ユーチューバー

ざわちんのユーチューバー宣言に批判殺到 例の疑惑は払拭できる? 

(画像はInstagramのスクリーンショット)

「ものまねメイク」で一躍有名になったタレント・ざわちん(25)が14日、YouTubeでも情報を発信していくことを自身のブログで発表した。

 

■ユーチューバーデビュー

「ざわちん、近々YouTubeをはじめることにしました」と宣言したざわちん。以前から打診はあったものの、実行には至らず、「やっと重い腰をあげますww」と報告した。

気になる内容だが、ざわちんの代名詞といわれるものまねメイクも公開していくようだが、通常のメイク法もアップするという。

「みんながメイクを一種のお洒落としてもっと楽しめるように、ナチュラルから派手めなメイク法まで、いろいろなメイク法をシェアしていきたいな」と意気込みをつづった。

 

■ファンからは「楽しみ」の声

自身のツイッターにもユーチューバーとして活躍することを報告しているが、ファンからは「うれしい」「楽しみにしてる」との意見が寄せられた。

・めちゃくちゃうれしいです たのしみにしてます!

 

・楽しみにしてるから、がんばってね メイク参考にします

 

・モノマネメイクはやっぱりざわちんさん! 楽しみにしてます

YouTuberになると言い出したら「パートナー」vs「子供」どっちが嫌?

(画像はHIKAKIN  (@hikakin)さんTwitterのスクリーンショット)

自分で制作した動画をYouTubeなどのサイトに投稿し、広告収入で稼ぐYouTuber。

9月8日に交番の前で白い粉を落とすドッキリ動画を撮影したYouTuberとその妻が、偽計業務妨害の疑いで逮捕され、話題となっている。

一方、今年の夏、日本初の「小学生向けYouTuber養成講座」が開講されたが、生計が立てられている人はほんの一握りとされ、不祥事も発生している。そのため、子供がなりたいと言ってきたら…と考えると、戸惑う人も多いだろう。

それでは、もし、自分のパートナーと子供で、「YouTuberになる!」と言い出したら、どちらが嫌なのか。しらべぇ編集部は全国の20代~60代男女1,348名に調査を実施した。

 

■「パートナー」vs「子供」

結果、「パートナー」がYouTuberになると言い出すことが、嫌だと感じる人が多いと判明した。

年代別では、男性は各年代で、50%台前半から60%の間で「パートナー」が嫌だと感じていた。対して、女性は20代が69.9%。ほぼ7割の女性が「パートナー」が嫌だと回答。

女性にとっては、パートナーが収入の安定しないであろう職業に就くことに、耐え難いものがあるようだ。

 

■YouTuberを知る人ほど…

職業別では、公務員のパートナーがYouTuberになるのが嫌な人は50%。一方、自由業は55.9%。僅差ではあるが、公務員のほうがパートナーが夢を見ることに寛容だとわかった。

公務員にとっては自身が安定しているからこそ、パートナーには子供のように夢を見てもらいたいと考えている人が多いのか。

また、YouTuber好きにとって、パートナーがYouTuberを目指すのが嫌なのは64.5%。意外にも、好きな人ほど、パートナーには反対な人が多いようだ。

YouTuberの実態を知っているからこそ、自身のパートナーがそれに挑戦することを嫌がる傾向があるように見える。

YouTuberになると言い出したら「パートナー」vs「子供」どっちが嫌?

(画像はHIKAKIN  (@hikakin)さんTwitterのスクリーンショット)

自分で制作した動画をYouTubeなどのサイトに投稿し、広告収入で稼ぐYouTuber。

9月8日に交番の前で白い粉を落とすドッキリ動画を撮影したYouTuberとその妻が、偽計業務妨害の疑いで逮捕され、話題となっている。

一方、今年の夏、日本初の「小学生向けYouTuber養成講座」が開講されたが、生計が立てられている人はほんの一握りとされ、不祥事も発生している。そのため、子供がなりたいと言ってきたら…と考えると、戸惑う人も多いだろう。

それでは、もし、自分のパートナーと子供で、「YouTuberになる!」と言い出したら、どちらが嫌なのか。しらべぇ編集部は全国の20代~60代男女1,348名に調査を実施した。

 

■「パートナー」vs「子供」

結果、「パートナー」がYouTuberになると言い出すことが、嫌だと感じる人が多いと判明した。

年代別では、男性は各年代で、50%台前半から60%の間で「パートナー」が嫌だと感じていた。対して、女性は20代が69.9%。ほぼ7割の女性が「パートナー」が嫌だと回答。

女性にとっては、パートナーが収入の安定しないであろう職業に就くことに、耐え難いものがあるようだ。

 

■YouTuberを知る人ほど…

職業別では、公務員のパートナーがYouTuberになるのが嫌な人は50%。一方、自由業は55.9%。僅差ではあるが、公務員のほうがパートナーが夢を見ることに寛容だとわかった。

公務員にとっては自身が安定しているからこそ、パートナーには子供のように夢を見てもらいたいと考えている人が多いのか。

また、YouTuber好きにとって、パートナーがYouTuberを目指すのが嫌なのは64.5%。意外にも、好きな人ほど、パートナーには反対な人が多いようだ。

YouTuberの実態を知っているからこそ、自身のパートナーがそれに挑戦することを嫌がる傾向があるように見える。

癒される人続出!大好きな曲が流れると踊らずにはいられない女の子が可愛い

プエルトリコ人アーティスト“Luis Fonsi(ルイス・フォンシ)”と、“Daddy Yankee(ダンディ・ヤンキー)”によりリリースされた大ヒット曲「Despacito」が流れると、体が即反応!踊らずにはいられなくなるという女の子が「可愛すぎるだろ!」「10回以上観たよ。癒されまくり!」と現在

まるで真剣!日本人が公開した“錆びた包丁を見事に甦らせる動画”が海外で話題に

“モフモフの愛猫がそばで見守る中、料理をする”という動画でお馴染みの日本人ユーチューバー“JunsKitchen”さんが公開した… 「サビ包丁を研ぎ磨く 」 というタイトルの動画。これが公開されるやいなや、たった5日で790万再生突破!現在も飛ぶ鳥を落とす勢いでアクセスを伸ばしているので紹介したいと

まるで真剣!日本人が公開した“錆びた包丁を見事に甦らせる動画”が海外で話題に

“モフモフの愛猫がそばで見守る中、料理をする”という動画でお馴染みの日本人ユーチューバー“JunsKitchen”さんが公開した… 「サビ包丁を研ぎ磨く 」 というタイトルの動画。これが公開されるやいなや、たった5日で790万再生突破!現在も飛ぶ鳥を落とす勢いでアクセスを伸ばしているので紹介したいと