マンション

赴任先の中国で見聞きした出来事

 

私は今、仕事のため中国に住んでいますが、そこで見た事や体験した事をお話します。

近所の天使像

住んでいるアパートから歩いて5分ほどの所にあるボロ住居の前に、高さ60センチくらいの石膏製の天使像が置いてあった。

 

そこそこ見栄えのする像だったが、なんとそこの住人は「汚れたモップ干し」として使用していた。

 

上品な天使と、その頭に掛けて干されている汚いモップが、なんともいえないコントラストを醸(かも)し出していた。

 

ところが、3年ほど前から天使像に「異変」が発生。

 

両目から血の涙のような跡が付くようになった。

 

天使の膝元に子供がいるデザインなのだが、子供の両目からも血の涙を流した痕跡がある。

 

そして、日増しにその量は増え続け、天使と子供の顔はもはや血まみれといった有様だった。

 

日本人なら目を覆いたくなるような状態の像だったが、そこは中国人・・・。

 

何も気にしていないようだったが、モップ干しの張本人と思われる掃除係のばあさんが突然発狂し急死してから事態は急展開。

 

ボロ住居の主人が誰かに、「こんな不吉な像は捨ててしまいなさい」と忠告されたらしく、即日天使像は首を叩き折られて近くの畑に廃棄された。

 

今でもその像は畑に捨てられたままだが、以前にも増して嫌な雰囲気を漂わせている。

 

自室のテレビ

ある日、自室に置いてあったテレビがバチッと音を立てて画面が映らなくなった。

 

中国のテレビ番組は言葉がまったく分からないため、DVD鑑賞専用に使っていたものだ。

 

ところが、映らなくなった画面を改めて見てみると、「ひとつの大きな手形」が付いていた。

 

しかも形が不自然と思ってよく見てみると、指の数が全部で8本あった。

 

手形を写真に撮影した後、雑巾で拭き取ったが、何か油のようなものが凝り固まった後のような手形で、力を入れて苦労して綺麗にした。

 

自分の部屋にこんな妖怪みたいなのがいたなんて、自分でも信じたくない。

 

嫌な色のマンション

同じ中国在住の日本人同僚の知人がマンションを買ったと聞いた。

 

同僚いわく、「安かったけど、でも何かすごく変な色のマンションなんだよね」という。

 

同僚は知らなかったが、実はそのマンションの事情を私は知っていた。

 

そのマンションは昔、中国の文革時代の「処刑跡地」に建てられた物件らしい。

 

当初はまともな色合いの物件だったが、その後マンション内のあちらこちらで幽霊騒動など怪事が相次ぎ、挙句の果て、変死者や自殺が多発するようになって風水師に相談したらしい。

 

その苦肉の策が、何とも言えない強烈かつ嫌な色でマンションを塗り潰し、色の呪力で怨霊を抑えるというものだった。

 

その事実を同僚に教えてあげたのは言うまでもない。

 

(終)

The post 赴任先の中国で見聞きした出来事 appeared first on 怖いもん通信.

飛び降り自殺の名所のマンションにて

 

俺は12階建てマンションの6階に住んでいるが、実はこのマンション、飛び降りの名所なのだ。

 

過去10年で12人も飛び降り、そのうち9人が死亡している。

 

知り合いに警察官がいるのでその都度情報が入るが、12人ともマンションの住人ではなかった。

 

「どうしてこのマンションで?」と不思議なのだが、先に逝った人が呼び寄せているのかも知れない。

 

それで先日の話、その日は台風が接近していてかなりの暴風が吹いていた。

 

夜11時頃、自宅でやり残した仕事をやっていた時に、ベランダで「ドスン」と何かが落ちてきたような音がした。

まさか去年と同じことが起きるなんて・・・

話は去年の夏にさかのぼる。

 

あの時もベランダで「ドスン」と鈍い音がした。

 

それで俺はベランダへ出たが、そこには何も無く、もちろん誰も居なかった。

 

だが、何気なく地面を見たら、女性が倒れていた。

 

「まだ生きてるかも」と思って、救急車を呼んで下へ降りて女性に呼び掛けたが、ぐったりして動かなかった。

 

