マネー・職業・投資

FX証拠金レバ10倍に、夢を追う投資も規制強化

レバ規制でFX取引は減るどころか急増した引用:メイの逆張り相場ブログhttp://ilovefx.info/images/files/490_1.pngFX証拠金倍率、10倍規制が確実かFX(外国為替証拠金取引)の証拠金倍率は最初無制限だったが、段階的に規制され、金融庁は10倍以内とする方針を決めたようです。11月16日の報道によると、金融庁は現在最大25倍のレバレッジ規制を、10倍までとする方向で検討しています。FXのレバ規制は過去に何度も強化されているが、「検討」と報道されたことは必ず後で実現していました。 続きを読む

ソフトバンクの過剰債務 10兆円ファンドで消えた訳ではない

有利子負債は現在15兆円、追加のファンドが現実になれば、さらに増える。孫子が買収した企業群は買収金額に対して利益がとても小さい。引用:http://keieikanrikaikei.com/wp-content/uploads/2016/07/57884b412c43f517415ad090ecea11f8.jpgソフトバンクの過剰債務問題ソフトバンクグループは10兆円ファンドなどで景気良く投資しているが、足元では資金繰りに窮している。ソフトバンクグループが11月6日に発表した、2017年4から9月期の連結決算では、純利益は87%減の1026億円だった。17年9月末の有利子負債は約15兆円に達し、17年3月期の利払い費は4673億円で、日本企業で最大になった。 続きを読む

地面師とは アパグループ、積水ハウスも騙された

不動産のプロでも見抜けなかった引用:https://cdn.amebaowndme.com/madrid-prd/madrid-web/images/sites/121508/ffd403140338380e33b2e3d79097848b_5e0b83a8db868b078239730da7964ac6.jpg地面師に63億円払った積水ハウス「地面師」という一般には馴染みがない人達によって、大企業が手玉に取られ、巨額の損失を受ける事件があいついでいる。大手ホテルチェーン「アパグループ」は赤坂の土地を12億6千万円で購入したが、取引先は所有者に成り済ました「地面師」で土地を取得できなかった。警視庁は犯人として男女9人を逮捕、土地相続人に成り済まして、偽造の印鑑証明書や住民基本台帳カードを行使したとしている。 続きを読む

ビットコイン盗難のマウントゴックス社長 コイン高騰で大儲けか

弁護士とともに記者会見するカルプレス元社長引用:https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170711004992_comm.jpgマウントゴックス事件とは2014年2月28日にビットコインの取引所「マウントゴックス」が85万ビットコインを何者かに盗まれたと発表しました。被害総額は当時のビットコイン価格で470億円程度に達し、同社は債務超過に陥って民事再生法の適用を申請しました。この事件はその後急展開し、マルク・カルプレス社長自身がビットコインを自分の口座に移し変えたとして、2015年8月1日に逮捕された。 続きを読む

ウーバーの赤字とブラック労働 ソフトバンクの出資は難航

「ウーバーで稼げる」話は残念ながら嘘で、ブラック労働に落とされます引用:http://mediastorage-lls.bauermedia.co.uk/13/908a3/760b3/078a1/19681/2680a/19785/how-to-be-an-uber-driver-in-the-uk_1001x500.jpg?1455104610ウーバーの普及と問題点ウーバーは2017年、ハラスメント問題や企業倫理で揺れ、創業者のCEOの進退問題にまで発展しました。その一方で売上高は1年で1.5倍に増え、今年の売上高は3兆円を上回ると見られています。ところが赤字体質も相変わらずで、四半期ごとに約700億円、年間では3,000億円以上の赤字がみこまれています。 続きを読む

マンション不動産投資バブルはどうなった?

タワマンバブル崩壊後の個人投資家「誰でもノーリスクで不労所得を得られる」と宣伝したマンション投資はバブル崩壊し、すっかり化けの皮がはがれた。冷静に考えたらある筈がないのに、バブルの時は多くの人が熱狂してしまいました。そして今までのバブルと同じように、崩壊前に撤退した人が利益を得て、最後まで残った人達はババを掴まされた。 続きを読む

日経平均とダウ平均が交差すると社会の大変動が起きる?

日経とダウが交差すると何かが起きる引用:http://fx-koryaku.com/wp-content/img_master/userfiles/images/m2j_201606_07.jpg日経平均がダウに急接近2017年11月時点でアメリカの主要株価であるNYダウ平均は、2万3,500ドル前後で史上最高値を更新しています。日本の代表指数である日経平均株価は、2万3,000円を伺う展開で、両者の数値は急接近しています。日本株と米株は歴史上何度も交差していたが、どの交差も日米経済の転換点になり、大変動の前触れになった。 続きを読む

間違った分散投資はリスクを高める

違う値動きをするものに投資しないと、分散した事にはならない。引用:https://loloinvestors.com/wp-content/uploads/2017/01/%E5%88%86%E6%95%A3%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%AE%E5%8A%B9%E6%9E%9C2.jpg同じ値動きの分散投資には意味がない投資の解説ではリスクを避けるために分散投資が必ず推奨されているが、間違った分散をしてリスクを上げている例が多い。典型的な悪い例は、儲かりそうな「銘柄」をあれもこれもと買い進める方法です。株式投資なら儲かりそうな銘柄を、為替なら通貨を、先物やオプションやビットコイン等、あれもこれも買い集めます。 続きを読む

富の再分配なき世界 好景気でも収入増えず

(非課税を除き)低収入ほど負担が重く、1億円以上では社会保障費が実質無料。ばかげているとしか言いようがない。引用:https://pbs.twimg.com/media/BjaeYC4CUAElagp.jpg豊かな者はもっと豊かに、貧しい者はもっと貧しく日本は好景気だと言われているが、実質所得はあまり増えていません。失業率が低下したので労働者が受け取る賃金合計は増えたが、給料が上がらない状態が続いています。世界的にも特に欧米先進国で、景気が良くなっても収入が増えないのが常態化しています。 続きを読む

長期投資にはETF積み立てが有効

ETFを継続して買い続ける事で、日銀は莫大な利益を上げている。日銀の政策はともかく、投資手法として成功している。引用:http://www.nikkoam.com/files/etf/page/column/41/img09.gifETFの手数料が下がったETF(上場投資信託)や投資信託は日本では重要視されず、証券会社側も売る気の見えない、日陰的な投資でした。だが最近は低リスクで確実に利益が出ることや、手数料の安さで注目されています。株式や先物など一般的な投資では、たとえ利益が出ていても、手数料で損失が出る場合がほとんどです。 続きを読む