メール

電話は人の時間を奪う行為? 電話が嫌いな新入社員も急増中

(©ぱくたそ)

電話は長い年月、連絡手段の王座として君臨してきた。しかし、メールやLINEの普及と同時に、電話になじみのない人も増えている。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の会社員の男女481名を対象に、「会社の電話について」の調査を実施。

「会社にかかってくる電話に出るのが嫌いだ」と答えた人は、全体で56.1%と半数以上もいることが判明したのだ。

 

■若い世代は電話が嫌い

年代別では、若い世代ほど会社の電話を嫌がっている。

メールやメッセージアプリなど、文章でのやり取りを主流としてきた世代には、電話での対応を苦痛に感じるようだ。

「電話対応なんてしたことがなかったので、初めのうちは声が震えるほど緊張していた。今でも、苦手意識は拭えない」(20代・女性)

 

彼女たちが、電話に慣れる日は来るのだろうか。

 

■電話は時間泥棒との意見も

すべての世代で半数近くと高い割合になっているのを考えると、年齢を重ねたからといって電話対応が好きになるわけではないようだ。

年代が高い人は若者と違い、電話に出る行為が嫌いなのではない。

「こちらの都合を考えずに時間を奪うので、要件はメールに送って欲しい。『メールを送りました』とか電話してくる人は、『なにがしたいんだ?』と思う」(40代・男性)

 

「面倒な用件の電話に当たると、余計な仕事が増える」(30代・女性)

 

電話が時間を奪うとの意見は、ネットで堀江貴文氏やはあちゅう氏などの著名人も訴え、定期的に物議を醸している。

 

■電話対応で業務が進まない

ある30代の女性は、まだまだ電話でのやり取りが主流の業界で働いている。そんな会社での電話対応で、大きな不満があるようだ。

「特に私がいる部署は、ひっきりなしに問い合わせの電話があります。他の人たちは電話で集中力を途切れさせるのが嫌なのか、極力取らないようにしてるみたい。仕方なく、気の弱い私ばかりが取っていて。

 

電話の対応で時間は取られるし、集中力も切れて業務が進まない。それなのに電話に出ない人に、『仕事が遅い』って言われてるからストレスしかない」

 

働き方改革が求められる中、電話のあり方についても、さらに議論が白熱しそうだ。

『めざましテレビ』が流行中の「おじさんLINE」を特集 世代ギャップがおもしろい? 

(Ranta Images/iStock/Thinkstock)

8日に放送された、フジテレビ系情報番組『めざましテレビ』のコーナー、ココ調で「おじさんLINE」を特集し、話題になっている。

 

■長文でのメッセージはおじさん?

おじさんが送るような文章をLINEで送りあって楽しむ遊びが若い女性の間で流行している。そんな、「おじさんLINE」について、番組が若い女性とおじさん世代の男性にインタビューを実施すると…

女性:一回の文章が長い、一気にまとめてドーンって送られてくる

 

男性:娘に妙に長いって言われる、ウザいよね。せっかく人生の先輩が言ってるのに長いって何?

 

などの意見が見られた。さらに、番組ではおじさんLINEあるあるを調査。一番多いのは長文でのメッセージだということがわかった。

 

■メール文化の名残?

なぜ、おじさんたちがLINEで長文のメッセージを送ってしまうのか。ITジャーナリストの高橋暁子氏はこのように分析する。

「メール文化の名残だと思います。ガラケーでメールを送っていた時代は、コミュニケーションに時間がかかった。だから、一回のメールで内容が完結する必要があり、長文でメールを送っていた。それが今の若い女性にはおもしろい」

 

LINEを使用することで、コミュニケーションが迅速になり、短文で小分けにしてメッセージをやり取りする機会が増えた。そのことが、おじさん世代とのギャップを生み出し、ハマるきっかけにもなっているようだ。

あなたの身近にいるかも? 迷惑な職場の困ったちゃん【新人編】

(©ぱくたそ)

新人と言えば、やる気に満ちていて、一生懸命働くイメージだ。ただ、新人だからといって、必ずしも当てはまらないケースもある。

新人の常識が、実は非常識ということもある。そんな非常識により、周りを困らせてしまうケースもある――今回は、そんな職場の困ったちゃん【新人編】を紹介する。

■メールの返信をしない理由に唖然

「なぜかメールを送っても、返信がない新人がいました。度々注意して、最初は素直に従っていたのですが、途中からなぜか不満モード。理由を聞いたところ、『メールは流れてしまうものだし、私は機械ではないので、返信を求めないでください』と言い訳を始めました。あきれて何も言えなかったです。いやコミュニケーションツールなんだから、工夫してくれよと思います。

