不思議な話

私の家族を救ってくれた猫たち

 

5年ほど前の話です。

 

我が家は庭に建て増しをして、家を広くしました。

 

うちは祖母、両親、兄、妹、私と大人数だったので部屋が増えて嬉しかったのですが、それ以降、我が家は滅茶苦茶になりました。

 

父はお酒をほとんど呑まない人でしたが、理由もないのに酒量が増え、暴力は振るわなかったものの、大声で怒鳴るようになりました。

 

兄はそんな父が嫌で、就職が決まっていた会社の寮に入ると言って家を出て行きました。

 

祖母と妹は、家の中で事故死しました。

 

妹の遺体を見つけたのは母で、突然のことで辛かったせいか、変な拝み屋のところに通いつめるようになり、家事をほとんどしなくなりました。

 

家が広くなってからたった3ヶ月で、これだけのことが起きました。

猫はうちの守り神

私はというと、ずっと「夢だ、幻覚症状だ」と自分に言い聞かせて誤魔化していたことがありました。

 

家を広くしてから、知らない3人家族を家のあちこちで見るようになったのです。

 

最初に見たのは庭でした。

 

父親らしき男、母親らしき女、子供らしき男の子。

 

格好は古い感じで、3人で記念写真のように立っており、口だけがニヤニヤと笑い、馬鹿にされているような感じでした。

 

そして、いつも私が気付くと3秒ほど経ってから消えます。

 

そんなある日、野良猫が庭に迷い込んできました。

 

うちは動物を飼ったことがなかったのですが、私が学校へ行く時と帰って来る時には必ず玄関にいて待っているその猫が可愛くてしょうがなくなり、父と母の機嫌の良い時に説得し、うちで飼うことにしました。

 

鼻のところにホクロのような模様があったので「ハナちゃん」と名付け、ハナちゃんの存在は安らげない家の中で唯一の慰めでした。

 

ハナちゃんが一緒にいる時は、なぜかあの3人家族を見ることもありませんでした。

 

2ヶ月くらい経った頃、ハナちゃんは急に死にました。

 

朝いつも一番に起きるハナちゃんが起きて来ないので様子を見に行くと、ハナちゃんは冷たくなっていました。

 

獣医さんは「心臓麻痺かな」と言っていました。

 

私はここ3ヶ月に起きたこと、心の拠り所だったハナちゃんがいなくなってしまったことで精神のバランスを崩したのか、全てがどうでもよくなり、感情を表に出すことなく毎日を過ごすようになりました。

 

そんなある夜、ふっと目を開けると、あの3人家族がベッドの脇に立って私を見下ろしていました。

 

そして、ニヤニヤと笑っていました。

 

今考えると恐ろしいのですが、その時はもう「勝手にしてよ・・・」と思っていました。

 

次の瞬間でした。

 

物凄い剣幕で怒っている猫の大きな顔が浮かび上がり、父親らしき男に噛み付きました。

 

3人家族は驚愕の表情で消えました。

 

私もこの時は本当に恐ろしかったのですが、穏やかに変わった猫の顔を見た瞬間、「ハナちゃん!」と叫びました。

 

鼻の横の模様がはっきり見えたのです。

 

翌朝、珍しく母が先に起きていました。

 

なんでも、寝ていたら布団の上から猫の足のような感触で突かれ起きてしまったのだそうです。

 

私は抑えていた感情が一気に溢れ、大泣きしました。

 

母と、起きてきた父を前にして、「酒を呑んで怒鳴るのは止めて。拝み屋に行くのも止めて。こんなんじゃ、おばあちゃんと妹があの世にいけない」と、とにかく泣き叫びました。

 

さすがに両親も分かってくれたらしく、父は家のお酒を全部捨てて病院に通い、母は拝み屋に行かなくなり家事をするようになりました。

 

そんな時、兄から連絡がありました。

 

「子猫を飼ってくれないか?」と言うのです。

 

寮に住み着いた猫がいて、毎晩駅からの帰り道の途中で自分を待っている。

 

可愛くて放っておけない。

 

自分は寮だから面倒みてくれないか?という話でした。

 

ハナちゃんには申しわけなかったのですが、うちで飼うことにしました。

 

そして、学校から帰った夕方に一人で家に居た時です。

 

台所でテレビを見ていると、寝ていた子猫が急に起きて廊下に飛び出ていきました。

 

同時に、廊下でバタバタバタ!と、玄関に向かって走る音が聞こえました。

 

驚いて廊下に出ると、子猫が毛を逆立てて玄関に向かって怒っていました。

 

近付くと、「フィギャアアア!」と猫の怒鳴り声と、「うわあっ!」と男の声が響きました。

 

猫の声は子猫のものではありませんでした。

 

それからは、あの3人家族を見ることは全く無くなりました。

 

兄は猫が気になるらしく、よく家に帰って来るようになりました。

 

父も母もおかしなところは無くなり、家族で月に一度は祖母と妹のお墓参りにも行きます。

 

我が家では、「猫はうちの守り神」と思うようになったせいか、今は7匹の猫がいます。

 

あの時の子猫も大きくなり、今ではボスとして健在です。

 

(終)

The post 私の家族を救ってくれた猫たち appeared first on 怖いもん通信.

