ワイン

100円から100万円まで! ワインが好きな人ってどれくらい? 

(Emilija Randjelovic/iStock/Thinkstock)

先週16日、ボジョレ・ヌーヴォーが解禁された。手頃な価格や飲みやすさから、すでに試してみた人も多いのでは。

そんなワインだが、100円ショップで売っているものから100万円以上するものまである。中には、高いワインを収集することが趣味の人や、投資対象としてワインを購入する人もいるようだ。

一方で、その高貴なイメージから「とっつきにくい」「巷でいわれるほどおいしくない」という声も存在。一体どのくらいの人が、ワインを好んで飲んでいるのだろうか?

 

■ワインは好き?

そこでしらべぇ編集部では、全国の20代~60代の男女1,354名にワインについての意識調査を実施。

結果、「大好き」と答えた人は14.3%、まあまあ好きは30.6%で、比較的好んで飲んでいると思われる割合は、44.9%に。

一方、「あまり好きではない」人は27.0%、「嫌い」は28.1%で、「とくに好きではない」人は、55.1%。僅差ながら、ワインを「好んでいない」人のほうが多いことがわかった。

 

■世代別で見るとある傾向が

どのような人たちが、ワインを好んでいるのだろうか? 年代別で見ると、ある傾向が出た。

50、60代の割合が高く、30、40代は好きではない人のほうが多い。原因は不明だが、世代間で意識に差があることだけははっきりしているようだ。

スイーツ男子・尾上松也 「ボジョレとスイーツを合わせたい」

16日、今年も「ボジョレ・ヌーヴォー」が解禁。ワイン好きでなくても、「ボジョレだけは毎年飲む」人もいるのでは。

表参道・Commune 2ndでは16日〜18日の3日間、ボジョレがお得に楽しめる「Beaujolais Matsuri(ボジョレ祭り)」が開催される。そのオープニングイベントに、歌舞伎俳優の二代目尾上松也が登場!

 

■意外にも「スイーツ男子」!

酉の市で毎年熊手を買うなど、お祭りや四季、旬を大切にしているという尾上。ボジョレ・ヌーヴォーも早速味わったそう。

「毎月休みなく(歌舞伎の)公演をさせていただいてますので、意外と曜日感覚や季節感覚がなくなってしまうんです。『ボジョレ・ヌーヴォー解禁』と聞くと、もう秋だなって実感しますね」

今年のボジョレは、香りと味わいがはっきりしていておいしい、と笑顔に。

 

ちなみに、今年4月クールには「仕事をサボってスイーツを食べる」ドラマ、『さぼリーマン甘太朗』(テレビ東京系)に主演していた尾上は、自身も洋菓子ラブなスイーツ男子。

 

「僕自身、結構スイーツが好きなので、スイーツに合った飲み方をして楽しみたいなと思ってます。

 

 

ワインに詳しいわけじゃないんですが、僕も30過ぎてきましたので。大人のたしなみとして、自分の好きなものと合うワインを知っていると『かっこいいな』『大人だな』と思いますね」

 

赤ワインというと、どうしても肉料理のイメージが強いが、尾上のようにスイーツと合わせてみるのも楽しそうだ。

 

■300円でボジョレが楽しめる!

ずらりと並ぶ、今年のボジョレたち。どれも味が気になってしまうが、「ボジョレ祭り」では300円から…かなりリーズナブルにボジョレが楽しめる。

会場では、華やかな香りが広がり、早く飲んでみたい! という気持ちが高まる。

飲みやすくてフルーティな味わいが特徴的なボジョレは、ワインをあんまり飲んだことがなかったり、ちょっと苦手だったりする人にもおすすめ。

いろいろな屋台めしも購入できるので、「ボジョレ解禁」のお祭りに参加してみては。

スイーツ男子・尾上松也 「ボジョレとスイーツを合わせたい」

16日、今年も「ボジョレ・ヌーヴォー」が解禁。ワイン好きでなくても、「ボジョレだけは毎年飲む」人もいるのでは。

表参道・Commune 2ndでは16日〜18日の3日間、ボジョレがお得に楽しめる「Beaujolais Matsuri(ボジョレ祭り)」が開催される。そのオープニングイベントに、歌舞伎俳優の二代目尾上松也が登場!

 

■意外にも「スイーツ男子」!

