不幸

私の家族を救ってくれた猫たち

 

5年ほど前の話です。

 

我が家は庭に建て増しをして、家を広くしました。

 

うちは祖母、両親、兄、妹、私と大人数だったので部屋が増えて嬉しかったのですが、それ以降、我が家は滅茶苦茶になりました。

 

父はお酒をほとんど呑まない人でしたが、理由もないのに酒量が増え、暴力は振るわなかったものの、大声で怒鳴るようになりました。

 

兄はそんな父が嫌で、就職が決まっていた会社の寮に入ると言って家を出て行きました。

 

祖母と妹は、家の中で事故死しました。

 

妹の遺体を見つけたのは母で、突然のことで辛かったせいか、変な拝み屋のところに通いつめるようになり、家事をほとんどしなくなりました。

 

家が広くなってからたった3ヶ月で、これだけのことが起きました。

猫はうちの守り神

私はというと、ずっと「夢だ、幻覚症状だ」と自分に言い聞かせて誤魔化していたことがありました。

 

家を広くしてから、知らない3人家族を家のあちこちで見るようになったのです。

 

最初に見たのは庭でした。

 

父親らしき男、母親らしき女、子供らしき男の子。

 

格好は古い感じで、3人で記念写真のように立っており、口だけがニヤニヤと笑い、馬鹿にされているような感じでした。

 

そして、いつも私が気付くと3秒ほど経ってから消えます。

 

そんなある日、野良猫が庭に迷い込んできました。

 

うちは動物を飼ったことがなかったのですが、私が学校へ行く時と帰って来る時には必ず玄関にいて待っているその猫が可愛くてしょうがなくなり、父と母の機嫌の良い時に説得し、うちで飼うことにしました。

 

鼻のところにホクロのような模様があったので「ハナちゃん」と名付け、ハナちゃんの存在は安らげない家の中で唯一の慰めでした。

 

ハナちゃんが一緒にいる時は、なぜかあの3人家族を見ることもありませんでした。

 

2ヶ月くらい経った頃、ハナちゃんは急に死にました。

 

朝いつも一番に起きるハナちゃんが起きて来ないので様子を見に行くと、ハナちゃんは冷たくなっていました。

 

獣医さんは「心臓麻痺かな」と言っていました。

 

私はここ3ヶ月に起きたこと、心の拠り所だったハナちゃんがいなくなってしまったことで精神のバランスを崩したのか、全てがどうでもよくなり、感情を表に出すことなく毎日を過ごすようになりました。

 

そんなある夜、ふっと目を開けると、あの3人家族がベッドの脇に立って私を見下ろしていました。

 

そして、ニヤニヤと笑っていました。

 

今考えると恐ろしいのですが、その時はもう「勝手にしてよ・・・」と思っていました。

 

次の瞬間でした。

 

物凄い剣幕で怒っている猫の大きな顔が浮かび上がり、父親らしき男に噛み付きました。

 

3人家族は驚愕の表情で消えました。

 

私もこの時は本当に恐ろしかったのですが、穏やかに変わった猫の顔を見た瞬間、「ハナちゃん!」と叫びました。

 

鼻の横の模様がはっきり見えたのです。

 

翌朝、珍しく母が先に起きていました。

 

なんでも、寝ていたら布団の上から猫の足のような感触で突かれ起きてしまったのだそうです。

 

私は抑えていた感情が一気に溢れ、大泣きしました。

 

母と、起きてきた父を前にして、「酒を呑んで怒鳴るのは止めて。拝み屋に行くのも止めて。こんなんじゃ、おばあちゃんと妹があの世にいけない」と、とにかく泣き叫びました。

 

さすがに両親も分かってくれたらしく、父は家のお酒を全部捨てて病院に通い、母は拝み屋に行かなくなり家事をするようになりました。

 

そんな時、兄から連絡がありました。

 

「子猫を飼ってくれないか?」と言うのです。

 

寮に住み着いた猫がいて、毎晩駅からの帰り道の途中で自分を待っている。

 

可愛くて放っておけない。

 

自分は寮だから面倒みてくれないか?という話でした。

 

ハナちゃんには申しわけなかったのですが、うちで飼うことにしました。

 

そして、学校から帰った夕方に一人で家に居た時です。

 

