俺の住む集落には、『武君様』という神様が祀られている。

 

なんでも、この集落を野武士などから守り、命を落とした青年が神と成り、今もこの集落を守っているらしい。

 

そして、この武君様を祀っている祠の様なものが村の山奥にある。

 

その場所には、夏と冬の年に二度ある祭りの時にしか子供は入ってはいけない。

 

しかし俺は小学生の時、同級生の友達と無断で入ったことがある。

 

そこで俺は凄いものを見た。

扉を開けるとそこには・・・

祠は木で出来た小さくて古い社の様なものであり、その中に何があるかは村の極一部の人しか知らない。

 

俺の父や祖父も知らなかった。

 

その話を友達にすると、「見てみたい!」と言ってきた。

 

俺は村の大人に怒られるから止めた方がいいと思ったが、自分も一度見てみたかったので同意した。

 

社には錠がしてあったが、古く錆びていたので簡単に外せた。

 

扉が開くと、中から異臭と茶色に変色した布に包まれた物が出てきた。

 

俺と友達は異臭で胸が悪くなり、その場でゲェーゲェーと吐いた。

 

そして、異臭を放っている茶色の塊の変色した布を剥がした。

 

中からは、黒茶色の小さなミイラが出てきた。

 

次の日、祠を管理していた集落の長が逮捕された。

 

その逮捕のきっかけになったのは、祠で見つかったミイラにある。

 

どうやら、高校生の我が娘に子供が出来てしまったらしいのだが、気付くのが遅かったらしく産ませてしまったらしい。

 

そして、この不名誉を村人から隠す為に子を殺し、遺体を祠の中に隠したそうだ。

 

この一件以来、友達は扉を開けるのが怖くなったそうだ。

 

俺も時々あのミイラの夢を見る。

 

本来、祠の中には武君様を模して作った仏像があったらしいが、長はそれを捨ててしまったらしい。

 

そのせいか、これを「武君様の祟り」と呼ぶ人も少なくなかった。

 

長の高校生の娘は、父に子を奪われたショックで発狂してしまい、長は娘を部屋に監禁していた。

 

施設で治療して順調に回復したらしいが、長の奥さん共々、今何処にいるかは誰も知らない。

 

長は今も刑務所に居るらしいが、定かではない。

 

(終)

The post 村の守り神を見るはずが appeared first on 怖いもん通信.