レースクイーンの頂点を極めた美女が、今週発売の『週刊ヤングジャンプ』表紙に登場する。

『レースクイーン・オブ・ザ・イヤー 15-16』に選ばれ、昨年末にグラビアデビューした、三城千咲(みき・ちさき)ちゃんだ。

 

■4月の選抜企画で優勝

千咲ちゃんは、ヤンジャンが実施したグラビア界の新星発掘企画「ゲンセキ2017 spring」で、5名のグラビアアイドルの中から読者投票でもっとも多い票を獲得。

「ゲンセキ」では、巻末グラビアで「セクシーな家庭教師」という設定を演じたが、今週号のヤンジャンでは、その続編として表紙と巻頭グラビアを飾ることになる。

 

■2014年にレースクイーンデビュー

もともと『東京オートサロン』などでイベントコンパニオンをしていた千咲ちゃんが、レースクイーンデビューしたのは4年前。

「コンパニオンの世界では、レースクイーンをめざしている子が多くて、『それなら私もやってみようかな』と思って」と、ちょっとカジュアルな志望理由。

しかし、持ち前のスタイルと美しさから、スーパーGTの強豪チームであるLEXUS TEAM SARDに所属。2016年は、優勝も経験した。

「オブ・ザ・イヤーもいただいて引退も頭をよぎったんですけど…」と言いながらもチームからのアンコールもあり、今も現役RQだ。