ブーム

「ハマりたての中学生みたい」 オードリー・若林のプロレス愛に賞賛の声

新日本プロレス、プロレスリング・ノア、DDTプロレスリングなど、メジャー・インディー問わず数々の団体が活躍し、プロレスは群雄割拠時代に突入した。

5日に放送された『アメトーーク』(テレビ朝日系)でプロレス大好き芸人が集合。中でも、「3年前からファン」のオードリー・若林正恭(39)にプロレスファンから賞賛の声が上がっている。

(画像は『アメトーーク』公式Twitterからのスクリーンショット)

 

■3年前からのプロレスファン

かつては金曜20時台、いわゆるゴールデンタイムに放送され多くのファンを夢中にさせたものの、ファン離れから、一時は存亡の危機を迎えたプロレス業界。

近年はブームが再来。男性だけでなく、女性ファン「プ女子」も登場し盛り上がりを見せている。

その中で、「イジられた時に受け身が取れない」悩みを抱えた若林は、プロレスを勧められ3年前から観戦。「受け身とか関係なくハマって」しまう。

プロレスを見始めた若林は、よほどうれしかったのか、プロレスファンとして名高いケンドーコバヤシ(45)に、プロレスのことばかり報告。プロレスファンとしての道を歩み出した。

 

■中継に映りたい願望

観戦だけでなく、レスラーのブログをチェック。好きな選手や試合を熱弁するなど、プロレスファンらしい一面を見せる若林。とくにファンの琴線に触れたのが「中継に映りたい」想いを吐露した瞬間。

どうしても中継に映りたかった若林は、最前列のチケットを何とか入手。注目しなければ分からないほど小さくだが映り、「ハイボール飲みながらコマ送りで確認した。めちゃくちゃ嬉しい」と笑顔を見せた。

20代男子とツイッタラー ブームに乗りハンドスピナー購入

(©ぱくたそ)

一世を風靡した、ハンドスピナー。現在では100円ショップでも見かけるようになり、ブームの終焉を感じている人も多いだろう。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,348名に「ハンドスピナーについて」の調査を実施。

「ブームに乗ってハンドスピナーを購入した」と答えた人は、全体で15.8%とわずかであった。

 

■20代男性に人気のハンドスピナー

性年代別では、20代男性が他を大きく引き離して多い結果である。

確かにハンドスピナーは、若い男性が好みそうなかっこいい見た目の商品が多い。

「ハンドスピナーは種類がいっぱいあって、どれを買うかとても迷った。最終的には、デザインが気に入ったものを購入」(20代・男性)

 

「回して止めるところが、武器みたいでかっこいいなと思った」(20代・男性)

 

■Twitterのネタに購入

自分をTwitter廃人だと思っている人は、4割以上がハンドスピナーを購入している。

TwitterなどのSNSに画像や動画が多くアップされており、Twitterでハンドスピナーを見て欲しくなった人も多いだろう。

「フォローしている人の何人かがハンドスピナーを買ったと投稿していて、我慢ができなくなった」(30代・男性)

 

「自分もハンドスピナーを買って、Twitterに動画を投稿した」(20代・男性)

 

■回すだけなのですぐ飽きる

あれだけ話題になったハンドスピナーだが、ブームは去り落ち着いた印象だ。

「最初は楽しいと思ったけど、やっぱりただ回すだけだと飽きる」(30代・女性)

 

すぐに飽きたとの意見もあるが、今でも使っている人もいる。

「たまに手に取って、回すことはある。ただこれだけのものが、ここまで話題になった理由がわからない」(30代・男性)

 

ハンドスピナーがADHDの症状を和らげる効果があるとの説は、専門家によって意見が分かれているのが現状だ。今後ハンドスピナーは、どのような立ち位置になるのだろうか。

・合わせて読みたい→Iカップグラドル・天木じゅん 「おっぱいスピナー」が生唾ゴックンすぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男性672名 (有効回答数)

犬派・猫派はどちらが多い? 4万人調査で若い世代には変化の兆しも

(Voren1/iStock/Thinkstock)

ペットは、単なるブームを超えて、今や「家族の一員」のようにかわいがる人も少なくない。ネットでは、猫や犬の愛らしい動画や画像が人気を集めている。

一方で、つねに論争となるのが「犬派か猫派か?」問題。実際、どちらが好きな人が多いのだろうか。しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女44,949名を対象に調査を実施した。

 

■犬派が6割で圧勝

今年2月に実施した調査では、犬派が6割を超え、猫派は4割を下回った。ネット上では、やや猫ファンが目立つ印象もあるが、実際のところは犬が好きな人のほうが多数派のようだ。

 

■猫派が増加の傾向も

ただし、2015年におよそ8万8千人を対象に行なった調査と比較すると、わずかながらその差が縮まっていることもわかる。

「犬より猫」が、最近のトレンドである傾向は否定できない。さらに、近年の猫人気を裏付けるデータが、もうひとつある。