プロジェクター

ソニーが4K/HDR対応のゴージャスなプロジェクター2機種を発表! 気になるお値段は……?

スペックもお値段もスゴいことに。

ソニーは2017年9月11日、4K/HDRに対応した新型プロジェクター『VPL-VW745』と『VPL-VW245』の2機種を発表しました。ネイティブ4K解像度に対応したディスプレイデバイスを搭載し、高画質な映像投影が可能とされる両機種。メーカー希望小売価格は『VPL-VW745』が170万円、『VPL-VW245』が55万円(どちらも税別)。それぞれ2017年12月9日と2017年10月21日の発売予定となっています。

ネイティブ4KとHDR対応でより美しく

『VPL-VW745』と『VPL-VW245』は両機種とも、独自開発のネイティブ4Kに対応したディスプレイデバイス『SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)』を搭載。さらにデータベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)が、映像に最適な高品位化処理を施してくれるとされています。またHD映像信号の4K映像への変換や3Dコンテンツの4K視聴も可能なのだそう。

HDRでは、映像内の明るい場所は飛ばさず、また暗い場所は潰さず……といったように、明暗差の大きいHDR映像であっても鮮明な映像を再現(上画像は『VPL-VW745』でのイメージ)。HDR映像入力の方式としては「HDR10」と「HLG」に両対応しています。

レーザー光源システム搭載の『VPL-VW745』

上位機種となる『VPL-VW745』では、青色レーザーと蛍光体を組み合わせたレーザー光源システム「Z-Phosphor」を搭載。2000ルーメンの明るい映像を投影することが可能です。さらに本体サイズをコンパクトに抑えることで、棚に設置したり天吊りしたりと、柔軟に設置場所が選べます。

なんとか手が届くかもしれない『VPL-VW245』

『VPL-VW245』では光源に高圧水銀ランプを採用。『VPL-VW745』はやや及ばないものの、それでも1500ルーメンでの画像投影が可能です。もちろん4KやHDRに対応しているので、美しい映像投影。本体カラーはブラックとプレミアムホワイトの2色です。

『VPL-VW745』と『VPL-VW245』はそれぞれ、9月から10月までソニー ストアやソニーショールームで先行展示が行われます。具体的なスケジュールはこちらのソニーのプレスリリースをご参照下さい。

文/塚本直樹

関連サイト

『VPL-VW745』『VPL-VW245』プレスリリース

LG HF80JG コンパクト レーザー光源プロジェクター(フルHD/2,000lm/Bluetooth対応/寿命約20,000時間)

The post ソニーが4K/HDR対応のゴージャスなプロジェクター2機種を発表! 気になるお値段は……? appeared first on デジノ杜.

【キヤノン】ワイヤレス接続にも対応した小型プロジェクタ

キヤノンからAndroidを搭載した液晶プロジェクター「M-i1」が販売されます。OSとしてAndroidを搭載する事で、内蔵する4GBのフラッシュメモリやUSB接続のフラッシュメモリに保存されたデータの再生が容易になり、単独でプレゼンにも利用が可能です。これに伴い、Wi-FiやBluetoothにも対応しているので、外部の周辺機器等の接続も容易そうです。なお、本機の内蔵スピーカーをBluetoothスピーカーとして使用する事が可能です。プロジェクタの機能そのものは、光学エンジンにDMDを採用して、物理解像度は854×480ですが、フルHDTVの1920 x 1080のプロジェクタとして認識されます。また、接続はMiracast/AirPlayとHDMIで、無線/有線両用と言う事になります。AirPlay対応のワイヤレスディスプレイユニットは少ないので、ちょっと貴重な製品かも知れません。もちろん、バッテリも内蔵しており、連続使用時間は最大2時間。本体サイズは105mm(W) x 105mm(H) x 22mm(D)なので、iPad miniの半分以下のサイズになります。9月7日からの販売が予定されていますが、価格はオープンプライスと言う事で、営業とご相談と言う感じです。参照:ミニプロジェクター「M-i1」

The post 【キヤノン】ワイヤレス接続にも対応した小型プロジェクタ appeared first on デジノ杜.

