不快

口座解約してやる! 「銀行の窓口」でされた不快な対応3選

(DAJ/iStock/Thinkstock)

銀行は、顧客のお金や個人情報を扱う場である。そのため、銀行の顔である窓口には顧客が安心できるような人が求められるが、中には不信感を持ってしまうような対応をする人も…。

 

①待っている間に通帳の中身を興味本位で見る

「窓口で通帳を預けて書類を記載していたんですが、その待っている間に窓口の若い女性が通帳のページを1枚1枚めくって、あきらかに興味本位で中を見ていました。

 

こちらは銀行の人だから信用してお金の明細がいろいろ載った個人情報を預けているのに失礼にもほどがある。ちゃんと教育しろ!」(女性・29歳)

 

②キャッシュカードの初期不良に謝罪もない

「振込みをしようと思ったら、発行されて間もないキャッシュカードが使えず銀行へ行ったら再発行が必要だと窓口でぶっきらぼうに言われました。

 

キャッシュカードがあれば無料だったのに、窓口でお金を引き出すのと振込みの手数料で600円近く取られることに。これって本来は銀行側が負担すべきでは…」(女性・36歳)

 

③窓口の対応が悪すぎて客を逃す

「窓口の受付待ち人数が『0人』で、客を対応している雰囲気もなかったので、空いている窓口に行ったら『なんですか? お呼びしました?』とキレられたことが。

 

受付番号を取って待っててください、と怒られ呆然。定期預金を作ろうと思っていましたが、そのまま帰り、別の銀行に行きました」(男性・36歳)

 

▪️銀行にお金を預けるメリットはもうない?

しらべぇ編集部では、全国20〜60代男女1,358名を対象に、「メイン銀行の残高が1,000円を切ったことがある人」の調査を実施したところ、3割近くもの人が該当した。

貧困の問題もあるだろうが、不景気な昨今は、利息はつかないかわりに、ATMでは時間外手数料を取られるなど、銀行にお金を預け入れるメリットを感じられない人も少なくないのだろう。

今後、銀行も顧客を増やしていくためには、客への丁寧な対応は欠かせないのかもしれない。

うざい! 飲食店員が注文時に客にされてイラっとした行動3選

(Kavuto/iStock/Thinkstock)

飲食店で注文を伝える時は、店員にただメニューを言うだけなのに、なぜかトラブルになることも…。

しらべぇ取材班は、接客業経験者に店員をイラッとさせるお客について話を聞いてみた。

 

①商品名を指差して早口で注文してくる

「メニューの料理名を言わずに、指差すだけで『コレとコレとコレ』と早口で言われてついていけず、もう一度お願いしたら、露骨にため息。

 

動体視力の超人じゃないんだから無理だって…。商品を指差して注文するなら、店員が料理名を確認できるくらいまで待ってほしいです…」(女性・29歳)

 

②店員を呼んでから注文する品を選ぶ

「お客さんに呼ばれたので、注文する品が決まったのかと思って行ったら、私がテーブルに来てから『どれにする〜?』と選びだした人たち。

 

長く待っていたんですが決まる様子もないので、『お決まりの頃にきます』と伝えたら、『もう決まるから待って!』と。こっちも忙しいのに」(女性・28歳)

 

③自分で注文した品が訳がわからなくなる

「注文の時に、『アレとコレと…。あっ、やっぱりアレはやめて、コッチで…』などと、料理をいろいろと悩んであれこれ変更してきたお客さん。

 

いざ頼んだ料理がきたら、自分でも何を頼んだのかごっちゃになったのか、『これじゃなくて○○頼んだはず』と、店員が間違えているとキレてきた」(男性・25歳)

 

▪️店員に横柄な態度をすると反撃される可能性も?

