マツコ・デラックス

有吉・マツコが「最強のお土産」論争 「定番を外すな」に共感の声

旅行や帰省をすると悩むのが、職場や学校へのお土産。いつも同じものだと飽きられているかもしれないし、かといって、奇をてらって不評も買いたくない。

そんなお土産について、15日深夜放送『マツコ&有吉かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、有吉弘行(43)とマツコ・デラックス(45)が激論。2人の主張に共感の声が上がっている。

 

■お土産は必要か?

29歳の自営業男性は「1軒目でお土産を買うと、2軒目以降でさらに良いお土産を見つける。それを踏まえて1軒目で買わずにいると、良いお土産がその後は見つからない」と悩む。

この悩みに「買うと他が良く見えるだけ。なにを買っても一緒」とマツコは一蹴。有吉は「お土産で悩むのが優しい」と男性を賞賛し、さらに話題は「お土産が待ち遠しいのか」に移行する。

2人は「いらない」としながらも、「会社員から『上司にお土産ひとつ渡しておくのが大切』と聞いた」有吉とマツコの議論は白熱。同等の部下がいた場合、「お土産の有無」が評価の差になるため「お土産は重要」と結論付けた。

 

■最強のお土産議論

仙台銘菓『萩の月』を「おっ、と思う。旨いよね」と有吉。マツコも同調し、「自分たちの定番をあえて外されたらイラっとする。『萩の月』でいいんだよ!」と熱くなる。

札幌は多すぎると悩みながら、『白い恋人』『ロイズ』『六花亭マルセイバターサンド』などお土産の定番を挙げ「ナマモノ以外も上手。北海道は強い」と絶賛。

その後も、「もみじ饅頭はノーマルのこしあん」「沖縄のちんすこう」などを例に挙げ、「自信をもって古いものを買えばいい。オーソドックスなものがその街を思い出せる」と語った。

マツコも困惑 「女性が男性になったらやりたいことランキング」は下ネタ不足? 

((C)ぱくたそ)

13日深夜『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、「女性が男性に入れ替わったらやってみたいこと」をランキング形式で紹介。

マツコ・デラックス(45)も困惑したその結果に、視聴者から反響が起こっている。

■『君の名は。』状態になったら…

「男女の入れ替わり」を描いた映画『君の名は。』の空前のヒットを受け、女性200名に「身体だけ男性と入れ替わったら何をしたいか」アンケート調査、トップ10が番組で発表された。

10位「筋トレしてマッチョに」から順に「ヒゲを生やす」「坊主頭になる」など男性的な見た目を楽しむという意見が続く。

7位~は「エッチなお店で遊ぶ」「暑いときに頭から水をかぶる」「可愛い女の子をナンパ」「ひとりラーメンや牛丼」と、男性でなければ普段やりづらい行動に票が集まった。

 

■村上「立ちション」、マツコは「乱暴者になる」

3位は「女の子とエッチ」、2位は「ビシッとスーツでキメる」と続くと、スタジオから驚きの声が。マツコも「誰がとったアンケート?」と首を傾げる。

ここで関ジャニ∞・村上信五(35)は1位を「立ちション」、マツコは「乱暴者になる。やんちゃにね」と予想。

正解が「暑いときに上半身裸になる」だと発表されると、マツコは「そんなに裸になりたいの?」と最後まで困惑を隠せなかった。

マツコと有吉が「酔った勢いの発言」を批判 「耳が痛い」と共感の声

「酒に酔うとその人の本性が出る」という話はたびたび耳にするとおり、酔うと性格が変わったように暴れる人も少なくない。

8日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日)でのマツコ・デラックスと有吉弘行のお酒に対する持論が話題になっている。

 

■お酒はその人の本性が出る?

