プロ野球

プロ野球「ドラフト特番」に多くの感動 一方で「感動ポルノ」の声も

(BananaStock/iStock/Thinkstock)

高校通算111号ホームランの日本記録を樹立した早実の清宮幸太郎、夏の甲子園で大会新記録の6本のホームランを放った広陵の中村奨成。

今年のドラフトは、「ドラフト1位級の選手が12人揃わない」との声が聞かれた一方で、例年以上に「怪物」が目立ち、プロ野球ファンのみならず、世間の関心を大きく集めた。

 

■いまや定番番組?

ドラフト会議自体を楽しみにしている人はもちろん多いが、それと同じくらい、プロを目指す選手達の姿を追った番組『ドラフト緊急生特番! お母さんありがとう』(TBS系)に期待している人もいるだろう。

今年もドラフト会議当日の26日に放送され、多くの視聴者に感動を届けた。

番組では、貧困家庭で育ちながらも家族や地域の人に支えられて野球を続ける選手や、亡くなったチームメイトの思いを胸にプロを目指す選手など、困難に負けず努力し続けた選手の姿を放送。

 

■ネットでは「感動した」の嵐

その選手達の姿に「涙する」「一生懸命っていいな」など、感動の声が多く寄せられている。

ドラフト特番見たけどほんとに毎年感動するなおれも今までケガしたりでいっぱい迷惑かけてきたけんこれから野球と仕事を両立してしっかり恩返ししていかんとなもっと野球がんばって優勝して色々な所に連れてってやりたいな

— たくみ (@taku71789) October 26, 2017

涙した。最後まで見てしまいました。 #ドラフト緊急特番お母さんありがとう

— ワイエスルーブル (@ysruburu_89saka) October 26, 2017

ドラフト特番 感動した⚾️

やっぱり"一生懸命"っていいな

一生懸命とかその先の笑顔とかそういう良い物だけがみんなに連鎖するようになればいいのにねっ🦁☺︎🦁☺︎

— Usami Chiaki(17) (@Chiaki_Duv) October 26, 2017

プロ野球「ドラフト特番」に多くの感動 一方で「感動ポルノ」の声も

(BananaStock/iStock/Thinkstock)

高校通算111号ホームランの日本記録を樹立した早実の清宮幸太郎、夏の甲子園で大会新記録の6本のホームランを放った広陵の中村奨成。

今年のドラフトは、「ドラフト1位級の選手が12人揃わない」との声が聞かれた一方で、例年以上に「怪物」が目立ち、プロ野球ファンのみならず、世間の関心を大きく集めた。

 

■いまや定番番組?

ドラフト会議自体を楽しみにしている人はもちろん多いが、それと同じくらい、プロを目指す選手達の姿を追った番組『ドラフト緊急生特番! お母さんありがとう』(TBS系)に期待している人もいるだろう。

今年もドラフト会議当日の26日に放送され、多くの視聴者に感動を届けた。

番組では、貧困家庭で育ちながらも家族や地域の人に支えられて野球を続ける選手や、亡くなったチームメイトの思いを胸にプロを目指す選手など、困難に負けず努力し続けた選手の姿を放送。

 

■ネットでは「感動した」の嵐

その選手達の姿に「涙する」「一生懸命っていいな」など、感動の声が多く寄せられている。

ドラフト特番見たけどほんとに毎年感動するなおれも今までケガしたりでいっぱい迷惑かけてきたけんこれから野球と仕事を両立してしっかり恩返ししていかんとなもっと野球がんばって優勝して色々な所に連れてってやりたいな

— たくみ (@taku71789) October 26, 2017

涙した。最後まで見てしまいました。 #ドラフト緊急特番お母さんありがとう

— ワイエスルーブル (@ysruburu_89saka) October 26, 2017

ドラフト特番 感動した⚾️

やっぱり"一生懸命"っていいな

一生懸命とかその先の笑顔とかそういう良い物だけがみんなに連鎖するようになればいいのにねっ🦁☺︎🦁☺︎

— Usami Chiaki(17) (@Chiaki_Duv) October 26, 2017

プロ野球「ドラフト特番」に多くの感動 一方で「感動ポルノ」の声も

(BananaStock/iStock/Thinkstock)

高校通算111号ホームランの日本記録を樹立した早実の清宮幸太郎、夏の甲子園で大会新記録の6本のホームランを放った広陵の中村奨成。

今年のドラフトは、「ドラフト1位級の選手が12人揃わない」との声が聞かれた一方で、例年以上に「怪物」が目立ち、プロ野球ファンのみならず、世間の関心を大きく集めた。

 

■いまや定番番組?

