モノイノベーション

体臭を”見える化”する『Kunkun body』は男の救世主か、それとも…?

武者良太の『気になるニッポン発モノイノベーション』

「そこに不満があるって気がつかなかった!」そんなクラウドファンディング系アイテムを発見しちゃう連載企画。お届けするのはガジェットキュレーターの武者良太氏です。

今回の気になるモノイノベーション

Kunkun body

『Kunkun body』ってどんなクラウドファンディング? ボケッタブルな臭気センサー。従来製品とは異なり匂いの強さだけではなく、匂いの質も判別できる。スマートフォンアプリと連携することで高機能を実現。今後、さらなる匂いの質の検出も可能となるように開発が進められている。匂いを可視化する技術は人体のみならず、車内や室内などでも必要とされる時代がくるだろう。

新たなスメハラにつながる可能性はあるが

身体能力だけではありません。集中力、睡眠の質などなど、人間のアレコレが可視化される時代となりました。そして新たに、重要なスキルが可視化されようとしています。……すみません間違えました。スキルではなく、スメルでした。ええ、匂いとか臭みとかいわれるアレですよ。

2016年末、CCCグループが運営しているクラウドファンディング「GREEN FUNDING」で『はなちゃん』という動物ロボットのプロジェクトが提案されました。見た目が可愛らしいチワワのぬいぐるみというか、おもちゃ。子供向けの動物玩具ってあるじゃないですか、チンパンジーがシンバル叩くやつとか。アレと同じカテゴリのプロダクトをカスタムして、鼻の部分に匂いセンサーをビルトインしたんですって。ふむ、鼻をクンクンして、香りを可視化するってわけですね。説明を読むに、匂いが弱ければ擦り寄り、中くらいから尻尾を振り、匂いというか臭いなランクだと卒倒するという機能を持っているそうです。………いや、チワワがバタンと卒倒するって? どういうこと?

自分だけに使うのであればいいでしょう。ハイテンションなアクションも事前に知っていれば納得できます。しかしこれ、知らない人に使ったとしたら……難しいな。集中力の可視化よりも難しい。心情的に。

しかし匂いを可視化するビジネスは、求める人が多いだろうなという思いもあります。家が汚れている時に、どの部分からの一番強い臭気が来ているかを判別できるとしたら。センサーのサイズにもよるけど、メカを修理している際にも活用できるかもしれない。

……と思っていた今年の初夏。この『Kunkun body』の存在を知りました。プロジェクトを手がけているのはコニカミノルタ。コピー機や印刷機器だけではありません。複雑な計測機器や、高精度なレンズ開発にも定評あるメーカーです。ヘルスケア部門の新しいチャレンジということでしょうか。匂いの強さだけではなく、匂いの種類まで判別できる仕様になっているというのは。

【シンプルな本体と多機能なスマホアプリ】 ▲本体部分はセンサー及び、スマートフォンとの通信機能、バッテリーで構成される。匂いの質などを判断するアーキテクチャは、スマートフォンアプリが担当。

【初期状態では3種類の匂いに対応する】 ▲汗臭、ミドル脂臭、加齢臭と言った、成人男性の匂いに関しての悩みを解決するようなカテゴリをチェックできる。測れる匂いの種類は今後増える。

一見するとプラスチックの小型ハードケースに見えます。コイツが汗臭、ミドル脂臭、加齢臭を測れるツールだとは思えません。匂いの心配をしなければならないシーンでも、素早く測って大丈夫ならそのままレッツゴー。ダメならコンビニで汗拭きシートなどを買って拭いて対策すればいいのでしょう。ぶっちゃけ、うまい。電車の中で、横に立った女性が顔をしかめた時に、自分の身体が放出する成分が原因なのかどうかを知ることができるんですから。普段から匂いが気になっている人にとっては助かるアイテムとなるでしょう。

【コンパクトでいつでも自分をチェック】 ▲本体部分はコンパクト。スーツやシャツの胸ポケットにも入るサイズだ。スキャン時間も短く、思い立った時にすぐ測ることができる。

しかしながら、『はなちゃん』にも感じた危険性がここにもあるのかな、という思いがぬぐいきれません。大人なら大丈夫だろうけど、いたずらっ子な子供に渡したらイジメに発展してしまうかも、という。