 

 

彼女には重要な仕事を渡しにくくなりました」(30代・女性)

■権利と義務をわかっていない

「仕事の繁忙期にも関わらず、有休取得をする新入社員。有給休暇は権利であるものの、仕事が第一優先であることをわかっていません。『繁忙期にも関わらず、休みを取るってどう思う?』と聞いたところ、有休をとる権利はあると主張してきました。

 

 

また成果も出していないのに、やれ旅行だセールだとSNSにもアップして、リア充を気取っている新人もいました。仕事をこなす義務を果たしてから、権利を主張してほしいものです」(30代・男性)

 

■「~だと思った」が口ぐせ

「やたらと仕事のミスがあり、クライアントとのコミュニケーションもうまくいかない新人。その理由は明確で、『~だと思った』ということを主張することが多いからです。

 

 

あなたが思ったことは何にも関係なくて、お客さんがどう考えているかを知ることが必要なんですけどね。厳しく注意すると、陰口をたたき始めますし、どうにも困ったものです」(30代・女性)

 

世の中には、このような困った新人たちがいるもよう。新人だからこそ、謙虚に人の言うことを聞いて仕事に取り組んで欲しいものだ。

・合わせて読みたい→グチを言っているだけでは… 「仕事で成長する人しない人」の違いとは

(取材・文/しらべぇ編集部・松岡佑季

あなたの身近にいるかも? 迷惑な職場の困ったちゃん【新人編】

(©ぱくたそ)

新人と言えば、やる気に満ちていて、一生懸命働くイメージだ。ただ、新人だからといって、必ずしも当てはまらないケースもある。

新人の常識が、実は非常識ということもある。そんな非常識により、周りを困らせてしまうケースもある――今回は、そんな職場の困ったちゃん【新人編】を紹介する。

■メールの返信をしない理由に唖然

「なぜかメールを送っても、返信がない新人がいました。度々注意して、最初は素直に従っていたのですが、途中からなぜか不満モード。理由を聞いたところ、『メールは流れてしまうものだし、私は機械ではないので、返信を求めないでください』と言い訳を始めました。あきれて何も言えなかったです。いやコミュニケーションツールなんだから、工夫してくれよと思います。

 

 

彼女には重要な仕事を渡しにくくなりました」(30代・女性)

■権利と義務をわかっていない

「仕事の繁忙期にも関わらず、有休取得をする新入社員。有給休暇は権利であるものの、仕事が第一優先であることをわかっていません。『繁忙期にも関わらず、休みを取るってどう思う?』と聞いたところ、有休をとる権利はあると主張してきました。

 

 

また成果も出していないのに、やれ旅行だセールだとSNSにもアップして、リア充を気取っている新人もいました。仕事をこなす義務を果たしてから、権利を主張してほしいものです」(30代・男性)

 

■「~だと思った」が口ぐせ

「やたらと仕事のミスがあり、クライアントとのコミュニケーションもうまくいかない新人。その理由は明確で、『~だと思った』ということを主張することが多いからです。

 

 

あなたが思ったことは何にも関係なくて、お客さんがどう考えているかを知ることが必要なんですけどね。厳しく注意すると、陰口をたたき始めますし、どうにも困ったものです」(30代・女性)

 

世の中には、このような困った新人たちがいるもよう。新人だからこそ、謙虚に人の言うことを聞いて仕事に取り組んで欲しいものだ。

・合わせて読みたい→グチを言っているだけでは… 「仕事で成長する人しない人」の違いとは

(取材・文/しらべぇ編集部・松岡佑季

あなたの身近にいるかも? 迷惑な職場の困ったちゃん【上司編】

(©ぱくたそ)

同じ会社で働いている同僚や上司でも、ときに理解できない行動に出る人もいる。仕事上で常識と思われる行動が、ある人にとっては「常識」ではないということがあるものだ。

そんな考えで、周りを困らせてしまう人――今回は、そんな職場の困ったちゃん【上司編】を紹介する。

 

