モバイル

カジノの街ラスベガス。スマホショップへ導くのは歌うタクシードライバー!?【山根康宏のケータイ西遊記:第18回】

ケータイ西遊記 -第18回- アメリカ/ラスベガス編

携帯電話研究家・山根康宏が、世界各地でお宝ケータイに出会うまでの七転八倒デジタル放浪記。

「山根康宏のケータイ西遊記」連載記事一覧

 

【ラスベガスで購入した端末】 Nokia Lumia 2520 販売価格(2014年1月当時):499ドル あのノキアが出していたタブレットだがLTE内蔵で単体通信できる、スマホの親玉と言える存在。ドライバー行きつけの店で実機を触り、そのあと正規店で購入した。

カジノの街ラスベガス スマホを探しに街中へ

カジノやショーを目当てに世界中から多くの観光客が集まるラスベガス。そんな客を目当てにブランド品や土産品を売るショッピングモールも、街中にはたくさん連なっている。だが、そんなラスベガスの中心部で、スマホを買おうとすると大変だ。アップルストアがある以外、スマホを売っているような店は存在しないのだ。

▲巨大ショッピングモールが多いがスマホが買えるのはアップルストアくらい。

自分がラスベガスへ行く目的は、年に何度か行われる展示会取材。その取材の合間にカジノでお金を使うくらいなら、アメリカならではのスマホを探索をしたいもの。しかし、そのためにはカジノ街からちょっと離れた地元の人向けのショッピングモールへ行かなくてはならない。初めてラスベガスを訪問した時は土地勘が無く、カジノホテルからモールまで歩くこと1時間。汗だくで到着したが、家電量販店に並ぶスマホの山を前にすると、疲れなど一瞬で飛んでしまう。どれを買おうか悩みながら至福のひと時を過ごしたあとは、フードコートでアメリカンな中華料理を頬張れば、その日は自分にとって最高の休日になるのだ。

その後は路線バスが走っていることも知り、展示会が終わった夕方からバスでモールまで出かけたり、帰国最終日の朝にホテルからモールへバスで往復するなど、ラスベガスの移動に路線バスは欠かせない存在になった。運転間隔は20分〜30分で本数は少ない。今ならスマホアプリでバスがいつくらいに来るかもわかるようになり、バス移動も楽になっている。

しかし時間が無いときはタクシーを使ってモールまで一走りすることもあった。これも今ならライドシェアサービスを使うが、数年前まではタクシーのみが好きな時間に自由に移動できる移動手段だったのだ。

▲モール巡りはバスかタクシーを使う。

陽気な運転手との出会い スマホは彼らの必需品

ラスベガスでタクシーに乗り込めば、ドライバーが必ずといっていいほど話しかけてくるが、そこから思わぬ情報を得ることもある。「どこまで」「ウォルマートまで」「食品の買い込みかい?」「スマホを買いにいくんだよ」「え、わざわざスマホを買いにタクシーに乗ったのか!」こんな具合に驚いてくれたらこちらのもの。何かしら関心を持ってもらえるからだ。

あるときは「おれの友人が代理店やってるからそこへ連れて行ってやるよ」と、地元の人しかいかないような小さい店へ連れていてもらったこともあった。その店にはカタログ落ちしたやや古いモデルも販売されており、思わぬ掘り出し物を見つけることも出来た。また、「おれもスマホ大好きで半年ごとに買い替えてる」というドライバーの車に乗った時は、「この前の発表会、あれは納得いかないよなあ」などと最新モデルのメーカー発表会について、議論に夢中になったこともあった。タクシーのドライバーは意外にもスマホ好きが多いのだ。一日中一人で運転してるからこそ、外と連絡が取れるスマホへの愛着が人一倍湧くのだろう。

▲ドライバーに連れられ地元のケータイショップに行ったこともあった。

ラスベガスらしいタクシーに乗ったこともある。なんとドライバーが歌を歌ってくれるのだ。とあるドライバーは歌詞カードも用意し、客に選ばせる本格派。だが、こちらもノリを合わせて手拍子や掛け声をかけねばならず、実はあまり楽しめなかった。歌手を目指して断念して、今はドライバーをやっているのだろうか。降りるときはチップを多めに渡したのは言うまでもない。

