不思議な体験談

高熱を出して寝込んでいる時に

 

小学5年か6年生だった頃の話。

 

当時の俺は身体が本当に弱くて学校もよく休んでいた。

 

平日なのに家にいる時間が多く、友達も多くなかった。

 

ある日、いつものように高熱を出して自分の部屋で寝込んでいると、居間から物音が聞こえてきた。

 

母は買い物に出掛けたし、もしかして親父が帰ってきたのか?と重たい身体を動かして居間に向かった。

 

すると、頭が異様に大きな知らないお爺さんがソファーでくつろいでいる。

 

びっくりしたけれど、親戚の人かと思って「どちら様ですか?」と色々訊いたが、「ああ」とか「うん」とかしか言わない。

 

とりあえず母が帰って来るまで時間を稼ごうと、麦茶とポテチをご馳走した。

 

でも具合悪くて今にも倒れそうだったので、お爺さんに「上で寝てるけど、もしなんかあったら言ってください」と言い残して再び寝始めた。

 

10分もしないうちに玄関から鍵を開ける音とドアが開く音がして、母の「ただいま」という声がした。

 

母はすぐ部屋に向かってきて「調子はどう?熱下がった?」と訊いてくるので、「お客さんリビングに居たよ」と言った。

 

すると、「どこにも居なかったよ。ポテチとコップ置いてあったけど、食欲出てきた?」と言う。

 

「はぁ?」と思って身体を起こしてみると、さっきのだるさが嘘のように身体は軽くなり、さらに40度近い高熱も下がっていた。

 

居間には空っぽになったコップとポテチの袋があった。

 

それからというもの、信じられないくらい身体は丈夫になり、学校を休むことも少なくなって友達もたくさん出来た。

 

嫁と母にこの話をすると未だ信じてくれないが、あのお爺さんの声と気難しそうな顔、それに異常に大きな頭は今でも覚えている。

 

(終)

The post 高熱を出して寝込んでいる時に appeared first on 怖いもん通信.

生命の危機が訪れると

 

俺には時間が巻き戻る感覚が度々起こる。

 

一度目は、保育園から脱走した途端にトラックに跳ねられたはずなのに、その少し前に戻っていた事。

 

二度目は今年初めの事だ。

 

会社で作業中、有機溶剤を使っていて横にはコンクリートを切断している火花。

 

いつものことなので、さっさと終わらせようと手を動かしていたら突然引火。

 

手元から顔へ炎が噴き上がり、顔を大ヤケド。

 

眉毛がじゃりじゃりになって顔全体が火ぶくれに。

 

同僚に連れられて病院へ。

 

医者に手当をてしてもらいながら、段々と息が出来なくなり気が遠くなる。

 

「酸素マスク!」と医者が叫び、「ああ、ドジったな。ここまでか」なんてぼーっと考えていた。

 

すると、はっと気付くと何事も起きていなくて、その作業を始める前に戻っていた。

 

一日分やった作業が消えている。

 

「ヤケドした夢?」と思ったが、記憶通りに作業工程が進み、別工程をしていた同僚が近くでコンクリートカッタ―を使い始めた。

 

「やべっ!」と思って俺は作業を中断。

 

現場監督に、「すいません。腹が急に痛くなって・・・」とばっくれた。

 

もしかしたら一度目の自分と二度目の自分は、別次元であのまま死んだんじゃないかと思っている。

 

三度目の正直が怖いので、注意深く生きてくつもりだ。

 

ちなみに、巻き戻しの起きた前も後も、自分の記憶がおかしいだけで世間には何の影響も無い。

 

でも、何かにもて遊ばれているような気もしている。

 

「きっと、この次はない」という予感をひしひしと感じている。

 

(終)

The post 生命の危機が訪れると appeared first on 怖いもん通信.

