レポート

最新GoProレポート!4K/60p対応の『HERO 6 Black』も注目だけど、気になるのはやっぱり『FUSION』?

360度動画から通常動画が切り出せる「OverCapture」がかなり良さげ

米国時間2017年9月28日、GoProは米サンフランシスコにてスペシャルイベントを開催。同社のアクションカム「GoPro」シリーズ最新モデルとして、『HERO 6 Black』と『FUSION』を発表しました。製品概要については既報の通りですが、ここではイベントの模様と、プレス向け体験会の模様をお届けしたいと思います。

▲発表イベントの会場は米カリフォルニア州サンフランシスコに位置するカリフォルニア科学アカデミーのプラネタリウム。プラネタリウムで再生される360度の映像は迫力満点!

▲GoPro CEOのNick Woodman氏。

というわけでまずは360度カメラの『FUSION』。前後それぞれにカメラを1つずつ備え、5.2K/30fpsで360度動画の撮影が行えるモデルです。GoProから満を持して登場しただけあって、他の全天球カメラとはひと味違いますよ。

▲GoPro曰く、それぞれのカメラによる映像のつなぎ目がかなり自然な仕上がりになっているとのこと。前後のカメラ位置がズレているのがポイントなのでしょうか?

既存マウントとの互換性を備えつつ、5mの防水性能、ボイスコントロール機能、GPSやジャイロセンサーなどを搭載するあたりはGoProならではといったところですが、『FUSION』の真髄は360度動画から任意の画角でフルHD動画が切りだせる「OverCapture」でしょう。実際にどんな感じかは以下の動画の8:58あたりからをどうぞ。

ちなみにこの「OverCapture」は、2018年リリース予定となる新バージョンの「GoPro App」アプリを使えば、スマホでも利用できるんだとか。スマホでこれができるってスゴくないですか?

ただし、現状はアメリカ、カナダ、イギリスとEU各国でプレオーダーを受け付けている状況で、2017年11月の出荷予定なのだそう。日本での発売時期は未定とのことです。そのため、今回のイベントでも実機をじっくりと触ることはできず……「OverCapture」を試すことはできませんでした。うーん残念。続報に期待したいところです。

見た目は同じだけど中身は結構進化している『HERO 6 Black』

一方で、発表即発売となっているのが『HERO 6 Black』。予想が付くとは思いますが、『HERO 5 Black』の後継となるモデルです。外観は同じに見えるでしょうけれど(実際外装は全く同じだと思われます)、お伝えしているとおり中身は大幅な進化を遂げているんですよ。

目立ったところでは「GP1」と呼ばれるプロセッサの新搭載により、4K/60pの動画撮影やフルHD/240pのスローモーション動画撮影が可能になったことが挙げられます。この「GP1」により手ブレ補正機能が強化され、GoProシリーズ初のタッチ操作によるデジタルズームを備えた点も見逃せないポイントと言えるでしょう。そのほか、視覚情報処理と機械学習の能力が向上し、スマホ向けアプリの「GoPro App」と「Quik」を使った自動動画生成時に従来よりベストなシーンを自動で抜き出してくれるんだとか。

そんな『HERO 6 Black』をサンフランシスコで試してみました。激しく揺れる船上で撮影してみたのが下の動画です。こちらはフルHD/60pでの撮影。体感的には『HERO 5 Black』の手ブレ補正よりもしっかり効いている印象でした。

続いては移動中のバスの窓からフルHD/240pでのスローモーション動画。手ブレ補正機能もしっかりと効いていますね。

そして最後はバス移動中に4K/60pで撮影してみたもの。4K動画撮影時はフレームレートにかかわらず手ブレ補正機能が無効となるため、動きが激しいシーンの撮影には向かないかもしれません。4K動画を撮影する場合は、スタビライザーなどを併用するのがいいのかな?

▲こちらは静止画。暗めの場所から鮮やかなGraffitiをパシャリ。色の再現性も良好な気がします。

というわけで短い時間での試用でしたが、『HERO 5 Black』からの進化はしっかりと感じられた気がします。後日、ガッツリと『HERO 6 Black』と『HERO 5 Black』を比べてみますのでご期待ください!

文/こばやしなおき(編集部)

関連サイト

GoPro公式サイト

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

The post 最新GoProレポート!4K/60p対応の『HERO 6 Black』も注目だけど、気になるのはやっぱり『FUSION』? appeared first on デジノ杜.