一方、こちらから進んでチップを渡したドライバーもいた。乗り込むや否や「ジェントルマン、お前が一番好きなものは何だ?」と、いきなり話しかけてきたのだ。「ええと、スマホかな」と答えると「困ったな、スマホか、じゃあこんなのどうだ」と、彼は走り出しながらアカペラでラップを謳いだした。歌には「RingRing」という掛け声が混じっている。そして歌いながら「どこへ行く?」と聞いてくるのだ。こちらも「ベストバーイ」のようにノリで答えてしまう。こんなドライバーばかりだったら、ラスベガスでスマホを買うのも毎回楽しみになる。いつか再び彼の車に乗ってみたいものだ。

文/山根康宏

山根康宏(やまねやすひろ):香港在住の携帯電話研究家・ジャーナリスト。世界の携帯電話事情を追い求め、1年の約半分を海外で過ごす。携帯電話1500台、SIMカード500枚以上を所有するコレクターでもある。

『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋

B09 地球の歩き方 ラスベガス セドナ&グランドキャニオンと大西部 2017~2018

The post カジノの街ラスベガス。スマホショップへ導くのは歌うタクシードライバー!?【山根康宏のケータイ西遊記:第18回】 appeared first on デジノ杜.

もはやモバイルグリルと呼びたい。片手で持ち運べる『UNA Grill』の圧倒的な機動力

価格の安さも注目ポイントです。

野外でのグリル調理はいつでも楽しいものなのですが、機材の運搬や片付けなどが面倒なのもまた事実。もっと手軽に持ち運べるグリルがあったらいいのに……と思っていたところ、なんと片手で軽々持ち運べるモバイル志向なグリル『UNA Grill』が、クラウドファンディングサイトのIndiegogoに登場していました。こちらはすでに資金調達に成功しており、本体カラーはカラフルな5色から選択可能です。

小さくてもちゃんとグリル

『UNA Grill』はステンレス製のプレートと木炭などを入れる火床、本体ケースから構成され、少し手狭ではあるものの、これひとつで肉や野菜、魚のグリルが楽しめるというスグレモノ。より荷物を減らすためにも、あらかじめ内部に燃料を入れて持ち運ぶのがいいでしょう。

楽々設置~楽々片付け

本体構造はとてもシンプルになっており、本体ケースを取り外して火床の下部に合体させれば、すぐにグリルが楽しめる簡単さが魅力的。コンパクトな本体は食器洗浄機などで洗えるので、使用後のお手入れも手間いらず。

とことんコンパクトで持ち運びや収納に便利

本体サイズは長さ430×幅160×高さ90mmで、重量は3.7kg。これならクルマだけでなく、自転車のかごやリュックに入れての持ち運びもできそうですね。また持ちやすいように、本体ケースにはレザー製の取っ手も装着されています。

Indiegogoで99ユーロ(約1万3000円)を出資すれば入手可能……のはずなのですが、残念ながら日本への配送には対応していない模様。うーん、なんでだろう?

文/塚本直樹

関連サイト

『UNA Grill』プロジェクトページ(英語)

本格珪藻土 角型七輪 (角アミ・火箸・ステンレス敷台付属) 角型ワイド41cmx24cm 木炭コンロ 真ん中仕切り

The post もはやモバイルグリルと呼びたい。片手で持ち運べる『UNA Grill』の圧倒的な機動力 appeared first on デジノ杜.

ライトユーザーならこれで十分?1万円台で買える高コスパスマホ『ZTE BLADE E02』発売

2台目としても、お子さん用としても良さそう。

最近では携帯キャリアを問わずに利用できる”SIMロックフリースマホ”が一般化したおかげで、海外製の廉価な端末が気軽に手に取れるようになりました。そんな中、ZTEジャパンが国内で順次発売するSIMロックフリースマホ『ZTE BLADE E02』は販売価格が1万7800円(税別)と廉価ながら、ライトユーザーには必要十分な性能を備えた端末に仕上がっているんですよ。

あれこれ楽しめるカメラ機能

『ZTE BLADE E02』は、背面に800万画素でF2.0、前面に500万画素でF2.2のカメラを装備。どちら側にもフラッシュが搭載されているので、暗い場所でもカメラ撮影が楽しめます。さらに、多彩な画像加工・編集機能も搭載されているんだとか。

基本スペックに目を向けると、本体ディスプレイには5.0インチ/HD解像度のIPS液晶を搭載。プロセッサは1.1GHz駆動でクアッドコアの「Snapdragon 210」で、2GBのメモリと16GBの内蔵ストレージを備えています。OSにはAndroid 7.0 Nougatを採用。ちなみにデュアルSIMカードスロット仕様となっているものの、待ち受けはどちらか一方となります(デュアルSIMシングルスタンバイ:DSSS)。SIM2枚挿入時には片方のSIMは2G用となり、設定メニューで切り替える仕組みとのこと。

