ランニング

「ダイエット=有酸素運動」は間違い?!かえって痩せにくくなるって本当?

モテ子 なんでも「それだけ」は禁物よ。

photo by Fotolia.com

ダイエット=有酸素運動。この方程式はもはや一般常識になっていますよね。とくに多くの女性が理想とするボディは、筋肉ムキムキよりもスリムなモデル体型。よって、多くの女性たちは筋トレよりもランニングやウォーキングなどの有酸素運動を選び、体重を落とすことに重点を置いているのです。しかし、有酸素運動にはメリットがたくさんあるものの、実はそれだけをやっていると身体に悪影響を及ぼす恐れがあるのです。

有酸素運動のメリットは?

有酸素運動とは、酸素を取り込んで脂肪や糖質を燃やし、エネルギーを消費させる運動のことです。短距離走やウェイトトレーニングなどの無酸素運動と比べ、身体への負荷が軽く、長時間続けやすいのも特徴のひとつ。有酸素運動にはさまざまなメリットがあるので見ていきましょう。

  1. 心臓を強くする
  2. 基礎代謝の向上
  3. 体脂肪の燃焼
  4. 骨が強くなる・骨粗鬆症予防
  5. ストレス発散・うつ予防

これだけ見ると、身体に良さそうな効果がズラリ。しかし、有酸素運動だけを闇雲にやり続けると、身体にある異変が起こってしまうのです。では、一体どんな影響があるのでしょうか?

有酸素運動だけをやったらどうなる?

①筋肉量が落ち、リバウンドしやすくなる

有酸素運動だけを行なうと、脂肪と一緒に筋肉も減り、結果的に体重は減ります。体重が減るならいいじゃん、という声が聞こえてきそうですが、それはNG!筋肉量が減少することにより、基礎代謝が下がるため、太りやすい体質になってしまうのです。また、ダイエット終了後に有酸素運動をやめてしまうと、筋肉量が落ちて基礎代謝が下がっているため、すぐにリバウンドしてしまう可能性も。

②脂肪が燃えにくくなる

人の身体は同じ運動を繰り返すとそれに慣れてしまい、消費カロリーが減ってしまうそう。有酸素運動に加え、筋力トレーニングを取り入れることで1日あたりの消費カロリーが増え、脂肪が燃えやすくなるのです。

③ケガをしやすくなる

長期的に有酸素運動だけをし続けると、筋肉が落ちて身体への負荷が大きくなってしまいます。その結果、関節痛や足腰のケガで苦しむリスクが増加する可能性があります。

有酸素運動+筋力トレーニングで理想のボディに

photo by Fotolia.com

もうお分かりかもしれませんが、美しく健康に痩せるには、有酸素運動にプラスして筋力トレーニングを取り入れることがとっても大切です。ちなみに、筋肉を落とさずに脂肪を落としたい場合は、筋トレ→有酸素運動の順番で行うのがおすすめ。筋肉を鍛えることで基礎代謝が上がり、有酸素運動をプラスすることで脂肪燃焼の効果が高まります。また、高たんぱく低カロリーの食事は、ほどよく筋肉のついたキュッとボディには欠かせない要素。ササミや牛カタ肉、大豆食品などを積極的に摂りましょう。

痩せたいなら筋トレと有酸素運動は何分やればいい?

ダイエット目的の場合、筋トレは30分〜1時間行うのが目安です。その際、大きな筋肉から先に鍛えると、末端の筋肉まで鍛えられるので効率的。身体の中で太ももの筋肉が一番大きいため、スクワットは筋トレの最初にやるにはピッタリです。筋トレの後は、有酸素運動を30分程度行いましょう。あまりに長時間、有酸素運動をするのは筋肉を作るのに必要なアミノ酸がエネルギーとして使われ、筋肉がつきにくくなってしまうためおすすめできません。これからは有酸素運動と筋トレを組み合わせ、キュッと引き締まった健康的なボディをメイクしましょう!

あわせて読みたい

The post 「ダイエット=有酸素運動」は間違い?!かえって痩せにくくなるって本当? appeared first on ガール配信局.

タレ胸に待ったをかけよ!正しいスポブラの選び方

モテ子: スポブラ付けてエクサしてるだけで上級者に見えたりもするのよね。

皆さんはスポーツをする時、スポブラを付けていますか?スポブラはスポーツブラの略で、運動する時の胸の揺れを抑え、タレ胸を防ぐ効果があります。しかし、正しい選び方ができていないと、スポブラ本来のメリットが活かしきれず、残念な胸になってしまう危険が!