「くずは」と名づけた子狐

 

もうずいぶんと昔の話になる。

 

俺の家は昔、珍しく『狐』を飼っていた。

 

家があった場所はかなり田舎で、近くに野生動物がたくさん住んでいた。

 

ある日、爺ちゃんが狐の子供を拾ってきた。

 

どうやら、死んだ親の傍に居たのを可愛そうに思って連れてきたらしい。

 

そうして飼う事になった。

教えてくれたのかも知れない

母ちゃんは嫌がっていたけれど、ちゃんと病院に連れて行き、寄生虫やら何やらの検査もした。

 

名前は「くずは」と名づけた。

 

命名したのは婆ちゃんで、安部清明の母親の妖狐の「葛の葉」から取ったと言っていた。

 

意外と知られていないけれど、狐は人にめちゃくちゃ懐く。

 

それこそ、家族全員で可愛がった。

 

かなり馬鹿な狐だったけれど・・・。

 

それでも、学校から帰って来ると鼻をフンフン言わせて擦り寄って来るくずはは可愛かった。

 

そして俺が17歳の時、くずはは死んだ。

 

享年10歳。

 

本当に悲しかった。

 

人生で初めての家族の死は、かなり精神的にも辛かった。

 

家族全員がかなり落ち込んだ。

 

そんな時、婆ちゃんはくずはを「稲荷神社に連れて行こう」と言った。

 

稲荷神社の神主さんに無理を言って埋葬してもらった。

 

かなり嫌がっていたけれど・・・。

 

婆ちゃんいわく、「これでくずはもお稲荷さんになる修行を始められる。家から神様が出るんや」と言った。

 

悲しかったけれど、俺もこれで結構踏ん切りがついた。

 

心の中で、「お稲荷様になる修行がんばれよ!」と思った。

 

まぁ、馬鹿狐だったけれど。

 

それから時間が経って俺が大学生の時、当時一人暮らしをしていた俺の元に、ある日くずはが夢に出てきた。

 

相変わらず俺の言うことを何一つ理解しない馬鹿っぷりだったが、一緒に遊んで凄く楽しかった。

 

「お前ちゃんと修行してるのかよ」とは思ったが。

 

目が覚めた時、あれが夢とは思えないほどリアルな夢だった。

 

しかし最悪なことに、起きた時に物凄い倦怠感と吐き気、頭痛に襲われた。

 

それはもう立ち上がれないほどに。

 

仕方ないので救急車を呼び、緊急入院する事に。

 

「あの馬鹿狐、ほんと何しに夢に出てきたんだよ・・・」とは思った。

 

入院して2日目の事だった。

 

だいぶ体調が良くなった時、主治医が俺を呼び出した。

 

行ってみると微妙な面持ちで、「先日の突然の体調不良の原因は分かりませんが、精密検査の結果、もっと大変なことが分かりました。腎臓に癌を発見しました」。

 

本当に一瞬「え?」と思ったけれど、詳しく話を聞くと、腎臓に物凄く初期段階の癌を発見できたらしい。

 

腎臓癌というのは発見がとても難しく、大抵は症状が出始めた頃は手遅れな場合が多いらしい。

 

今回は偶然の入院で精密検査をしたから分かったと。

 

もし気付かずにこのままにしておいたら、30歳は迎えられなかったかも知れないと。

 

そして俺は片方の腎臓を摘出して、今も元気に暮らしている。

 

「もしかしたら、くずはが教えてくれたのかも知れない」と俺は思っている。

 

ただの思い込みかも知れないが。

 

あれから随分と時も経ったし、あいつも今頃は立派なお稲荷様になっているのかな、と最近思う。

 

(終)

The post 「くずは」と名づけた子狐 appeared first on 怖いもん通信.