僕らはここで終わりなんだから

 

子供の頃に体験した、怖いというより不思議な話。

 

俺は子供の頃、小さな村に住んでいて、どこにでもあるような小学校に通い、いつも同じ5人組のグループで遊んでいた。

 

毎日がとても楽しくて、たまに夜の11時に帰った時には親にめちゃくちゃ怒られたりと。

 

男は俺を含めて4人、女は1人。

 

余談だが、女の子はそこそこ可愛くて、みんなが狙っていた。

 

ある年の大晦日、俺たちは「皆で年を越そう」となり、5人組の一人の家に集まっていた。

俺が見ていたのは幻だったのだろうか

うちの親は過保護だったが、珍しく泊まりに行くのを許してくれた。

 

必死にどう説得するか考えていただけに少し拍子抜けした。

 

だけど、そいつの家は今思えばおかしかった。

 

大晦日の夜だというのに、両親が家に居なかったのだ。

 

結局、夜中まで雪合戦などをしていたけれど、いくら家の庭だからといって、もうすぐ日付が変わりそうな時間なのに注意もされない。

 

そして、一人が腕時計を見て「あ!いよいよ年が変わるぞ!」と言った時、みんなで空を見上げた。

 

どうしてそんな事をしたのかは分からないが、幼いながら星空にロマンを感じていたのだろう。

 

「来年も楽しく過ごせるといいな」と、俺はぼそっと呟いた。

 

すると、グループで一番頭のいい奴が変なことを言うんだ。

 

「無理だよ。だって僕らはここで終わりなんだから」

 

その当時、何かの絵本でそんな言葉を見たことがあって、俺は何で今その言葉が出たのかと考えていた。

 

終いに俺は、本当にもう会えないのかと思って泣き出してしまった。

 

だけど、他の3人はみんな知っているような顔をしていた。

 

「みんな、どこか行くの?なら俺も・・・」

 

「だめ。K(俺)はお終い。次の子が待ってるから」

 

気が付くと、俺は地面に倒れていた。

 

どうも屋根の雪下ろしを手伝って転落したらしい。

 

雪がクッションになり、ちょっと気絶しただけで済んだ。

 

でも次の日から、村は俺の知る村ではなくなっていた。

 

学校の名前、通っていたそろばん塾、行きつけの駄菓子屋、全部が変わっていた。

 

クラスの奴らは変わっていなかったけれど、俺たちのグループの奴らは誰も居なかった。

 

他のクラスメートに訊いたら、「引っ越した」だの「死んだ」だの「誰だよソレ」だの様々な答えが返ってきた。

 

俺が見ていたのは幻だったのだろうか。

 

今でも俺は大晦日になると庭で星を見る。

 

そして、この事を思い出す。

 

けれど不思議なことに、今では「そういう奴らがいた」としか思い出せない。

 

思い出は残っているけれど、あいつらの顔や声がどうしても思い出せない。

 

(終)

The post 僕らはここで終わりなんだから appeared first on 怖いもん通信.

消えてしまったクラスメート

 

小学3年生の時に転校してきたサキちゃんから聞いた話。

 

サキちゃんがまだ1年生だった頃、とても仲の良いユキちゃんという女の子がいた。

 

ある日、ユキちゃんが学校に宿題を忘れてしまったらしい。

 

忘れ物に気が付いたのは夕方だった。

 

一人で取りに行くのは怖いからと、サキちゃんも付いて行くことになった。

 

学校に着くと、ユキちゃんは教室に宿題を取りに入り、サキちゃんは教室のすぐ外で待っていたらしい。

 

けれども、何分経ってもユキちゃんが教室から出てこない。

 

不思議に思って教室の中を見たら、ユキちゃんは居なかった。

そんな子はいない

教室のドアは閉まっていたし、開けたら音ですぐに分かるから、気付かれずに出ることは出来ない。

 

教室にベランダはなく、窓も全部閉まっていた。

 

怖くなったサキちゃんは、そのまま家に帰ってしまった。

 

次の日、学校に行ったら教室にはユキちゃんの机が無かった。

 

担任の先生にユキちゃんのことを訊いてみたら、「そんな子はいない」と言われてしまった。

 

同じクラスの子に訊いてみても、答えは同じ。

 

それでも信じられなかったサキちゃんは、帰りにユキちゃんの家へ行ってみたが、そこは空き地になっていた。

 

サキちゃんの話はここで終わった。

 

この話をした次の日、サキちゃんは急にいなくなった。

 

転校をしたという話はなかった。

 

担任の先生に訊いたら、「そんな子はいない」と言われた。

 

「サキちゃんがした話と一緒だ!」と思って、一緒に話を聞いていた子達にサキちゃんの事を訊いてみた。

 

すると、一人はサキちゃんを覚えていたけれど、他の子達はサキちゃんを知らないと言った。

 

今ではそうでもないけれど、当時はとても怖かった。

 

(終)

The post 消えてしまったクラスメート appeared first on 怖いもん通信.

