事件

最近おかしい教師が増えてきた? 「手法が巧妙化した」の声も

(©ぱくたそ)

5月に大阪の小学校で発生した、教師が太鼓のバチで児童を殴打した事件。6月に東京の定時制高校で発生した、女子生徒に1,000円を支払って自らの代わりに授業をさせた教師など、昨今なにかと教師の行動が問題視されている。

教師の質の低下を嘆く人も少なくないが、はたして世間はどう考えているのだろうか。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,338名に「昨今の教師」について調査を実施したところ、63.9%が「おかしい教師が増えていると思う」と回答した。

 

■60代の約8割が「おかしい教師が増えた」

 

男女・年代別に比較すると、年代が上がるにつれて、昨今の教師の質の低下を嘆いている傾向にあることがわかった。20代では約半数という割合だが、60代ではおよそ8割にもおよんでいる。時代の変化を感じている年代ほど、教師の変化にも敏感なようだ。

また、男女別にみたところ、全年代で女性のほうが「おかしな教師」の存在を実感していることが明らかに。その差は7ポイント。主婦として子供と接する機会も多いため、子供の通う学校にいる変わった教師を見かける機会も多いということか。

 

■手法が巧妙化している?

取材班は実際に話を聞くことに。

「昔から生徒に危害を加えるような変な教師はいましたけど、最近ではすぐネットで扱われるし、問題になるので、手法が巧妙化したという印象です。自分たちの世代では、もっとストレートに殴ったり、わかりやすくひいきしていましたから」(50代男性)

 

「殴れば「体罰」と問題になり、極端に教師の権利を奪ったりするので、教師たちも相当ストレスが溜まっているのではないかなと。それが歪んだかたちで発散されるのが最近のヤバイ教師たちの実情なのかなと察します」(30代女性)

 

■専業主婦では8割超え

また「おかしな教師が増えていると思う」と回答した人を職業別にしたところ…

 

「専業主婦(夫)」の8割近くがおかしな教師の増加を感じていることがわかった。子供と接する時間が多いことや、もしかすると昼間のワイドショーなどニュースを見る機会も他の職業にくらべて多いのかもしれない。

一方、教師と毎日接する「学生」は5割を切る結果に。実態を知っていることから、「皆が言うほど変じゃない」との意識をもっている人も多いのかも。ただ、現役学生たちでさえも5割近くはおかしな教師の存在を目の当たりにしているようだ。

 

いつの時代も教師をはじめとして「非常識な人たち」はいたはずだ。最近の教師ばかり注目されている背景には、ニュースやSNSでの拡散をはじめ、事件が表にあらわれるようになってきたことも影響しているのかもしれない。

座間9人殺害事件を受けてビートたけしが死生観を熱弁 「悪いことがあっても生きてる証拠」

(bee32/iStock/Thinkstock)

10月31日に神奈川県座間市でSNSで自殺願望を持つ女性を物色し、9人が殺害された事件が発覚した。

4日に放送された、TBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』でも事件を取り上げ、ビートたけしの発言が話題になっている。

 

■簡単に自殺の世の中に…

不特定多数の人が利用しているSNSでは「自殺」と検索ボックスに入力すると、「自殺願望」や「自殺募集」といった歪んだキーワードが多く検索される。

世の中には、「SNSがなければ事件は起こらなかったかもしれない…」と考える人もいるのではないだろうか。意見を求められたビートたけしは…

「時代が進んでくと答えがなくて、『なんで生きなきゃいけないの?』って言う人が必ずいる。かつては、宗教とかで生きることの価値や意味を教えていたし、暗黙の了解で生き続けることが正しいと思っていた。

 

今の若い人は苦労することが生きている証だと思えなくて、足元から生きる意味が無くなってきてる。俺らはひどい目にあったときも、『それがきてる証拠だろ馬鹿野郎』と思ってた。良いことも悪いこともあるから面白いとポジティブに捉えていた」

 

と、死生観を熱弁した。

 

