ヒロミ

武田鉄矢「俺も触った」「芸の一種」 セクハラ問題擁護発言で炎上

『水戸黄門』(BS-TBS)『A LIFE』『リバース』(いずれもTBS系)など、近年も、話題のドラマでいぶし銀の演技を魅せる武田鉄矢(68)が、22日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。

セクシャルハラスメント問題に関して持論を展開し、ネットが炎上している。

(画像はTBS『リバース』公式Instagramからのスクリーンショット)

■ハリウッドセクハラ騒動

大物女優を巻き込んだ、ハリウッド大物プロデューサーのセクハラ騒動について、番組で議論。

ダウンタウン・松本人志(54)、ヒロミ(52)らは「セクハラがあっても、実際スターになって言えない人の方が多いのでは。売れるためにやっている人もいる」と推測を語る。

武田は「ビックリしないニュース。日本映画にパワーがあったころは平気であった。『女優を愛人にしたんじゃない、愛人を女優にしたんだ』と豪勢な言葉として平然とおっしゃる方もいた」と切り込んだ。

 

■志村けんは「あえて触る」

武田の発言から「今もあるのでは」と議論は展開する。松本は「浜田の番組にグレーな女が出てる」とイジリながら「僕はそういうの嫌い」と断言。

ここで「志村けんはあえて触るらしい。大物だから、本番でも緊張しないで『やめてよ』ってツッコめるように」と東野幸治(50)が発言したが、松本は「全然フォローになってない。それはどうかな」と苦笑い。

すると武田は、肩を触る程度としながらも、「俺もそう、触った。だらしない、みっともない部分を見せないと仲良くなれない」と志村の行動に賛同。

「ほんのわずかズレたら大騒ぎになるご時世。今は金八先生のセット裏での演技指導さえパワハラになる」と嘆いた。

最低のオヤジが最高の息子を生む 『ワイドナショー』武田鉄矢の親子論に納得の声

22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)で、武田鉄矢が二世タレントについて独自の見解を披露。その説得力に納得の声があがっている。

 

■二世タレント「こっちに引き寄せないほうがいい」

番組では清水アキラの息子・良太郎が覚せい剤使用で逮捕されたことなどが紹介され、二世タレントと親のあり方について議論することに。

ゲストの武田鉄矢は二世タレントについて、「俺たち、自分の子をこっちに(芸能界)引き寄せないほうがいいんじゃないかなあ」と指摘。

その上で、

「俺の芸能生活8割以上は運ですわ。で、その運が子供に遺伝するとは思えないんですよ。芸能人のお父さんやお母さんの悲しい勘違いは、私の才能がこの子に流れていると思うことなんじゃないかな?

 

それよりも自分の良いところはまったく子供に遺伝しなくて、悪いところだけ遺伝したと思ったほうが親子関係ってうまくいくような気がして。一番切ないのは『私にこれだけの才能がある以上この子にないはずがない』と思う親心ほど悲しいものはない」

 

と持論を展開する。

 

■「最低のオヤジが最高の息子を生む」と力説

さらに武田は、「皆さんに問いかけるけど、オヤジ、似てないでしょ? 」と質問。すると、松本は「うちのオヤジなんて最低でしたからね」と同調し、東野も「最低でしたねえ」としみじみ。

それを聞いた武田は、

「最低のオヤジが最高の息子を生むんですよ。その最高の息子は親になったら、意外と最低の息子になっちゃうんですよ」

 

と力説。松本もその論理には納得したようで、「その可能性は高いと思う。三世はもっと頑張るんでしょうね」と同調した。

ダウンタウン、とんねるずがついに共演? お笑いファン大興奮の夢のタッグ実現か

((C)ぱくたそ)

東のとんねるず、西のダウンタウン。東西芸人のトップを走る2組には常に共演NGの噂が流れてきた。

24日放送『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』特別版でこの噂に切り込み、ダウンタウン・松本人志(54)が「とんねるずとの共演」について語る姿に、ファンが興奮している。

 

■芸人たちが聞きたいこと

『ガキの使い』特別版は、「絶対に答えなくてはいけない! レジェンド芸人に聞きたいことSP」。

ダウンタウン、ヒロミ(52)、出川哲郎(53)らがレジェンドとして出演し、「芸人たちが聞きたいこと」にNGなしで答えてもらう。

「欠かさず観るテレビ番組は何か?」といった軽いものから、「引退を考えるか」など真剣なものまで、芸人たちが気軽には聞けない質問をレジェンドにぶつけた。

 

■松本「食わず嫌いに呼ばれたら」

番組中、ヒロミが芸能界の親友「とんねるず」について語ろうとした際、「ダウンタウンの前でとんねるずの話をすると緊張感が走る」と慌てる。

そこに松本が「(そういう噂を)ホンマに無くしたい」と反応。出川は「解決策は一緒に番組をやるしかない」と強く共演を望んだ。

周囲から共演を勧められた松本は、自身の想いを語る。

「芸歴も年齢も下。こちらから言える立場じゃない。向こうから(とんねるずの番組の人気企画)『食わず嫌い(王決定戦)』とか来いよ、と言われたら。俺は良いけど、意外と浜田が(OKを出さない)」

 

と最後は浜田に責任を押し付けながらも、最後まで共演の可能性を否定しなかった。

水原希子、大胆ショットに「乳首が見えてもオシャレ」と持論

(画像はInstagramのスクリーンショット)

モデルで女優の水原希子(26)といえば、奇抜で大胆なファッションが話題になっている。しかし中には、「露出が高すぎるのでは?」と、心配の声があがることも。

12日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)で明かされた、水原のファッションのこだわりが注目を集めている。

 

■露出は気にしない性格?

