時間がかかってしまったり、化粧崩れの原因になってしまったりすることも考えられます。

5.朝パック まとめ

朝パックの魅力や注意点、肌らぶ編集部のおすすめのシートマスクとフォームマスクをご紹介しました。

朝にひと手間かけることは、気持ちの上でもキレイを目指す女性にとって大事なことですよね。 美しいすこやか肌を保つために、時間を上手に使って朝パックを実践してみてください。

朝パックを行って、肌も気持ちもうるおって一日気持ちよく過ごせるといいですね♡

The post 朝パックの魅力とおすすめ10選♡キレイは朝のひと手間から! appeared first on ガール配信局.

ハトムギ保湿ジェルを実際に使ってみた!おすすめしたい6つの理由

「ハトムギ保湿ジェルのクチコミが知りたい」「すっきり感のあるスキンケアがしたい」そう思ってはいませんか?

“ハトムギ保湿ジェル”は、プチプラで話題になったハトムギ化粧水のシリーズ商品です。化粧水同様、さっぱりとした使用感なので、肌のベタつきが気になる方や油分が少ないアイテムが好みの方の間で注目されています!

今回は、そんな話題の“ハトムギ保湿ジェル”を、肌らぶ編集部員が試したリアルな感想レビューをご紹介します。

ハトムギ化粧水もあわせて使ってみたので、ハトムギシリーズが気になっていた方はぜひご覧ください!

1.ハトムギ保湿ジェルの6つの魅力

ハトムギ保湿ジェルには…

●お手頃価格 ●大容量 ●保湿美容液としても乳液やクリームの代わりとしても使える ●さっぱりとした使用感 ●みずみずしくて気持ちのいいテクスチャー(ジェル状) ●ボディケアにも使える

という6つの魅力があります!

180gの大容量で900円(税抜)というお手頃価格なので、惜しまずにたっぷり使いやすい点はうれしいポイント★

さらに、水分量約80%でみずみずしく、やわらかいテクスチャーのため、塗り心地も気持ちがいいんです!

美容液や乳液・クリームの代わりとしてだけではなく、首やデコルテなど体に使用することもできるので、好みに合わせて使い方を変えることができます。

油分が少ない分さっぱりとした使用感なので、肌のベタつきが気になる方やテカリやすい男性にもおすすめです!

2.ハトムギ保湿ジェルを実際に使ってみた

それではさっそく、ハトムギ保湿ジェルを肌らぶ編集部員が実際に使用して感じた、リアルな感想レビューをご紹介します。

デイリーケアにおすすめの通常の使い方から、スペシャルケアとして行いたいアレンジ方法まで試してみたので、あわせてご覧ください。

2-1.通常の使い方【デイリーケア】

今回は、夏場ということもあり、さっぱり感重視で乳液やクリームの代わりとして使用してみました。

【使い方&レビュー】

①化粧水を付ける

まずは、入浴後や洗顔後の肌に化粧水を付けます。

ここで、同じシリーズのハトムギ化粧水を使用するのもおすすめです。

ハトムギ化粧水はオイルフリーなので、さらにさっぱりと爽快感のあるスキンケアが行えます。

②ハトムギ保湿ジェルをたっぷりと付ける

化粧水をしっかりとなじませた後に、ハトムギ保湿ジェルをたっぷりと顔に付けます。

入浴後の火照った肌に、みずみずしくてひんやりとしたテクスチャーのジェルが心地よかったです。

●おすすめの使い方● ハトムギ保湿ジェルは、冷蔵庫で冷やして使ってみるのもおすすめです! インターネット上のクチコミやレビューをリサーチしてみたところ、夏場はさらなるひんやり感を求め、ハトムギ保湿ジェルを冷蔵庫で冷やしているという意見を多数発見しました。実際に冷蔵庫で冷やしてみると、ジェルのひんやり感が増してとっても気持ちがよかったです! ※開封後はなるべく早く使い切りましょう。

【使用感】

●テクスチャー●

みずみずしいテクスチャーです。やわらかいので、肌になじませやすく、塗り広げやすいと感じました。

●香り●

香りは、ほとんど感じませんでした。

香りが強い化粧品が苦手だという方にも使いやすいのではないかなぁと思います。

●使用感●

ハトムギ化粧水をしっかりとなじませた後に、保湿ジェルを塗りました。

塗った直後は「ベタつくかも…」と思いましたが、しっかりと肌になじませた後はベタつきを感じません。しっとりとしながらもさらさらとした触り心地の肌になった気がします…❤

皮脂でテカリやすく、ベタつきやすい私にとって保湿のお手入れもさっぱりと行える点がとても魅力的でした!

