レシピ

女優陣も絶賛!?ドラマ「監獄のお姫さま」に出てくるあの料理のレシピが公開

朝ドラ「あまちゃん」やドラマ「ゆとりですがなにか」などで知られる人気脚本家・宮藤官九郎脚本が手掛けるドラマ「監獄のお姫さま」(TBS、火曜22時~)。様々な罪を犯して収監された刑務所で出逢ったおばさん4人と刑務官が、愛人殺しの罪をきせられた社長令嬢の濡れ衣をはらすべく、イケメン会社社長の誘拐を敢行し

星野源が絶賛した「つけどん兵衛」を実食! 新感覚の食感がうますぎる

  

31日に放送された『星野源のオールナイトニッポン』内で、星野源(36)自身がCMに出演する『どん兵衛』について、オススメの食べ方を紹介し、話題を呼んでいる。

その名も「つけどん兵衛」。どうやら、通常はうどんであるどん兵衛をつけ麺にしてしまうという、かなり斬新なものだ。

星野いわく「こんなにコシが! ってなる」と、このアレンジについて熱く語っていたが、実際はどうなのか? さっそくしらべえ取材班も実践してみた。

 

■作り方はかなり簡単

まず最初に準備するものは、「どん兵衛」「ざる」「どんぶり」の3つ。つけ麺にして食べるので湯切り用のざると、麺をよそうためのどんぶりが必要だ。

作り方を説明すると、まずつゆを取り出してから通常は熱湯をそそぎ「5分」のところ「4分〜4分半」の時点で湯切りする。

どん兵衛を湯切りは初めての経験なので、とても不思議な感覚。その後、つけ麺を作る時と同様に冷水で締めどんぶりに盛りつける。

 

■つけだれは濃い目(お湯少なめ)に

つけ麺として食べるため、元々の容器に液体つゆと七味を入れ、そこにお湯をいれる。ちなみに、お湯は少なめにしてスープを濃いめに作るのも、重要なポイントとなる。

すべての調理が完了したものがこちら。見た目は完全にうどんからつけ麺になり、どのように味が変わったか楽しみだ!