台所でテレビを見ていると、寝ていた子猫が急に起きて廊下に飛び出ていきました。

 

同時に、廊下でバタバタバタ!と、玄関に向かって走る音が聞こえました。

 

驚いて廊下に出ると、子猫が毛を逆立てて玄関に向かって怒っていました。

 

近付くと、「フィギャアアア!」と猫の怒鳴り声と、「うわあっ!」と男の声が響きました。

 

猫の声は子猫のものではありませんでした。

 

それからは、あの3人家族を見ることは全く無くなりました。

 

兄は猫が気になるらしく、よく家に帰って来るようになりました。

 

父も母もおかしなところは無くなり、家族で月に一度は祖母と妹のお墓参りにも行きます。

 

我が家では、「猫はうちの守り神」と思うようになったせいか、今は7匹の猫がいます。

 

あの時の子猫も大きくなり、今ではボスとして健在です。

 

(終)

The post 私の家族を救ってくれた猫たち appeared first on 怖いもん通信.

故郷から遠ざけられていた理由 2/2

前回までの話はこちら

父「この部落には池があるやろ。あれは昔はうちの祖先の池でな。今では維持とか無理やし県に寄贈したが。そこに石碑があるんや。その石碑ってのが『人柱』への感謝の石碑や」

 

父「あの池はなんか知らんけど、週に一人は男が足を掴まれたとかゆうて溺れてな。近所の神主さんに来てもらって見てもらうと『物の怪(もののけ)』が棲んでたんや。女のな」

 

父「その物の怪というのが、当時のうちの祖先の当主の妾(めかけ)やった女と子供の成れの果てや。当主に捨てられ身ごもった子供と怨みを抱きながら池に身を投げた。そんでそいつが悪さしよると」

 

※妾(めかけ)

正妻でない妻。

 

父「その物の怪は溺死した男達の怨みを糧にデカクなり、はよ鎮めな恐ろしいことになると言ったらしい」

 

父「そんで、その鎮める手段は『当主を人柱にする』ということやった。しかし、その当主は大した臆病者で、自分の名前を書いた人形を放り込んで人柱としたんや。石碑まで建ててな」

 

父「そして2か月ほどして当主の孫が生まれた。可愛い色白の女の子で、初めの忌み子や」

 

私「色白・・・」

 

私は地黒な両親から生まれたとは信じられないほど、色が抜けるほど白い。

 

その『色白』と、あえて言った父の思惑が手に取るように分かった。

 

父「そうや。その子が生まれてから村は壊滅状態になり、祖先の家族は謎の疫病にかかり死んでった」

 

父「これはアカン!と、もう一度神主を呼び、見てもろたらしい」

 

父「したら、神主は激怒した後こう言った。『なんてことしたんや!忌み子により末代まで祟られる』・・・とな」

 

父「忌み子は何代かに一度生まれる。特徴は『色白』、『女の子』、『泣きぼくろ』があるらしい。生まれる日は必ず雨で、身内に多大なる健康的被害を与える。・・・と書物にあった」

 

ふいに私の左目の下にあるホクロがうずく。

 

父「妾の子が女の子でな。泣きぼくろがあったらしい。神主はすぐに当主を殺し、池に沈めることを勧めた」

 

父「もちろんみんな追い詰められていたし、これに従った。そして妾とその子を祀った小さな祠を建てた」

 

私「それって・・・」

 

父「そうや。裏のな」

 

父「そうしてなんとか被害は収まった。しかし、忌み子はずっと生まれ続けてきたんや」

 

父「昔のように大勢の人間に被害を与えることはないが、その忌み子が嬉しいと感じた時、同性の姉妹が対になるように怪我するようになった」

 

父「それがお前と妹のユミや」

 

妹への罪悪感。

 

なんで今更こんなことを言うのか。

 

頭が痛い・・・。

 

父いわく、忌み『子』という言葉通り、20歳になれば忌み子ではなくなるという。

 

しかし、妹には念の為に近付かないで欲しいこと。

 

他にも、私が帰省しようとした時に『都合が悪い』と言ったのも、実は『妹の為』だったこと。

 

実際に私が一人暮らしをしてからは、妹が怪我や病気ひとつしないこと。

 

