ローラ

ローラ、保健所から「新しい家族」を迎える 尊い行動に感謝の声も

(画像はInstagramのスクリーンショット)

各所で様々な取り組みが行われているものの、大きな社会問題の1つとなっている「ペットの殺処分問題」。

そんな中、モデルでタレントのローラが、1匹の猫を新しい家族として迎え入れたことをインスタグラムで報告。猫と弄れる微笑ましい動画と共に、「殺処分問題」に言及し、多くの反響が寄せられている。

 

■保健所から預かった猫を「家族」に

24日、ローラは自身のインスラグラムにて1匹の猫を新しい家族として迎えたことを報告。

Welcome to my family @uni_dango 保健所から新しい家族をあずかりました♩なまえはウニちゃんです♩ これからもよろしくね! 保健所に預かられる猫はその日から3日〜1週間、誰も引き取らなかった場合は、殺されてしまうの。 たくさんの子達が幸せな家族のもとにいきますように

A post shared by ROLA (@rolaofficial) on Oct 24, 2017 at 2:34am PDT

「ウニ」と名付けた猫と弄れる微笑ましい動画に、彼女はウニを迎えた経緯と、深刻な社会問題に対するコメントを添えた。

「保健所から新しい家族をあずかりました。なまえはウニちゃんです。これからもよろしくね! 保健所に預かられる猫はその日から3日〜1週間、誰も引き取らなかった場合は、殺されてしまうの。たくさんの子達が幸せな家族のもとにいきますように」

 

ローラはやわらかい表現を用いながらも、保健所に引き取られた動物たちのあまりにも残酷な現状を訴えている。

 

■「命を買うことがないように…」多くの反響

ローラは、20日より『UNI』というインスタグラムのアカウントを開設。そこには、今回迎えられたウニと、以前から彼女と共に生活しているペットたちの愛らしい写真や動画の数々が。

Welcome to my family! Your name is UNI!

A post shared by UNI (@uni_dango) on Oct 19, 2017 at 4:45pm PDT

こちらの投稿には、ペットショップではなく保健所にいた猫を預かった、という彼女の行動に感銘を受けたユーザーから、多くのコメントが寄せられている。

・ローラみたいな発信力のある子が、殺処分について広めてくれるの嬉しいです…。生体売るペットショップが無くなればいいなぁ。ローラもウニちゃん達も幸せに

 

・うちの猫も保護した子です。ウニちゃんローラママと出逢えてよかったね。元気に大きくなるんだぞ〜

 

・命を買う時代が早くなくなりますように。ローラちゃんありがとう

 

影響力のあるローラが「保健所から猫を迎えたこと」を堂々と発信したことについて、愛猫家などから感謝の言葉も。

 

■「衝動でペットを購入」若年層に多い?

現代の日本では、「ペットショップでペットを購入する」ことが定着してしまっている。その中で計画性もなく衝動的にペットを購入してしまった人はどの程度いるのだろうか。

しらべぇ編集部が全国の犬・猫をペットショップで購入したことがある男女452名を対象に調査を行ったところ、20~30代が高い割合を占めた。

生まれながらにして、ペットショップで手軽にペットを購入できる環境にあることも、多分に影響していると言えるだろう。

ウニは、ローラと出会えなければ殺されてしまっていたかもしれない命。人間の身勝手な理由で、尊い命が無残にも奪われている現状に、改めて考えさせられる。

・合わせて読みたい→ペットの殺処分について考える 『ある犬のおはなし』に涙が止まらない

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日対象:全国20代~60代の犬・猫をペットショップで購入した人452名(有効回答数)

ローラ、保健所から「新しい家族」を迎える 尊い行動に感謝の声も

(画像はInstagramのスクリーンショット)

各所で様々な取り組みが行われているものの、大きな社会問題の1つとなっている「ペットの殺処分問題」。

そんな中、モデルでタレントのローラが、1匹の猫を新しい家族として迎え入れたことをインスタグラムで報告。猫と弄れる微笑ましい動画と共に、「殺処分問題」に言及し、多くの反響が寄せられている。

