不倫

板尾創路と「3時間ラブホ不倫」報道 Fカップグラドル・豊田瀬里奈って? 

最近、俳優や映画監督として活躍の場を拡げる板尾創路。同じ事務所の後輩であるピース・又吉直樹が原作の映画『火花』の監督も務め、23日から公開される。

「好事魔多し」か、そんな時の人にまた不倫報道だ。

 

■グラドル・豊田瀬里奈とラブホへ?

18日、『SmartFLASH』の報道によれば、豊田とともに渋谷にあらわれた板尾は、食事、カラオケ店の後、ラブホテルに向かい、2人で3時間以上を過ごしたとされる。

豊田は、『火花』にも出演。今年6月13日には、打ち上げに参加したこともツイートしている。

「とあるシーンにとある出方をしてるので、目を凝らして観てね 図々しく打ち上げにも参加させてもらって、素敵な先輩方と出会えて、自分の中で転機になりました」

 

■意味深なツイートも

報道では、「豊田は『男女の関係は一切ない』とコメントしている」とされているが、14日には意味深な投稿を行なっている。

取り返しがつかない。方法がわからない 違うって言ったって、違わなくされるんだ

— 豊田瀬里奈 (@serinatoy) November 14, 2017

出版社からの事実確認に対してつぶやいたものと考えてよさそうだ。

ドリフト不倫・内藤聡子は「腹黒銭ゲバキャスター」 『5時に夢中』のイジリに賞賛の声

フリーアナウンサー・内藤聡子(43)と元F1レーサー佐藤琢磨(40)の7年越しの「ドリフト不倫」が『週刊新潮』(新潮社)で報じられ、世間を騒がせている。

その内藤が2010年から約6年間、アシスタントとして人気を得た『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、不倫発覚後の16日に騒動に触れ、視聴者から賞賛が上がった。

(画像は内藤聡子Instagramからのスクリーンショット)

 

■友人・中瀬は…

同番組のコメンテーターであり内藤の友人、そして奇しくも、不倫を報じた新潮社の出版部部長を務める中瀬ゆかり(53)は、開口一番「聡子―! お前!」と絶叫。

「こういう仕事をしていると、友達のスキャンダルや悪口はよくある。友軍誤爆の気分」と前置きした上で、持論を展開する。

「友人と言うのは置いておいて、当人同士の問題なので怒っていいのは奥さんとお子さん達。今後どう転んでいくが分からないが、進んだ道は奥さんやお子さんを苦しめた、悩ませた上に出来ている道。そういうことを背負って、キッチリ向き合ってほしい」

 

友人でもある内藤に、中瀬なりの真剣な想いを吐露した。

 

■不倫に「驚かない」

続けて、記事の中で「独身ネタが売りでセレブ志向」と書かれていた部分にも触れ、「腹黒銭ゲバキャスター」として番組で扱われていた過去を説明。「番組視聴者は驚いていない」と笑わせる。

作家の岩井志麻子(52)は「ウチの息子と見合いし。母親が岩井志麻子っていう男もツラいよ。全てをバカエロネタにされ、私にイビられる。今どころのツラさじゃない」とアドバイス。

最終的に「(大物との交際を繰り返す)紗栄子にかまけている場合じゃなかった。聡子をウォッチすべきだった」と中瀬独自の反省をのぞかせた。

佐藤琢磨が内藤聡子アナと7年不倫 古巣『5時に夢中!』での報道に注目が集まる

(Ljupco/iStock/Thinkstock)

レーシングドライバーの佐藤琢磨(40)とフリーアナウンサーの内藤聡子(43)の7年にわたる不倫関係を『週刊新潮』(新潮社)が報じ、話題になっている。

 

■不倫7年目で同居中の2人

報道によると現在、佐藤と内藤の2人は2010年に出会って数ヵ月で交際に発展し、現在同居中。2012年に2人の仲は佐藤の妻の知る所となり、離婚も視野に入れて話し合っているとのことだ。

女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』には、あっさり不倫関係を認めた佐藤に驚く意見が投稿されている。

・不倫関係認めてるんだね とっくに結婚生活破綻してんだね

 

・私時々理解出来ないんだけど、芸能界って特殊なのかわからないけど、不倫しているって認められたらもう離婚しかなくなるよねー。

 

■新潮社の中瀬ゆかり氏のコメントは?