トンネルの向こうにあった夕焼けの町

 

私が小学校低学年の頃だから、もう15年ほど前の話です。

 

私の実家はド田舎にあるのですが、家の裏手には山があります。

 

あまり人の手も入っておらず、私はよく犬の散歩で山の麓や少し入った山道を歩いていました。

 

梅雨が明けて暑くなり始めた7月頃、いつものように山道へ入っていくと犬が急に走り出そうとするのです。

 

よし、じゃあ走ってみようか!と一緒になって走っていたら、気が付くといつもより険しい山道に入ってしまったようでした。

そのおじさんにしっかりお礼言わなきゃね

昼の3時くらいに家を出たのでまだ明るい時間帯のはずなのに、山の中は薄暗く不気味に感じました。

 

元来た道を戻ろうと引き返し始めると、途中で道が途切れてしまいました。

 

かなりデタラメに走り回っていたから、場所も方角も分からなくなってしまったわけです。

 

少し涙目になりながら、それでも下へ降りていけば山からは出られると思い、草だらけの道無き道を犬と一緒に降りていきました。

 

しばらく山を下りていくと段々と周囲が明るくなり、夕焼けの色の空が木々の合間から覗きました。

 

こんなに時間が経っていたのか、早く帰らないとお母さんに怒られる、そんな事を思いながらさらに山の麓を目指していると、トンネルの脇に出ました。

 

トンネルの向こうからは夕焼け色の光が見えます。

 

人工物を見つける事が出来て安心した私は、そのトンネルを抜ければどこか知っている道に出られると思い、トンネルの中を犬と一緒に走りました。

 

トンネルを抜けると、そこは緩やかな盆地に作られた町のよう。

 

家が沢山あり、夕焼けが屋根を照らしています。

 

こんな町があったんだなぁ、と少し興奮しながら山の麓に下りる道を訊こうと、私は町へ向かいました。

 

トンネルから町に入る道の右に民家があり、少し離れた場所から道の左右にズラリと家が並んでいるのが分かります。

 

町に近付きながら誰か居ないかなと思っていると、トンネルから一番近い民家からおじさんが一人出てきました。

 

犬を連れた私が近付いてくるのを見て、笑顔で挨拶してくれます。

 

私も挨拶を返した後、麓に下りる道を尋ねました。

 

おじさんは不思議そうな顔で、「君が今来たトンネルを抜けて、そこから山道を下れば麓に出られる」と教えてくれました。

 

この町を抜ける道を聞きたかったのですが、まぁいいかと思い、礼を言って引き返そうとするとおじさんが私の名前を尋ねてきました。

 

「私は山の近くに住んでいる○○です」と答えると、おじさんは納得したような顔で頷きながら、「ここら辺は夜になると野良犬がうろつくから早く帰った方がいいよ」とトンネルを指差します。

 

私は再度礼を言ってトンネルに引き返しました。

 

途中で振り返ると、おじさんが私を見ながら手を振ってくれたので、私もお辞儀してから手を振り返しました。

 

トンネルに入る前にもう一度振り返ると、おじさんはまだ家の前に居たので、また手を振りながらトンネルに入りました。

 

トンネルを抜けて山道を下っていくと、周囲がさらに明るく開けて山の麓の知っている道に出ました。

 

今日は歩き回ったね~なんて犬に声を掛けながら、家に帰る途中でまだ夕日が照っていない事に気付きました。

 

あれ?と思いつつ、家に帰り着いたのは夕方の4時半くらいでした。

 