死に切れなくてうちのベランダからもう一回飛び降りたんだろうが、結局は脳挫傷で亡くなった。

 

同じような「ドスン」という音だったので、去年の夏のことが脳裏をよぎった。

 

その時は強風で、「上の階のベランダから何か落ちたのかな?」と思い、ベランダを確認しようと窓を開けた。

 

すると、30歳くらいの女性が倒れていて、顔からかなり出血していた。

 

ビックリして大声で呼び掛けたが、返事も無く、ピクリとも動かない。

 

まさか去年と同じことが起きるなんて・・・。

 

その時はそう思って、すぐに救急車を呼んだ。

 

10分ほどで救急車が到着。

 

救急隊員と一緒にベランダへ出たが、さっきの女性が居なかった。

 

慌てて下を見下ろしてみたが、誰も居ない。

 

ここは6階だから、ここから居なくなるということは下に落ちた以外に有り得ない。

 

救急隊員からは、「イタズラは止めて下さい」と怒られた。

 

念のために警察にも連絡したが、その女性が消えてしまっているので相手にしてくれなかった。

 

救急隊員と一緒に下へ降りて辺り一帯を探したが、手掛かりは無し。

 

ここは6階だから、救急車を呼んだ後に意識が戻ってもう一度下へ飛び降りたなら無傷では済まないはず。

 

それでも死に切れなくて歩いてどこかへ行ってしまった、としか考えられない。

 

雨が降ってなければ血痕が残っていたのだろうが・・・。

 

俺は責任感じてかなり心配したが、居なくなってしまったのだからどうしようもない。

 

仕方ないのでその日はそのまま寝たのだが、何故か深夜2時頃にフッと目が覚めた。

 

それで、さっきの事が気になってベランダへ出てみた。

 

すると、さっきの女性がさっきと同じ状態で倒れていた。

 

俺は全身に寒気が走り、体が動かなくなった。

 

そのまま十数秒くらい過ぎた後、その女性がいきなり起き上がった。

 

そして、「死に切れないの・・・」と俺に向かって語りかけてくる。

 

俺は逃げ出したかったが、体が動かないから黙って聞くしかない。

 

さらにその女性、いきなり掴み掛かってきた。

 

俺はそれでも身動き出来ず、恐怖で頭の中が真っ白になった。

 

その時になって、ようやく思い出した。

 

その女性の着ている服、その服は去年飛び降りた女性の服とそっくりだってことを。

 

女性は俺の耳元で囁いた。

 

「一緒に逝ってくれませんか・・・」と。

 

お断りしたかったが、俺は喋ることが出来なかった。

 

するとその女性は、「良いんですね。じゃあ一緒に逝きましょう・・・」と言いながら、俺を持ち上げた。

 

俺は75kgあるから、普通の女性では持ち上げられないはずなのだが。

 

女性は俺を持ち上げたまま、ベランダの手すりの方へ向かって歩き出した。

 

「ああ、このままじゃ一緒に落とされる!何とかしなきゃ!!」

 

頭では分かっているが、一向に体が動かない。

 

俺は全身全霊を振り絞って、心の中で叫んだ。

 

「あなたは去年死んだんだよ」

 

その後、俺は気を失ったらしく、気付いた時はベランダで倒れていた。

 

俺には霊感など無いし、こういった経験をしたのはこの時だけだが、この出来事は一生忘れることが出来ないと思う。

 

(終)

The post 飛び降り自殺の名所のマンションにて appeared first on 怖いもん通信.