本体サイズが高さ144×幅71×厚さ8.4mmで重量は約135gと、小柄で軽量なのも特徴。本体カラーはホワイトとブラックの2色となっています。

文/塚本直樹

関連サイト

『ZTE BLADE E02』製品情報ページ

ZTE SIMフリースマートフォン ZTE Blade V580(シルバー) BLADE V580 SILVER

The post ライトユーザーならこれで十分?1万円台で買える高コスパスマホ『ZTE BLADE E02』発売 appeared first on デジノ杜.

スマホなのに折りたたみ!?『Mode1 RETRO』はハイブリッドなSIMフリー端末

懐かしのパカパカ体験、ふたたび。

すでに携帯電話コーナーの主役がスマホになってから長い年月が経ちましたが、それでもパカパカと開く折りたたみケータイの使い心地が忘れられないという方もいるはず。そんな方にうってつけかもしれない、折りたたみ携帯のスタイルなのに機能はスマホというハイブリッド端末『Mode1 RETRO』が、ピーアップが運営する携帯ショップ「テルル」にて2017年9月25日から先行販売されています。価格は1万9900円(税別)。本体カラーはブラックとホワイトの2色です。

懐かしくも新しいスタイルの実現

2つに折りたためる、いわゆる折りたたみ携帯の『Mode1 RETRO』。いわゆる「ガラホ」とは一線を画するこの端末の特徴は、物理キーボードだけでなく、タッチディスプレイでも本体の操作が可能なことでしょう。さらに「Google アシスタント」やテキストの音声入力機能を呼び出す物理キーも搭載。シチュエーションに応じたさまざまな操作方法に対応しています。

3.5インチディスプレイ搭載で4G対応

ディスプレイには約3.5インチ、WVGA解像度のIPS液晶を採用。1.1GHz駆動でクアッドコアプロセッサ「MT6737M」が搭載され、メインメモリが2GB、ストレージが16GBとなっています。脱着式バッテリーの容量は1650mAh。OSにはAndroid 7.0が採用されています。通信方式は2G/3Gに加えて、4G(FDD-LTE:B1/B3/B8/B19)にも対応。本体はサイズが幅56×高さ120×厚さ18.1mmで、重量約141gとなっています。ちなみにメインカメラは800万画素。

高級感ただようデザイン

本体素材には端末の端側にカーボン調素材を、そしてヒンジ近くには木目調素材を組み合わせた“ハイブリッド”デザインを採用。飽きがこず、長く使えそうな外観ですね。

文/塚本直樹

関連サイト

『Mode1 RETRO』プレスリリース 『Mode1 RETRO』製品情報サイト

折りたたみ式携帯電話(ガラケー)用電磁波シールドケース エコロガMS339 (青)

The post スマホなのに折りたたみ!?『Mode1 RETRO』はハイブリッドなSIMフリー端末 appeared first on デジノ杜.

インスタントカメラといえばこの形!ポラロイドブランドの新モデル『OneStep 2』に注目

そうそう、この形こそポラロイドのインスタントカメラですよね。

俗に「ポラロイドカメラ」と呼ばれることがあるくらい、かつてはインスタントカメラといえばポラロイド製品が定番でした。そんなポラロイドの知財を引き継いだポラロイド・オリジナルスから、同ブランドとしてはひさ~しぶりの新製品となるインスタントカメラ『OneStep 2』が発表されましたよ。価格は99.99ドル(およそ1万1000円強)で、北米、および英国と欧州の公式Webサイト上では現在予約を受付中。2017年10月16日の発売が予定されています。本体色はホワイトとグラファイトの2色展開だそう。

撮影したらプリント! 変わらないスタイルがここにある

かつてポラロイドが販売していた定番インスタントカメラ『OneStep』のスタイルを見事に継承した『OneStep 2』。フラッシュは本体に内蔵され、若干コンパクトにこそなりましたが、ボタンを押せばプリントされた写真が前面からベロっと排出されるわかりやすさは健在。子どもが使ったとしても迷うことなく使いこなせるでしょう。

撮影性能にもこだわっています

本体には高品質とされるレンズを搭載。レンズの焦点距離は106mmで、ピント位置は約60cmから無限大までとのこと。レンズの隣にはパワフルなフラッシュを備えています。さらにセルフタイマーでの撮影もできるので、机の上にポンと置いて2人でセルフィー、なんて楽しみ方もできそうです。