時代を改革する勢いのあるアイテムは、多かれ少なかれ想定外の使い方がされた時の影響度が大きめ。プロダクトの企画、性能は素晴らしく、そこからくる幸せを享受できる人の多さが想像できるからこそ、人を傷つけてしまうかもしれない使い方をしないように注意したいもの。また、家族にもその旨を伝えておきたいところです。

文/武者良太

武者良太(むしゃりょうた):1971年生まれのデジタル系ライター。音響機器にスマートフォン、ITビジネスにAI、最先端技術など、ハードウェア面に限らず、ガジェット市場を構成する周辺領域の取材・記事作成も担当する。元Kotaku Japan編集長。

『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋

関連サイト

『kunkun body』製品情報ページ 『e-skin』プロジェクトページ

The post 体臭を”見える化”する『Kunkun body』は男の救世主か、それとも…? appeared first on デジノ杜.

身体の動きを数値化するシャツ『e-skin』は、繊維革命を起こせるか?

武者良太の『気になるニッポン発モノイノベーション』

「そこに不満があるって気がつかなかった!」そんなクラウドファンディング系アイテムを発見しちゃう連載企画。お届けするのはガジェットキュレーターの武者良太氏です。

今回の気になるモノイノベーション

e-skin

『e-skin』ってどんなクラウドファンディング? 『e-skin』は身体の動きを数値化して認識できるスマートアパレル。身体の前面に3カ所、後面に4カ所、左右で計14カ所の歪みセンサーを縫い込んだシャツと、3軸の加速度センサー・Bluetoothユニット・バッテリーを組み込んだハブの組み合わせ。シャツは完全防水で洗濯も可能だ。

パフォーマンスを数値化する時代が加速中

近年、身体のコンディションやパフォーマンスを数値化する技術が増えてきました。振動から歩数を計測していた万歩計は、計測する振動の質を変えることでランニングやサイクリング、はたまた睡眠の質を図れる活動量計に進化しましたよね。体重計も電極を備え、身体内をスキャンすることで体脂肪率などがわかる体組成計へとクラスチェンジ。ほかにも眼電位センサーで目の動きを計測することで眠気や集中力を数値化する『JINS MEME』のような眼鏡も登場しました。ちょうど匂いの強さだけではなく、種類も判別できるプロダクトもクラウドファンディングしていますね。

もちろん数値化したからどーなの、という声もあります。人間の身体というハードウェアのパフォーマンスは、精神というソフトウェアの実行状態で大きく変わってしまうものゆえに、ピンポイントで計測してもね。その人の感情を見て知ってケアすることが大事なのでは? という考えに異論はありません。しかし、いつでもどこでもお医者さんやトレーナーがいるわけではなく、日常の身体状態確認だったり、トレーニングだったりに、ウェアラブルIoTで数値化できるシステムは活用できそうな気がします。

で、登場したのがこの『e-skin』。身体の動きを数値化するシャツです。似たようなプロダクトには、モーションキャプチャ用のスーツがあります。関節の動きを、各関節部に備わるセンサーが検出するものですね。また3Dカメラを用いて、身体のジェスチャーを読み取るシステムもあります。『e-skin』は違います。使われているのは長細い歪みセンサーで、筋肉の伸び、曲げ、ひねりを検出するんですよ。モーションを、より高精度に読み取るためのものなんです。

たとえばゴルフのスイング。スイングをムービーで撮影するにも、見られるのは2次元的。しかし『e-skin』は筋肉の動きと角度をダイレクトに読み取れるから、3次元的にスイングを確認することができます。どのような動きが適切なのか、判断するためのデータさえ用意できればランニングのフォーム、ダンスのムーヴの善し悪しもチェックできますし、一子相伝的な職人技だってマスターすることができるようになるでしょう。

【ビッグデータで計測できる動きを増やす】 ▲スポーツのモーションをチェックに使う場合、判定材料となるデータが必要だが、ビッグデータ&ディープラーニングで対応できる。

Kickstarterでのプライスは479ドル(約5万3000円)から。これにはシャツとハブ、そして『e-skin』対応アプリを1つ選べます。コンシューマー用ではありますが、現在の段階で購入してもうまく活用できる人は限られるでしょう。これはまだ、UI技術の素材でしかないのですから。ゲームが開発できる、ディープラーニングの技術を持っているといったエンジニアでなければ『e-skin』のメリットは引き出せないんじゃないかな。

