中川翔子

写真撮影だけで40回! 水木一郎「ゼーット!」連発でヘトヘトに

アニソンライブやイベント上映など、新宿で13日〜15日を中心に行なわれる、アニメ100周年を記念したフェスティバル「アニメフィルムフェスティバル東京2017」。

13日に開会式が行われ、ゲストとして「アニメNEXT_100公式ソング」の参加アーティストである井上あずみ、中川翔子、水木一郎、吉岡茉祐(Wake Up,Girls!)、そして作曲家の田中公平が登場した。

 

■やっぱり『マジンガーZ』

「僕の小さい頃には、アニメなんてありませんでした!」と話す、アニソンの帝王・水木一郎。

アニソンを歌う人がいないなら、俺がやるよ! と歌い続けて46年。海外でコンサートを開くと、日本語で大合唱が起きるそう。

今まで数え切れないほどのアニソンを歌ってきた帝王にとって、一番思い出深いのはやっぱり『マジンガーZ』。

「僕の体の一部みたいなもんですから。これに出会ったことで、今現在ここに居られるかな」

 

■目指せ紅白

「アニメNEXT_100公式ソング」である『翼を持つ者』で、「目指せ紅白!」と話す5人。

「23組39人の参加アーティストが全員集合して歌えたらすごいですよね。レジェンドのみなさんが集って、紅白で歌うところがずっと見たいと願っています!」

 

と、中川は思わず熱弁。

 

中川は水木から、レコーディングの時に「もっと! もっとだ『ゼーット!!』」と熱血(?)指導してもらったそうで、

「水木一郎さんが本当にかっこよくて、楽屋でも朝から何発『ゼーット!』を出すんだろう? ってくらい、出し惜しみなく、常にフルスイングで。

 

アニキ(水木の愛称)含め、レジェンドのみなさんに、永遠に長生きしていただきたい!」

 

とお願いし、水木は「まかせなさーい」と笑顔に。

 

■イベント中も「ゼーット!」連発

報道陣向けのフォトセッション中も、「ゼーット!」を連発する水木。

その数、なんと約40回!

「ゼーット!」にはエネルギーを使うため、どんどん汗だくに…写真撮影の合間には、「こんなに『ゼーット!』って言ったの初めて」とポロリ。あまりの全力ぶりに、「この後ライブあるのに!」と中川から心配されるほど。

常にフルスイングだからこそ、魂のこもった歌を歌い続けられるのかもしれない。

・合わせて読みたい→「大人がマンガなんて読んでるの?」に対する有吉の発言に共感の声

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

中川翔子の愛猫・マミタスが急死 盛大な「お別れの会」実施に賛否

(画像はTwitterのスクリーンショット)

愛猫家としても知られるタレント・中川翔子の愛猫であるマミタスが、9月19日に急死。

頻繁に更新されていた中川のブログやツイッターの更新もぱたりと途絶え、悲しみに暮れる中川を心配する声もあげられた。

そんな中、彼女は10日に都内でマミタスを偲ぶ「お別れの会」を開催。多くの著名人らも参列したこの「お別れの会」をめぐり、インターネット上では賛否両論が巻き起こっている。

 

■最愛のマミタスの死

23日、中川はツイッターにて愛猫・マミタスが死去したことを報告。

九月十九日最愛のマミタスが急死しました。寝ていると思ったら息をしていませんでした。原因も理由もわからず、受け止めることもできませんでした。

マミタスはいつも側にいて沢山の愛をくれました。

皆様にもマミタスに沢山愛をいただいたこと感謝致します。

— 中川翔子 (@shoko55mmts) September 23, 2017

マミタスは、中川のブログやツイッターに頻繁に登場し、彼女のファンや愛猫家などに親しまれていた。

2006年には写真集『ギザ マミタス!!』(ゴマブックス社)を発売した他、中川とBEAMSのコラボブランド『mmts(マミタス)』のブランド名に採用されるなど、マミタスは公私共に中川を支える存在だった。

 

■「お別れの会」開催、胸中明かす

(画像は公式ブログのスクリーンショット)

中川と所属事務所は、10日に都内にてマミタスを偲ぶ「お別れの会」を開催。混雑回避のため11時から整理券が配布するなど大々的に行われた他、参列者から徴収した献花料500円のうち、一部を「NPO法人富士山猫を守る会」に寄付するという。

同日夜には中川が久しぶりにブログとツイッターを更新し、胸の内を綴った。

「マミタスがくれた沢山の幸せな瞬間があり、いつもマミタスがいてくれたから走り続けてこられました。これからも笑顔でお仕事に一生懸命生きることが、マミタスの生きた証にもなると思います。

 

猫は9つの魂を持つという言葉があります いつか生まれ変わって会える日まで。ありがとう。マミタスに沢山の愛をありがとうございました」

 

中川のツイッターには「マミタスありがとう」や「(マミタスが)しょこたんが元気でいるか見てるはず」など、マミタスを偲ぶコメントや励ましのコメントが多数寄せられている。

中川翔子、ドラクエは「ビアンカよりフローラ」派 「ボロが出ないか心配」の声も

累計7000万本以上が販売された、ロールプレイングゲームの金字塔『ドラゴンクエスト』。数々の社会現象を起こした国民的人気シリーズだ。

4日深夜放送『オー! マイ神様!!』(TBS系)に出演した「しょこたん」こと中川翔子(32)が溢れんばかりのドラクエ愛を語り、大きな話題となっている。

(画像は中川翔子Twitterからのスクリーンショット 中/中川)