本体はバッテリー駆動式で、1100mAhの内蔵バッテリーにより60日間もの駆動が可能なのだそう。充電はUSBケーブル経由で行うそうです。

白黒でもカラーでも

利用できるフィルムは「i-Type Film」と「600 Film」。どちらもカラーフィルムだけでなく、レトロな白黒フィルムも用意されています。

現在は市場に多くのインスタントカメラが登場していますが、まさにその始祖ともいえるポラロイドブランドの製品が発表されたことで、今後もインスタントカメラ市場がますます盛り上がっていきそうですね。

文/塚本直樹

関連サイト

Polaroid Originals(Polaroid Originals US)(英語)

【データも保存できる】ポラロイド Snap デジタルインスタントカメラ (ブラック) プリンタ内蔵 ZINK フォトペーパー対応 (Black)

The post インスタントカメラといえばこの形!ポラロイドブランドの新モデル『OneStep 2』に注目 appeared first on デジノ杜.

『iPhone 8』『iphone 8 Plus』に合わせたい。Beats『Solo3』『BeatsX』にゴールドとシルバーの新色追加

話題のiPhone新色にあわせ、ゴージャスな2色が登場です。

先日のイベントで発表された、新型iPhoneこと『iPhone X』と『iPhone 8』『iPhone 8 Plus』。そのうち『iPhone 8』『iPhone 8 Plus』でほぼ新色として登場したゴールド色にあわせるように、アップル傘下のBeatsブランドの無線ヘッドホン『Beats Solo3 Wirelessオンイヤーヘッドフォン』と無線イヤホン『BeatsXイヤフォン』に新色のマットゴールドとマットシルバーが追加されました。

価格はそれぞれ2万9800円と1万4800円(どちらも税別)で、現在オンラインで購入すると、2017年9月21日以降の到着予定であるとのこと。

モノ自体は既存モデルと同一です

新色として登場した今回のヘッドホン/イヤホンですが、基本スペックはオリジナルの『Beats Solo3 Wirelessオンイヤーヘッドフォン』『BeatsXイヤフォン』とまったく同一。まず前者の無線ヘッドホン『Solo3』は、最大40時間の音楽再生が可能。5分の充電で約3時間再生できる「Fast Fuel」機能に対応しています。クッション付きのイヤーカップにより長時間着用しても疲れにくいのだそう。

『AirPods』にも採用された通信チップ「W1」を搭載したことで、電源を入れるだけで『iPhone』などとペアリング可能。『Apple Watch』や『iPad』など複数のアップル製品を見つけたとしても同時につながってくれます。付属品はキャリングケースや3.5mmのRemoteTalkケーブル、ユニバーサルUSB充電ケーブル(USB Type-A microUSB)など。

小さくたって手抜かりなしの『BeatsXイヤフォン』

一方の『BeatsXイヤフォン』は最大8時間の音楽再生が可能。こちらもFast Fuel機能にも対応し、「W1」チップを搭載。簡単ペアリングや機器への同時接続も『Solo3』同様にできます。また「RemoteTalk」を使えば、内蔵マイクで電話の利用や音楽のコントロール、Siriの起動が可能。製品には4サイズのイヤーチップや、耳にフィットさせるための脱着式のウィングチップが同梱されています。

文/塚本直樹

関連サイト

『Beats Solo3 Wirelessオンイヤーヘッドフォン』製品情報ページ 『BeatsXイヤフォン』製品情報ページ

Beats by Dr.Dre Beats Solo3 Bluetoothヘッドホン 密閉型/オンイヤー グロスブラック MNEN2PA/A 【国内正規品】 Beats by Dr.Dre BeatsX Bluetoothイヤホン ブラック MLYE2PA/A 【国内正規品】

The post 『iPhone 8』『iphone 8 Plus』に合わせたい。Beats『Solo3』『BeatsX』にゴールドとシルバーの新色追加 appeared first on デジノ杜.