番組では投稿者の悩みメールを紹介。自身の進路について母親に相談したところ、「応援している」と言われたよう。しかし、泥酔したときは投稿者の学歴について猛烈な愚痴を言ってきたという。その経験から、「お酒によって話した内容が本性なのでは?」と疑問を感じているようだ。

投稿を受け、マツコは「両方本性だよね。一番美しいところと、一番醜いところが出てる」と持論を展開。醜い部分が酒によって出てきたにすぎないと主張した。有吉もお酒について「感情の増幅装置」とコメントし、お酒を飲んでいるときは「思っている以上に強く言ってるかもしれないよね」と、投稿者の母の発言を分析した。

 

■酒の失敗も「なかったことにはできない」

また、飲み会の席で全員の嫌いなところを暴露したという、お酒の失敗談を語ったマツコ。「酔いに任せたフリをして憂さ晴らしだったのかなあ」と振り返り、「酔いに任せたフリをしてもなかったことにはならない」と教訓を語る。被害を受けた側は「あのときは酔ってたから仕方ない」とはならないと断言し、実際にその後の関係はギクシャクしたことを明かした。

さらに、酒の席にありがちな「無礼講」についても「(無礼講といいながらも)査定に含まれますよ」と発言すると、有吉も「無礼講なんてないからね。『無礼講』って言われたときこそヨイショするんだよ」とテクニックを明かし、笑いを誘った。

マツコ『しゃべくり』で号泣失恋エピソードを披露 「胸が熱くなる」と感動の声

失恋を恥ずかしいことと捉え、誰にも話さず一人で抱えこむ人は少なくない。6日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演したマツコ・デラックスの失恋エピソードが、大きな感動を呼んでいる。

 

■失恋したマツコを救ったのは?

番組では、マツコが2001年の元日を最後に恋愛をしていないことが発覚。そのときの失恋の思い出を語った。大晦日の夜に、彼氏の家で大ゲンカをしてしまい「てめぇこの野郎、別れてやる!」と言い残し、タクシーに飛び乗ったマツコ。

失恋の悲しさからタクシー内で泣いているマツコに、タクシードライバーが「バカみてぇだよな。ただ年が変わっただけで大騒ぎしやがって。アホみたいに、嫌だねぇ」と、カウントダウンで浮かれる街の人に悪態をつくような発言をしたという。

気を紛らわせるために、そんな発言をしてくれたことに気付いたマツコはますます感動。「余計涙が止まらなくなってきて、もう号泣しながらお支払いして…」と涙腺が崩壊したことを語り、会場は感動と笑いの声に包まれた。

 

■ネット民は感動の声

タクシードライバーの優しさに、ツイッターでは「胸が熱くなる」「ドラマチック」など、称賛の声が多く寄せられている。

昨日のマツコさんがしゃべくりに出た時のトークでタクシーの運転手さんの話が泣けるよ…何回も頭の中でリピートして胸が熱くなる

— なみ (@ringo_625_nami) November 6, 2017

マツコさんのタクシー運転手さんのエピソード聞きながらホロリ✨(TㅅT) 人は誰かの さりげない愛情によって生かされているのかもしれないですなぁ✨ #しゃべくり007 #マツコデラックス #2001年 #彼氏とお別れ

— ✡SPクールキューピーグローリアもつ鍋✡ (@meesuke1) November 6, 2017

マツコが元旦に失恋して、帰り道タクシーの中から、明治道りで浮かれている世の中を横目に弱っていたら、タクシーの運ちゃんが「全く年が明けただけなのにねぇ〜」って言ってくれた話泣けた是非名乗り出て再会してほしい♥️!

— Deyonna’ (@mayucham0302) November 6, 2017

マツコさんのタクシーの話、すごく良かった。わたしも恋が終わったとき、電車でうつむいて泣いてたら隣にいた男の人にハンカチ差し出されたことあった#しゃべくり

— こしあん (@__ponyoponyo_) November 6, 2017

3ヶ月ぶりくらいにバラエティみたけどマツコおもしろいなぁー笑タクシードライバーの話がドラマティック

— みつみつ@税理士受験 (@Downmysun091) November 6, 2017

マツコは「本当にあのタクシードライバーさんは、人生の中でもすごい大きな人」と、今でも多大な感謝をしており、マツコとタクシードライバーの再会を願う声も少なくない。

 

■失恋から立ち直るためには?

