不満

『ホンマでっかTV』の女性評論家軍団 「おしどり夫婦の妻は突然キレる」と告白して話題

(deeepblue/iStock/Thinkstock)

11日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『ホンマでっかTV』は、「ニュースな女をぶった斬りスペシャル」。キレる女をテーマに、女性評論家が意見を出し合った。

 

■おしどり夫婦の妻は突然爆発?

芸能界でもおしどり夫婦と呼ばれ、同じ番組で共演するほど仲のいい夫婦は多いが突然離婚をして、週刊誌やワイドショーを賑わすことも少なくない。

マーケティング評論家・牛窪恵氏が語る妻がキレる理由とは…

「おしどり夫婦の奥さんは内助の功で旦那さんを支えているイメージがありますが、男性は怒りを別のコップごとに溜めることができるのに対して女性は同じコップに溜めていく。

 

例えば、旦那さんにテレビの録画を頼んで、それができてなければ『あなたって本当に何もできないのね』って怒りだして、過去の全く脈絡の無いことまで言い始める」

 

献身的な妻ほど、ささいなことで突然爆発してキレやすいようだ。

 

■献身的に尽くすことが快感?

認知神経科学者・中野信子氏は、愛しくてキレる女性は、献身的な自分の行為が気持ちいいと前置きをして、このように語った。

「愛着を形成を媒介する脳内物質・オキシトシンの濃度が高いと愛情も強くなるが、自分の思い通りにならないと感じたときに攻撃に転じる可能性がある。そして、思い通りになるまで攻撃し続けて、常軌を逸した行動に出ることも」

 

ブラックマヨネーズ・小杉は「『いきなりYouTubeに…』みたいなことですか?」と発言すると、中野氏は「まさにセオリー通り」と回答した。

徹夜で聞かされるなら「愚痴」vs「説教」どっちを選ぶ?

(Milatas/iStock/Thinkstock)

言ってもしかたない不平や不満をくどくど話す愚痴。職場が一緒などで、共感できる内容なら、互いに言い合うことでストレスが解消されるかもしれないが、よほど忍耐強い相手でなければ、聞かされる方は迷惑な場合が多い。

また、とくにパートナーに相談を持ちかけたり、愚痴をこぼしたりすると、逆に説教じみた口調で責められた…などの体験談もよく耳にする。

 

■「愚痴」vs「説教」一晩中聞かされるなら

ここで究極の選択。徹夜で聞かされるなら、「愚痴」か「説教」か、どっちを選ぶだろうか。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,348名を対象に、調査を実施した。

全体では、「愚痴」70.5%に対して、「説教」29.5%と、7割を超える人が、愚痴を聞かされる方がマシだと回答した。

男女別では男性69.3%、女性71.7%と、ほとんど変わらない。しかし、年代別では、男女で傾向に違いがある。

20代女性で「愚痴」と答えたのは82.0%。60代女性は60.3%と、20ポイント以上差があるが、20代男性と60代男性では7ポイントしか離れていない。

 

■説教はやっぱりツラい

結果、愚痴を聞き続ける方を選んだ人が多数派だった。説教をすることで周りに影響力を発揮したいだけの人を、長い時間相手するのは、なるべく避けたいところだろう。

また、ためになる説教なら聞く耳を持つこともできるが、叱ることと怒ることをはき違えて、大きな声を出してまで怒鳴り散らされてしまうのは、ツラいと考えた人もいるかもしれない。

愚痴も説教も、適切な場面でほどほどに。TPOをわきまえる必要があるだろう。

・合わせて読みたい→「クイズ式」や恫喝、支離滅裂なものも…受けたくない説教スタイル4選

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)