【サンワダイレクト】超小型/軽量モバイルプロジェクタ

サンワダイレクトで、超小型のモバイルプロジェクタ「400-PRJ023」が販売されています。光学エンジンにDLPを採用して、物理分解能は640x360。光源に30lmの高輝度白色LEDを採用して、投影面積は10"〜60"と、仕様上はあまり特筆すべき点はありません。つか、従来製品よりもスペックダウンです。それを於いても重要なのは本体サイズで、突起部を除いて98mm(W) × 75.5mm(H) × 13.5mm(D)と言うのは、おおざっぱに言えばiPhone7Plusの2/3程度の長さ、倍の厚みと言う事になります。重量も128gなので、iPhone7並み。スマフォと一緒に持ち歩く事ができるサイズで、数人程度の会議では十分に利用できると思われます。入力はHDMIなので、スマフォで利用するためにはアダプタとケーブルを持ち歩く必要がありますけど。また、このサイズでもバッテリを内蔵しており、連続使用時間は最大2時間。バッテリへの充電はUSBバスパワーで行なわれます。光学エンジンが分解能不足気味なので、実際の投影は縮小表示になるのが難点です。スピーカも内蔵していますが、接続はアナログヘッドフォンジャックになります。オンラインでの販売価格は24800円(税込み)とリーズナブルなのもいい所です。参照:モバイルプロジェクター(超軽量128g・バッテリー・スピーカー内蔵・30ルーメン)「400-PRJ023」

The post 【サンワダイレクト】超小型/軽量モバイルプロジェクタ appeared first on デジノ杜.

自室を映画館に変える!コスパ最高のフルHDプロジェクターは“選べる2モデル”へ。エプソンから

プロジェクター入門には最高の選択肢。

ホームシアター向けプロジェクターを幅広く展開するエプソンが2017年モデルを発表しました。新製品は、レンズシフト対応のフルHDプロジェクター『EH-TW5650』(実勢価格:14万円)と、同社のフルHDモデルでは最も低価格となる『EH-TW650』(実勢価格:10万8000円)の2機種。

EH-TW5650

EH-TW650

一般的に、大画面で鑑賞するプロジェクターはフルHD以上の解像度が求められますが、価格が20万円を超えてしまうことがしばしば。エプソンではこれを10万円台で楽しめる機種を出し続けており、2015年には『EH-TW5350』を発売し好評を博しています。今回は2年ぶりの後継機にあたる『TW5650』に加え、より低価格な『TW650』が追加されたことで入門機のすそ野が広がりました。新製品の発売日はいずれも2017年8月30日。

“縦レンズシフト”ができるリッチな入門機『TW5650』

より付加機能を充実させた新モデルが『EH-TW5650』。液晶(3LCD方式)のフルHDパネルを搭載し、明るさは2500ルーメン、コントラスト比は最大60000:1と従来機以上の階調表現が可能になりました。

本機の大きな特長がレンズシフト。本体上部のダイヤルを操作することで、投写する画面をそのままタテ方向に15%動かすことができます。

レンズシフトを実際に試してみた様子がこちら。どのぐらい画面を動かせるのかの目安にご確認ください。(YouTube:31秒

わずか数十センチ程度の移動ではありますが、このように単純に画面を動かせるのは(特にプロジェクターを始めて使う人には)かなり便利。もともと最上位クラスの製品のみの特権的な機能だったので、10万円台のプロジェクターに搭載されたのはなかなか画期的です。

映像入力はHDMIが2系統(うち1系統はMHL対応)のほか、PC接続用端子(ミニD-sub15pin)を搭載。無線LANとBluetoothも搭載しているので、PCやスマホからワイヤレスで映像を投写したり、音声をBluetoothスピーカーから出力したりすることもできます。なお本体にも10Wのスピーカーを内蔵しているので、外部機器なしで音を聴くことも可能。