しらべぇが全国の20代〜60代の男女1352名を対象に「失恋した時に行なう自分だけの独自の儀式」について調査したところ、全体的にかなり低い数字となった。

失恋の苦しみを自力で乗り越えることは難しい。マツコがタクシードライバーに助けてもらったように、失恋の傷を癒してくれるのは誰かの優しさや思いやりなのかも。

人との関わりを避ける人が増えているが、失恋で辛そうにしている人がいたときは、勇気を出して声をかけてみては。その一言で救われるかもしれない。

マツコ『しゃべくり』で号泣失恋エピソードを披露 「胸が熱くなる」と感動の声

失恋を恥ずかしいことと捉え、誰にも話さず一人で抱えこむ人は少なくない。6日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演したマツコ・デラックスの失恋エピソードが、大きな感動を呼んでいる。

 

■失恋したマツコを救ったのは?

番組では、マツコが2001年の元日を最後に恋愛をしていないことが発覚。そのときの失恋の思い出を語った。大晦日の夜に、彼氏の家で大ゲンカをしてしまい「てめぇこの野郎、別れてやる!」と言い残し、タクシーに飛び乗ったマツコ。

失恋の悲しさからタクシー内で泣いているマツコに、タクシードライバーが「バカみてぇだよな。ただ年が変わっただけで大騒ぎしやがって。アホみたいに、嫌だねぇ」と、カウントダウンで浮かれる街の人に悪態をつくような発言をしたという。

気を紛らわせるために、そんな発言をしてくれたことに気付いたマツコはますます感動。「余計涙が止まらなくなってきて、もう号泣しながらお支払いして…」と涙腺が崩壊したことを語り、会場は感動と笑いの声に包まれた。

 

■ネット民は感動の声

タクシードライバーの優しさに、ツイッターでは「胸が熱くなる」「ドラマチック」など、称賛の声が多く寄せられている。

昨日のマツコさんがしゃべくりに出た時のトークでタクシーの運転手さんの話が泣けるよ…何回も頭の中でリピートして胸が熱くなる

— なみ (@ringo_625_nami) November 6, 2017

マツコさんのタクシー運転手さんのエピソード聞きながらホロリ✨(TㅅT) 人は誰かの さりげない愛情によって生かされているのかもしれないですなぁ✨ #しゃべくり007 #マツコデラックス #2001年 #彼氏とお別れ

— ✡SPクールキューピーグローリアもつ鍋✡ (@meesuke1) November 6, 2017

マツコが元旦に失恋して、帰り道タクシーの中から、明治道りで浮かれている世の中を横目に弱っていたら、タクシーの運ちゃんが「全く年が明けただけなのにねぇ〜」って言ってくれた話泣けた是非名乗り出て再会してほしい♥️!

— Deyonna’ (@mayucham0302) November 6, 2017

マツコさんのタクシーの話、すごく良かった。わたしも恋が終わったとき、電車でうつむいて泣いてたら隣にいた男の人にハンカチ差し出されたことあった#しゃべくり

— こしあん (@__ponyoponyo_) November 6, 2017

3ヶ月ぶりくらいにバラエティみたけどマツコおもしろいなぁー笑タクシードライバーの話がドラマティック

— みつみつ@税理士受験 (@Downmysun091) November 6, 2017

マツコは「本当にあのタクシードライバーさんは、人生の中でもすごい大きな人」と、今でも多大な感謝をしており、マツコとタクシードライバーの再会を願う声も少なくない。

 

■失恋から立ち直るためには?