小さい頃に何度も私を殺してしまいそうになったが思い留まったこと。

 

そう矢継ぎ早に言われ、「もう実家には帰らないで欲しい」と両親に泣かれた。

 

泣きたいのはこっちだよ・・・。

 

頭の中は混乱していますが、これらは本当のことです。

 

私自身、まだ信じていませんが・・・。

 

父から告げられたその日、逃げるように故郷から去りました。

 

父が厳しかったことも、母がよそよそしかったことも、今となっては納得出来ますが、まだ信じられません。

 

それも当然です。

 

家族を失いましたから・・・。

 

可愛い妹にはもう二度と会えません。

 

あなたの兄弟姉妹は大丈夫ですか?

 

あの日から、私の左目の下にある泣きぼくろがうずきます。

 

(終)

The post 故郷から遠ざけられていた理由 2/2 appeared first on 怖いもん通信.

故郷から遠ざけられていた理由 1/2

 

つい先日、私は20歳の誕生日を迎えた。

 

故郷から程遠い大学に入った為、今は一人暮らしをしている。

 

友達と騒ぎ倒し、飲み倒し、気付けば爆睡していた。

 

その着信に気付いて目覚めると、窓から夕陽が差し込んでいた。

 

携帯電話の着信画面を見ると母からである。

 

珍しいな・・・と思いながら、その電話に出た。

母からの急な用件とは

私「はい・・・もしもし・・・・・」

 

母「誕生日おめでとう。その声は寝てたな。まあ誕生日やしね。ということはメールも見てないやろ?」

 

私「メール? ごめん、見とらんわ。なんて?」

 

母「次の土曜日に必ず帰省して欲しいんよ。バイトがあっても休んで。交通費も出すし、とにかく重要な話がある。直接話さないと」

 

私「なにそれ、気持ち悪い・・・。分かった。土曜日・・・って明後日やん(笑)」

 

母「うん。とにかく絶対に帰って来てね」

 

そして電話は切れた。

 

薄気味悪いと思ったが、明後日になれば分かること。

 

母からのメールを確認すると先程の電話と内容は同じで、『とにかく帰省しろ』とのことだった。

 

そして土曜日、私は実家の前に立っていた。

 

古い木造の母屋。

 

小さい頃は怖くて近寄れなかった蔵。

 

手入れされた庭。

 

そして、その庭の奥にある祠(ほこら)。

 

なにもかも懐かしく、そして久し振りだった。

 

何度か帰省しようとは思ったが、両親の都合が悪くて帰れなかった。

 

そんなことを考えながら、ボーっと家を見上げていると、窓からひょっこりと顔を出している小さな妹がいた。

 

妹「ねえちゃんおかえり! 待ってたんよ!!」

 

ウサギ似の私とは違い、鼻筋の通った地黒のオリエンタルビューティーな妹。

 

※オリエンタルビューティー

アジア系の美人。

 

そんな妹は小さい頃から身体が弱く、様々な手術を乗り越えてきたが、つい2年前に脳梗塞を発症した。

 

後遺症は幸いなことに残らず、それを最後に健康な様だ。

 

昔から私に懐いてくれている可愛い妹。

 

この2年間、ろくに電話もしていないことに気付く。

 

妹の声が聞こえたのだろうか、玄関が開いて母が顔を出した。

 

母「おかえり。元気そうやね。はよ入りまい」

 

そう促(うなが)され、久し振りの我が家に入る。

 

居間に荷物を置き、スウェットに着替えて一息ついていると、奥の座敷から父の声がした。

 

父「○○(私)、こちらに来なさい」

 

昔から厳格で寡黙だが、優しい父。

 

※寡黙(かもく)

口数が少ないこと。

 

妹と弟(部活で不在)には甘いが、私には凄く厳しかった。

 

長女だからと自らを納得させていたが、なんとなく父に対してコンプレックスを抱いていた。

 

襖(ふすま)を開くと、土気色の顔をした両親が並んで正座していて、その前に座布団が敷いてあった。

 

座るように言われ、私は恐る恐るその座布団に座った。

 

少しの沈黙の後、父が口を開いた。

 

父「○○、おかえり。元気そうでなによりや。いきなり呼んで済まなんだ。とにかく話がある。分かってくれ」

 