とくに、朝のスキンケアで保湿ジェルを使用すると、ティッシュオフせずにそのまま日焼け止めや化粧下地(BBクリーム)を使うことができ、スキンケア&メイク時間の時短につながって、うれしかったです。

ただ、保湿重視のお手入れがしたい方には、ハトムギ保湿ジェルだけでは物足りないかなぁと思います。

そういった方は、ハトムギ保湿ジェルを美容液代わりに使用するのがおすすめです★

部分的な乾燥が気になる方は、乾燥が気になる部分にだけ油分のあるクリームや乳液を仕上げに塗ると、よさそうですね。

私も乾燥しやすい冬は、目元にだけクリームを重ね付けしてみようと思います。

2-2.ジェルパックとして使ってみた【スペシャルケア】

次にジェルパックとしての使い方と、レビューをご紹介します。

①500円玉2枚分のハトムギ保湿ジェルを顔に付ける

500円玉2枚分のハトムギ保湿ジェルを手に取り、顔に付けます。

目に入らないように注意しながら、たっぷりのジェルをまんべんなく塗り広げましょう。

乾燥が気になる部分には、少し厚めに塗るのがポイントです!

顔がぷるぷるのジェルに包まれている感覚はとても気持ちがよく、くせになりそうでした♪

②そのまま5分待ちます

ジェルをパックとして顔に塗った後は、そのまま5分待ちます。

③5分後顔全体になじませる

5分たったら、顔全体を手のひらで包み込むようになじませていきます。

この時、無理に肌を擦らないように気を付けましょう。摩擦は肌の乾燥の原因になったり、肌荒れの原因になったりすることがあります。

ハンドプレスで丁寧になじませていきましょう。

なじませ終わった肌は、乳液やクリームの代わりに使ったときよりもしっとりとしている気がします。

ジェルパックの心地よさが気に入ったので、週末など時間のあるときは、ハトムギ保湿ジェルでパックを行うのを習慣にしたいなぁと思いました。

2-3.ボディケアに使ってみた【番外編】

大容量のハトムギ保湿ジェルを単体で、ボディケアにも使用してみました!

スキンケアのとき同様、乾燥が気になる部分のお手入れというよりは、皮脂が出やすくベタつきやすいデコルテや首回りのお手入れにおすすめだなぁと思います。

ボディケアのときはとくに、冷蔵庫で冷やしてから使用すると、火照った肌がすーっと冷えていくように感じるので、夏場のお風呂上りも快適に過ごせますよ❤

また、日差しが強い夏の時期の肌にも気持ちよく使えました!

ボディケアにも惜しみなく使いやすいお手頃価格で大容量のハトムギ保湿ジェルは、本当に使い勝手がいいアイテムだなぁと思います。

3.ハトムギ好き必見❤化粧水も使ってみた!

ここでは、ハトムギシリーズの話題の火付け役、ハトムギ化粧水を使ってみた感想レビューをご紹介します。

「ハトムギ保湿ジェルとシリーズ使いしてみようかなぁ」とお考えの方は、こちらも参考までにご覧ください♪

【テクスチャー・香り】

水のようにさらさらとしたテクスチャーで、香りはあまり感じませんでした。

【感想レビュー】

だいぶさっぱりめの使用感です。

普段少しとろみのある化粧水を使っているため、付け心地は少し物足りないように感じます。

今回は、2~3回ほど重ね付けして使ってみました!

500mlで650円(税抜)というお手頃価格なので、1回のスキンケアで惜しみなくたくさん使える点はとてもよかったです。

ただ、付け心地がさっぱりな分、乾燥が気になりやすく、すぐに保湿ジェルを付けたくなってしまいました。

大容量なので、ボディケアにも使ってみました!デコルテや腕、足など全身にも惜しみなく付けられて、さらっと気持ちのよいお手入れが行えます。

顔に付けたときにはうるおいに物足りなさを感じましたが、ボディ用としてなら1本使いでもよいなぁと思いました。

4.まとめ

ハトムギ保湿ジェルの魅力やリアルな感想レビューをご覧いただきましたが、いかがでしたでしょうか?