『iPhone X』でも使いたい!ハンコのような円柱型モバイルバッテリー『PB-N54』

小さくても頑張ります。

スマホ関連などのデジタル製品を販売しているAUKEYは、廉価で小型ながら十分な給電能力を持つとする円柱形モバイルバッテリー『PB-N54』の国内販売を開始しました。Amazon.co.jpで通常1699円のところ、2017年9月19日(火)まで有効な20%OFFクーポンコード「AUKPBN54」を入力すれば1359円(ともに税込)で購入可能です。本体カラーはブラックとピンクの2色となっています。

小柄な本体からパワフル性能

サイズは長さ102×直径30mm。重量は136g。安全に持ち運べるように、過電圧保護、過充電保護、短絡保護機能を搭載しているとのことです。

ポケットに簡単に入るほど小柄なハンコサイズの『PB-N54』ですが、バッテリーはなかなかの大容量と言える5000mAh。公式の説明では「iPhone 7に1.5回以上、iPhone 6 PlusやGalaxy S8で約1回、他の各種スマートフォンにも約2回以上の充電が可能」とされています。もちろん先日発表された『iPhone X』や『iPhone 8』『iPhone 8 Plus』で使ってもオッケーですよ! なお、USB-Aポートからの出力(給電)は5V/2A、入力(充電)も5V/2Aに対応するそうです。

使い勝手に手抜かりなし

本体側面には4段階のLED電源インジケーターを搭載。バッテリー残量が簡単に確認できます。販売価格も安いことですし、カバンの片隅に緊急用のモバイルバッテリーとして潜ませておくのもいいかもしれませんね。

文/塚本直樹

関連サイト

『PB-N54』プレスリリース

AUKEY モバイルバッテリー 5000mAh スマホ充電器 USB充電器 軽量 スライック型 4LEDインジケーター搭載 iPhone 7 / iPhone 7 Plus / iPhone6S / Samsung Galaxy / HUAWEI / Kindleなど各種機種対応 PB-N54(ブラック)

The post 『iPhone X』でも使いたい!ハンコのような円柱型モバイルバッテリー『PB-N54』 appeared first on デジノ杜.

職場で炊きたての白飯が食えるぞ。弁当箱サイズの『ハンディ炊飯器』がありがてえっ!

お昼のごはんが炊きたて!

毎日お弁当を会社に持っていく人って最近は増えてきていると思いますけど、たまに炊きたてのごはんを食べたくなることありません? そんな時にうってつけと言えそうな、弁当箱風の『ハンディ炊飯器』がサンコーから販売されたんです! 炊飯はもちろんおかずの温め機能も付いていて4980円(税込)。購入しやすい価格帯なのもポイントです。

コンパクトサイズでホカホカ炊飯!

ちょっと大きめのカバンになら余裕で収まるくらいの大きさな『ハンディ炊飯器』。内部には最大0.65合が炊ける陶製容器が2つ収納されています。本体内部に水を注いでスイッチを入れると、水蒸気発生板から高温水蒸気が発生し、容器のお米を炊き上げるという仕組み。炊飯時間は約50分+蒸らし時間。適度なタイミングを見計らえば、午前の仕事中にお昼ごはんの準備ができてしまいます。

おかずや味噌汁も温かく

2つある容器では炊飯だけでなく、お湯を沸かして味噌汁を作ることもできますし、レトルトカレーや卵、温野菜、さらにはサツマイモまでも温められます。職場でこんなに温かくて美味しそうな昼食が用意できるなんて、ちょっと信じられませんね。

ご飯やおかずの保存も簡単

炊いたご飯やおかずが余ってしまった場合は、日付リング入りの蓋をかぶせて冷蔵庫で保存しておきましょう。小腹がすいたときにちょっと取り出して食べるようにすれば無駄なく経済的。なお、製品には計量カップと電源ケーブルも付属していますよ。

文/塚本直樹

関連サイト

『ハンディ炊飯器』製品情報サイト

お一人様用 ハンディ炊飯器 MINIRCE2 ※日本語マニュアル付き  サンコーレアモノショップ

The post 職場で炊きたての白飯が食えるぞ。弁当箱サイズの『ハンディ炊飯器』がありがてえっ! appeared first on デジノ杜.

MacBookユーザー御用達モバイルバッテリーにコンセント付きの『HYPER JUICE AC』が登場!