アルタの日の詳細をブログにアップしたので、良かったらご覧くださいね

A post shared by Sugar Naito (@naitosatoko) on Apr 3, 2016 at 6:39am PDT

内藤聡子といえば、昨年3月まで出演していた『5時に夢中!』(TOKYO MX系)の名アシスタントぶりでも人気を博していた。

同番組には新潮社出版部部長の中瀬ゆかり氏も出演しており、内藤との軽妙な掛け合いも名物にひとつだった。

不倫を報じたのが『週刊新潮』ということもあり、Twitter上では16日木曜日に同番組出演予定の中瀬氏のコメントを期待する声が見られた。

どうやら明日は通常通り中瀬親方が出演するらしいので、内藤聡子の一件に関するコメントが楽しみだ。

— sainas (@sainas_jp) November 15, 2017

やべーな、明日の5時に夢中‼︎は内藤聡子をすっぱ抜いた、新潮社(週刊新潮)の中瀬親方の木曜日やん!!

— ヤシタカ (@yashitaka3) November 15, 2017

「内藤聡子」という名前を、不倫疑惑のニュースで聞くとは…明日の「5時に夢中!」で、どうイジられるか…しかも、明日はこの不倫疑惑を報じた、週刊新潮を擁する新潮社の出版部部長である、中瀬ゆかりがコメンテーターの木曜日…笑いに変えてほしいなぁ…

— おなか (@HNamachiri) November 15, 2017

「不倫を許す妻はいい女なのか」が議論に 「都合のイイ女」との指摘も

(interstid/iStock/Thinkstock)

次々と報じられる、著名人たちの不倫問題。最近では、競馬の武豊騎手の不倫が報じられ、妻・佐野量子が夫とともに報道陣に対応したことも話題となった。

そんな中、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』にて、「夫の不倫を許す妻」に関するトピックが注目を集めている。

 

■「不倫を許す妻」はいい女なの?

投稿者は、昨今の著名人の不倫報道で「夫の不倫に寛容な妻」が「いい女」として扱われることに疑問を抱いていると明かす。

投稿者としては、その反対に「夫の不倫を許すことが出来ず、離婚を選択した女性は心が狭いと言われているみたい」と、感じてしまうのだそう。

また、夫の不祥事であるにも関わらず、傷ついているはずの妻に「夫の管理不足」などと飛び火する現象にも「おかしい」と言及。他のユーザーらに意見を求めている。

 

■「都合のイイ女」賛同の声多数

こちらのトピックには、「夫の不倫に寛容な妻はいい女」と言う風潮に異を唱えた投稿者に賛同するコメントが殺到。多くの女性たちが、この風潮を疑問に感じていたようだ。

・不倫をされないのが いい妻

 

・(都合)のイイ女

 

・不倫する男が悪い

 

・謝罪は旦那だけでよい

 

・経済的に余裕があるか、ないかでも、違ってくると思う

 

・口では許すと言ったとしても 許していないし忘れないもんだよ。 すぐに離婚と行動する人もいれば長年かけて違う形でやり返す人もいる。 人間だから計算します、どちらにしても信頼関係はもう戻らない

 

許せるかどうかは、家庭の経済状況によっても左右される…といった声も共感を得ている。

 

■不倫は繰り返される? 男女共に半数超え

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,342名を対象に「不倫をする人は、何度も不倫をしてしまうと思うか?」調査を行ったところ、男女ともに7割近くの人が「不倫は繰り返す」と回答。

1度は寛容になれたとしても、繰り返されてしまっては信頼関係の修復は難しくなってくるだろう。

夫婦関係の状態は、家庭によって様々。一概に「不倫に寛容な妻はいい女」とすることには、確かに疑問が残る。

武豊の路上キス問題で爆笑・太田と片岡鶴太郎が暴走 ネット民「たとえが上手い」

(marlenka/iStock/Thinkstock)

12日に放送されたTBS系情報番組『サンデー・ジャポン』では、10日発売の『FRIDAY』が報じた競馬の武豊騎手がタレント・小浦愛と路上キス騒動をテーマに議論。

爆笑問題・太田と片岡鶴太郎の競馬の例え話がうまいとネットで話題だ。

 

■色で例えるなら…

武豊の妻である佐野量子の「神対応」もあり不倫騒動は終息に向かっているが、今回で二回目となる不倫報道。

今回の騒動に爆笑・太田は「武さんはプレイボーイで有名ですけど、今回に関しては色に例えるとキタサンブラックって感じだね」と武が主戦騎手を務める競走馬に例えてスタジオに笑いの渦を巻き起こした。