この日、着丈が短いTシャツとタイトなミニスカートで登場した水原。

MCのヒロミ(52)は「オジさんだと、どうしても(格好に)目がいっちゃう」とタジタジの様子。さらに、大胆で過激な水原のSNSの投稿について「この洋服大丈夫? って写真載せたりするでしょ」と感想を述べた。

これについて水原は「投稿して、(ユーザーに)言われてあとから気づく」と言うほどに、露出に関しては無頓着なよう。水原といえば、過去にはバストを露出したこともあり物議を醸していたが、あっけらかんとした様子だった。

 

■乳首が見えているのもオシャレ

ヒロミから「胸が見えても平気派?」と聞かれた水原は「モデルなんで…(舞台の)バックステージで着替えることは当たり前だし」と回答。胸を露出することも仕事上、日常茶飯事ということから、見られても平気なよう。

さらに、「乳首が見えてるのもオシャレ」と語った水原。そのため、水原の露出で世間が驚いていることが理解できないようだ。

 

■およそ半数が「オシャレな異性は苦手」

発言を受け、ネット民からは賛否両論の声が。やはり日本人にとっては理解しがたい価値観ということだろうか。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,336名に「オシャレな異性」について調査したところ、約半数が「苦手」と回答している。

ほどほどのオシャレに留めておくくらいが無難なのかもしれない。

 

批判の声が多い一方、一部ではカリスマ的人気もほこる水原。「我が道を行くスタイル」は好き嫌いがハッキリ分かれるようだ。

・合わせて読みたい→トイレのドアを開けられた? 便器に座ってもかわいい水原希子

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日対象:全国20代~60代の男女1,336名 (有効回答数)

水原希子、大胆ショットに「乳首が見えてもオシャレ」と持論

(画像はInstagramのスクリーンショット)

モデルで女優の水原希子(26)といえば、奇抜で大胆なファッションが話題になっている。しかし中には、「露出が高すぎるのでは?」と、心配の声があがることも。

12日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)で明かされた、水原のファッションのこだわりが注目を集めている。

 

■露出は気にしない性格?

この日、着丈が短いTシャツとタイトなミニスカートで登場した水原。

MCのヒロミ(52)は「オジさんだと、どうしても(格好に)目がいっちゃう」とタジタジの様子。さらに、大胆で過激な水原のSNSの投稿について「この洋服大丈夫? って写真載せたりするでしょ」と感想を述べた。

これについて水原は「投稿して、(ユーザーに)言われてあとから気づく」と言うほどに、露出に関しては無頓着なよう。水原といえば、過去にはバストを露出したこともあり物議を醸していたが、あっけらかんとした様子だった。

 

■乳首が見えているのもオシャレ

ヒロミから「胸が見えても平気派?」と聞かれた水原は「モデルなんで…(舞台の)バックステージで着替えることは当たり前だし」と回答。胸を露出することも仕事上、日常茶飯事ということから、見られても平気なよう。

さらに、「乳首が見えてるのもオシャレ」と語った水原。そのため、水原の露出で世間が驚いていることが理解できないようだ。

 

■およそ半数が「オシャレな異性は苦手」

発言を受け、ネット民からは賛否両論の声が。やはり日本人にとっては理解しがたい価値観ということだろうか。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,336名に「オシャレな異性」について調査したところ、約半数が「苦手」と回答している。

ほどほどのオシャレに留めておくくらいが無難なのかもしれない。

 

批判の声が多い一方、一部ではカリスマ的人気もほこる水原。「我が道を行くスタイル」は好き嫌いがハッキリ分かれるようだ。

・合わせて読みたい→トイレのドアを開けられた? 便器に座ってもかわいい水原希子

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日対象:全国20代~60代の男女1,336名 (有効回答数)

堺正章がヒロミに贈った「芸能界で活躍できるのは500席」発言 雨上がり・宮迫恐怖

一時期、芸能界から離れていたが、現在はかつての輝きを取り戻し活躍するヒロミ(52)が、10日放送『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。

ヒロミに堺正章(71)が贈った「芸能界で活躍できるのは500席しかない」発言に、雨上がり決死隊・宮迫博之(47)が敏感に反応し、話題となっている。

■恩人・堺正章

先輩をも恐れぬヤンチャキャラでブレイク、1990年代には週10本以上のレギュラー番組で活躍したヒロミ。

しかし、時代の流れからその芸風が受け入れられなくなり、レギュラー番組が次々に終了。芸能界を諦め、ニューヨークの大学に進もうかヒロミは悩む。

周囲は渡米を賛成するが、1人だけ「逃げちゃダメ。日本に居なさい」とエールを送ったのが堺だった。

その言葉を受け、ジムを経営し実業家として成功。現在の再ブレイクに繋がったとヒロミは感謝を示す。

 

■芸能界で活躍できるのは500席

ネットでは、ヒロミと堺正章の不仲説が囁かれてきたが、最近はお互いがそれをネタにして楽しんでいる。2人だけしか分からない信頼関係が築かれているのだろう。

さらに、堺からヒロミに向けたメッセージが、番組で読み上げられる。

「長いトンネルに入っただけ、でもそれは先に光が見えるトンネル。出口には大きく成長しているヒロミくんが見えた。芸能界で活躍できるタレントの席は常に500席しかない。一度離れたのに、戻ってきてその席に座るのは本当にすごいし本当にうれしい」

 

喜びの声を贈り、「御礼はいいから、何か金目の物を持ってきて」と最後は笑いで締めくくった。