しらべぇが全国の20代〜60代の男女1352名を対象に「失恋した時に行なう自分だけの独自の儀式」について調査したところ、全体的にかなり低い数字となった。

失恋の苦しみを自力で乗り越えることは難しい。マツコがタクシードライバーに助けてもらったように、失恋の傷を癒してくれるのは誰かの優しさや思いやりなのかも。

人との関わりを避ける人が増えているが、失恋で辛そうにしている人がいたときは、勇気を出して声をかけてみては。その一言で救われるかもしれない。

関ジャニ・村上信五、「小島瑠璃子との交際」を否定 「ゾッとした」の声も

10月27日発売の『FRIDAY』(講談社)に、タレントの小島瑠璃子が関ジャニ∞・村上信五の自宅に「お泊り」していたことが写真付きで報じられた。

6日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)にて、村上が小島との関係について言及し話題となっている。

 

■村上、小島との交際を否定

番組冒頭から、マツコ・デラックスが広島カープのバックと英字新聞を持ってスクープされた時の村上の様子を再現。攻める演出に焦りながらも、冷静に対応する村上。

マツコから「なぜ英字新聞なんて取っているのか?」と聞かれると、『27時間テレビ』(フジテレビ系)でビートたけしから勧められたことがきっかけであると明かした。

その後、マツコは問題となっている記事を朗読し「で、どうなの?」と直球を投げる。村上はこれに対し「お付き合いはしてま……せん!」と小島との交際をキッパリと否定。

「乳ぐらい揉んだの?」というマツコからの追求については「ずっと対面だった、隣にも座ってくれなかった」と、室内でのお互いの距離感について明かし、終始「男女の関係」には至っていないことを訴えた。

 

■ファンからは否定的な意見も

小島とは男女の関係には至っておらず、あくまで「友人」であることを訴えた村上。「村上には幸せになってほしい」といった書き込みもみられる中、「お泊りしたのに男女の関係ではない」ということに否定的な声もあげられている。

フライデーされたときのこじるり、結構なきわどいミニスカートだったしょ、、村上宅でふたりきり、隣にも座ってもらえなかったとか、もしもそれが事実だとしたら小悪魔通り越してとんでもない悪魔(男目線)全国のヒナ担はどんな思いなのでしょうか(´д`|||)#月曜から夜ふかし

— のりこ@艦娘 (@nori_kuma66) November 6, 2017

ヒナとこじるり何もなかったとしてそれはそれでいいんやけど、じゃあ逆にこじるりは気持ちもないような男の家にホイホイ上がれるってこと?っていうオチになってゾッとした

— なっさん (@eit_sn) November 6, 2017

マジ村上とこじるり気持ち悪いな。友達関係でお泊まりか。交際否定するより気持ち悪いわ。#小島瑠璃子#村上信五

— MSK (@RICHEM_13) November 6, 2017

番組を見守っていた村上のファンからは、「事務所の発表ではなく、本人の言葉がきけてよかった」という声も多くあげられている。しかしながら、村上が明かした2人の関係性や不思議な距離感に、疑問を抱く人は少なくないようだ。

 

■20代女子には「異性の友達」がいる?

男女関係に発展していないものの、部屋に頻繁に通い二人きりで夜を明かすという村上と小島。

しかし、しらべぇ編集部が以前「異性の友人」に関する調査を行った結果、小島が該当する20代女性の52.2%が「異性の友達がいる」と回答した。

女性が半数を超えているのに対し、同じ20代の男性の割合が20%近くも下回っていることも興味深い。

多忙を極めるジャニーズ事務所のアイドルと人気女性タレント。芸能界で切磋琢磨する者同士だから分かり合える、「男女の友情友情」があるのだろうか。

マツコの「そらジローへの敬意」が素晴らしいと話題 ブーム到来か

(画像はTwitterのスクリーンショット)

歯に衣着せぬコメントが人気を博している、コラムニストでタレントのマツコ・デラックス。最近では、マツコが好感をもったアナウンサーがその後ブレイクを果たすなど、影響力が高いことでも注目を集めている。

そんなマツコが6日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)にて、「先生」と仰ぐ最愛のキャラクターについて熱く語り、話題となっている。

 

■「先生」と仰ぐそらジロー

マツコは自身の「尊敬する人」について、日本テレビのお天気キャラクター『そらジロー』をあげ、「そらジロー先生だけは『先生』って呼んでいる」と語った。

これに対し「(そらジロー)はただ立ってるだけで何もしていない」とのツッコミが入ると「何を言ってるんだ!」と激怒。そらジローの素晴らしさについてマツコは

「ああいうものに心が動いたことはなかった。でもそらジロー先生を見たときに、思わず心が安らいだ自分がいた」とコメント。さらに「黄色ってところがいいのかもしれない」とも語った。