家に帰ってから母にその日の冒険の事を話すと、「そんな町あったんだねぇ」と不思議がっていました。

 

夜になって父親にもその話をしましたが、「山の中にそんな町あるわけない」の一点張りで、さらに「あまり山の中でウロチョロするな」と軽く叱られました。

 

私はもう一度その町に行こうと思ったのですが、トンネルもそのトンネルから麓に下りた道も見つける事が出来ませんでした。

 

その年のお盆、家族や祖父母と一緒に墓参りに行きました。

 

それまでに数回訪れたことのあるはずの墓地を見た瞬間、妙な既視感を感じました。

 

※既視感(きしかん)

実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じること。デジャブ。

 

なだらかな丘に道があり、その左右には墓がズラリと並んでおり、そして墓地の入り口から一番近い墓が私の実家の墓です。

 

当時の私はそれを理解してから本気で泣きました。

 

泣いている理由を聞いた祖母が、「そのおじさんにしっかりお礼言わなきゃね」と、お墓を磨かせてくれました。

 

あの時のおじさんの顔はぼんやりとしか覚えていません。

 

しかし、最近歳をとった父親の顔を見ると、こんな感じの顔だったなぁなんて思います。

 

(終)

The post トンネルの向こうにあった夕焼けの町 appeared first on 怖いもん通信.

あっちの世界へ導かれていたのか?

 

かなり昔の話になるが、怖くて不思議な体験をしたことがある。

 

一時期『ハチ族』といって、自転車やバイクで日本中を旅するのが流行った時があった。

 

楽しそうだったので私もやってみようと思い、一人でぶらりと自転車で旅に出掛けた。

 

出発してから2日目の事、近くにキャンプ場を探したが見つからなかった。

 

そこらで野宿になるかなと思ったが、当時は公民館を解放している地域もあったので、地元の人らしきおじさんに「ここら辺に泊まれる所はないですか?」と訊いてみた。

 

すると、「こっちにありますよ」と言われたので後を付いて行った。

それ以上は行くな!

おじさんは徒歩だったこともあり、私も自転車を押して歩いていた。

 

どうやら山の方に向かっているようだった。

 

キャンプ場というのは山にある事が多いので、私は疑いもせず信用して後を付いていった。

 

進むにつれて街灯も少なくなり、やがて真っ暗に。

 

途中で「おかしいな・・・」と思い始めたが、気にせず付いて行った。

 

私は、おじさんの10メートルほど後ろを付いて歩いていた。

 

何故なら、もしこの人が”悪人”だったら困るからだ。

 

すると、おじさんは急に立ち止まり、私の方へと振り返った。

 

「早く来いよ!」

 

そんな事を言いたげな感じがしたので、足早におじさんの方へ近付こうとした。

 

すると突然、私は『何者かに』後ろから腕を引っ張られた。

 

まるで、「それ以上は行くな!」と抑止しているかのように。

 

私はビックリして、すぐに振り返って後ろを見たが、誰も居ない。

 

「えっ!?」と思って前を見ると、先を歩いていたはずのおじさんも居ない。

 

その時、何が起きているのか全く理解できなかった。

 

そして、落ち着いた頃に周辺を見渡すと、そこは沼だった。

 

それも、かなり大きな沼。

 

10メートルほど前を歩いていたおじさんは、ちょうど沼の中央で立ち止まった事になる。

 

一体なんだったんだろうか?

 

もしかすると、私は『あの世』へ導かれていたのだろうか?

 

この出来事の真相が今でもよく分からない。

 

(終)

The post あっちの世界へ導かれていたのか? appeared first on 怖いもん通信.