プチプラのスキンケア化粧品の中でも話題の“ハトムギシリーズ”の保湿ジェル。

実際に使ってみて、しっとり感がありながらも、さらっとした質感の肌に仕上げたい方におすすめしたいアイテムだなぁと思いました。

物足りなさを感じそうな方には、油分のあるアイテムを部分使いしていただければ、使いやすいと思います!

使い方のバリエーションも豊富なので、自分にあった使用方法をみつけるのも楽しそうですよね★

お手頃価格だからこそ試し買いもしやすいので、気になっている方はぜひ、一度使ってみることをおすすめします。

The post ハトムギ保湿ジェルを実際に使ってみた!おすすめしたい6つの理由 appeared first on ガール配信局.

バッグの持ち手がボロボロ?”簡単リメイク”で可愛く復活させよう♡

お気に入りのバッグほど使う機会が多いので、持ち手がボロボロになりやすいですよね。 だからと言ってそれで捨ててしまうのは、もったいない! 持ち手をリメイクして、お気に入りのバッグを復活させる方法をご紹介します!

バッグの持ち手のリメイク方法3つ

スカーフを巻く

バッグの持ち手がすぐダメになるので、スカーフ巻き巻きしてみた少しでもダメージが軽減したら嬉しい pic.twitter.com/EnqlE1Sxzf

— 真由乃 (@mayunomg) 2017年4月28日 スカーフで持ち手をぐるぐる巻きにすれば、トレンド感のあるバッグに早変わり♡細長い形のスカーフ(ツイリースカーフ)なら、そのまま巻けるのでもっと簡単にリメイクできますよ。

≪スカーフの巻き方≫

  • スカーフを幅5センチほどの細長い形に折ります。(バイアス折り) ※ツイリースカーフならそのままでOK!
  • 持ち手の根本にスカーフを結びつけ、ぐるぐると巻いていきます。
  • 端までたどり着いたら、もう片方を結んで出来上がりです!

リボンを巻く

ネイルではないですが…300円shopで見つけたバッグをリメイク!!今日明日と観に行く舞台【スマイルマーメイド】っぽく青系で…パンフ入れる用に持って行こうと思います(*???*)?持ち手の雑さはご愛嬌と言うことで…(苦笑) pic.twitter.com/E2NTB0b9Kd

— はるみかん?ネイル垢 (@MikaN_NaiL0630) 2016年12月4日 こちらはリボンを巻いたアレンジ♡3色組み合わせることで、よりいっそう華やかな仕上がりになっています。センスが必要だけど、自分好みに作れるのは楽しいですよね!

Tシャツヤーンを巻く

4年程前に購入していたカゴバッグをリメイク。ついてたココナッツボタンを外して持ち手にTシャツヤーンを編んでボンボンつけました。これで今年風になったかな。 pic.twitter.com/aveNP0o7hm

— mamamaki (@mamamakimaki) 2017年6月1日 Tシャツから作られたTシャツヤーンなら、粗が目立ちにくいので不器用さんにもおすすめ!ナチュラルな風合いが、かごバックにぴったりです♪Tシャツヤーンは100均でも買うことができますよ。

リメイクでお気に入り度を高めよう♡

出典:wear.jp いかがでしたか?ボロボロになっていた持ち手を隠すことで、お気に入りのバッグが嘘のように蘇ります。ぜひ試してみてくださいね♡

The post バッグの持ち手がボロボロ?”簡単リメイク”で可愛く復活させよう♡ appeared first on ガール配信局.