飛び降り自殺の名所のマンションにて

 

俺は12階建てマンションの6階に住んでいるが、実はこのマンション、飛び降りの名所なのだ。

 

過去10年で12人も飛び降り、そのうち9人が死亡している。

 

知り合いに警察官がいるのでその都度情報が入るが、12人ともマンションの住人ではなかった。

 

「どうしてこのマンションで?」と不思議なのだが、先に逝った人が呼び寄せているのかも知れない。

 

それで先日の話、その日は台風が接近していてかなりの暴風が吹いていた。

 

夜11時頃、自宅でやり残した仕事をやっていた時に、ベランダで「ドスン」と何かが落ちてきたような音がした。

まさか去年と同じことが起きるなんて・・・

話は去年の夏にさかのぼる。

 

あの時もベランダで「ドスン」と鈍い音がした。

 

それで俺はベランダへ出たが、そこには何も無く、もちろん誰も居なかった。

 

だが、何気なく地面を見たら、女性が倒れていた。

 

「まだ生きてるかも」と思って、救急車を呼んで下へ降りて女性に呼び掛けたが、ぐったりして動かなかった。

 

死に切れなくてうちのベランダからもう一回飛び降りたんだろうが、結局は脳挫傷で亡くなった。

 

同じような「ドスン」という音だったので、去年の夏のことが脳裏をよぎった。

 

その時は強風で、「上の階のベランダから何か落ちたのかな?」と思い、ベランダを確認しようと窓を開けた。

 

すると、30歳くらいの女性が倒れていて、顔からかなり出血していた。

 

ビックリして大声で呼び掛けたが、返事も無く、ピクリとも動かない。

 

まさか去年と同じことが起きるなんて・・・。

 

その時はそう思って、すぐに救急車を呼んだ。

 

10分ほどで救急車が到着。

 

救急隊員と一緒にベランダへ出たが、さっきの女性が居なかった。

 

慌てて下を見下ろしてみたが、誰も居ない。

 

ここは6階だから、ここから居なくなるということは下に落ちた以外に有り得ない。

 

救急隊員からは、「イタズラは止めて下さい」と怒られた。

 

念のために警察にも連絡したが、その女性が消えてしまっているので相手にしてくれなかった。

 

救急隊員と一緒に下へ降りて辺り一帯を探したが、手掛かりは無し。

 

ここは6階だから、救急車を呼んだ後に意識が戻ってもう一度下へ飛び降りたなら無傷では済まないはず。

 

それでも死に切れなくて歩いてどこかへ行ってしまった、としか考えられない。

 

雨が降ってなければ血痕が残っていたのだろうが・・・。

 

俺は責任感じてかなり心配したが、居なくなってしまったのだからどうしようもない。

 

仕方ないのでその日はそのまま寝たのだが、何故か深夜2時頃にフッと目が覚めた。

 

それで、さっきの事が気になってベランダへ出てみた。

 

すると、さっきの女性がさっきと同じ状態で倒れていた。

 

俺は全身に寒気が走り、体が動かなくなった。

 

そのまま十数秒くらい過ぎた後、その女性がいきなり起き上がった。

 

そして、「死に切れないの・・・」と俺に向かって語りかけてくる。

 

俺は逃げ出したかったが、体が動かないから黙って聞くしかない。

 

さらにその女性、いきなり掴み掛かってきた。

 

俺はそれでも身動き出来ず、恐怖で頭の中が真っ白になった。

 

その時になって、ようやく思い出した。

 

その女性の着ている服、その服は去年飛び降りた女性の服とそっくりだってことを。

 

女性は俺の耳元で囁いた。

 

「一緒に逝ってくれませんか・・・」と。

 

お断りしたかったが、俺は喋ることが出来なかった。

 

するとその女性は、「良いんですね。じゃあ一緒に逝きましょう・・・」と言いながら、俺を持ち上げた。

 

俺は75kgあるから、普通の女性では持ち上げられないはずなのだが。

 

女性は俺を持ち上げたまま、ベランダの手すりの方へ向かって歩き出した。

 

「ああ、このままじゃ一緒に落とされる!何とかしなきゃ!!」

 

頭では分かっているが、一向に体が動かない。

 

俺は全身全霊を振り絞って、心の中で叫んだ。

 

「あなたは去年死んだんだよ」

 

その後、俺は気を失ったらしく、気付いた時はベランダで倒れていた。

 

俺には霊感など無いし、こういった経験をしたのはこの時だけだが、この出来事は一生忘れることが出来ないと思う。

 

(終)

The post 飛び降り自殺の名所のマンションにて appeared first on 怖いもん通信.