画質に関しては、比較的明るい部屋でもきれいに映る明るさが特長。シアター専用ルームでなくても、平らな白い壁さえあれば大画面がすぐに楽しめます。大きめに写しても100インチぐらいまでなら解像度も十分。

付加機能のカットで、さらに低価格になった『TW650』

いっぽう、フルHD解像度を保ちつつ付加機能はそこそこというエントリーモデルが『EH-TW650』。スペックは、明るさ3100ルーメン、コントラスト比が最大15000:1となっています。

こちらのモデルにはレンズシフトがありませんが、タテ・ヨコ台形歪み補正には対応します。

映像入力にHDMIを2系統(1系統はMHL対応)、そしてPC接続用端子を備えるのは『TW5650』と同じですが、こちらはより入門向けという意味からかRCA(アナログ映像・音声)端子も搭載。古いAV機器やゲーム機でも接続できる点には注目です。2Wスピーカーを内蔵しているのも便利。

お手軽なスクリーンセットモデルも

なおエプソンのプロジェクターには投写用のスクリーンを同梱したモデルが多く、新製品でもこれを踏襲しています。同梱されるスクリーンは折りたたみ式で、広げると80インチに。自宅に広い壁がない場合も、このセットを買えばすぐに使えるというわけです。

 

こちらは三脚・フレームを組み立てて、筒に入っているスクリーンを広げて設置するというもの。片付けも簡単です。

スクリーンセットモデルは型番の末尾に「S」がつき、上位機は『EH-TW5650S』(実勢価格:14万7000円)、エントリー機は『EH-TW650S』(実勢価格:11万4500円)となります。セットにした場合の価格差も6000円前後と比較的リーズナブルなので、スクリーンを別途検討するのが面倒な人にはおすすめ。

前世代機『TW5350』を手に入れたいならお早めに

レンズシフトがついた『TW5650』は“手の届くぜいたく”さがあり、『TW650』はとりあえずフルHDプロジェクターを安く手に入れたい……という人にはうれしい。なかなか悩ましい2製品になりました。

プロジェクターデビューにはコスパ的にも『TW650』が注目ですが、価格がもう一声安くなるのを待ちたいところでもあります。もし今すぐに買いたいということであれば、前世代モデルの『TW5350』をチェックしてみるというのも手でしょう。型落ちにつき在庫限りになりますが、こちらはすでに10万円を切っているので依然コスパのいい一台です。

EH-TW5350

取材・文/柳 雄大

関連サイト

エプソン ホームプロジェクター製品情報

EPSON dreamio ホームプロジェクター 2500ルーメン 60000:1 1080P フルHD 無線LAN内臓 EH-TW5650 EPSON dreamio ホームプロジェクター 3100ルーメン 15000:1 1080P フルHD 無線LAN内臓 EH-TW650 EPSON dreamio ホームプロジェクター(35000:1 2200lm) 3D対応 EH-TW5350

The post 自室を映画館に変える!コスパ最高のフルHDプロジェクターは“選べる2モデル”へ。エプソンから appeared first on デジノ杜.

自宅の壁が100インチモニタに!? 1万円以下で実用的なプロジェクター『DBPOWER ミニ LED プロジェクター』レビュー!

DBPOWER様から、約1.1万円と買いやすい家庭用プロジェクターをお借りできたので、使ってみました。 主な特...

投稿自宅の壁が100インチモニタに!? 1万円以下で実用的なプロジェクター『DBPOWER ミニ LED プロジェクター』レビュー!物欲ガジェット.comの最初に登場しました。

The post 自宅の壁が100インチモニタに!? 1万円以下で実用的なプロジェクター『DBPOWER ミニ LED プロジェクター』レビュー! appeared first on デジノ杜.