ドラフト会議自体を楽しみにしている人はもちろん多いが、それと同じくらい、プロを目指す選手達の姿を追った番組『ドラフト緊急生特番! お母さんありがとう』(TBS系)に期待している人もいるだろう。

今年もドラフト会議当日の26日に放送され、多くの視聴者に感動を届けた。

番組では、貧困家庭で育ちながらも家族や地域の人に支えられて野球を続ける選手や、亡くなったチームメイトの思いを胸にプロを目指す選手など、困難に負けず努力し続けた選手の姿を放送。

 

■ネットでは「感動した」の嵐

その選手達の姿に「涙する」「一生懸命っていいな」など、感動の声が多く寄せられている。

ドラフト特番見たけどほんとに毎年感動するなおれも今までケガしたりでいっぱい迷惑かけてきたけんこれから野球と仕事を両立してしっかり恩返ししていかんとなもっと野球がんばって優勝して色々な所に連れてってやりたいな

— たくみ (@taku71789) October 26, 2017

涙した。最後まで見てしまいました。 #ドラフト緊急特番お母さんありがとう

— ワイエスルーブル (@ysruburu_89saka) October 26, 2017

ドラフト特番 感動した⚾️

やっぱり"一生懸命"っていいな

一生懸命とかその先の笑顔とかそういう良い物だけがみんなに連鎖するようになればいいのにねっ🦁☺︎🦁☺︎

— Usami Chiaki(17) (@Chiaki_Duv) October 26, 2017

プロ野球「ドラフト特番」に多くの感動 一方で「感動ポルノ」の声も

(BananaStock/iStock/Thinkstock)

高校通算111号ホームランの日本記録を樹立した早実の清宮幸太郎、夏の甲子園で大会新記録の6本のホームランを放った広陵の中村奨成。

今年のドラフトは、「ドラフト1位級の選手が12人揃わない」との声が聞かれた一方で、例年以上に「怪物」が目立ち、プロ野球ファンのみならず、世間の関心を大きく集めた。

 

■いまや定番番組?

ドラフト会議自体を楽しみにしている人はもちろん多いが、それと同じくらい、プロを目指す選手達の姿を追った番組『ドラフト緊急生特番! お母さんありがとう』(TBS系)に期待している人もいるだろう。

今年もドラフト会議当日の26日に放送され、多くの視聴者に感動を届けた。

番組では、貧困家庭で育ちながらも家族や地域の人に支えられて野球を続ける選手や、亡くなったチームメイトの思いを胸にプロを目指す選手など、困難に負けず努力し続けた選手の姿を放送。

 

■ネットでは「感動した」の嵐

その選手達の姿に「涙する」「一生懸命っていいな」など、感動の声が多く寄せられている。

ドラフト特番見たけどほんとに毎年感動するなおれも今までケガしたりでいっぱい迷惑かけてきたけんこれから野球と仕事を両立してしっかり恩返ししていかんとなもっと野球がんばって優勝して色々な所に連れてってやりたいな

— たくみ (@taku71789) October 26, 2017

涙した。最後まで見てしまいました。 #ドラフト緊急特番お母さんありがとう

— ワイエスルーブル (@ysruburu_89saka) October 26, 2017

ドラフト特番 感動した⚾️

やっぱり"一生懸命"っていいな

一生懸命とかその先の笑顔とかそういう良い物だけがみんなに連鎖するようになればいいのにねっ🦁☺︎🦁☺︎

— Usami Chiaki(17) (@Chiaki_Duv) October 26, 2017

ドラフトで清宮を引き当てた日ハムに「くじ引き最強説」浮上 「チートすぎ」の声も

(jaflippo/iStock/Thinkstock)

26日、プロ野球のドラフト会議が午後5時から東京都内のホテルで開かれた。その中でも注目されるのが、高校歴代最多とされる通算111本塁打をマークした清宮幸太郎内野手の行く末だ。

清宮を1位指名したのは、ロッテ、ヤクルト、日本ハム、巨人、楽天、阪神、福岡の7球団。抽選の結果、日本ハムが交渉権を獲得した。

 

■くじ運の強さに驚きの声

結果を受け、ネット民からは日本ハムの引きの強さに驚く声が。

過去にはダルビッシュ有、大谷翔平など、高校で活躍したスター選手を獲得していた日本ハム。今回の清宮選手の交渉権獲得により、くじ引きに強い球団として認知されたようだ。

ダルビッシュがメジャーに行くと大谷くんがスターになって、大谷くんがメジャーに行きそうになると今度は清宮くんを引き当てる日ハムはコンサートのチケット抽選のとき代わりにエントリーしてもらいたいくらいの引きの強さだなww