 

■そらジロー先生へ敬意を払うマツコ

スタジオにそらジローが登場することが伝えられると、マツコは「立って迎えないと」と1人席を立ち、そらジローを出迎えた。

しゃべくりメンバーから「そらジローとマツコのフォルムが似ている」というツッコミが入ると、「全く無駄のないフォルムなの。本当にかわいいでしょ」とそらジローへの深い愛情を滲ませた。

さらに、マツコの定番いじりと化している「結びの一番」では、次々と向かってくるしゃべくりメンバーにまぎれていたそらジローを投げてしまうという一幕も。

これについてマツコは「そらジロー先生を投げてしまった…」と落ち込んでいた。

 

■番組放送後「そらジローかわいい」の嵐

マツコがそらジローの魅力を熱弁したことで、番組終了後インターネット上では「そらジロー」がトレンドの上位に食い込むなど、話題沸騰。

そらジロー見たさに早起きしたというユーザーも見られ「ブームの到来」を予感させる盛り上がりを見せている。

おはようございます☀昨夜の しゃべくり7をみて、朝一でそらジロー先生に会いたくなって「OHA!4」見てる ^^;実はまだ月次監査の計算が出来てないから、それをやりながら、だけど。

— みかん@CB (@mika_gos) November 6, 2017

やばい!そらジロー先生☆彡.。初めて可愛いって悶えてる私#しゃべくり007

— まゆ (@mayuta17) November 6, 2017

そらジローかわいすぎてグッズ欲しい

— Ⓜ︎ (@t__mango) November 6, 2017

そらジローのぬいぐるみ本気で欲しい……….誰か………

— まゆーゆ* (@niwakamayu_317) November 6, 2017

「そらジローグッズがほしい」「そらジローのぬいぐるみで癒やされたい」といった声も続々とあげられており、マツコの一声による大きな経済効果も期待できそうだ。

 

■大半の人が「キャラクターグッズ」に寛容

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,387名に「大人になってもキャラクターグッズを使っている人」について調査を実施したところ、「ダサいと思う」と回答した人は全体で22.4%という結果に。

年代があがっていくにつれて割合が高くなっていく傾向にあるものの、大半の人はキャラクタグッズに対して寛容であることが判明した。

今後のびマツコとそらジローのコラボレーションに期待を寄せる声も多く、そらジローはますます忙しくなりそうだ。

マツコ・デラックス「嘘はダメ、つじつま合わなくなる」 16年前の盛ってしまった嘘を謝罪

「自分をよく見せたい」「場を盛り上げたい」と、つい嘘をついてしまう人は少なくないだろう。

5日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、マツコ・デラックス(45)が16年前についてしまった嘘を告白し、話題となっている。

 

■マツコのついた嘘とは…

タレントパワーランキング2年連続1位、歯に衣着せぬ発言で人気のマツコだが、まだ無名だった16年前、小説家・中村うさぎとの対談で、「インパクトを残したい」がために話を盛ってしまったと告白。

対談では、その体形を活かし「カステラとヨウカンを1本まるごと一気に食べた」と語ったが、実際には食べきれない。また、「裏路地を通ろうとしたら壁と壁に挟まった」エピソードも嘘。ハマる前に引き返したという。

さらに「地方のホテルで浴槽にハマって朝まで抜けなくなった」と言いながら、本当はそこまで長引かず、ボディソープで滑らせてすぐに抜け出していたと、その対談でついた嘘を明かした。

 

■マツコが謝罪

「全部嘘ではなく、途中までは本当。チャレンジしたことはある」マツコに、「事実も充分面白い」とスタジオは盛り上がる。

それでも当時を振り返り反省したマツコは、「この場を借りて謝りたい」と謝罪。「嘘はついちゃダメ、あとでつじつまが合わなくなる」と反省しきりだった。

マツコが旅行先で集団行動したがる人に苦言 「わかるわ」と共感の声

せっかく旅行に来たのだから、「みんなと思い出を作りたい」という人もいれば、「のんびりしたい」という人もいるはず。

1日に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)でのマツコ・デラックスの発言が反響を呼んでいる。