私「いいよ。話ってなに? それががいに気になって寝れなんだ」

 

※がいに

主に愛媛県の方言で、「非常に」や「大そう」という意味。

 

父「ん・・・そやな。お前もこのあいだ20歳になって成人したしな。話さなね。お前、覚えとるか?ユミ(妹・仮名)が脳梗塞になった時、お前になんかあったやろ?」

 

私「え?なんも無かったけど・・・。強いて言うなら、第一志望やった大学が奇跡で推薦が決まったことかな?」

 

父「ん・・・。せやな。じゃあ、ユミが耳の手術をした時は? あん時お前は高2じゃ」

 

私「高2といったらインターハイが決まった。・・・いや、秋やから国体やわ」

 

父「じゃあ、ユミが幼稚園の頃に事故に遭って手術したやろ。その時は?」

 

私「なに言いよるんや。話と何が関係あるんや。ユミの不幸が私となんの関係が・・・」

 

父「あるんや! 答え!!」

 

私「・・・覚えとらんわ。あん時、私は小学4年生やったやろ」

 

父「お前はあん時、読書感想文で全国大会に行ったんや」

 

私「・・・・・・」

 

父「気付いたか?そうや、お前の幸せはユミの不幸と比例しとる」

 

私「そんなん偶然やろ」

 

母「違うんよ。このノート見て」

 

古い汚れたノート。

 

薄っすら黄ばんでいる。

 

それを開くと、びっしりと小さい字で私の名前と妹の名前が書いてあった。

 

▲月△日◎◎曜日

【○○が習字コンクールで金賞】

【ユミが頭を怪我。5針縫合】

 

▲月△日◎◎曜日

・・・・・・

・・・・・・

 

正直、薄気味が悪かった。

 

そのノートを見ると、確かに父の言うことは納得出来る。

 

それに、私が良いことがあり喜んでいると妹の身に何かあり、『良いことがあれば悪いことが起こる』という方式を自分の中で作っていたことも思い出した。

 

父「お前はな、”いみご”なんや」

 

私「・・・いみごって、忌むに子でいいんかな?」

 

父「そうや」

 

私「・・・・・・」

 

その時はまだ意味は分からなかったけれど、とにかく“良くない意味”というのは理解出来たし、未知の恐怖で涙が出てきた。

 

父「ほんま、ごめんな。悪いと思ってるけど我慢して聞いてくれ。・・・大丈夫か?すまんな」

 

私「・・・大丈夫。続けて」

 

(続く)故郷から遠ざけられていた理由 2/2

The post 故郷から遠ざけられていた理由 1/2 appeared first on 怖いもん通信.

決して誰かに話してはいけない

 

2年ほど前にあった話になる。

 

当時の俺は高校を中退していて、両親からも見放された状態だった。

 

なので遊びよりも金という感じで、朝から晩までバイト三昧だった。

 

そして貴重な休みの日には、息抜きで友人たちと遊びに出掛けたりしていた。

 

と言っても、高校中退だったからDQN的な友人くらいしかいなかったが・・・。

 

バイトが出来る歳から貯めた金で車の免許と取り、さらには車も買った。

 

バイトで体が疲れていようが、夜中のドライブが日課になっていた。

 

そんな夏の頃、休み前日の夜から友人たちと廃墟に行ったりして遊んでいたのだが、期待を裏切られるように霊とは遭えず、そこにいたホームレスのおっさんにビビらされたくらいだった。

 

俺はガッカリして「もう帰ろっか?」と言ったが、帰りの車内で「怖い話をしようぜ!」となった。

 

そして俺の順番が回ってきた時、家に居た時に携帯サイトで見た怖い話を思い出して友人たちに話を聞かせた。

 

稲川淳二氏の放送中止にもなった話だ。

 

確か内容は戦時のとある女の話なのだが、ここでは詳しく話せない。

 

要するに、『決して誰かに話してはいけない』系の話だった。

 

当時の俺はそんなのを信じている訳もなく、得意気に皆に聞かせた。

 

だが、これが間違いだった・・・。

次々に起きた不運や不幸

なんだかんだで帰りの車内は盛り上がり、そのまま各自宅へ友人たちを送り届け、その日は解散。

 

未だ慣れない夜の運転に疲れた俺は、体のダルさを気にしつつ家までの階段を上った。

 

ドアに鍵を差し込んで回し、ドアノブに手をかけ、玄関を開けようと引いた。

 

しかし、”ガチャ”と音が鳴ったのにドアは開かない。

 

(鍵、閉めて出たよな・・・?)

