不運

決して誰かに話してはいけない

  2年ほど前にあった話になる。   当時の俺は高校を中退していて、両親からも見放された状態だった。   なので遊びよりも金という感じで、朝から晩までバイト三昧だった。   そして貴重な...