神奈川初出店!ニューヨーク発のハンバーガーレストラン「Shake Shack みなとみらい店」がオープン

ニューヨーク発のハンバーガーレストラン「Shake Shack(シェイクシャック)」が、神奈川県初出店となる「Shake Shack みなとみらい店」を本日9月29日、横浜市西区みなとみらいの「クイーンズイースト」内にオープンしました。

▲店舗デザインは「Weigh the anchor, set sail = さあ、錨を上げて帆を張ろう」をコンセプトに、大きな船をイメージしているのだそう。

「Shake Shack」とは?

「Shake Shack」は、ホルモン剤フリーのアンガスビーフ100%のハンバーガー、ホットドッグ、フローズンカスタード、フレンチフライや、オリジナルのビール、ワインなどを提供するニューヨーク発のハンバーガーレストラン。

レストラン業界の巨人と称されるユニオン・スクエア・ホスピタリティ・グループの創業者ダニー・マイヤーが、2001年にマディソンスクエアパークの再生を目的としたアートイベントに慈善活動として小さなホットドッグカートを出店したことが始まりなんですって。3年間にわたって夏季限定で出店したカートには連日行列ができ、人々が再び公園に集まるきっかけを作った功績をニューヨーク市に認められ、2004年には1号店となる常設店を公園内にオープンしました。

その後アメリカのみならずロンドンなど、さまざまな地域で展開しており、みなとみらい店は外苑いちょう並木店、アトレ恵比寿店、東京国際フォーラム店、新宿サザンテラス店に続く日本5号店となります。

▲ShackBurger(シャックバーガー)Single 680円/Double 980円(税抜き)

横浜を盛り上げる3種類の限定メニュー

みなとみらい店限定メニューとして、横浜ローカルブランドであるBean To Bar専門店「VANILLABEANS」と創作和菓子「横浜元町 香炉庵」とコラボレーションしたコンクリート(オリジナルアイスクリーム)2種、横浜に拠点を持つ特定非営利活動法人「日本補助犬情報センター」とパートナーシップを組んだチャリティーコンクリート1種が登場。

▲「VANILLABEANS」とコラボレーションした「Shack Attack(シャック アタック)」

▲「横浜元町 香炉庵」のスペシャル黒糖どら焼がトッピングされた「Red Bean Pancake(レッドビーンパンケーキ)」

店舗限定Tシャツに日本初のキッズサイズが登場

フード以外にも、トートバッグやステッカーなどのグッズが充実。店舗の出店エリアを表すアイコンとして“船”が描かれたTシャツはみなとみらい店限定となっており、日本初のキッズサイズも登場。ホワイトとグレーの二色展開です。

▲Adult 3700円 / Kids 3500円(税抜き)

▲Tシャツ以外にもiPhone6/6sケースなども。

店舗情報

『Shake Shack みなとみらい店』 住所:〒220-8542 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-2クイーンズイースト2F 営業時間:午前11時-午後10時

取材・撮影・文/編集部

「Shake Shack」公式サイト

Shake Shack: Recipes & Stories

The post 神奈川初出店!ニューヨーク発のハンバーガーレストラン「Shake Shack みなとみらい店」がオープン appeared first on デジノ杜.

iFixit、「iPhone 8 Plus」の分解レポート・分解動画を公開

iFixitが「iPhone 8 Plus」の分解レポートを公開している。 「iPhone 8 Plus」の電池容量は2,691mAh、昨年から減少 分解レポートで初めて明らかになるのは最新モデルの電池容量。「iPhon […] 【続きを読む】

The post iFixit、「iPhone 8 Plus」の分解レポート・分解動画を公開 appeared first on デジノ杜.

「東京ゲームショウ2017」開幕!今年の見どころをサクッと整理してみました【TGS2017】

ゲーム愛好家たちよ、今年も幕張メッセに集えーっ!

