パワハラ

櫻井翔『先僕』パワハラ専務が学校へ! 理不尽な上司とどう向き合う 

今夜放送される、嵐の櫻井翔が主演をつとめるドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の第5話。

生徒の前で圧巻のロングスピーチを見せた鳴海(櫻井翔)の目の前に上司の加賀谷(高嶋政伸)が現れた第4話のラスト。第5話ではふたりの関係に注目が集まる。

 

■鳴海が伝える「現実」に共感の声が続出の本作

毎話、会社員ならではの視点でストレートなメッセージを生徒や教師たちに伝えてきた鳴海。

第4話でも、授業の改革に伴って反発してきた3年生に対して語った、10分以上のロングスピーチに賞賛の声が集まっている。

「先に生まれただけの僕」やっぱり抜群に面白い…最後の校長の話、自分が高校生の時に聞きたかった。

— のか (@nochu1) 2017年11月8日

先に生まれただけの僕、よかった高校生のときに教えてもらいたかった。私達が知っている職業なんてたかが知れてて、自分の描く未来に進まなければいけない、人に役立つ仕事をしなければいけない、なんて思い込まなくていいと考える暇を与えて欲しかったそしたら私は全く違う選択をしたかも

— まゆう (@donguriko1997) 2017年11月4日

先に生まれただけの僕。今週も良質なドラマだった。校長先生が高校3年生を集めて語る「この先の将来に待ってるもの」、「大学4年間で何を得るべきか」が、その道を実際に経てきた世代からするとわかりすぎて辛い。そんなこと高校生のときに教えてくれた人いなかったぞ。

— まりるん (@marij07pt) 2017年11月4日

社会人の視聴者からの「高校生のうちに知りたかった」という声が目立つ。高校生を子供扱いせずに社会の現実を伝え続ける鳴海の言葉は、着実に本作のファンを増やしていきそうだ。

 

■第5話あらすじ

ドラマ公式サイトからあらすじを見てみよう。

受験生(中学3年生)に向けた、学校を知ってもらう為のイベント『オープンキャンパス』開催を知った鳴海(櫻井翔)は、生徒たちにもイベントに協力してもらい、京明館高校の魅力をアピールしたいと教師たちに提案。ちひろ(蒼井優)は自分が担任する2年3組の生徒に、オープンキャンパスでのメインイベントを考えてみてほしいと相談する。

 

ちひろが最近知った話術「ペップトーク」が功を奏し、3組の生徒たちはすっかり乗り気に。自分たちの学校の魅力を伝えるにはどうしたらいいかと知恵を絞る生徒たちの様子に、ちひろは教師としての喜びを感じる。

 

さらに、鳴海は樫松物産社長・原(小林勝也)にもオープンキャンパスに来てほしいと直訴。そこには鳴海のある狙いが隠されていた。しかし、そんな鳴海の行動が疎ましい加賀谷(高嶋政伸)は沙織(井川遥)に接触。校内で鳴海に反発している教師の名前を聞き出そうとする。

 

さまざまな思惑と生徒たちの熱意が渦巻く中、オープンキャンパスは当日を迎える…。

 

やはりパワハラ専務・加賀谷とのバトルは一筋縄ではいかなさそうである。

 

■どこにでも理不尽な上司はいる?

しらべぇの調査によると、上司を「殺したい」と思ったことがある人は4人に1人以上の27%にのぼった。

 

さまざまな要因はあるだろうが、上司の存在に苦しめられている人は多いようだ。

これまで上司の加賀谷にかなりの圧力をかけられてきた鳴海だが、第5話ではどうやら流れが変わりそうな気配。今後、鳴海が本社の中でどう戦っていくのかにも目が離せない。

《これまでに放送した『先に生まれただけの僕』記事はこちら

・合わせて読みたい→『先僕』鳴海校長なら「地毛証明書」をどう解決? 今後の題材に期待の声

有吉、パフォーマンスで怒鳴る上司に「言い訳してるだけ」と一蹴

上司から、理不尽な理由で怒られた人は少なくないだろう。

25日に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)での有吉弘行の発言が、反響を呼んでいる。

 

■「言い訳してるだけ」

番組では、「(社員の前で)怒鳴ったのは社員の士気を上げるパフォーマンスだから」と上司に言われた投稿者から、「パフォーマンスで怒るのはアリですか?」という疑問を寄せられた。

有吉は「感情的になって、後付けで言い訳してるだけ」と一蹴。マツコも「私もそう思う」と共感の声を上げた。

さらに有吉は「なに? みんなの士気上げるって? 三国志じゃないんだから」とツッコみ、スタジオ内を笑いで包んだ。

 

■ネットには納得の声

有吉の発言に、ツイッターでは「士気は上がらない」「単なる言い訳」などなど、賛同の声が多く寄せらている。

人前で権威振りかざして怒鳴り散らかす人は無能だよ(笑)優秀な人、絶対いないから。

っていうか怒ったって士気上がらない。意気消沈する。

ただ、叱ることはあるけどね。でも、懲りない人はもう叱りもしなくなるけど。#かりそめ天国

— ヒコヤマ (@Ls0LcoPd3WXpqJf) October 25, 2017

そもそも人前で怒るって言う神経が解らん 何か注意するにしても、まず人目が無い所へ呼び出すようにはしてるけど イヤでしょ、人前で怒られている姿見せるのも見せられるのも #かりそめ天国