それでも僕は推したい。『e-skin』を。なぜならば、シャツに備わっているセンサーと回路部分の技術に未来を感じるからなんですよ。これ、「プリンテッドサーキットファブリック」という素材で、くしゃっと複雑に潰すことができる電子回路基板。何が言いたいかというと、繊維革命が起きるんじゃないかなって。IoTアパレルが増えるきっかけになるんじゃないかなって。

現在の『e-skin』はあくまでクラウドファンディングでの販売仕様。タイツやグローブ型のセンサーも作れますし、センサーの数を減らしたコストダウンモデルも作れます。マウスのUIを拡張するブレスレット型のジェスチャーコントローラもできるでしょうし、筋肉の動き=バイタルサインを確認できるとなると、介護市場での需要も見込めそう。この技術がオープンになって様々な企業が活用する未来がきたら、面白そうじゃないですか?

【身体全体を使ったゲームコントローラにも】 ▲関節ではなく筋肉の動きを検出できるスーツ。パンチやジャンプだけはなく、ランやスウェイといった動きもゲームのキャラクターの動きに反映できる。

【HMDとワイヤレスで接続できる】 ▲ユニバーサル Windows プラットフォームに対応。Microsoft HoloLensなど、同規格に対応したHMDと、PCを介さずに接続することが可能。

文/武者良太

武者良太(むしゃりょうた):1971年生まれのデジタル系ライター。音響機器にスマートフォン、ITビジネスにAI、最先端技術など、ハードウェア面に限らず、ガジェット市場を構成する周辺領域の取材・記事作成も担当する。元Kotaku Japan編集長。

『デジモノステーション』2017年10月号より抜粋

関連サイト

『e-skin』プロジェクトページ

(グンゼ)GUNZE インナーシャツ やわらか肌着 綿100% 抗菌防臭加工 半袖V首 2枚組 SV61152 03 ホワイト M

The post 身体の動きを数値化するシャツ『e-skin』は、繊維革命を起こせるか? appeared first on デジノ杜.

移動がこんなに楽しいなんて!1台3役の電動バイク『glafitバイク GFR-01』

武者良太の『気になるニッポン発モノイノベーション』

「そこに不満があるって気がつかなかった!」そんなクラウドファンディング系アイテムを発見しちゃう連載企画。お届けするのはガジェットキュレーターの武者良太氏です。

今回の気になるモノイノベーション

glafitバイク GFR-01

『glafitバイク GFR-01』ってどんなクラウドファンディング? フレーム、ハンドル折りたたみ式の電動ハイブリッドバイク。ペダルがついており、電動アシスト機能も使える。パワーは0.26kwで、原付1種に区分されるバイクとなる。総重量は約18kg。バッテリー容量10.2Ahで電動走行距離は約45km。最高速度はEVモード(電動走行モード)で33km/h。

近所を旅したくなる 無音で軽やかな乗り味

先日、次世代のコンビニのありかたを取材する目的で上海に行ってきたんです。ユーザー自身がアプリで商品バーコードを読み取って、レジで確認からのAlipay&WeChat Payで支払うスタイルや、WeChatでログイン(入店)する完全無人化店舗など、スマートフォンによる電子決済が普及している地域ゆえのチャレンジに愕然としまして。消費者を守るためという冠がつくにしても、規制でがんじがらめの日本とは異なり、チャレンジの強度だったりスピードだったりにクラッときましたねえ。

閑話休題。今回は電動バイク(モーターサイクル)のお話でした。そうそう上海では、電動バイクの存在にもクラクラっと。大気汚染の被害に悩まされている中国は、一時期まで電動バイクは自転車と同じだったみたい。イコール、運転免許がなくても乗ることができたんですね。現在は規定が変わりましたが、街ゆく電動バイクの多さと、走行ノイズの少なさにビックリです。無音で近づき無音で抜き去っていく。上海に着いた当日はドキドキものでしたけど、排気ガスがなくエンジン音がなく、まあパワーはあるようには見えなかったけど、近所の移動目的ならむしろピッタリかと。