 

■保健所から預かった猫を「家族」に

24日、ローラは自身のインスラグラムにて1匹の猫を新しい家族として迎えたことを報告。

Welcome to my family @uni_dango 保健所から新しい家族をあずかりました♩なまえはウニちゃんです♩ これからもよろしくね! 保健所に預かられる猫はその日から3日〜1週間、誰も引き取らなかった場合は、殺されてしまうの。 たくさんの子達が幸せな家族のもとにいきますように

A post shared by ROLA (@rolaofficial) on Oct 24, 2017 at 2:34am PDT

「ウニ」と名付けた猫と弄れる微笑ましい動画に、彼女はウニを迎えた経緯と、深刻な社会問題に対するコメントを添えた。

「保健所から新しい家族をあずかりました。なまえはウニちゃんです。これからもよろしくね! 保健所に預かられる猫はその日から3日〜1週間、誰も引き取らなかった場合は、殺されてしまうの。たくさんの子達が幸せな家族のもとにいきますように」

 

ローラはやわらかい表現を用いながらも、保健所に引き取られた動物たちのあまりにも残酷な現状を訴えている。

 

■「命を買うことがないように…」多くの反響

ローラは、20日より『UNI』というインスタグラムのアカウントを開設。そこには、今回迎えられたウニと、以前から彼女と共に生活しているペットたちの愛らしい写真や動画の数々が。

Welcome to my family! Your name is UNI!

A post shared by UNI (@uni_dango) on Oct 19, 2017 at 4:45pm PDT

こちらの投稿には、ペットショップではなく保健所にいた猫を預かった、という彼女の行動に感銘を受けたユーザーから、多くのコメントが寄せられている。

・ローラみたいな発信力のある子が、殺処分について広めてくれるの嬉しいです…。生体売るペットショップが無くなればいいなぁ。ローラもウニちゃん達も幸せに

 

・うちの猫も保護した子です。ウニちゃんローラママと出逢えてよかったね。元気に大きくなるんだぞ〜

 

・命を買う時代が早くなくなりますように。ローラちゃんありがとう

 

影響力のあるローラが「保健所から猫を迎えたこと」を堂々と発信したことについて、愛猫家などから感謝の言葉も。

 

■「衝動でペットを購入」若年層に多い?

現代の日本では、「ペットショップでペットを購入する」ことが定着してしまっている。その中で計画性もなく衝動的にペットを購入してしまった人はどの程度いるのだろうか。

しらべぇ編集部が全国の犬・猫をペットショップで購入したことがある男女452名を対象に調査を行ったところ、20~30代が高い割合を占めた。

生まれながらにして、ペットショップで手軽にペットを購入できる環境にあることも、多分に影響していると言えるだろう。

ウニは、ローラと出会えなければ殺されてしまっていたかもしれない命。人間の身勝手な理由で、尊い命が無残にも奪われている現状に、改めて考えさせられる。

・合わせて読みたい→ペットの殺処分について考える 『ある犬のおはなし』に涙が止まらない

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日対象:全国20代~60代の犬・猫をペットショップで購入した人452名(有効回答数)

ローラ、保健所から「新しい家族」を迎える 尊い行動に感謝の声も

(画像はInstagramのスクリーンショット)

各所で様々な取り組みが行われているものの、大きな社会問題の1つとなっている「ペットの殺処分問題」。

そんな中、モデルでタレントのローラが、1匹の猫を新しい家族として迎え入れたことをインスタグラムで報告。猫と弄れる微笑ましい動画と共に、「殺処分問題」に言及し、多くの反響が寄せられている。

 

■保健所から預かった猫を「家族」に

24日、ローラは自身のインスラグラムにて1匹の猫を新しい家族として迎えたことを報告。

Welcome to my family @uni_dango 保健所から新しい家族をあずかりました♩なまえはウニちゃんです♩ これからもよろしくね! 保健所に預かられる猫はその日から3日〜1週間、誰も引き取らなかった場合は、殺されてしまうの。 たくさんの子達が幸せな家族のもとにいきますように