■社交性がなく、取引先との会食は断る

「開発も企画も営業もできる、いわゆる『作ることも売ることもできる』なんでもできる上司がいます。スキルセットとしては優秀な人材なのですが、とにかく気を使う相手と話すのが苦手な人なんです。

 

新卒社員や気の弱い男性には偉そうなのですが、部下でも気の強い人や社外の人とのコミュニケーションは苦手。

 

一番困ったのが、取引先との会食です。会食全般を『忙しい』といって断り、社内にい続けるんです。代わりに部下が行くというのはざらにありました。ほとほと困っています」(30代・女性)

 

 

■毎週土曜日に定例でメッセンジャーで連絡が…

「毎週土曜日の午前中は、自主的に出社している上司がいました。優秀な人なんですが、とにかく自分が中心。土曜日の午前中なんて、ゆっくりしているじゃないですか。

 

それにも関わらず、『このサイトページのここ直しておいて』『週明けのこのアポは何目的?』なんて、メッセンジャーを通じて連絡がくるんです。緊急でもないのに、困ってしまいました」(30代・男性)

 

 

■部下には厳しいが、自分は仕事で成果をあげてない

「部下には、ハラスメントに近い程『数字を上げていない奴は価値がない』『お前が数字を上げられないと、俺が大変なことになる』なんて言う上司がいたのですが、実は自分が全く数字を上げた経験がないという人がいました。

 

営業経験もマーケティング経験もなく、事務経験しかないから仕方がないんですけどね。自分が上げていないので、どういうプロセスで、受注までにどのくらい掛かるかわからないんでしょうね。自分ができないことを他人に厳しく求めるのは、ナンセンスです」(20代・男性)

 

世の中には、このような困った上司たちがいるもよう。部下にこんな風に思われていないか、自らの言動を振り返ってみた方がいいのかも…。

・合わせて読みたい→グチを言っているだけでは… 「仕事で成長する人しない人」の違いとは

(取材・文/しらべぇ編集部・松岡佑季

「変身」に「極悪人」? 目を疑いたくなる誤変換5選

(oatawa/iStock/Thinkstock)

ビジネスメールや書類などは、「正確」であることが当たり前。ミスがあると目立ってしまい、場合によって信頼を失いかねない。

それでも起こるミスの中で、とくに多いのが誤変換だ。思わず笑ってしまうものや、「ありえない!」と叫びたくなってしまうものも。

そのような誤変換を見たことがある人は、どれくらいいるのだろうか?

 

■あり得ない誤変換を見たことがある?

そこでしらべぇ編集部では全国の20代~60代の男女1,365名に「ありえない誤変換」を見たことがあるかを調査。

結果、「見たことがある」と答えた人は中高年に多く、40、50代男性の4割が経験済み。一方、20代は男女とも割合が2割程度と低い。

中高年男性は管理職者など、会社で文書をチェックする機会が多く、誤変換をよく目にしているのかも。

 

■ありえない誤変換5選

「ありえない誤変換」にはどのようなものがあるのだろうか。会社員のSさん(40代・男性)に聞いてみた。

①住職を終えてください(住所を教えてください)

「『住所を教えて』が『住職を終えて』になっていてビックリ。住職さんだって、まだ仕事は終えたくないでしょう」

 

②女性の見放題(女性飲み放題)

「飲み会の案内で、『女性の見放題』と記述されており、目を疑いました。そんなイベントならぜひ参加したかったのですが、のちに訂正メールが回ってきました」

 

③納豆食うしました(納得しました)

「後輩を指導して、帰ってきたメールに『先輩の言うことに納豆食うしました』と書かれていました。バカにしているのか、と粘着しようかと思いましたが、冷静に指摘」

 

④至急変身願います(至急返信願います)

「上司から『至急変身願います』とメールが来たことがあります。『変身(本郷猛)』と返そうか迷いましたが、やめておきました」

 

⑤極悪人ください(ご確認ください)

「お客さんからのメールで、『メールにて添付しましたので極悪人ください』と書かれていて。同僚だったら、変な画像を返したかったですね」

 

誤変換をしないよう、気をつけたいものだ。

・合わせて読みたい→初歩的ミスすぎ! 奈良市の委託職員が「BCC」と「To」を間違えて送信

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)

僕の人生を変えた一通のメール

 

これから話す出来事は全て”実話”である。

 

人生というものは、何がきっかけで幸せになれたり不幸になったりするかが本当に分からないものだ。

 