— 846号@夏コミお疲れ様でした (@846Go) October 25, 2017

パフォーマンスで怒ったとしても社員の士気は上がらない。それどころか、ドン引きせざるを得ない。 #かりそめ天国

— MariO@ルルイエ鯖と呉鯖兼任指揮官 (@mario_game0609) October 25, 2017

パフォーマンスで怒るのは、ありかなしか?って言ったら、なしですよね?「私感情で怒るタイプじゃないのよ、って後付けで言い訳したいだけ」本当です!#かりそめ天国

— Jessica.K@ジェシカ・マウス (@Jessica_K_Daisy) October 25, 2017

そうです。単なる言い訳です。上司が無能なんです。 #かりそめ天国

— ゴクリン… (@deadkennybuster) October 25, 2017

人が怒られている姿を見て「私も頑張ろう!」「なんて活気のある職場なんだ!」と思える人は少ない。

「誰かを怒鳴ることで士気を高める」という発想は、モンスター上司にしかわからない理屈があるのかも。

職場のパワハラ上司の原因と対策!事例と仕返し方法をご紹介します

職場で上司からパワハラを受けると、仕事のやる気も気力も削がれてしまいますよね。パワハラの原因は一体何なのでしょうか? パワハラの実際の事例や対策、仕返し方法をご紹介します。パワハラとは そもそもパワハ...

The post 職場のパワハラ上司の原因と対策!事例と仕返し方法をご紹介します appeared first on ガール配信局.

鈴木砂羽の土下座強要問題を徹底討論 武井壮「演者も仕事だから最後までやるべき」

17日に放送された、TBS系情報番組『サンデー・ジャポン』で女優・鈴木砂羽の「土下座強要疑惑」について徹底討論。武井壮の発言が話題だ。

 

■演出について徹底討論

それぞれの主張が食い違い、世間でも大きな物議を醸している鈴木砂羽の演出舞台。公演初日の二日前に女優が降板するなどのトラブルが起きている。この事態に意見を求められた武井は…

「仕事として受けているのだから、やってから言うべきだったと思う。僕も過去に舞台に出たことがあるけど、演出家にすごい言われて泣きながら抗議したこともある。スポーツ業界でも選手が育ったから激しい指導でいいとかある。

 

舞台でもすごい怒鳴る演出家もいるが、『それで私は育ったから』という人がいるのは良い。けど、今の時代にそういう風にやると問題になる時代なんだから抑えないと行けないんじゃないのかな?」

 

自身の過去も交えながら意見を述べた。演出家・テリー伊藤もこの騒動を冷静に分析。

「鈴木さんの場合は自分も出ている、蜷川さんとか有名な人は演出に徹していた。主役やってるし自分が初演出なんで舞い上がってる部分はあったと思う。

 

でも、演出家として一番大切なことは演者を伸ばすこと。自分が主役じゃない。演者が伸びて有名になることで演出家として輝けるから、もし次やるなら出演しないで演出に徹して欲しい」

 

 

■ネット民は武井を称賛

ネットでは「いいコメントしてる」と武井を称賛する声が目立つ。

サンジャポ観てるけど、武井壮、いいコメントしてるよな〜

ちょっと同じ考えだったから嬉しい

— ツル (@tsuru0440) September 17, 2017

さわさんの話しで珍しくまともな事を言っていた、テリーさん。そう、演出ならそういう事だ。あと、武井壮さんもいい事言っていた。サンジャポ

— れもんLa guérison (@howaito257) September 17, 2017

サンデージャポン見てて思うけど武井壮、割とまともなコメント多いな

— もりもと@絵描き (@b19_forest) September 17, 2017

 

■パワハラ上司を殺したい?

しらべぇ編集部が全国の20~60代の会社員経験がある男女1,006名に調査を行なったところ、「上司を『殺したい』と思ったことがある」と答えた人は全体の27%。

一般社会に生きる人の約3割が上司を殺したいと思ったことがあると回答。

ところが、名演出家・蜷川幸雄氏は舞台の稽古では怒鳴りまくり、ときには灰皿を投げたこともあるという。しかし、蜷川氏には「育成力」があり演者からの感謝は絶えなかったようだ。

鈴木も同じような指導を目指した結果、問題になってしまったのかもしれない。当事者同士の主張が食い違っていることもあり今後も発言に注目だ。

・合わせて読みたい→鈴木砂羽の土下座騒動 カンニング竹山の女優批判に賛否両論の声

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太 イラスト/ミキシマ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日対象:全国20~60代の会社員経験がある男女1006名(有効回答数)

モラハラとパワハラの意味や違い!定義と詳しい事例もチェック

モラハラやパワハラは、昨今ではよく耳にする言葉になりました。ただ、これらの意味や違いについてはご存知でしょうか? 今回は、モラハラとパワハラの定義や違い、詳しい事例などについて詳しくご紹介します。モラハラ・パワ...

The post モラハラとパワハラの意味や違い!定義と詳しい事例もチェック appeared first on ガール配信局.