 

そんな疑問を抱きながらも、もう一度鍵を取り出して玄関を開けて中に入った。

 

俺は早く風呂に入りたくて、とりあえず部屋の電気を片っ端から点けた。

 

だが、明るくなった部屋の光景にビックリした。

 

空き巣に入られたように部屋が荒れていた。

 

クローゼットの中の洋服や、テーブルの上にあったものまで床に散らばっている。

 

(最悪・・・)

 

仕方がないので、すぐさま110番をして警察を呼んだ。

 

一通りの事情聴取を終えてからシャワーを浴びた。

 

次の日はバイトが休みだったので、「明日片付けよう・・・」と思って寝室のベッドに飛び込んだ。

 

その日の夜、初めて”金縛り”に遭った。

 

胸元に誰かが乗っているのかというくらい圧迫され、首を締められるような感覚に。

 

さらに、顔の前には何者かの気配を感じて吐息がかかる。

 

気持ち悪く、苦しく、目も開かない。

 

疲れたから早く寝たいこともあり、次第にイライラし始めた。

 

俺は心の中で「眠いんだよ!!」と叫ぶと金縛りが解け、まぶたを開いて身体を起こした。

 

なんだ、呆気ない。

 

そう思っていると、耳元で何者かが囁いた。

 

「あなたの体、ちょうだい」

 

囁かれてゾッとした瞬間、気が付いたら朝になっていた。

 

どうやら気を失っていたらしく、情けないな・・・と思った。

 

次の日の昼間、蒸し暑かったので窓を開けながら部屋の掃除をし終えてテレビ見ていた。

 

だが、急に恐怖心が襲ってきて、家にさえ居たくなくなった。

 

その為、急いで車の鍵を持って友人の家に向かった。

 

急に出向いたわりには快く迎えてくれて、夜までその家に居座っていた。

 

さすがに明日はバイトもあって長居するのに罪悪感もあり、礼を言って自分の家へ帰ることにした。

 

友人と過ごしたおかけで、恐怖心どころか昨日車内で話した事もすっかり忘れていたのだが、いざ自分の家に着いて中に入ると、何故だか家の中の風通しが良くて焦げ臭い。

 

真っ暗だから何も見えないし、どうせ近所の誰かが魚でも焦がしたんだろと思って部屋の電気を点けた。

 

明るくなった部屋の窓を見て、俺は心底ゾッとした。

 

エアコンとその周りの壁が真っ黒になり、窓に掛かるカーテンが半分以上も無くなっている。

 

網戸にも火種が飛んだらしく、燃えた痕のような大きな穴が開いていた。

 

気持ち悪くて窓を閉めようと手を掛けた瞬間、目の前に紫色の着物に身を包み、左脚と右腕の無い女が目を見開いてニタニタしながら立っていた。

 

俺は思わず小さな悲鳴を上げ、そのまま後ろに尻餅をついた。

 

その女は満足したかのように笑い、そしてスッと消えた。

 

俺は恐怖で暫くその場に座り込んだままだった。

 

後日、新しいエアコンを業者に取り付けてもらい、カーテンも網戸も新調した。

 

『あの話』をしたからこんな事が起きたのだろうか?

 

そう考えるも確信が無い為、偶然だったんだと思うようにした。

 

数週間後。

 

バイト先へ行く途中、車内のバックミラーにふと目をやった。

 

すると、紫色の着物を着た女が後部座席に座っており、あの時と同じように変わらずニタニタと笑っていた。

 

俺は短い悲鳴を上げて視線を前に戻した瞬間、後ろの車に追突されて全身打撲とあばらを骨折して入院するはめに。

 

追突された瞬間にゲタゲタと大きな笑い声を耳にし、痛みに耐えられなくて気を失った事を覚えている。

 

それ以来は何もないが、もう二度と『誰かに話してはいけない』系の話はしないと心に誓った。

 

(終)

The post 決して誰かに話してはいけない appeared first on 怖いもん通信.