ビビット

増え続ける「キッズ脱毛」に真矢ミキがコメント 「すばらしい」と称賛の声

(画像は公式ブログのスクリーンショット)

おもに女性たちの悩みのタネである「脱毛」問題だが、近年では子供たちの脱毛も増えているという。

20日放送の『ビビット』(TBS系)で特集された「キッズ脱毛」が話題を呼んでいる。

 

■脱毛サロンに通う小学生たち

番組では、脱毛サロンに通う小学生たちを特集。サロンによれば、小学低学年から中学年にかけての子供たちが増えているといい、最年少では2歳10ヶ月の子供もサロンに来たことがあったという。

サロンに通う7歳の娘の母によれば、サロンに通うきっかけは娘の「半袖になりたくない」の一言だったよう。娘は手の毛深さを周りから指摘され、憂鬱になったとのこと。

そこで「悩むきっかけがなくなるのなら」とサロンに通うことに。娘も、毛が生えてこなくなったことに「うれしい」と満足しているようだ。

 

■真矢ミキの一言にスタジオが感心

子供たちが脱毛する理由について、サロンのスタッフは「親世代の意識の変化」を挙げる。脱毛が流行した世代の人たちが親になったことで、脱毛に対する理解が深まったのでは、と分析。

その他にも、SNSの普及で自撮りが増えたこと、キッズモデルが増加したこと、スイミングなど習い事をする小学生が増えたことも理由ではないかと推測した。

子供たちの脱毛について、真矢ミキ(53)は、体毛が濃いことや、胸が発達してくること、身長が他の子よりも高いことなど、コンプレックスに感じる時期にその悩みを解決できるのならばアリ、と主張した。

しかしその一方で、「女性ってキレイになっていく段階の楽しみってあるから、あんまり小さいうちに全部を体験しちゃうと。夢も残してあげたいな」ともコメント。この意見に、スタジオからは「なるほど!」と声があがった。

オリラジ中田の「夫婦ゲンカも録音」に賛否 「そんなの家族じゃない」の声も

(画像はInstagramのスクリーンショット)

どれだけ仲の良い夫婦でも、ふとしたことでケンカしてしまうもの。その中で、独自の仲直り方法を実践している夫婦も少なくないだろう。

13日放送の『ビビット』(TBS系)で明かされた、オリエンタルラジオ・中田敦彦(34)の夫婦円満の秘訣が話題になっている。

 

■夫婦ゲンカを録音

番組では、秘書への暴言や暴行により自民党を離党した、豊田真由子議員の新たな音声データが公開されたことについてとりあげた。

その中で中田は、あえて録音機を相手に見せることで暴言を防ぐことができると主張。「隠さずにオープンにすることで逆に抑止力になる」と持論を展開した。

実際にこの方法を夫婦で実践していると明かした中田。夫婦で口論になりそうになると「ちょっと録音始めようかと」と、妻・福田萌(32)からの同意を得たうえで、ケンカの内容を録音するようにしているのだという。

 

■録音することで冷静になれる

この方法にスタジオからは驚愕の声が。録音していることで、むしろケンカが激しくならないのか、との声があがったが、中田は「会話を録音することで冷静になれる」と語った。

さらに、仕事先の上司や先輩が相手でも「『揉めそうだな』というときは録音しましょう。逆にそれで収まるんです」と力説した中田。豊田議員についても「『録音しますよ?』と言えば、ここまでにはならなかったと思う」と述べた。