ちなみにしらべぇ取材班が、全国20代〜60代の働く男女900名に「嫌な客にいやがらせをしたことがあるか」を調査したところ、なんと2割以上の人が「ある」と回答した。

 

立場の弱い店員に横柄な態度をする客の話や、その場に出くわすこともあるだろう。店員といえども、誠実な対応を心がけたい。

炎上でお騒がせの元国会議員・上西小百合が『ダウンタウンDX』出演 ネット民は不快感

(画像はInstagramのスクリーンショット)

2日に放送された、日本テレビ系バラエティ番組『ダウンタウンDX』に元国会議員・上西小百合氏が出演し、話題になっている。

 

■被害者は私!

上西は、「高校時代は深田恭子と言われていた」や「タレントってバカでもなれるのかしら」などの発言でネットに炎上をもたらし、世間から注目を浴びた。

そんな、上西に石原良純が「よく炎上するけどあれは何?」と質問すると…

「全く意味がわからない。Twitterは、思ったことをつぶやくものだから、勝手につぶやかせてと思っている。

 

私のTwitterを見て腹が立つ人はいるかもしれないけど、とくに誰も傷つけてはいない。むしろ一番迷惑してるのは、わけもわからず炎上して世間からブーブー言われる私だと思っている」

 

と、持論を展開した。

昨今では、政治家がSNSを利用し、情報発信を行うことも増えている。しかし、政治家は一般ユーザーとは違い、社会に与える影響が大きいことから一定の配慮を持って使うべきだと考える人も多いだろう。

 

 

■ネット民は不快感

ネットでは「上西が出演してるからチャンネルを変えた」と不快感を示す声が目立っている。

私はダウンタウンDXに上西小百合氏が出演されていて何かしら嫌悪感があったのでチャンネルすぐ変えたのですが…そんなに視聴率持ってる方なの?瞬間的なものでしょ。

— MiyaHiro (@mamma_miya2010) November 2, 2017

は?ダウンタウン番組に上西?冗談じゃなく気分悪くなるからチャンネル変えたぜ!

— pooohkun (@pooohkun) November 2, 2017

また一方では「テレビ局もいい加減しろ」という声も見られた。

録画した覚えの無いダウンタウンDX、深キョンのキーワードで録れてたからゲスト出演してるのかと思ったら、上西小百合がゲストで高校時代に深キョンて言われてたってツイートで炎上した話で録画されてた。ホント、テレビ局いい加減にしろよな。こいつゲストで使うとか頭おかしい

— ユースケ・ホットミルク (@yusuke_hotmilk) November 2, 2017

 

■チャンネルを変えたくなる芸能人はいる?

しらべぇ編集部では、全国のテレビを観る20代〜60代の男女1,117名を対象に「テレビに出ていたらチャンネルを変える芸能人がいる」か調査を実施。

4割ほどの人が「チャンネルを変えてしまう芸能人がいる」結果に。キャラや発言に「イラッ」とすることでチャンネルを変えてしまうことがほとんどかもしれない。

上西は、次回の選挙を目指し、知名度をあげるためにテレビの出演も考えているという。しかし、今回の出演で不快感を示す声が多くなっているので、テレビ出演は、控えたほうがよさそうだ。

気持ち悪いから! スーパーで遭遇したカップルの不快行動3選

(Koji_Ishii/iStock/Thinkstock)

週末はお泊まりカップルが、彼女の手作り料理を食べるために、ふたりでスーパーにやってくることが多くなるものだ。

そんな気持ちが高ぶっているカップルの中には、周りの客をドン引きさせるような自己中な行動をする人たちも…。

 

①商品を使って遊ぶだけ遊んで買い取らない

「鮮魚コーナーで、彼女側が『魚コワ〜い!』と言っていたら、彼氏がパックに入った魚を取り彼女の顔に近づけて、『やだ〜』とふたりでキャッキャと大盛り上がり。

 

うるさくて不快だし、その何度も彼女の顔に近づけた魚は買いとらずに、また置き場に戻して去っていくし。

 

