今から十数年前、彼女が仕事の帰りだったか、深夜に大阪方面へ車を走らせていた。

 

そうしていたら、とある道端に30人ほどのお遍路さんの集団がいたそうだ。

 

遍路巡りのバス待ちかと思い、そのまま彼女は横を通り過ぎたのだが、ふとバックミラーを見たら、さっきいた人達がいない。

 

彼女は「えっ?!」と思ったが、そのまま車を進めたそうだ。

この集団は怖いものではなく、むしろ・・・

そしてある日、彼女の妹も、同じような集団を同じ現場で見たことがあると話したそうだ。

 

いわく、旦那とドライブ中に遭遇し、妹には見えて、旦那は見えていなかったらしい。

 

見た場所やその集団が一致したことで、彼女は何を思ったのか、明くる日あの現場へ再び向かった。

 

車を止めて、あの集団が立っていた場所をよく見てみると、そこは「断崖絶壁の海岸」だった。

 

さらに、道を挟んだ反対側は山。

 

道が大変狭く、一人ならともかく、あんなに大勢が立てるわけがなかったそうだ。

 

さらには、海側にガードレールのような柵が並んでいたが、一部だけ欠けていたらしい。

 

怖くなった彼女は直ちに車に乗り込み、急いで走らせると、近くのドライブインに寄った。

 

そこの店員と、さり気なくあの目撃談を話してみると、どうやらあの現場は目撃談多発地帯だった。

 

数年前にバスの転落事故で大勢の死者が出たらしく、その後お坊さんが供養したそうだ。

 

しばらくしたある日、彼女は信仰している宗教のお坊さんと話す機会があり、あのお遍路さんの集団の事を話したところ、そういうのを見る人は沢山いるらしい。

 

そして、あの集団は怖いものではなく、むしろ道中の安全を祈る存在だそうだ。

 

彼女はその集団の顔が見えたそうだが、本当に生きている人のような笑みで、確かにお坊さんの言う通り、安全を祈っているようだったらしい。

 

(終)

The post 車中から見えたお遍路の集団 appeared first on 怖いもん通信.