 

■マツコはひとり旅派

番組内では「旅行先が雨でも、外に出て観光すべきか?」という投稿が寄せられた。この投稿から、マツコと有吉が「どういう旅行をしたいのか」についてトークを展開。

するとマツコが「みんなで一緒の行動とんなきゃ嫌だって人、嫌じゃない?」と旅行先で集団行動をしたがる人への不満を漏らす。

さらに、「みんなで来たんだからみんなで見ようよ、みたいな人いるじゃん? だから一人で行くのよ」とマツコがひとり旅を好む理由を説明し、有吉も「そうそう!」と共感の声を上げた。

 

■みんな一緒は嫌?

マツコの発言にツイッターでは「わかるわ~」「オレもひとり旅派」などなど、共感の声が多く寄せられている。

マツコわかるわ〜せっかく来たからみんなで行動しよう的な人嫌い

— たー3 (@ta_san29) November 1, 2017

オレも旅はひとりで派。増やしても二人旅まで。

家族で行く場合は、もはや旅に似た何か。旅ではない。

旅先でまで、気をつかいたくない。 #かりそめ天国

— 森 光司 馬と鉄道と日ハムとaikoの人 (@Cozymarch25Mori) November 1, 2017

私も集団で行動するのやだわ #かりそめ天国

— 樹利亜。 (@pinkblliant6767) November 1, 2017

大人数の行動は苦手だから今日の放送はしょっぱなから共感した#かりそめ天国

— エトゥヨシ (@non_eto__uyosh) November 1, 2017

日ごろの人間関係を断つことができるのも旅行の魅力。「せっかくの旅行なのに人間関係で悩みたくない」と考え、ひとり旅を好む人が多いのかもしれない。

 

■女性はやっぱり集団行動が好き?

しらべぇ編集部では全国20〜60代の女性829名に「女ひとり旅をしたことがあるか」を調査。その結果、女性ひとり旅の経験者は13.5%にとどまっている。

女性は集団行動を好む傾向があるので、旅行もみんなで行きたいと思う人が多いのかも。

最近では、旅行先の写真をSNSにアップするのが当たり前になっている。

「友達と仲良く旅行している私」という、充実した自分を演出してくれる写真を撮るため、友達と旅行をしたがる女性は少なくないはず。

女性にとっての旅行は、「どこに」行くかではなく「誰と」行くかが重要なのかもしれない。

有吉弘行が「憧れのアイドルに会いたくない理由」に賛同の声

25日放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、アイドル好きが一度は考える「憧れのアイドルとデートしたい」欲望を実現。

有吉弘行(43)が自身は「憧れのアイドルに会いたくない」と語り、視聴者から賛同の声が寄せられている。

 

■「憧れのアイドルに会いたい」ファン

アイドル好きのトレンディエンジェル・たかし(31)が、憧れの元AKB48・前田敦子とのデートを希望。本人ではなくそっくりさんがデート相手となったが、たかしは満足気。

「自慢したい。みんなに見せつけたい」と願望を語るたかし。渋谷でイチャイチャとデートする様子が放送された。

VTR開始直後から「絶対嫌だ」と否定的だった有吉。「憧れの人とは絶対会いたくない」と本音を明かす。

 

■有吉が「憧れの人に会いたくない」理由

「絶対、想像より嫌な人じゃん。自分の想像以下になっちゃう」、これが、有吉が憧れの人に会いたくない理由。

実際、憧れた元プロレスラー・高田延彦(55)に初めて会った際に「メチャクチャ酒を強要された」経験を明かし、「憧れを憧れのままにしておきたい」気持ちを熱弁。

マツコ・デラックス(44)は「どんな超人でも美人でも人間。想像はアニメや空想に近い。会わない方が一生楽しんでいられる」と賛同し、自身も、憧れの中森明菜にあえて会わず、「勝手に妄想し続ける」と宣言した。