— ハニ (@060686Hyunmin) October 26, 2017

ダルビッシュ有大谷翔平清宮幸太郎斎藤佑樹日ハムの引きの良さは何なんだ

— シン・トーラス (@6NNTN) October 26, 2017

ダルビッシュ、中田翔、大谷、清宮甲子園のヒーローを引きまくる日本ハム

— チョコパン (@smalto19) October 26, 2017

中田、斎藤、ダルビッシュ、大谷、清宮・・・・・ 拒否されたけど菅野。日ハムのドラフトの強さはチートだと思います。

— 玉林餅菓子店 (@tamamochiya) October 26, 2017

また、野球ファンで知られるモデル・ダレノガレ明美も自身のツイッターを更新。「清宮くん日ハムかぁ」と結果に喜んでいるようだ。

清宮くん日ハムかぁ

— ダレノガレ明美 (@The_Darenogare) October 26, 2017

 

■「裏で仕組んでる」と勘ぐる声も

「チートすぎる」と言われるほどの引きの強さをもっている日本ハムだが、一方で「裏で何かやっているんじゃないか」「早稲田とつながっていそう」などと勘ぐる声も。

ダルビッシュ斎藤佑樹中田翔清宮全部日ハム色々疑うわ

— hata (@hata778) October 26, 2017

日ハムと早稲田裏で何かしらあるでしょ

— kyouya[非公式] (@kyouya0424) October 26, 2017

なんか日ハムが引き当てると裏で何か仕組んでるんじゃないかと思ってしまう

— チェル#鴎 (@lotte_922) October 26, 2017

日ハムのくじ運イカサマしてんじゃないかってくらいすごいな…。カジノだったらそろそろ裏からヤバい人出てきそう…。

— この木なんの木佐々木 (@f17dt) October 26, 2017

 

■「くじ引き方式に違和感」は約2割

ドラフト会議の名物といえば「くじ引き」による抽選だ。過去には「江川問題」「桑田清原問題」「菅野問題」など、さまざまなドラマチックな展開が繰り広げられ、熱くなったファンも多いだろう。

しかし一方で、この方式に反対の声をあげる人も。しらべぇ編集部が全国20〜60代のスポーツファンの男女466名に「ドラフト会議のくじ引き」について調査したところ、およそ2割が「おかしいと思う」と回答した。

 

「日本ハム、くじ引き最強説」が生まれた今回のドラフト会議。清宮選手の今後の活躍にも期待したい。

・合わせて読みたい→時代遅れ? 興味のない人が感じる高校野球の疑問3つ

(文/しらべぇ編集部・らむたそ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日対象:全国20代~60代のスポーツファン466名(有効回答数)

さんまも苦言 片岡安祐美に「くつした履かせて」と甘える婚約者に賛否

元女子野球日本代表で、現在は社会人野球の監督兼選手として活躍する片岡安祐美(30)が、婚約者で元プロ野球投手の小林公太(26)と、8日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演した。

番組では、結婚を控えた片岡の小林への不満が爆発。司会の明石家さんま(62)も、思わず「結婚はやめとけ」と苦言を呈した。

(画像は片岡安祐美公式ブログからのスクリーンショット)

 

■婚約者への不満とは?

8月に放送された日本テレビ夏の風物詩『24時間テレビ』内で、交際中の小林がサプライズでプロポーズ。涙ながらに申し出を受け入れた片岡の姿は、記憶に新しい。

結婚を控え幸せいっぱいのはずだが、片岡の小林への不満は止まらない。

片岡が食事の準備をしているのに、小林だけ先に食事を始める。外食中、先に食事を終えた小林が片岡を置いて店を出ようとするなど、「気遣いができない」と怒りを露わに。

さらに、デートに「ガス会社の知人からもらった作業着」で現れたり、大事なパーティにヨレヨレで色あせたTシャツで出席しようとするなど、服装にも無頓着な点に片岡は頭を悩ませていた。

 

■「くつした履かせて」と甘える

朝に弱い小林に、片岡は手を焼く。声をかけ続けても起きないばかりか、足を上げて「くつした履かせて」とアピール。結果的に片岡が、寝たままの小林を着替えさせるという。

ゲストの広末涼子(37)は「年上のお姉さんだから甘えちゃう。旦那さんがダメになる」と諭す。

さんまも「あの旦那、やめとけ」と言おうと思っていたが、前述の「ガス会社の作業着」で登場した小林を「笑いがわかっている」と一転して絶賛した。