毎年恒例のコンピュータゲーム総合展示会「東京ゲームショウ2017」(以下TGS2017)が開幕し、いよいよ2017年9月23日(土)、24日(日)に一般公開デーを迎えます。家庭用ゲーム機全盛の時代から、スマホゲームの台頭やVR(仮想現実)ゲームの出現を経て、2017年のゲームトレンドは一体どうなっているのか。会場の様子から探ってみましょう。

個性的なゲーミングPCが百花繚乱

家庭用コンソール機の人気が根強い日本市場ですが、TGS2017ではコアなゲーマーから支持されるハイスペックなゲーミングPCも多数出展されています。特に注目を集めていたのは、HPのゲーミングPCブランド「OMEN」や、セガのオンラインゲーム「PSO2」とコラボした「ALIENWARE」の禍々しいモンスター風デスクトップ。一般向けのPCとは一味違う、トガッたデザインが興味深いのです。

▲ HPの背負えるPC『Compact Desktop P1000』、そして菱形ボディの『OMEN X by HP Desktop 900』はビジュアル的にインパクト大。もちろんスペックも強力。

▲ ALIENWARE Area-51『PSO2』ファルス・ヒューナル カスタムエディション。製品化の予定がない参考出展ですが、ゲームに登場するボス敵をPCと合体させた強烈すぎるデザイン。

2017年もVRブームは健在!

「VR元年」と呼ばれた2016年に引き続き、今回もやはりVR関連の展示の多さが目立ちます。PlayStation Camera同梱版が4万4980円(税別)に値引きされると発表のあった『PlayStation VR』(PSVR)も大々的な試遊スペースが用意されていました。『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』や『グランツーリスモSPORT』などのVR対応注目タイトルを実際に体験できます。

▲ VR空間でCGキャラクターとのコミュニケーションを楽しめる『サマーレッスン:新城ちさと』をプレイ中、前かがみになったCG美少女の胸元をガン見していた編集部ワタナベ。

▲ 臨場感満点のドライビングをVR体験できる『グランツーリスモSPORT』。専用コントローラや7軸シリンダ駆動のドライブシミュレータも体験できます。

DIGIMONO!的に注目のタイトルは…… やっぱり『MONSTER HUNTER: WORLD』!

発売元であるカプコンのブースはもとより、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)ブースでも大きな存在感を示していたのが、2018年1月26日に狩猟解禁(発売)予定の『MONSTER HUNTER: WORLD』。精巧に作り込まれた巨大モンスター像を擁するカプコンブースでは、シングルプレイはもちろん、4人までのマルチプレイが可能な試遊台も多数用意されていました。いやあ、『MONSTER HUNTER: WORLD』への並々ならぬ意気込みが感じられます。

▲カプコンブースには、『MONSTER HUNTER: WORLD』のメインモンスターとなる「ネルギガンテ」の巨大な像が。ここまでデカいとインパクトありすぎです。

▲ゲーム内の「ネルギガンテ」はこんな感じです。だいぶ強そうですな……。

というわけで『MONSTER HUNTER: WORLD』を試遊してきましたよ。「東京ゲームショウ2017」会場では、シングルプレイ/マルチプレイともに初級、中級、上級とランク付けされている3つのクエストがプレイできるようになっています。今回は、中級クエストをマルチプレイで挑戦。

▲今回は中級者向けのクエストを選択。荒地の暴走者 「ボルボロス」にマルチプレイでチャレンジしてみました。3人での挑戦でしたが無事討伐に成功しましたよ!

キャンプで装備を調えてモンスターを狩りに行く、というのは従来と変わらずですが、『MONSTER HUNTER: WORLD』ではなんとマップの切り替えがないんですよ。つまり全てのフィールドが繋がっているので、ローディングのストレスがないんです。あとやっぱり大きな画面と綺麗なグラフィックスで遊べるのは楽しいですね。

そのほかでは、武器のアクションが従来より豊富になっている点もポイントです。初めてプレイしたにもかかわらず簡単に攻撃を連携させられたのでなかなか爽快でした。実際どんな感じなのかは会場で試してみていただきたいところです。ただ、一般公開デーは相当な混雑が予想されるので、会場に足を運ぶ際はぜひ朝一で!

文/編集部

関連サイト

東京ゲームショウ2017公式サイト OMEN -ゲーミング- (日本HP) 「ファルス・ヒューナル」のカスタムパソコンがTGS2017一般公開日に登場!(ファンタシースターオンライン2プレイヤーズサイト) 「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」2017年10月14日(土)より、国内新価格44,980円で発売(プレイステーション オフィシャルサイト) 東京ゲームショウ2017(CAPCOM)

ヒューレット・パッカード 17.3型 ノートパソコン OMEN by HP 17-w203TX(ゲーミングモデル) 1AD24PA-AAAA

The post 「東京ゲームショウ2017」開幕!今年の見どころをサクッと整理してみました【TGS2017】 appeared first on デジノ杜.