A post shared by ROLA (@rolaofficial) on Oct 24, 2017 at 2:34am PDT

「ウニ」と名付けた猫と弄れる微笑ましい動画に、彼女はウニを迎えた経緯と、深刻な社会問題に対するコメントを添えた。

「保健所から新しい家族をあずかりました。なまえはウニちゃんです。これからもよろしくね! 保健所に預かられる猫はその日から3日〜1週間、誰も引き取らなかった場合は、殺されてしまうの。たくさんの子達が幸せな家族のもとにいきますように」

 

ローラはやわらかい表現を用いながらも、保健所に引き取られた動物たちのあまりにも残酷な現状を訴えている。

 

■「命を買うことがないように…」多くの反響

ローラは、20日より『UNI』というインスタグラムのアカウントを開設。そこには、今回迎えられたウニと、以前から彼女と共に生活しているペットたちの愛らしい写真や動画の数々が。

Welcome to my family! Your name is UNI!

A post shared by UNI (@uni_dango) on Oct 19, 2017 at 4:45pm PDT

こちらの投稿には、ペットショップではなく保健所にいた猫を預かった、という彼女の行動に感銘を受けたユーザーから、多くのコメントが寄せられている。

・ローラみたいな発信力のある子が、殺処分について広めてくれるの嬉しいです…。生体売るペットショップが無くなればいいなぁ。ローラもウニちゃん達も幸せに

 

・うちの猫も保護した子です。ウニちゃんローラママと出逢えてよかったね。元気に大きくなるんだぞ〜

 

・命を買う時代が早くなくなりますように。ローラちゃんありがとう

 

影響力のあるローラが「保健所から猫を迎えたこと」を堂々と発信したことについて、愛猫家などから感謝の言葉も。

 

■「衝動でペットを購入」若年層に多い?

現代の日本では、「ペットショップでペットを購入する」ことが定着してしまっている。その中で計画性もなく衝動的にペットを購入してしまった人はどの程度いるのだろうか。

しらべぇ編集部が全国の犬・猫をペットショップで購入したことがある男女452名を対象に調査を行ったところ、20~30代が高い割合を占めた。

生まれながらにして、ペットショップで手軽にペットを購入できる環境にあることも、多分に影響していると言えるだろう。

ウニは、ローラと出会えなければ殺されてしまっていたかもしれない命。人間の身勝手な理由で、尊い命が無残にも奪われている現状に、改めて考えさせられる。

・合わせて読みたい→ペットの殺処分について考える 『ある犬のおはなし』に涙が止まらない

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日対象:全国20代~60代の犬・猫をペットショップで購入した人452名(有効回答数)

ローラ、保健所から「新しい家族」を迎える 尊い行動に感謝の声も

(画像はInstagramのスクリーンショット)

各所で様々な取り組みが行われているものの、大きな社会問題の1つとなっている「ペットの殺処分問題」。

そんな中、モデルでタレントのローラが、1匹の猫を新しい家族として迎え入れたことをインスタグラムで報告。猫と弄れる微笑ましい動画と共に、「殺処分問題」に言及し、多くの反響が寄せられている。

 

■保健所から預かった猫を「家族」に

24日、ローラは自身のインスラグラムにて1匹の猫を新しい家族として迎えたことを報告。

Welcome to my family @uni_dango 保健所から新しい家族をあずかりました♩なまえはウニちゃんです♩ これからもよろしくね! 保健所に預かられる猫はその日から3日〜1週間、誰も引き取らなかった場合は、殺されてしまうの。 たくさんの子達が幸せな家族のもとにいきますように