残暑きびしいこの時期のスキンケア!秋に向かっての肌の変化と注意点

モテ子 いまが勝負時よ。

photo by GIRLY DROP

まだまだ、夏の日差しが降り注ぐ今日この頃…。最近の日本の四季は、かなり乱れており10月過ぎても、暑さ厳しい日もありますよね。これでは、お肌のコンディションもなかなか安定しません。今回は、夏から秋への変わり目の時期に注意したい、お肌とスキンケアのことをお伝えしていきます。

近年の夏から秋の気候と肌の状態について

最近の夏は、スーパー猛暑と呼ばれるくらい高温多湿の日が続いています。これは、ニュースでもよくいわれていますが、ラニーニャ現象や高気圧の影響らしいですよ。そのせいで暦の上ではすっかり秋なのに、全然その気配さえなく、日差しも強いし蒸し暑い日がダラダラと続いているので、肌の状態もとても不安定になります。

特に、気温が高いと体温も上がりますから、体温を下げるための体温調節機能が働き、汗をたくさんかきます。汗は肌の上で蒸発して体温を下げますが、同時に肌が保持している水分までも、一緒に蒸発させてしまいます。すると、脂っぽいのに水分量が不足している、隠れ乾燥肌(インナードライ)の状態になります。

また、外気温や体温も高いのでどうしても皮脂の分泌が増えますし、この時の皮脂は、通常よりも温まって柔らかくなるので、さらに肌の表面に流れ出る量が増えます。皮脂の分量は、冬に比べたら、約2倍もの量に増える事もあるのですよ。とはいえ、朝方などには、気温が下がるので不安定さに拍車をかけています。

そして、忘れてはならないのは、紫外線による肌へのダメージがまだまだ続いているということ。つい油断して、紫外線対策を忘れないようにしましょう。

夏から秋への変わり目に起こりやすい肌トラブル

photo by GIRLY DROP

このように、季節の変化に伴ってこの時期の肌の状態はとても不安定です。夏場の肌の状態と変わらない部分もありますが、夏場に受けたダメージがそろそろ肌表面に出てくる時期ともいえます。

たとえば、皮脂や汗の分泌量が多い状態が続くと、肌表面がベタつくために、老化角質がきれいにはがれ落ちなくなるので、毛穴の上に覆いかぶさったり、詰まったりします。これが、白ニキビや黒ニキビの原因となり、肌質や体調によっては炎症ニキビへと進むことも…。普段はニキビなんてできないのに、いきなりポツンと現れたり、乾燥しているのにニキビができたりするのもこの時期の特徴です。

また、老化角質がはがれ落ちないことで、新陳代謝のサイクルも乱れますので、肌は透明感を失いくすみが生じたり、厚ぼったくごわついたりして、不健康で老けた印象の肌に見えてしまいます。

あとは、夏に浴びた紫外線の影響で、うっすらと色素沈着やシミが現れたり、目元やほうれい線の小じわが目立ってきたりもします。

さまざまなトラブルが、いっぺんに肌に現れてしまうような季節ともいえますね。

この時期におすすめのスキンケア

この時期は、夏から引き続き、紫外線を防ぐことを基本にして、その日のお天気や肌の状態に合わせたお手入れを行うのがポイントです。

皮脂分泌が多くベタつきもあるので、さっぱり感重視のお手入れを続けがちですが、肌の深い部分では水分が不足してきているので、化粧水は、夏場よりも水分保持力が高めのものにチェンジして、最後に保湿もしっかりと行います。ただし、その日の肌状態に合わせて、乳液、美容液、ジェル、クリームなどを使い分けたり、量を調節したりしましょう。

肌のくすみは、ほとんどの方に現れてきますので、定期的に角質を落とすためのケアをプラスします。特に、植物の種子が入ったピーリング剤や、たんぱく質分解酵素配合のパックなどがおすすめです。

もしも、目元や口元などの乾燥や、ちりめんジワが気になった場合は、ベタつきの少ない軽いテクスチャーのアイクリームをプラスするか、つけたまま眠れるナイトパックも効果的です。

終わりに

いかかでしたか?この時期に合わせた、スキンケアをしっかりと行うことで、冬場の肌トラブルがグッと減りますし、紫外線による光老化も最小限にとどめることができます。まだまだ、暑さが残るこの時期こそ、手を抜かずにていねいなケアを心がけましょう。

あわせて読みたい

>>夏のダメージがでやすい秋!肌の疲れをリフレッシュさせるための食事 >>日焼け後からが勝負!絶対シミをつくらない秋のスキンケアって?

The post 残暑きびしいこの時期のスキンケア!秋に向かっての肌の変化と注意点 appeared first on ガール配信局.