『おまえら遊ぶだけ遊んで…。買い取れよ』と呆れました」(男性・26歳)

 

②カップルで別々のレジ列に並んで、早い方に行く作戦

「レジに並ぼうとした時に、女性がなにも持たずに立っている列があったので、『すぐに終わりそう!』とその列に行きました。しかしその女性の順番手前になったら…。

 

隣の列に並んでいた男性を『こっちのほうが早い』と呼び、私の目の前にカゴに大量に食材を入れた男性が…。割り込みされた気分とたいして変わりませんでした」(女性・29歳)

 

③商品を選びながら女性のお尻を触っている

「周りが見えていないのか…子供も老人も付近にいるのに、食品売場で彼女のお尻を撫で回しているバカップルを見たことがあります。

 

公共の場でするだけでドン引きですが、食品を扱っているところでそんなことを見せられると、汚らしくみえて食欲減退。家でふたりきりの時にやれ!」(女性・36歳)

 

▪️公共の場でいちゃつくのは周りの迷惑に!

ちなみにしらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,500名に「公共の場でイチャつくカップル」について調査したところ、およそ5割が「ルックスがイマイチだと思う」と回答。

人前でいちゃつくはしたなさが、容姿もマイナスに見せてしまうのかもしれない。

 

とくにスーパーでは、小さな子供がいたり食べ物を扱っていたりと、男女がベタベタする場としては、ふさわしくないもの。節度を心がけたほうがいいだろう。

・あわせて読みたい→仕事中にそんなことを! 社内恋愛カップルがした迷惑行為3選

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2014年8月15日(金)~8月19日(火)対象:全国20代~60代 男女ユーザー計1500名

なんだこの店! 不快になった店員の「いらっしゃいませ」3選

(nikoniko_happy/iStock/Thinkstock)

来店したお客にたいして、店員からの最初のアクションである「いらっしゃいませ」という言葉。

心がこもった状態で言われたら客側もお店にたいしていいイメージを持つが、中には逆にイヤな気持ちになるような言い方をする人も…。

しらべぇ取材班は、店員の不快になった「いらっしゃいませ」を調査してみた。

 

(1)話の腰を折られて面倒そうに「いらっしゃいませ」

「女性店員が大声で私語を喋っていたんですが、私が入店したことに気づいたら、いきいきと話していた声とは打って変わり、『あ、いらっしゃいませ』と面倒そうに棒読みで…。

 

店員同士で喋っていても、そのテンションで挨拶してくれたら全然気になりませんが…。

 

こんな落差を見せつけられちゃうと、客として歓迎されてないのを感じて、いやでした」(女性・30歳)

 

(2)睨みつけてきて「いらっしゃいませ」すら言わない

「近所のスーパーなんですが、目があっても眉間にシワを寄せて、汚いものを見るような目で睨みつけてきて、『いらっしゃいませ』も言わない若い店員がいました。

 

仕方なく働いていて、客へそういう態度をすることでストレス発散していたんでしょうが…その店員に会うのがイヤで、わざわざ遠いスーパーに通ったほど不快でした」(女性・36歳)

 

(3)舌打ちしてから、笑顔で「いらっしゃいませ」

「居酒屋に行ったんですが、入店するなり、一瞬かったるそうにチッと怖い顔で舌打ちしてから、満面の笑顔で『いらっしゃいませ〜!』と言ってきた男性店員がいました。

 

たった一瞬でしたが、その一瞬だって目に入ります。本人は気づかれてないと思っているのか…。

 

『こいつ怖い。サイコパスそう…』と、客目線を超えて、人間として引きました」(女性・27歳)

 

▪️客への「いらっしゃいませ」の対応を見れば、すべてがわかる?