小さな本体にコンセント付きバッテリー。

最近は「USB Type-C」規格が広まるとともに、モバイルバッテリーでもノートパソコンの充電が行えるケースがだんだんと増えてきました。それはそれで嬉しいのですが、やはり屋外でもコンセントが使いたい、という需要は大きいはず。

そんなニーズにばっちり応えるコンセントつきモバイルバッテリー『HYPER JUICE AC』が、2017年9月15日に発売されます。通常2万4800円ですが、9月15日9時59分までに予約した場合には、キャンペーン価格が適用されて2万2320円(価格はいずれも税込)で購入できるとのこと。

ガッツリ充電できる充実のポート数

『HYPER JUICE AC』のバッテリー容量は2万6000mAh(100Wh)という大容量。本体には2つのUSBポート、1つのコンセントが搭載され、パソコンとタブレット、スマホといった複数の端末を同時に充電できます。

USBポートでは最大12W(5V/2.4A)の出力が可能なポートが1基と、最大18W(5V/3A、9V/2A、12V/1.5A)出力の急速充電規格「クイックチャージ 3.0」に対応したポート1基の計2ポート構成。「クイックチャージ 3.0」を使うと、接続機器によっては平均の約4倍早く充電可能なんだとか。最新のAndroidスマホをお持ちなら、こちらも便利に活用できそうです。

高品質なAC出力

コンセントからのAC出力は最大120W(120V)まで対応。これにより『MacBook Pro 15インチ』のACアダプタをはじめ、全ての旧世代MacBookファミリー、それにアンプやシンセなどの音響機器、デジカメの充電器、ランプ、ひげ剃りなど、さまざまな機器が屋外で利用可能になります。AC出力は家庭のコンセントに近い正弦波交流に変換されて出力されるとか。もちろん各種保護機能も搭載しているとのことなので、手持ちの家電製品を安心して利用できそうです。

意外と軽量。使いやすさへの配慮も

本体には従来モデルよりも大きくて見やすいLEDインジケータが搭載されており、光のバーで現在のバッテリー残量をわかりやすく表示してくれます。『HYPER JUICE AC』の本体サイズは横175×縦133×厚さ27mm、重量は0.79kg。本体の満充電は2〜3時間ほどで完了するそうです。

文/塚本直樹

関連サイト

『HYPER JUICE AC』製品情報ページ

アクト・ツー HyperJuice External Battery 1.5 - 100Wh MBP1.5-100

The post MacBookユーザー御用達モバイルバッテリーにコンセント付きの『HYPER JUICE AC』が登場! appeared first on デジノ杜.

Bluetooth対応。ティアック『TN-400BT』はデジタル時代の標準レコードプレーヤーになるか

レコードプレーヤーだって進化します。

最近にわかに市場が活気づいている「アナログレコード」を取り巻くオーディオ市場の環境も、21世紀になってネットワークプレイや無線通信など、デジタルな方向へと進化しています。そんな状況に乗り遅れるなとばかりに、ティアックはBluetoothトランスミッタを搭載したアナログレコードプレーヤー『TN-400BT』を発表しました。発売は2017年9月23日。実勢価格は5万6000円前後となります。

Bluetoothワイヤレス再生にフォノイコライザーアンプ内蔵

『TN-400BT』の一番の特徴はその型番にもある通り、Bluetoothによるワイヤレス再生が楽しめることでしょう。お手持ちのレコードを最新のBluetooth対応ヘッドホンやスピーカーで気軽に再生できるなんて、いい時代になったものです。Bluetoothのコーデックとしては高音質な「aptX」や「AAC」、そして一般的な「SBC」の3方式に対応しています。

本体にはMM型フォノイコライザーアンプを内蔵しており、フォノ入力のないアンプにも接続可能。オペアンプには高音質な「NJM8080」を採用しているそうです。

こだわりのトーンアームにカートリッジ

本体に搭載されたアルミ製のスタティックバランス型S字トーンアームは、本格的なカウンターウェイトとアンチスケーティング調整つまみ付き。ユニバーサル式ヘッドシェルの採用により、カートリッジをヘッドシェルごと気軽に交換できます。

本体付属のカートリッジは、オーディオテクニカ製のVM(MM)型カートリッジ「AT95E」。2本のマグネット振動子をV字状に配置し、理想的なカッターヘッドの読み取りを実現しているのだそう。

3スピード対応のターンテーブル

ターンテーブルは3スピード対応のベルトドライブ方式を採用。33-1/3rpm、45rpm、78rpmでの再生に対応し、SP盤も楽しめます。

文/塚本直樹

関連サイト

『TN-400BT』ニュースリリース 『TN-400BT』製品情報サイト

ティアック Bluetooth機能付きアナログレコードプレーヤー【フォノイコライザー・USB出力搭載】TEAC TN-400BT

The post Bluetooth対応。ティアック『TN-400BT』はデジタル時代の標準レコードプレーヤーになるか appeared first on デジノ杜.