ピザ

カップヌードル「チーズピザポテトトマト味」登場! ピザの再現度は? 

13日に日清食品から『カップヌードル チーズピザポテトマト味 ビッグ』(税別205円)が全国で発売された。

昨今のチーズメニュー人気に着目して開発した商品とのことだが、まさかピザとカップラーメンがコラボするのか…一体どんな味になるのか気になる。

しらべぇ取材班は早速、実食してみた。

 

■具材は盛りだくさん

原材料にはトマトパウダー、チーズパウダーなど、味の決め手と思われる成分が含まれている。これにより、ピザのような味わいを表現しているそうだ。

ピザ味と聞くと気になるカロリーだが、定番の「カップヌードルビッグ」は439kcalに対し、今回の「チーズピザポテトマト味 ビッグ 」は470kcalとそれほど高くない。

フタを開けると、トマトソースを中心にしたピザの香りが漂い食欲がそそられる。中にはポテト、チェダーチーズ風キューブ、トマト、キャベツ…と、彩りもいい感じ。

 

■ピザ味の再現度は?

さっそくお湯を入れて3分待ち、完成。

ポテトは予想よりふっくら大きく膨らみ、麺を混ぜるとチーズの濃厚な香りが広がって、かなり美味しそうだ。一口食べると。

トマトベースのスープにチーズのコクが混ざり合い、マイルドになったスープが絶妙。後味にバジルの爽やかな香りもかすかに感じられるが、これはマルゲリータを意識したのだろうか。

具材はポテトのホクホクの食感が、嬉しい。また、トマトはかなり甘めの印象で、しっかりとした味わいを感じるトマトスープの中でも存在感がある。

ピザをカップヌードル流にアレンジした商品ではあるが、味はピザを思い浮かべるより先に、爽やかなトマトの酸味のバランスなどから「『カップヌードル チリトマトヌードル』の味に、近いな…」となるのが正直な感想だ。

とはいえ、トマトとチーズが好きな人にはドンピシャの組み合わせ。熱々のうちに粉チーズをさらに足してアレンジしても、美味しそうだ。気になった人は、チェックしてみては?

ウニやトリュフ入りの料理が1000円未満! 成城石井のカフェが最強すぎる

高品質な食材や惣菜、デザートなどが豊富にあることから、セレブを中心に人気を呼んでいるスーパー、『成城石井』。

たとえば『味付け焼肉』はそこらへんの焼肉店をはるかに超えるコスパでマニアには大人気の商品だが、そんな成城石井マニアも驚く店を、また成城石井が作ってしまった。

 

■SEIJO ISHII STYLE

その店とは、9月末に新規オープンした商業施設『トリエ調布』内にあるカフェ『SEIJO ISHII STYLE』。

ここではカフェ以外にも成城石井自慢の料理を食べられることから、オープン後すこし経ったいまでも、多くの客が訪れている。

 

■イタリア産フレッシュトリュフバーガー

この『イタリア産フレッシュトリュフバーガー』は、トリュフをふんだんに使用し、さらに黒毛和牛100%のパティを2枚も使っているのにお値段990円と格安。

ケチャップソースを使用しているのであまりトリュフの香りがしないところが残念だったが、パティの美味さやケシの実がたっぷりまぶされたバンズの美味しさは格別。

このクオリティなら同価格の成城石井の自家製ベーコンや、フォアグラを使ったバーガーも間違いなく激ウマだろう。