ちなみにしらべぇ取材班が、「味は良くても店員のサービスが悪い店には二度と行かないか」を調査したところ、半数以上が「行かない」という結果に。

飲食店や販売店など、どのようなお店であれ、入店した時に「いらっしゃいませ」すら、まともに言えないお店で真心のあるサービスが受けられるとは思えないもの。

「いらっしゃいませ」を不快に感じたら、そのお店での接客は期待しないほうがいいかもしれない。

・あわせて読みたい→品がなさすぎる! 高級レストラン店員の「ドン引き行動」3選

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日対象:全国20代~60代の男女1,358名 (有効回答数)

なんだこの店! 不快になった店員の「いらっしゃいませ」3選

(nikoniko_happy/iStock/Thinkstock)

来店したお客にたいして、店員からの最初のアクションである「いらっしゃいませ」という言葉。

心がこもった状態で言われたら客側もお店にたいしていいイメージを持つが、中には逆にイヤな気持ちになるような言い方をする人も…。

しらべぇ取材班は、店員の不快になった「いらっしゃいませ」を調査してみた。

 

(1)話の腰を折られて面倒そうに「いらっしゃいませ」

「女性店員が大声で私語を喋っていたんですが、私が入店したことに気づいたら、いきいきと話していた声とは打って変わり、『あ、いらっしゃいませ』と面倒そうに棒読みで…。

 

店員同士で喋っていても、そのテンションで挨拶してくれたら全然気になりませんが…。

 

こんな落差を見せつけられちゃうと、客として歓迎されてないのを感じて、いやでした」(女性・30歳)

 

(2)睨みつけてきて「いらっしゃいませ」すら言わない

「近所のスーパーなんですが、目があっても眉間にシワを寄せて、汚いものを見るような目で睨みつけてきて、『いらっしゃいませ』も言わない若い店員がいました。

 

仕方なく働いていて、客へそういう態度をすることでストレス発散していたんでしょうが…その店員に会うのがイヤで、わざわざ遠いスーパーに通ったほど不快でした」(女性・36歳)

 

(3)舌打ちしてから、笑顔で「いらっしゃいませ」

「居酒屋に行ったんですが、入店するなり、一瞬かったるそうにチッと怖い顔で舌打ちしてから、満面の笑顔で『いらっしゃいませ〜!』と言ってきた男性店員がいました。

 

たった一瞬でしたが、その一瞬だって目に入ります。本人は気づかれてないと思っているのか…。

 

『こいつ怖い。サイコパスそう…』と、客目線を超えて、人間として引きました」(女性・27歳)

 

▪️客への「いらっしゃいませ」の対応を見れば、すべてがわかる?

ちなみにしらべぇ取材班が、「味は良くても店員のサービスが悪い店には二度と行かないか」を調査したところ、半数以上が「行かない」という結果に。

飲食店や販売店など、どのようなお店であれ、入店した時に「いらっしゃいませ」すら、まともに言えないお店で真心のあるサービスが受けられるとは思えないもの。

「いらっしゃいませ」を不快に感じたら、そのお店での接客は期待しないほうがいいかもしれない。

・あわせて読みたい→品がなさすぎる! 高級レストラン店員の「ドン引き行動」3選

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日対象:全国20代~60代の男女1,358名 (有効回答数)

楽しさが台無し! 食事デートのお会計で店員にされた最悪行動3選

(Kavuto/iStock/Thinkstock)

デートでのお会計は、男女ともに神経を使う時間である。そこで礼儀のない店員から心ない行動を取られれば、カップルの関係にも気まずさが漂ってしまうことも…。

しらべぇ取材班は、「食事デートのお会計で不快になったことがある」という人たちに話を聞いてみた。

 

①上座にいる女性に伝票を渡す

「わりと高級なレストランに行ったんですが、お会計を頼んだら店員が上座側に座っている女性に『お支払いはこちらです』と伝票を渡したことがあり、唖然としました。

 

その辺の居酒屋じゃないし、見ればデートともわかるはずなんだから、男側に伝票を渡すのがマナー。女性も気まずそうで、デートを台無しにされた気分でした」(男性・32歳)