さらに、ゲストコメンテーターの片岡鶴太郎が番組MCの爆笑・田中にコメントを求められると…

「武さんは競馬の騎手ですから、牝馬が来たら乗りますよね。人参を出したら牝馬は寄ってくるしね。まぁ武さんのキャロットはモテるんでしょうね」

 

太田と同様に競馬の例え話でコメントした。

武は、12日に開催されるエリザベス女王杯での騎乗も予定していたが出場をキャンセル。調教中の落馬による怪我の影響もあるだろうが、今、牝馬に乗るのは良くないと判断したのかもしれない。

 

■ネット民も大爆笑

ネットでは「武豊ネタがおもしろい」という声が目立っている。

今回の武豊の不倫疑惑太田 色で例えると「キタサンブラック」鶴太郎 「牝馬が来たら乗りますわね」ウマすぎwww#サンデージャポン

— ミライさん (@WTBrightwingers) November 12, 2017

武豊の不倫騒動、サンジャポでの太田光のコメントが「色で例えるとキタサンブラック」とか相変わらず上手すぎだろww

— 咲おじ (@momo_qma) November 12, 2017

サンデージャポンの武豊ネタが面白すぎるわ

— ミッチ (@KMicchi_) November 12, 2017

 

■不倫は繰り返す?

しらべぇ編集部で、全国の20~60代男女1,342名を対象に「不倫をする人は、何度も不倫をしてしまうと思うか?」調査を実施。

「不倫は繰り返す」と世間は考えているようだ。

今年は、不倫疑惑報道の豊作年であり、テレビや週刊誌で聞かない日がないほど、不倫疑惑が報道されている。中には、初めての人も多くいるが武のように「またか…」という有名人も少なくなかった。

今後、武は美人に手綱を引かれないように、視野を制限するためのブリンカー(遮眼帯)を装着して生活を送ったほうがいいかもしれない。

斉藤由貴と不倫できるならしたい? 男性たちのリアルな本音に驚愕

ことし8月に、開業医の50代男性とのW不倫が報じられた女優・斉藤由貴(51)。これまで何度も不倫疑惑が報じられたこともあることから、恋多き女性として認知されている。

ルックスも含め非常に魅力的な女性のため、中には「不倫したい」と思う男性もいるだろう。しらべぇ編集部は全国20〜60代の斉藤由貴を知っている男性545名に「斉藤由貴と不倫したいか」について調査を実施した。

 

■不倫賛成派は4割

調査の結果、「共感する」16.5%、「理解はできる」28.6%と賛成派が4割、「違和感がある」23.5%、「おかしいと思う」31.4%と反対派が6割という結果に。反対派のほうが多いものの、それでも賛成派が4割もいることに斉藤の男性支持がうかがえる。

また、年代別にすると4、50代が約5割という結果となった。一方、20代では4割ほどだったものの「共感する」は2割を超え全年代でもっとも多い数値となった。

 

■避妊具所持の男性は不倫願望アリ?

また、「賛成派」の特徴を見てみると…

「避妊具を常に所持」している男性の8割弱が斉藤と不倫を望んでいるよう。性行為への意識が高さが不倫願望にもつながっているようだ。

また「不倫願望がある」男性の7割も、斉藤と不倫したいと思っているようだ。W不倫騒動により家族背景までが報じられている斉藤だが、それでも不倫願望アリの男性には関係ないという。やはり、それだけ斉藤が魅力的だということか。

 

■不倫したい声は意外と多い?

W不倫騒動の際、怒りをあらわにするネット民たちの陰では、「不倫したい」「気持ちはわかる」といった声もあがっていた。

50代でも斉藤由貴となら不倫したい

— 木林おず@ドゥームP (@kibaoz) September 11, 2017

斉藤由貴と不倫できるなら不倫したい

— 長谷川英一 (@hasegawaeiiti) September 11, 2017

最近、世間では不倫なんかしたら超叩かれるけど、僕は斉藤由貴と普通に不倫したいので叩けない。

— 沈黙の猫さん (@dekimasi) September 10, 2017

私も斉藤由貴と不倫したい…そうなる気持ちは分かる。分かるよ、男性医師。けどまぁ家族のこと考えるとねーってなるのか、世間的には。そりゃそうだね。当たり前だね。

— 猫背さかな (@yasagure_sakana) September 11, 2017

 