ところが日本に目を向けてみると電動バイクの盛り上がりはイマイチ。市街区で駐停車すると路駐で罰金とられるケースがありますし、日常の足とするなら軽自動車という強力すぎるライバルもいます。自転車人気の高さも影響あるでしょう。でも、もしかしたら、電動バイクとはどういう製品なのかという情報が行き渡っていないのかもしれません。なぜなら、Makuakeで資金調達中のglafitバイクは、プロジェクト開始後3日で目標額達成どころか、予定していた405台の生産数、全台予約完売という事態となったからです(現在はセカンドロットのコースが選択可能)。 ちょっと試乗してみましたが、電動バイクとしては軽量な車体に適度なパワーのモーターをビルドイン。モーターよりもフレームの剛性が勝っていて、小型折りたたみバイクのディメンションながら安心して走ることができました。そうそう、鍵にも惚れました。指紋認証でロック解除って、どんな未来ですか。

【USBポートを使ってスマホを充電】 ▲ハンドルには充電用のUSBポートが備わる。自転車ナビとしてスマートフォンを使う場合でも、バッテリー切れを気にしなくていい。

原付枠の乗り物だからSGマークが入ったヘルメットが必要不可欠であるものの、アクセルひねればすぐスピードを乗せられるので安心感も高め。ラーメン店の開拓とか、積極的に近所の探検をしたくなりましたね。銭湯巡りもよさそう。EVモードなら汗を流したあと、すっきりした身体のまま帰れますし。僕は世田谷の環七沿いに住んでいるのですが、約45kmの走行距離だとフォトジェニックなシーンが多い湾岸あたりをぶらぶらしても帰れる。ペダルがついていて、電動アシスト自転車としても使えるから、コースによってはもっと走行距離を伸ばせるでしょうし、いざとなったら約18kgの重い小径自転車だと思えば大丈夫かなって。普通の電動アシスト自転車と違って、ペダルが重くならないのも惚れたポイントです。まあ、オールウェイズ車道を走らなければならないので、幹線道路は厳しいと思いますが。

折りたためる、すなわち(管理組合の許可がとれれば)マンションのエレベーターでも難なく運べるのもGOOD。充電のしやすさ+運びやすさ=運用のしやすさってことになり、積極的に選ぶキッカケになりますもん。

和歌山の自動車関連用品企業が仕掛けた新たなチャレンジ。乗り物好きも、今後のモータリゼーションを占いたい人も、注目です。

【可搬性に優れた折りたたみスタイル】 ▲フレームとハンドルポストを折りたためる。コンパクトになり、車のトランクに入れて運べるし、今後輪行用のバッグも計画されているとのこと。

【安全装備も問題なし PL保険にも加入】 ▲ライト、ウインカーといった装備もフルに備えている。パーツ供給は自社ECのほか、大手自動車用品店、大手2輪用品店でも販売される予定。

文/武者良太

武者良太/1971年生まれのデジタル系ライター。音響機器にスマートフォン、ITビジネスにAI、最先端技術など、ハードウェア面に限らず、ガジェット市場を構成する周辺領域の取材・記事作成も担当する。元Kotaku Japan編集長。

※『デジモノステーション』2017年9月号より抜粋

The post 移動がこんなに楽しいなんて!1台3役の電動バイク『glafitバイク GFR-01』 appeared first on デジノ杜.

ブレストから雑談までOK。モバイルホワイトボードの新モデル『バタフライボード2』

武者良太の『気になるニッポン発モノイノベーション』

「そこに不満があるって気がつかなかった!」そんなクラウドファンディング系アイテムを発見しちゃう連載企画。お届けするのはガジェットキュレーターの武者良太氏です。

今回の気になるモノイノベーション

バタフライボード2

『バタフライボード2』ってどんなクラウドファンディング? A4またはA5ノート型のホワイトボード。完全防水で衝撃に強い素材が用いられており、ホワイトボードマーカー/ペンシルで自由に描ける。ポイントはページの連結部分。ネオジウムマグネットが使われていて閉じても開いてもピタっと収まる。またページの入れ替えが楽に行えるので、思考をまとめたいときにも活用可能。

飲み会で使いたくなる シンプルなラクガキボード

外でもブレストしたくなることってありませんか?いま進めているプロジェクトのこと、週末に行く音楽フェスのこと、いっしょにやってるブログのことなど、公園でカフェで居酒屋で、マイペースに話し合いたいということ、ありませんか?