■ネット民も納得

ネットでは「事件に対する切り込みが秀逸」や「言葉がしみる」といった声が目立っている。

座間9人殺人事件、7daysニュースでのビートたけしの切り込みが秀逸。死生観は彼にとってとても重要なことなのだろう。

— 延音 (@nobio_to) November 4, 2017

たけしさんが解く生きる意味。苦労することこそ生きている証。ついつい上ばかり見てしまう、現実逃避ばかりしてたら、死にたくなっちゃうもんね。結果、あるがままにになってしまう

— サダムパテック (@sadamu222222222) November 4, 2017

たけしさんの言葉がしみる時々ある楽しいことのために生きるか

— でこ(。・ω・。o[だぁいじょぶだよ]o (@decomaruko20) November 4, 2017

 

■本気で自殺を考えたことある?

しらべぇ編集部は全国20~60代の男女1,344名を対象に、「本気で自殺を考えたことがある」か調査を実施。

27.4%が「本気で自殺を考えたことがある」と回答。年代・性別では、30代女性が41.0%と割合が高い傾向にある。人間関係が破綻や「いじめ」自殺を考える人が多くいることが現実だ。

もしも、自殺が頭に浮かんだときは、身近で信用できる人に相談することで生きることの重要さがわかるかもしれない。

一人暮らし必見! 不動産屋に聞いた「ヤバい事件に巻き込まれない家の選び方」

ひとり暮らしをこれから始める人や、いま住んでいる部屋に納得できない人は、休みの日に良い物件がないか一日中物件探しをすることもあるだろう。

だが、ひとりで探していても、実際にどんな物件がいいのかはわからないもの。万が一おかしな部屋を借りてしまったら、取り返しのつかないトラブルに巻き込まれることも。

そこで、実際に都内で不動産業を営む男性に、トラブルに巻き込まれることの少ない、良い物件を見分ける方法を聞いてみた。

その方法はたくさんあるものの、まず3つの条件を除外することで、トラブルに巻き込まれる可能性はぐっと減るのだという。

 

①住宅街にあるワンルームや1Kは借りない

都心部にある単身者用の部屋にくらべ、そこから電車で数十分の住宅街にある部屋はかなり家賃相場が下がることが多いです。

 

そのためお得かと思いきや、昼間は人がいなすぎて空き巣に狙われることもありますし、家賃が安く審査が甘い部屋はガラの悪い人やおかしな人が住んでいる可能性も…

 

また、独居のお年寄りが住んでいて最悪の場合は孤独死をされたり、年齢差がありすぎてトラブルになることもあるため、お勧めできないですね。

 

②繁華街や外国人が多く住む地域の部屋は借りない

これは常識だと思いますが、繁華街のマンションは怖い人が住んでいることもありますし、外国人が多く住む地域の部屋は文化の違いからトラブルになる可能性もあります。

 

それに、家に帰るときに酔っ払いや客引きに絡まれることもないとは言えないため、家以外で不快な思いをすることもあるでしょう。

 

でも、繁華街から少しだけ離れた単身者用のマンションが多く建っている地域はわりと住みやすいこともあるので、中心地や繁華街を通過しないとたどり着けない場所でなければ問題ありません。

 

③敷金・礼金ゼロの部屋は借りない

よく敷金・礼金ゼロで初期費用が安い部屋がありますが、アレもお勧めできません。一見安くてお得に見えるかもしれませんが、あくまで一般的な初期費用を支払えない人向けなんです。

 

どういう人かはご想像にお任せしますが、普通の所得がある人はやめたほうがいいです。また、退去時の清掃代がかかることもあるので、契約書もしっかり読んだほうがいいですね。

 

■その他に気をつけること

確かに不動産屋が話した条件の部屋は安いことが多いため選びがちだが、やめたほうがいいこともあるようだ。ちなみに、そのほかにも気をつけることをあげるとすると

 

・職場から電車に乗らなくても職場に着ける部屋が一番。女性なら痴漢にも合わないし、電車に乗る時間が減るのは疲労も減り自由時間が増えいいことづくめ。多少高くてもそれ以上の見返りはある。

 

・どうしても安い部屋を借りたければ競馬場や競艇場の近くがお勧め。酔っ払いは普通にいるが繁華街にいるようなチンピラはおらず、相場も激安。さらに場内に飲食店が多くあるので外食にも困らない。

 

ということだった。物件を探している人は、参考にするといいだろう。

究極の選択! 隣の家から「異臭」vs「騒音」住むならどっち? 