酉の市で毎年熊手を買うなど、お祭りや四季、旬を大切にしているという尾上。ボジョレ・ヌーヴォーも早速味わったそう。

「毎月休みなく(歌舞伎の)公演をさせていただいてますので、意外と曜日感覚や季節感覚がなくなってしまうんです。『ボジョレ・ヌーヴォー解禁』と聞くと、もう秋だなって実感しますね」

今年のボジョレは、香りと味わいがはっきりしていておいしい、と笑顔に。

 

ちなみに、今年4月クールには「仕事をサボってスイーツを食べる」ドラマ、『さぼリーマン甘太朗』(テレビ東京系)に主演していた尾上は、自身も洋菓子ラブなスイーツ男子。

 

「僕自身、結構スイーツが好きなので、スイーツに合った飲み方をして楽しみたいなと思ってます。

 

 

ワインに詳しいわけじゃないんですが、僕も30過ぎてきましたので。大人のたしなみとして、自分の好きなものと合うワインを知っていると『かっこいいな』『大人だな』と思いますね」

 

赤ワインというと、どうしても肉料理のイメージが強いが、尾上のようにスイーツと合わせてみるのも楽しそうだ。

 

■300円でボジョレが楽しめる!

ずらりと並ぶ、今年のボジョレたち。どれも味が気になってしまうが、「ボジョレ祭り」では300円から…かなりリーズナブルにボジョレが楽しめる。

会場では、華やかな香りが広がり、早く飲んでみたい! という気持ちが高まる。

飲みやすくてフルーティな味わいが特徴的なボジョレは、ワインをあんまり飲んだことがなかったり、ちょっと苦手だったりする人にもおすすめ。

いろいろな屋台めしも購入できるので、「ボジョレ解禁」のお祭りに参加してみては。

悪魔たちが晩餐会? ノブコブ吉村「独身は撮られなかったので…」

東京・六本木にて、25日から4日間限定で「悪魔の晩餐会」が開かれるという…。なんだそれ。

そんな気になる「晩餐会」のオープニングイベントが開かれると聞き、しらべぇ取材班も現場に向かった。

 

■オープニングイベントに「魔女」と「手下」が!

「悪魔の晩餐会」オープニングイベントには、「魔女」遼河はるひと「手下」平成ノブシコブシの2人が登場!

スリットから網タイツが覗く遼河に、「女王様みたい」の声が。そんな遼河の手下? の2人は顔も白く塗り、悪魔的なメイクをしていたのだが…「ウエイトレスみたい」「ひょうきん悪魔」と散々な言われよう。

あいにくの雨模様に、「雨男、雨女は誰だ!」と言いつつも、「この天気だからこそ、悪魔的要素が出ましたね!」と吉村。

 

■「人力舎だからいじっていい」?

ワインを誰と飲みたい? と問われた吉村の回答は、なんと「遼河さん以外の方なら誰でも」。

さすがに徳井が「そんなにゴリゴリいじっていいの?」とフォローを入れるも、「いいんですよ! 芸能界で回ってきた説明書がこういう扱い。だって遼河さんは人力舎(所属)なんだから」。

実は遼河、宝塚を卒業したのち、2013年からお笑い芸人の事務所である人力舎に所属しており、「師匠はおぎやはぎさんなんで」と本人も話すほど。

 

■ハロウィンの予定は…

ハロウィンの予定を問われた遼河は、「本当にないんです」と嘆く。

「ときめいたほうが、女性はきれいでいられますよね…」と言いつつ、浮いた話は全くないとか。今日の入りも「寝起き」顔だったそうで、「(恋人が)いたら雰囲気でわかりそうでしょ? クリスマスも仕事入らないかなって思ってます」。

吉村から、ハロウィンは一緒に過ごしましょうよ! と誘われるも、「だったら(このイベントで)ワインを楽しみます」と華麗にスルー。

 

そんな吉村からは「世間が賑やかだったので…独身はここ数年撮られなかったので、楽しくやってましたけど」と気になる発言が。

ライバルであるピース・綾部が(ロス留学のため)いなくなったので、彼の仮装で六本木・渋谷あたりに行ってみようかな…とニヤリ。

3人の中で、唯一の既婚者である徳井は「野方商店街でハロウィンがあるので、今年はウミウシの仮装をしようかと。ただ、奥さんから『紫色の全身タイツは売ってないから、変えたほうがいいよ』とメールが来ました」と、ちょっと変わった(?)夫婦のエピソードを披露していた。