A post shared by ROLA (@rolaofficial) on Oct 24, 2017 at 2:34am PDT

「ウニ」と名付けた猫と弄れる微笑ましい動画に、彼女はウニを迎えた経緯と、深刻な社会問題に対するコメントを添えた。

「保健所から新しい家族をあずかりました。なまえはウニちゃんです。これからもよろしくね! 保健所に預かられる猫はその日から3日〜1週間、誰も引き取らなかった場合は、殺されてしまうの。たくさんの子達が幸せな家族のもとにいきますように」

 

ローラはやわらかい表現を用いながらも、保健所に引き取られた動物たちのあまりにも残酷な現状を訴えている。

 

■「命を買うことがないように…」多くの反響

ローラは、20日より『UNI』というインスタグラムのアカウントを開設。そこには、今回迎えられたウニと、以前から彼女と共に生活しているペットたちの愛らしい写真や動画の数々が。

Welcome to my family! Your name is UNI!

A post shared by UNI (@uni_dango) on Oct 19, 2017 at 4:45pm PDT

こちらの投稿には、ペットショップではなく保健所にいた猫を預かった、という彼女の行動に感銘を受けたユーザーから、多くのコメントが寄せられている。

・ローラみたいな発信力のある子が、殺処分について広めてくれるの嬉しいです…。生体売るペットショップが無くなればいいなぁ。ローラもウニちゃん達も幸せに

 

・うちの猫も保護した子です。ウニちゃんローラママと出逢えてよかったね。元気に大きくなるんだぞ〜

 

・命を買う時代が早くなくなりますように。ローラちゃんありがとう

 

影響力のあるローラが「保健所から猫を迎えたこと」を堂々と発信したことについて、愛猫家などから感謝の言葉も。

 

■「衝動でペットを購入」若年層に多い?

現代の日本では、「ペットショップでペットを購入する」ことが定着してしまっている。その中で計画性もなく衝動的にペットを購入してしまった人はどの程度いるのだろうか。

しらべぇ編集部が全国の犬・猫をペットショップで購入したことがある男女452名を対象に調査を行ったところ、20~30代が高い割合を占めた。

生まれながらにして、ペットショップで手軽にペットを購入できる環境にあることも、多分に影響していると言えるだろう。

ウニは、ローラと出会えなければ殺されてしまっていたかもしれない命。人間の身勝手な理由で、尊い命が無残にも奪われている現状に、改めて考えさせられる。

・合わせて読みたい→ペットの殺処分について考える 『ある犬のおはなし』に涙が止まらない

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日対象:全国20代~60代の犬・猫をペットショップで購入した人452名(有効回答数)

女子に聞いた「なりたい体型の女性芸能人」ランキング 男性から不満の声も

©AbemaTV

華やかで美しいボディの女性芸能人たち。中には「私もなりたい!」と憧れる女性もいるだろう。

13日放送の『マジガチランキング』(AbemaTV)で明かされた、10代女子のリアルな憧れが話題を呼んでいる。

 

■なりたい体型の女性芸能人

番組では「なりたい体型の女性芸能人」について街頭インタビュー。

第3位はモデル・ダレノガレ明美(27)。「昔は太かったのに、あそこまで細くするのはスゴイ」「モデルをやっているときの脚が好き」との声があがった。

ダレノガレといえばトレーニング風景をSNSでアップしており、美しさの維持のために筋トレしていることが話題になっている。そういったストイックな姿にも10代女子は憧れをもつのかもしれない。

第2位はモデル・ローラ(27)。「脚が長くてウエストが細い」「細いけど筋肉がつくところはついててキレイ」と評価する声があがった。

細いボディながら、しっかりと筋肉がついているなど健康的な彼女。そこに10代女子が憧れるようだ。

 

■1位はあの10頭身モデル

第1位はモデルで女優の菜々緒(28)。「脚が長いところが魅力的」との意見が。

顔も小さく、背も高くて、脚も長いとまさに申し分ないスタイルの良さを誇る彼女。以前、自身のSNSで公開された写真で10頭身あることが判明し、大きな話題になっていた。

やはり多くの女子は脚の長い女性に憧れているようだ。