不思議な人面犬との出会い

 

これは、私の友人から聞いた話。

 

渓流で一人釣りをしていると、背後から声を掛けられた。

 

「何しとるのかね?」

 

鮎を釣ってるんだ、そう答えながら振り向くと、そこには“異様なもの”が居た。

中々に楽しい一時だった

身体は『赤犬』だったが、首から上の顔は『老爺』のものだった。

 

毛並みは綺麗にしてあり、きちんとお座りをしている。

 

驚いてポカンとしていると、その人面犬は再び口を開いた。

 

「鮎か。久しく食っておらんの」

 

その言葉を聞いて、何故か恐怖より先に親近感が生まれたという。

 

釣り上げた鮎を人面犬の前に置いてやり、良ければどうぞと勧めてみた。

 

「や、これはすまんの。ありがとう」

 

人面犬は感謝すること頻(しき)りで、大人しく鮎を喰らい始めた。

 

器用に前足で押さえながら、中々に上品な食べっぷりだったという。

 

生で良いのかと問うたところ、生が良いのだと答える。

 

「薄味が好みでの。人の味付けは、ちと合わん」

 

そう言ってカラカラと笑った。

 

人間の顔してるのに?と彼がおかしそうに訊くと、「そうよなぁ、おかしいわなぁ」と、これまた笑ってのける。

 

結局その日の午後一杯、人面犬は友人の横でゴロゴロとしていた。

 

他愛もない会話をしながら、時折お裾分けの鮎を齧(かじ)って過ごす。

 

人面犬は山や沢の事に色々と詳しく、感心させられる話題もあったらしい。

 

友人曰く、中々に楽しい一時だったそうだ。

 

日没が近付き帰り支度を始めると、人面犬が別れの言葉を口にする。

 

「楽しかったよ。また来い」

 

自分も楽しかったよと返し、別れを告げてから山を下りた。

 

友人はその後も、何度かそのポイントへ出掛けているのだが、あれ以来あの人面犬とは出会えていないという。

 

元気にしていたら良いんだけどな、そう言って友人は微笑んだ。

 

(終)

The post 不思議な人面犬との出会い appeared first on 怖いもん通信.

不思議なことが起こる絆創膏

 

僕が幼稚園児だった頃の話。

 

転んで引っ掻き傷をつくって泣いていたら、同じクラスの女の子に絆創膏を貰った。

 

それは金属の箱に入ったもので、中には5枚ぐらいあった。

 

そしてその女の子は、「全部あげる。無駄使いしちゃだめよ」と言って僕に箱ごとくれた。

 

家に帰ってから母親に、「絆創膏?ケガしたの?」と言われたので剥がして見せた。

 

・・・が、ケガなんてどこにも無かった。

 

不思議だったけれど、絆創膏の力だと信じた。

猫の恩返し?

幾日が経った朝ご飯の時、僕のお気に入りだったお茶碗にヒビが入っているのを発見した。

 

きっと子供の浅知恵だったと思う。

 

僕はそのヒビに絆創膏を貼ってみた。

 

そして夕飯の時に剥がしてみると、ヒビが入っていたはずのお茶碗がキレイに直っていた。

 

他にも不思議なことはあった。

 

手押し車にアヒルが付いていた玩具。

 

そのアヒルの首が取れてしまったけれど、絆創膏を貼っておいたらやはり直った。

 

そんな不思議な絆創膏を、「大切に使わなきゃ」とさすがに事の重大さに気づいた矢先、うちの猫のヤーヤが車に轢かれてしまった。

 

動かなくなってしまったヤーヤ。

 

僕はヤーヤに残っていた絆創膏を全部貼り、毛布を掛けてあげて幼稚園を休んで看病をした。

 

しかし僕は、いつのまにか泣き疲れて寝ちゃっていた。

 

そして、ヤーヤに顔を舐められて目を覚ました。

 

ヤーヤの大ケガはすっかり治っていた。

 

傷痕すら残っていなかった。

 

明日幼稚園に行ったらミヤちゃんにお礼を言わなきゃ。

 

「絆創膏くれてありがとう」って。

 

だけど、幼稚園に行って気づいた・・・。

 

ミヤちゃんなんて女の子は居ない。

 

絆創膏を貰った時以外に彼女を見たことなんてなかった。

 

なのに僕は彼女を見た時、彼女をミヤちゃんだと何故だか思った。

 

そういえば、ヤーヤを産んですぐに死んでしまった母猫の名前も『ミヤ』だった。

 

(終)

The post 不思議なことが起こる絆創膏 appeared first on 怖いもん通信.