胸の大小は関係ナシ。胸が揺れるとタレてしまう理由

スポブラが必要なのは胸が大きい人だけでしょ?とお考えのあなた!それは大きな勘違いです。女性の胸にはクーパー靭帯という乳腺を皮膚や筋肉につないでいる組織があり、クーパー靭帯のはたらきによってバストを上向きに支えることができます。しかし、走ったり、運動したりすることでクーパー靭帯に負担がかかると、伸びたり、切れたりして胸が垂れてしまうのです。たしかに胸が大きい人の方が、胸の揺れによるクーパー靭帯への負担は大きくなりますが、小胸さんも美乳をキープするには他人事と考えてはいけません。なぜなら、一度伸びたり、切れたりしてしまったクーパー靭帯は元には戻らないのですから。

普通のブラジャーとスポブラの違い

普段付けているブラジャーのまま運動している人をよく見かけますが、快適かつ美胸を維持したいならスポブラをつけるのがおすすめ。スポブラの特徴を3つ挙げてみます。

① 吸水性・速乾性に優れて快適

運動して大量の汗をかくとムレが気になりますよね。でも、スポブラなら吸水性、速乾性に優れているため、汗を素早く吸収し、乾かしてくれるのでムレ知らず。快適に運動するには欠かせないポイントではないでしょうか。

② ノンワイヤーだから痛くない

普通のブラジャーは、たいていワイヤー入りですよね。一方、スポブラはノンワイヤーでソフトな素材でできているので、身体への食い込みを気にせずスポーツに集中することができます。

③ 胸にピタッとフィットするので動きやすい

スポブラは運動用に作られたものなので、手を上げたり、ジャンプしたりしても、ブラジャーがズレることなくピタッと胸にフィット。普通のブラジャーと比べ、胸も揺れにくい構造になっているので、運動する人ならスポブラはマストです。

スポブラの選び方のポイント

サイズ選び

普段のブラジャー選びもそうですが、スポブラもサイズ選びが超重要!普通のブラジャーと違って、スポブラはS、M、Lといったザックリとしたサイズで販売されています。ここで気をつけてほしいのが、『普段はMサイズの服を着ているからスポブラもMを買おう!』と安易に決めてしまうこと。メーカーによってサイズ感が異なり、大きすぎたり、小さすぎたりすることがあるため、できれば試着するのがおすすめです。その際チェックすべき点を確認してみましょう。

  • 胸が圧迫されて潰れていないか
  • アンダーバストがちょうどいいか
  • 上から見たときに谷間が見えていないか
  • 肩紐がずれ落ちてこないか
  • カップに余りがないか

通販で購入するなど試着が難しい場合は事前にサイズ表を確認するのをお忘れなく!

スポーツの種類で選ぶ

ひとくちにスポブラといっても、多種多様。スポーツの種類に合わせたラインナップを展開しているメーカーもあります。 例えば…

・ウォーキングやトレッキングなどのゆったりとした運動向け ・テニスやランニング、バスケットなどの激しい運動向け ・ヨガやジム、ダンスなどの動きのある運動向け、など。

それぞれ、サポート力が異なるので競技や用途に合ったものを選ぶと、さらに快適にスポーツに打ち込めますよ。

胸が大きい人も小さい人も、運動時にはスポブラを

スポブラは美意識の高いスポーツマンにはなくてはならないもの。小中学生がつけるものというイメージは忘れてくださいね!美胸を維持するには、胸の大小に関わらずスポブラは不可欠。お好みの一着を見つけて、ヘルシー美ライフをスタートさせましょう!

The post タレ胸に待ったをかけよ!正しいスポブラの選び方 appeared first on ガール配信局.

週1回でも効果アリ◎ジョギングで効率良く痩せる!

ダイエットのために運動を始めようと思っても、平日は忙しくて始められない、休みが不定期だから予定が組みにくい、などの理由でなかなか始められない人も多いのではないでしょうか?そんなひとにこそオススメしたい運動が、「ジョギング」です!効率良く行えば、週1回のジョギングでもしっかりとダイエット効果が表れます。では早速、ジョギングによって得られる効果と効率的な方法について見ていきましょう!

ジョギングで得られる効果

  • 代謝がよくなる
  • 老廃物を排出しやすくなって美肌になる
  • 情報を遮断できて頭がすっきりする
  • よく眠れる
  • 冷え性改善
ジョギングは、単にダイエットになるだけでなく、美容や睡眠の改善、また万病の元となる「冷え」の解消にもなる万能スポーツです。

効率の良いジョギング方法

<ジョギングをするべき時間帯>

最も効率が良いのは朝と言われています。睡眠でたくさんのエネルギーを消費しているので、ジョギングを開始する早い段階からエネルギー消費が始まるからです。しかし、ライフスタイル的に朝が難しい人は無理せず自分の都合の良い時間帯を選びましょう。

<ジョギング前にするべき事>

ジョギングを始める前に筋トレをすると、脂肪が燃焼しやすくなります。特にスクワットは太ももが細くなるので、太もも痩せをしたい人はジョギング前にスクワットを取り入れましょう

<ジョギング時間>

運動を始めてから脂肪が燃焼し始めるまで20分ほどかかります。20分でジョギングをやめてしまうと、せっかく脂肪燃焼が始まった途端終わってしまう事になるので、まずは30分以上走る事を目標にしましょう。慣れて来たら時間をもっと長くすればさらに効果UPです。

<走る速さ>

脂肪燃焼のためには有酸素運動である事が必須ですので、マラソンと違って速く走る必要はありません。会話をしても息が上がらない程度、早歩きくらいのペースでもOKです。 週1回でもダイエット効果が実感できるジョギング。今週から習慣にして、数か月後に理想のボディをゲットして下さい☆

The post 週1回でも効果アリ◎ジョギングで効率良く痩せる! appeared first on ガール配信局.