僕の人生を大きく変えたのは『一通のメール』だった。

僕は近いうちに死ぬのだろう・・・

僕は昔から正義感が強いせいか、”自殺”というものがどうしても許せなかった。

 

精神病だか何だか知らないが、自殺するぐらいの勇気があるのなら何だって出来るだろ!・・・という考え方だった。

 

今では減ったものの、以前は自殺サイトのようなものがインターネット上には多々あったものだ。

 

僕はそのような自殺サイトを見つけては、自殺を止めるような書き込みをしていた。

 

その際は必ず自分のメールアドレスを書いて、「悩みなら何でも聞くので遠慮なしにメールを下さい」的な書き込みをしていた。

 

どれだけの自殺サイトに書き込んでいた事であろうか・・・。

 

しかし、その大半は僕の書き込みが気に入らないのか、サイトの管理者に消されたり無視されるのがほとんどだった。

 

そんなある時だった。

 

一通のメールが僕に届いた。

 

そのサイト名と共に、「自分はある精神病で悩んでいて、今現在は自殺を考えていた。だけど、あなた(僕)の書き込みを見て生きる希望が湧いてきた」という内容だった。

 

僕は本当に嬉しかった。

 

僕の書き込みで自殺なんて馬鹿な考えを止めてくれた人がいてくれたことに。

 

そのメール送ってくれた人は僕と同じくらいの歳の女性(以下、K子)で、偶然にも住んでいる地区が同じだった。

 

その後も僕とK子は何度かメールのやり取りをしているうちに、僕たちは自然と仲良くなっていった。

 

最初のメールをもらってから半年ぐらい経った頃だった。

 

僕はK子に惚れてしまっていた。

 

それまではメールだけの関係だったのでK子の外見などは全く分からなかったが、その時の僕はそんなことはどうでも良かった。

 

仮にK子が50歳のおばさんだったとしても、愛せる自信があった。

 

しかしながら、『K子はメル友以上の関係を望んでいなかったら』・・・と思うと、なかなか「実際に会おう」とは切り出せなかった。

 

そんなある日、K子に嫌われるかも知れない覚悟で「一度会わないか?」とメールを送ってみた。

 

K子はあっさり「OK」と返信してくれた。

 

そうして実際に会う日がやって来た。

 

K子はメールで言っていた通りの同年齢の女性で、とても可愛かった。

 

初めのうちは食事やカラオケだけだったが、次第に会う回数も増え、やがて僕たちは付き合うことになった。

 

K子のアパートに呼ばれた時、僕はK子に「結婚してくれ」と言った。

 

K子も「あなたを一生愛し続けたい。ここで私を抱いて」と言ってくれた。

 

その日、僕たちは愛し合い、そのまま共に眠りについた。

 

翌朝、目が覚めるとK子の姿が無いことに気づく。

 

携帯を見てみると、K子からの新着メールがあった。

 

「ごめんなさい。あなたのことが好きだったから同じ世界に来て欲しかった・・・」

 

寝起きのせいか、意味不明な内容で理解出来なかった。

 

僕はすぐにK子の携帯へ電話をした。

 

しかし繋がらず、メールを送っても返信が来ない。

 

その後も何度もメールを送ったが、結局は返信されることは無かった。

 

数日が経った頃、僕は体調不良が続いていたので病院で検査をしてもらった。

 

その結果、どうやら僕は『エイズに感染している』ことが分かった。

 

僕の人生はその時に終った。

 

幸いにも実家が裕福だったのでなんとか今も生き延びてはいるが、毎日のように身体がツライ。

 

僕はいつまでも生きられるわけでもなく、近いうちに死ぬのだろう。

 

僕は探偵事務所にK子は今どこにいるのか探してもらってはいるが、未だ見つからず・・・。

 

自殺をする人間を理解できなかった僕が、今は自殺する人間の気持ちが痛いほど分かるようになった。

 

そして最近、変な夢を見た。

 

K子と愛し合っている最中に、「ごめんなさい。ごめんなさい。向こうの世界であなたを待っているから・・・」とK子が叫ぶ夢を。

 

こんな変な夢を見てしまうのは、僕が精神的に追い詰められているからだと思う。

 

でも、『K子は恐らくもうこの世にはいない』・・・ような気がする。

 

(終)

The post 僕の人生を変えた一通のメール appeared first on 怖いもん通信.