悪い夢を食べてくれるクモ様

 

我が家は東北の片田舎にある古い一軒家。

 

ウチでは昔から『クモを大事にする』習慣があって、家には沢山のクモが住み着き、クモの巣だらけ。

 

殺すなんてもっての外で、大掃除の時もクモの巣を必要以上に取ったりしちゃダメと言われていた。

 

兄貴も僕も、学校で掃除中に殺されそうになったクモを、虫かごに入れてお持ち帰りする程度には大切にしていた。

 

おかげで近所じゃ「クモ屋敷」と呼ばれていたけれど、夏場にハエが発生することもなければゴキブリも出ないという有益さも持ち合わせていたので、家族の一員のような感じで生活している。

クモの巣が悪夢をからめ取ってくれる

高校生の時に、クラスメートで授業中の居眠りがひどい奴がいた。

 

話を聞くと、どうも毎晩「悪夢を見る」という。

 

夢の内容は残念ながらあまり覚えていないが、毎日同じ内容で、凄く怖いとのこと。

 

それを見るのが嫌で、結局夜に寝られなくなり、日中居眠りという形で睡眠を取るようになったらしい。

 

「高校三年の夏にそりゃマズイだろ」ということで、仲間内で何とかならないか相談した。

 

そしたら兄貴が留学先で買った土産を持ってきて、「コレ良いんじゃない?」という話に。

 

その土産とは、ドリームキャッチャーという悪夢を見なくするお守りみたいなインディアンの装飾品。

 

「このクモの巣みたいな網目が、悪夢をからめ取ってくれるんだとよ」と兄。

 

「クモの巣で悪夢を取れるなら、クモそのものならもっと良いんじゃない?」と僕。

 

ちょうど我が家はクモ屋敷。

 

というわけで、翌日そいつの家には虫かごに入った我が家のクモ様1匹とドリームキャッチャーが。

 

クモ様が新居に入ったその翌日のこと、そいつは何故か学校を休んだ。

 

「え、まさかクモ様のせいとかじゃないよな?」と不安になり、兄貴と一緒に学校帰りにそいつの家に行ってみた。

 

何かあったらどうしようと不安で仕方なかったのに、なんとそいつは朝から夕方までずっと惰眠をむさぼっており、単に寝坊で学校を休んだだけだった。

 

親御さんもそいつの不眠を知っていたから、可哀想に思って起こさなかったらしい。

 

「なんだか良くわからないけれど悪夢は見なかった。クモ様まじスゲぇ!」と、そいつは興奮気味。

 

「ほれみろ、クモ屋敷だの何だのバカにしやがって!クモ様の本気まじパネェ!超クール!」。

 

輪をかけて興奮気味の我ら兄弟。

 

それじゃクモ様のご尊顔を拝見させていただきましょう、と虫かごをオープンした途端、そいつの手が止まった。

 

「あれ・・・お前らから貰った時、こいつこんなにデカかったっけ・・・?」

 

僕らが渡したクモ様は、指の爪くらいのサイズだった。

 

でも、虫かごに入っていたのは明らかにデカイ。

 

ジョロウグモとまではいかないけれど、渡したクモより2倍以上はデカかった。

 

「もしかして、悪い夢を食ってくれたんかなぁ」

 

そうしみじみと言ったそいつは、それからクモ様が死んでしまうまで、とても大切に飼っていた。

 

最後には虫かごが熱帯魚用のデカイ水槽にグレードアップしていて、冷暖房完備の部屋で餌も十分に貰うクモ様は実に幸せそうだった。

 

今はもうそのクモ様は死んじゃったけれど、未だにそいつからは「クモ様を譲って欲しい」という電話が定期的にかかって来る。

 

(終)

The post 悪い夢を食べてくれるクモ様 appeared first on 怖いもん通信.

気付くと会えなくなっていた友人

 

先輩と仕事場に二人で泊まり込んでいた日、休憩中にその先輩が聞かせてくれた話。

 

先輩いわく、「友人に会えなくなった」と。

 

最初は単に仕事が忙しいからなんじゃないのか?と思ったが、どうやら違うらしい。

 

事は、先輩が専門学校に通っていた頃から始まる。

友人は一体どこに居るのか?

ある日、高校の頃から仲の良かった友人から、「バイトを始める事にした」という電話が来た。

 

それで、「良いバイトだから一緒にやってみないか?」と、先輩にもバイトを勧めたらしい。

 

毎日課題で忙しかった先輩は、「一緒には出来ない」と先に断りつつも、その友人の楽しそうな声から、どんな場所なのか気になって、好奇心で面接に付いていく事になった。

 

当日、友人と待ち合わせた後、先導してもらいながら一緒にそのバイト先へ行った。

 

見慣れた街を進みつつ、幾つかあまり知らない道も通ったけれど、頭の中の地図では大体の場所は把握出来ていた。

 

20分ほど歩いたところで友人が立ち止まり、「あの店だよ!」と前方を指差す。

 

その方向にあったのは、目立たない古本屋の看板だった。

 

友人が「面接に来ました」と店内に入っていくのを見送ってから、先輩は店頭に置いてあるワゴンの文庫を物色して時間を潰していた。

 