(kimberrywood/iStock/Thinkstock)

近年、隣人トラブルから大きな事件に発展するケースは少なくない。

5月には、自宅の庭でバーベキューをしていた男性が刺されて死亡。9月にはナタで家が襲撃される事件も発生しており、どちらも加害者は隣人だった。

しらべぇ編集部は、全国の20代~60代男女1,348名を対象に、トラブルの原因の中から「騒音」と「異臭」のどちらを許容できるのかに絞って、調査を実施した。

 

■隣から「騒音」vs「異臭」住むならどっち?

隣の住人の部屋から「異臭」を我慢できる人は33.2%。「騒音」を我慢できる人は66.8%。異臭を嫌う人が倍近く多いと判明した。

男女別や年代別でも結果は同様だった。聴覚よりも、臭覚へのストレスのほうが、耐え難いと感じる人は多いようだ。

音よりも臭いに対抗する手段のほうが、難しいと思われがちなのだろう。

 

■年収が高くなるほど割合に変化

年収別では、年収300万未満で隣から異臭を選んだのは32.4%に対し、1,000万以上45.9%。年収が高いほど割合が多くなっている。

収入が高くなれば住む部屋の質も良くなる。広さや防音性能など、お金をかければ騒音を防ぐ方法があると考えるからかもしれない。

「勉強でイライラしていたから放火」 兵庫の中学生に怒りの声

(Wavebreakmedia Ltd/Wavebreak Media/Thinkstock)

人生で最も多感な頃といえば、思春期の中学時代という人が多いだろう。「大人になりかけ」な時期だけに、良くも悪くも些細なことに反応してしまう。

愉快なことには心から楽しめる反面、上手くいかないことが続くと、フラストレーションが溜まりやすい。大人と違い、上手な発散方法を知らないこともあるだけに、ありえない方向に進むことも。

そんな中学生が、恐ろしい事件を引き起こした。

 

■すだれが燃える事件発生

事件が発生したのは、兵庫県播磨町。10日午後8時55分頃、民家の「すだれ」が燃えているところを住民の女性が発見。ただちに消化したため、住居に燃え広がることはなかったが、一歩間違えれば大惨事になるところだ。

現場付近では2月頃から約10件の不審火が発生しており、警察が警戒していた模様。捜査の結果、同町に住む14歳の中学生が捜査線に浮上し、逮捕された。

取り調べに対し少年は、容疑を認めているほか、連続不審火についても、関与をほのめかしているという。

 

■動機に怒りの声

14歳の少年がなぜ放火という重大犯罪に走ったのか? 犯行の動機について中学生は、「勉強でイライラしていたので気晴らしのつもりでやった」と供述しているという。

その身勝手な動機に、ネット民から厳しい声が。

「放火は常習性がある。この少年が更生するとは思えない」

 

「凶悪犯罪なのだから、厳しく罰するべき。現在の少年法では限界がある」

 

「親は何をしていたのか。親の責任が大きい」

 

「イライラするなら勉強なんかやめればよかったのに」

 

「人に迷惑をかけるな」

 

 

■大人はイライラしたらどうしている?

大人でも仕事や私生活が上手くいかず、イライラすることはある。そんなとき、どのように発散しているのだろうか?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,357名を対象に「イライラしたときの行動」を複数回答で調査したところ、もっとも多かったのは「物にあたる」となっている。

ある程度年齢を重ねた人間でも、物にあたりたくなることもある。しかし、犯罪行為に走る人は極稀でであり、民家に火をつけるなどという行動は、許されるものではない。

逮捕された少年が深く反省し、更生することを願いたいものだ。

・合わせて読みたい→「裏では性格が悪そうな芸能人」ランキング 1位の美人女優にスタジオドン引き

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日対象:全国20代~60代の男女1357名(有効回答数)