もちろん不倫は許されない行為だ。しかし、世の男性たちの中には「チャンスがあるなら…」と密かに思いを抱いている人もいるようだ。

「今はドスケベ」の矢口真里 不倫騒動後「島田紳助に救われた」と初激白

人気アイドルグループ・モーニング娘。の元メンバー、矢口真里(34)の人生を変えた不倫騒動。自業自得とはいえ1年半もの謹慎を余儀なくされた。

そんな矢口が、23日深夜放送『オー!! マイ神様!!』(TBS系)で、謹慎期間中に届いた「島田紳助のメール」について触れ、話題となっている。

(画像は矢口真里公式Instagramからのスクリーンショット)

 

■『ヘキサゴン』から学んだこと

自身が「神」と仰ぐものを紹介する同番組で、矢口は、一時代を築いたフジテレビのクイズ番組『クイズ! ヘキサゴン』を神と紹介。

「おバカ」を取り上げ、半分は音楽番組だった『ヘキサゴン』はクイズ番組の常識を逸脱した存在。「常識に囚われない生き方」を学んだと語る。

また、「自分の壁をぶち破って、自虐で笑いを取る方法」を身につけ、「当時はキャラもなくて普通。今はドスケベポジションになった」と、言葉通りの自虐を披露し盛り上げた。

 

■不倫騒動を救った島田紳助

不倫騒動発覚後、1年半にわたり芸能活動を自粛。引きこもり生活を続けていた矢口を救ったのは、『ヘキサゴン』の司会・島田紳助からのメールだった。

「人生ゆっくり行きましょう。僕は今までできなかったことをいっぱいしています。ゆっくり行こう」

 

忙しない芸能界で、忘れられる怖さに怯えていた矢口は「ゆっくり、分かってもらえる人に分かって頂いて、頑張っていこう」と思えたと当時を思い返す。

最終的に島田紳助を「神様」と結論付けた矢口に、爆笑問題・田中裕二(52)、メイプル超合金・カズレーザー(33)らも共感を示した。

いい迷惑! 「たったこれだけで? 」不倫だと疑われた行動3選

(©ぱくたそ)

既婚者にとって他人事ではなくなってきた不倫問題。中には、「もしかしてうちの夫も…」と過敏になるあまり、些細なことで不倫を疑ってくる人もいるらしい。

しらべぇ取材班は、女性たちに「こんなことで不倫を疑われるなんて…」と思った行動を聞いてみた。

 

①20年来の友達なのにメールをしているだけで不倫を疑う

「小学生の頃からずっと仲良くしていた20年来の友達だった男性がいます。彼の奥さんも私の友達だった子で、私の紹介で出会って結婚したのに、結婚後にも彼と連絡を取っていたら…。

 

彼女は『もしかして不倫? もうふたりで連絡は取らないで!』とブチギレし、彼とは連絡が取れなくなりました。

 

彼とは20年以上の友達だし、私の紹介で出会ったくせに…」(女性・30歳)

 

②血の繋がりのある親戚関係なのに不倫を疑う

「母親が亡くなった時に、号泣した私の背中を3歳年上のイトコがさすって励ましてくれました。その光景を見たイトコの嫁が『あのふたりは怪しい!』と言い出したことが。

 

血が繋がっている親戚同士の不倫を疑ってくるなんて、昼ドラの見過ぎだろう…と、ドン引き。

 

こんなので疑われたら、親戚といえど男性の隣に座ることすらできません」(女性・29歳)

 

③一緒に出張へ行った夫の女性上司に不倫を問いつめる

「営業職で出張も多かったんですが、私が教育係になった新人の男性後輩とふたりで地方を回ることが数回ありました。

 

それを新婚かつ若い奥さんが疑ったんでしょうかね。ある日、社用携帯に電話があり『うちの夫と不倫していませんか?』と言われたことが。

 

一応、私は彼の上司なんですが…。こういう奥さんは男性の評価を落としますよ」(女性・32歳)

 

▪️不倫を問いつめるのは証拠をつかんでから?

しらべぇ編集部が全国20代~60代の男女1,340名に「不倫をしたことがあるか」について調査したところ、およそ2割が「不倫したことがある」と回答。

不倫の芽は早いうちに摘みとりたくなるが、やっていないことを疑われて騒がれるのは、誰しも不快になるもの。

最悪の場合は、相手から名誉毀損で訴えられることも…。事実確認はしっかりとしてから問い詰めたほうがいいだろう。

・あわせて読みたい→男性は性欲が強すぎる? 女子たちのリアルな本音は…

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年1月22日~2016年1月25日対象:全国20代~60代の男女1,340名