そんなときに便利なのが『バタフライボード2』です。ええ、“2”です。オリジナルのバタフライボードは2015年にクラウドファンディングで資金を調達、Makuakeでは目標金額の855%となる約277万円を調達し、Indiegogoでは4万ドル以上を調達。海外展開にも成功しました。そしてユーザーからのフィードバックを生かしたと思われる『バタフライボード2』は2017年5月にプロジェクトをスタート。終了まで79日を残している原稿執筆時でも、目標金額の2252%となる約675万円を調達しています。注目度の高さ、すごいな!

ところでポータブル型のホワイトボードはほかにもあります。シート状で貼るタイプにノートタイプ。使いたい時にさっと書いて、すぐに消せるし直せる。小さいサイズであれば100円ショップでも売っていますね。それだけ世間に浸透している製品です。

対して『バタフライボード2』のお値段は3590円(A5サイズ+ホワイトボードペンシルセット)からとなっています。この価格となると、高級ポータブルホワイトボードといってもいいですよね。それでも1000人を超える支援者が集まりました。発売前から大人気すぎ。プロジェクト終了日にはいったいどれだけの資金を調達することになるのでしょうか……?

僕もサンプルを使ってみましたが、これはなるほどですよ。複数のボードを留めているマグネットが秀逸。リングでページを留めているタイプと違って、テーブルの上に置いても書きやすい。また180度開いた状態でもマグネットで2枚のボードがつながっているので、倍の面積でもサラリと書けちゃう。4枚のボードに分割した状態でも使えるし、普通のホワイトボードや冷蔵庫のドアなど、鉄製のパネルにマグネットで貼り付けられる。この自由度の高さは従来のポータブル型のホワイトボードにはなかったものです。透明のボードがついているのも嬉しいところですね。2枚のボードを重ねて使うこともできるのですから。

【持ち運びができるホワイトボード】 ▲手ボードを留めているのがリングではないため、完全にフラット。ホワイトボード4枚、クリアボード2枚の計12ページ。厚手の板で、膝の上でも書ける。

ああでもないこうでもないとマインドマップを書いてもよし、みんなで一気に書き込んでもよし、4人に分けてゲームに使うこともできるでしょう。ホワイトボードをシェアするという感覚はなかなかに楽しいもの。特に活用できたのが飲み会です。スポーツバーでサッカーの試合を見ながらディフェンスの方法を書いて論じたり、寄せ書きしてスマホで写真を撮り合ったり、「とにかくパーティを続けよう」とスチャダラパーごっこをしたりとか。酔っ払っているからというのもありますが、これはオフラインの楽しさを加速させてくれるモノですね。合コンでも何かに使えるかな?

【下書きにラクガキに多彩な使い方が可能】 ▲プレゼン資料の下書きによし、子供のラクガキ用に使ってもよし。使う場所を問わない設計だから、自由なポジションで書いていける。

似たようなプレイはタブレットでもできるでしょう。でもドリンクをこぼしたときのことを考えると、酒の席では出せませんね。『バタフライボード2』は防水なので安心安全。キッチンやカフェで使っても大丈夫です。

0.5mmと1.0mmの極細マーカー、ホワイトボードペンシルが付属しているのもポイントが高い。A5サイズでも細かく書き込めるから、サイズの小ささが気にならないんですよ。A4サイズもありますが、A5サイズのほうが持ち運びもしやすいし、オススメしたいですね!

【新設計のホワイトボードペンシル】 ▲細字で書けるように、0.5mm(黒)と1.0mm(黒、青、赤)のホワイトボードペンシルがつくプランもある。書き心地も優れている。

文/武者良太

武者良太/1971年生まれのデジタル系ライター。音響機器にスマートフォン、ITビジネスにAI、最先端技術など、ハードウェア面に限らず、ガジェット市場を構成する周辺領域の取材・記事作成も担当する。元Kotaku Japan編集長。

※『デジモノステーション』2017年8月号より抜粋

関連サイト

『バタフライボード2』プロジェクトページ

The post ブレストから雑談までOK。モバイルホワイトボードの新モデル『バタフライボード2』 appeared first on デジノ杜.