『ポッキー<女神のルビー>』が発売前から人気! <大人の琥珀>も再び

(10月3日より予約販売を開始した『ポッキー<女神のルビー>』)

10月24日、江崎グリコから赤ワインと相性ぴったりの大人贅沢な「ポッキー」――『ポッキー<女神のルビー>』が、Amazonを中心に限定発売される。

すでに、3日午前より予約販売が開始され、3日夜11時の時点でのAmazon「チョコレート菓子」売れ筋ランキングで2位となっており、発売開始前からかなりの人気だ。

しらべぇ取材班は、都内で行なわれた商品説明会に潜入。一足早く、『ポッキー<女神のルビー>』の味わいと、赤ワインとのマリアージュを体験した。

 

■華やかな香りと濃厚プレッツェル

袋を開けると、ビターチョコレートの香りづけに使われたカシス・ブルーベリー・クランベリー、3種類のベリーが華やかに匂い立ち、この時点でもう赤ワインとの相性への期待感が…。

また、軸であるプレッツェルには、チェダーチーズと黒胡椒・クローブが練り込まれ、ほのかなスパイスの香りが、ベリーの華やかさにアクセントを加える。

チェダーチーズとスパイスの効いたプレッツェルは濃厚で、華やかな香りのビターチョコレートと相まって、繊細な風味と豊かな味わいが楽しめ、大人の贅沢な時間にこそ欲しくなるテイスト。

製品化には、サントリーワインインターナショナルのシニアソムリエが監修として加わり、赤ワインとの相性を追求したという。

 

■ワインとのマリアージュ

試食の際には『ポッキー<女神のルビー>』だけでなく、ぶどうの品種が異なる3種類の赤ワインも用意された。

ワインのテイスティングではないので、細かな銘柄は控えるが、フランス産のガメ(ボジョレー・ヴィラージュ)、オーストラリア産のシラーズ、チリ産のカルベネ・ソーヴィニヨンの3タイプ。

ベリー系のアロマが特徴のガメは、ビターチョコレートのベリーの香りとの掛け合わせに、フルーティな味わいと酸味が感じられ、とっても華やか。

スパイシーなシラーズは、プレッツェルの濃厚さとビターチョコの風味とのバランスがとても良く、ゆっくり、じっくり飲みたい気分にぴったり。

しっかりめなカルベネ・ソーヴィニヨンは、華やかさとスパイシーさを併せ持つ味わいを包み込み、それぞれの味をより深めるイメージに。

特徴の異なるワインとのマリアージュの印象を紹介したが、ワインそのものの好みもあり、会場内でマリアージュ体験した参加者たちも、「どれが好きな組み合わせか?」で盛り上がる。

その中で、人気が偏ることはなく、「私はこれが好き」「この組み合わせのインパクトが…」など、それぞれの良さを語り合う場となった。

赤ワインだけでも多くの種類があり、この3つの品種に限らず、『ポッキー<女神のルビー>』と組み合わせる自分好みの赤ワインを探すのも楽しそう。

 

■『ポッキー<大人の琥珀>』も!

(再販の要望が多かった『ポッキー<大人の琥珀>』も)

この『ポッキー<女神のルビー>』の発売と合わせて、昨年10月に登場し、あっという間に完売してしまった、ウィスキーと一緒に楽しみたい『ポッキー<大人の琥珀>』も数量限定販売される。

こちらも、Amazon「チョコレート菓子」売れ筋ランキングで、すでに4位にランクインしており、今回も完売が確実といえそう。

『ポッキー<女神のルビー>』『ポッキー<大人の琥珀>』いずれも、内容量は6袋入り216gで、価格は924円(税別)。Amazonほか、一部のみの限定販売というだけでなく、昨年の完売実績や発売前の人気ぶりを見る限り、気になる人は早めに入手しておきたいところ。

秋の夜、赤ワインやウィスキーと楽しむ、大人贅沢な「ポッキー」を味わってみては。

・合わせて読みたい→『ポッキー<THE MILK>』デビュー!みんなで分け合うからできること

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

ワインの種類別のカロリーと糖質の量!ダイエット時の飲み方の5つの注意点も総まとめ

ワインが好きな人は多いですよね。食卓にワインがあると、それだけでリッチな気分になりますし、食卓が華やぎます。 でも、ダイエットをしている時にワインを飲んで良いのか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか?&n...

The post ワインの種類別のカロリーと糖質の量!ダイエット時の飲み方の5つの注意点も総まとめ appeared first on ガール配信局.