 

②女性が支払いをしたらネタにする

「彼氏の誕生日のお祝いに食事に行き、お会計は私が払いました。その時に、私が財布から全額出すと、店員は『え? 女側が払うの?』というような露骨に驚いた顔を。

 

席とレジが近かったんですが、その店員がお金を持って戻るなり『女が払っていたよ。ヒモかな?』と小声でネタに。女性が全額払うのってバカにされることなんでしょうか…」(女性・30歳)

 

③お会計に口出ししてくる

「友達のような馴れ馴れしい接客をする若い店員。お会計を頼んだ時に、彼女と割り勘で払ったら『こういうのは彼氏さんが払わないと!』と、僕の肩をバシッと叩いてきて。

 

おまえに関係ないだろう…という気分だし、お会計に口出しするって店員が一番やっちゃいけないことでしょ」(男性・28歳)

 

▪️どんなにお店がよくても、店員ひとつで敬遠されることに…

ちなみにしらべぇ取材班が、「味は良くても店員のサービスが悪い店には二度と行かないか」を調査したところ、半数以上が「行かない」という結果に。

 

とくに「お会計」は、お金に関わるデリケートな部分。そこをかき乱すような店員がいるお店には「どんなに雰囲気がよくても、もう行きたくない!」と、思う人は多いのではないだろうか。

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日対象:全国20代~60代の男女1,358名 (有効回答数)

二度と呼びたくない! ママ友家族とのイラっとした食事会3選

(Tomwang112/iStock/Thinkstock)

仲の良いママ友同士であれば、お互いの家に招きあってちょっとした食事会をすることもあるだろう。

だが、その食事会がきっかけとなって関係が不仲になることも。しらべぇ取材班は、母親の女性たちに話を聞いてみた。

 

①手土産や夕飯代を気遣う姿勢がない

「子供と同じ幼稚園のご家族なんですが、家のキッチンが火事になり使えないとかで、近隣のママ友たちで順番に、その一家を招いて夕飯をするという面倒な展開に…。

 

うちも仕方なしに招待したんですが、手土産はないし、夕飯の材料代も払う素ぶりはなく、たらふく食べるし。好意とはいえ、礼儀もなく甘えまくる姿勢にドン引きでした」(女性・36歳)

 

②出された料理を「美味しくなかった」と言う

「奥さんが毒舌というか、ズバズバ言う自分が面白い…と思っている人で。彼女一家を招いて食事をして、後日、共通の友人が『○さん(私)の料理美味しかったでしょ?』と聞いたら…。

 

私が目の前にいるのに、『味付けが甘ったるくてさ! いまいちだったかな』と。手作り料理をけなされるのは傷つくし、嘘でも美味しかったと言ってほしかったです」(女性・33歳)

 

③マットを汚しても謝罪しない

「うちで焼肉パーティーをしたんですが、子供がタレをこぼして、マットに大きなシミをつけました。ここで謝罪があれば、『気にしないで』と言えましたが…。

 

彼女とその旦那は『子供がいるとこれだからやんなっちゃうわよね〜』と言うだけで、ごめんねの一言もなし。この一家とは関わるのやめよう…と思いましたね」(女性・34歳)

 

▪️ママ友付き合いはしんどい!

しらべぇ編集部が全国の20代~60代の子どもを持つ女性351名を対象に「ママ友付き合い」について調査したところ、半数以上のママたちが「正直疲れる」と回答した。

とくに家というデリケートな場所で食事をともにするとなると、なにかとイラっとすることがあるようだ。

自宅にお呼ばれした時には、「親しき中にも礼儀あり」を意識して、きちんとした行動を心がけたほうがいいだろう。

・合わせて読みたい→一生のトラウマに!「夫の不倫相手」が妻にやらかした最低行動

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日対象:全国20代~60代の出産経験のある女性371名(有効回答数)