■ドラクエで育まれた人生観

舞台版ドラクエでは、人気キャラ・アリーナを演じた中川は、ドラクエの生みの親・堀井雄二を「神」と断言するほどのドラクエファン。

8歳の冬休み、初めてドラクエに触れ「この世って面白い」と感激。それ以降、人生の道標とし、経験や苦労を「全部が経験値」と捉え、自身の成長に繋げてきた。

またレベルを上げることで賢者に成長する「遊び人」から、「適度な下ネタとか遊び心が大事」だと学んだという中川。

「ぱふぱふ」や「昨夜はお楽しみでしたね」といった、ドラクエファンがニヤリとする遊び心のある下ネタも楽しんでいた。

■結婚観にも影響

ドラクエファン同士で未だに討論となる、1992年発売『ドラクエ5』での、幼なじみ・ビアンカと大金持ちの箱入り娘・フローラとの結婚相手の選択。

気のおけない仲間であり、主人公と縁の深いビアンカが人気だが、中川は「見た目がかわいい」という理由でフローラを選択した。

その結果、ビアンカは誰とも結婚せず、山の中で独身を貫くことになるが、その気持ちが「すげぇ分かる。すげぇ孤独」と共感。

結婚の大切さをドラクエから学びすぎた結果、「現在も独身」だと悲壮感を漂わせた。

中川翔子、ドラクエは「ビアンカよりフローラ」派 「ボロが出ないか心配」の声も

累計7000万本以上が販売された、ロールプレイングゲームの金字塔『ドラゴンクエスト』。数々の社会現象を起こした国民的人気シリーズだ。

4日深夜放送『オー! マイ神様!!』(TBS系)に出演した「しょこたん」こと中川翔子(32)が溢れんばかりのドラクエ愛を語り、大きな話題となっている。

(画像は中川翔子Twitterからのスクリーンショット 中/中川)

■ドラクエで育まれた人生観

舞台版ドラクエでは、人気キャラ・アリーナを演じた中川は、ドラクエの生みの親・堀井雄二を「神」と断言するほどのドラクエファン。

8歳の冬休み、初めてドラクエに触れ「この世って面白い」と感激。それ以降、人生の道標とし、経験や苦労を「全部が経験値」と捉え、自身の成長に繋げてきた。

またレベルを上げることで賢者に成長する「遊び人」から、「適度な下ネタとか遊び心が大事」だと学んだという中川。

「ぱふぱふ」や「昨夜はお楽しみでしたね」といった、ドラクエファンがニヤリとする遊び心のある下ネタも楽しんでいた。

■結婚観にも影響

ドラクエファン同士で未だに討論となる、1992年発売『ドラクエ5』での、幼なじみ・ビアンカと大金持ちの箱入り娘・フローラとの結婚相手の選択。

気のおけない仲間であり、主人公と縁の深いビアンカが人気だが、中川は「見た目がかわいい」という理由でフローラを選択した。

その結果、ビアンカは誰とも結婚せず、山の中で独身を貫くことになるが、その気持ちが「すげぇ分かる。すげぇ孤独」と共感。

結婚の大切さをドラクエから学びすぎた結果、「現在も独身」だと悲壮感を漂わせた。

中川翔子、ドラクエは「ビアンカよりフローラ」派 「ボロが出ないか心配」の声も

累計7000万本以上が販売された、ロールプレイングゲームの金字塔『ドラゴンクエスト』。数々の社会現象を起こした国民的人気シリーズだ。

4日深夜放送『オー! マイ神様!!』(TBS系)に出演した「しょこたん」こと中川翔子(32)が溢れんばかりのドラクエ愛を語り、大きな話題となっている。

(画像は中川翔子Twitterからのスクリーンショット 中/中川)

■ドラクエで育まれた人生観

舞台版ドラクエでは、人気キャラ・アリーナを演じた中川は、ドラクエの生みの親・堀井雄二を「神」と断言するほどのドラクエファン。

8歳の冬休み、初めてドラクエに触れ「この世って面白い」と感激。それ以降、人生の道標とし、経験や苦労を「全部が経験値」と捉え、自身の成長に繋げてきた。

またレベルを上げることで賢者に成長する「遊び人」から、「適度な下ネタとか遊び心が大事」だと学んだという中川。

「ぱふぱふ」や「昨夜はお楽しみでしたね」といった、ドラクエファンがニヤリとする遊び心のある下ネタも楽しんでいた。

■結婚観にも影響

ドラクエファン同士で未だに討論となる、1992年発売『ドラクエ5』での、幼なじみ・ビアンカと大金持ちの箱入り娘・フローラとの結婚相手の選択。

気のおけない仲間であり、主人公と縁の深いビアンカが人気だが、中川は「見た目がかわいい」という理由でフローラを選択した。

その結果、ビアンカは誰とも結婚せず、山の中で独身を貫くことになるが、その気持ちが「すげぇ分かる。すげぇ孤独」と共感。

結婚の大切さをドラクエから学びすぎた結果、「現在も独身」だと悲壮感を漂わせた。

「可愛すぎかーーー」前髪ロングにイメチェンし称賛を浴びている女優の正体は…

先日最終回を迎えたドラマ「あなたのことはそれほど」で、視聴者に「怖い」という印象を与える好演を見せた、”しょこたん”こと中川翔子さん。ドラマの中ではちょっと怖い人でしたが、普段はどちらかというと「元気」「幼い」といった印象が強いですよね。 そんな彼女がイメチェンをしてグッと大人っぽくなったと話題にな