ふと店のガラス戸に目をやると、『パート・アルバイト募集』の張り紙があった。

 

こういう店でもちゃんと募集ってあるものなんだなと思い、特に気にはしなかったらしい。

 

その日はそれから、友人と店でのバイトについて話しながら帰路についたそうだ。

 

数日後、休日に友人が「バイトに受かったから今日から働いてるぜ!なんか買っていってくれよ」と電話をかけてきた。

 

先輩はやる事もなかったから、とりあえず財布を持って以前通った道を辿って古本屋に向かった。

 

ところが、店があった場所は民家になっていた。

 

最初は道を間違えたんだと思って、少し戻ってから周囲を探したけれど無い。

 

先輩は意を決して、古本屋があったと思われる場所にある家を訪ねて、この辺りに古本屋がないか訊いてみたらしい。

 

「この辺りじゃ、駅前の方に行かないと無い」

 

そう言われて、もう訳が分からなくなったそうだ。

 

その後、その友人から電話はかかってくるし、年始には年賀状も届くのに、何故か一度も顔を合わせていないらしい。

 

そして、そのまま少しずつ疎遠になり、今では携帯も通じなくなってしまったそうだ。

 

それから数年が経った頃、高校の同窓会の連絡が来た。

 

懐かしい事もあったし、もしかしたらあの友人に会えるかも知れないと思い、二つ返事で参加した。

 

会場に着くと、旧友の懐かしい顔が並んでいた。

 

でも、一通り見回してみたけれど、あの友人がいない。

 

幹事だったクラスメートに、「○○は来ないのか?」と訊いてみた。

 

すると、「ん?お前、何言ってるんだ?あそこで普通に飲んでるじゃん」と、全く違うクラスメートを指差していたそうだ。

 

(終)

The post 気付くと会えなくなっていた友人 appeared first on 怖いもん通信.

あんな犬でも居なくなると寂しいよ

 

知り合いから聞いた話。

 

仕事でイギリスに出張した際、現地の同僚から変わった話を聞いたという。

 

その同僚がまだ幼い頃、彼の家では犬を飼っていたそうだ。

 

実家の山村からもらった、白い雑種犬だった。

 

色々と変わったところのある犬だったらしい。

 

普通、犬猫の類いは、目を見つめるとすぐに視線を逸らす。

 

好奇心や注意が続かない為らしいが、その犬はじっと見つめ返してきた。

 

根負けして視線を外すのは、いつも彼の方だったという。

愛犬のイタズラ?

ある日、彼は身体の調子が悪く、学校からいつもより早く帰宅した。

 

門をくぐり庭を歩いていると、いつもは彼を迎える犬が出て来ない。

 

どうしたのかな?と思い、名前を呼びながら犬小屋を覗いてみた。

 

愛犬の姿は見当たらず、小屋の床には何か毛のような物が堆積していた。

 

※堆積(たいせき)

物が幾重にも高く積み重なること。

 

持ち上げてみて、思わず悲鳴を上げる。

 

それは、可愛がっていた犬の毛皮だったのだ。

 

悪い冗談のように目と口が黒い穴を開けており、微かに温もりが残されていた。

 

ショックで泣き喚きながら母屋へと駆け込んだ。

 

驚きながら迎えてくれた母親に、「犬が剥かれちゃった!」と訴えた。

 

慌てて外に出ようとする母子に、「バウッ!」という吠え声がかけられた。

 

見ると、玄関のすぐ外に犬が座り込んで尻尾を振りまくっていた。

 

犬は激しく息を弾ませていた。

 

まるで、慌てて駆け戻って来たかのように。

 

それを見た母親が、「嘘を吐くのもいい加減にしなさい!」と説教をする。

 

いくら「本当に見たんだ!」と言っても、もう相手にされない。

 

奥に引っ込んだ母親を恨めしく思いながら、彼は犬の前にしゃがんだ。

 

いつもは目を逸らさない犬が、その時だけはそっぽを向いた。

 

こいつめ、謀りやがって。

 

※謀る(たばかる)

はかりごと。謀略。

 

腹立ち紛れに、頭を強くクシャクシャにしてやったという。

 

犬は機嫌を取るように、その手をペロリと舐めてきた。

 

「俺が思うに、あいつは時々毛皮を脱いで何かしていたんだな。結局、現場は押さえられなかったけど」

 

犬は彼が大学に入学する年に、フイッと姿を消してそれきりだそうだ。

 

「あんな犬でも居なくなると寂しいよ」

 

そう彼は言っていたという。

 

(終)

The post あんな犬でも居なくなると寂しいよ appeared first on 怖いもん通信.