二世

二世ミュージシャンが増えている理由は? 清塚信也「二世は音楽がネイティブに」

(画像は公式Twitterのスクリーンショット)

19日に放送された、テレビ朝日系音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』では、音楽業界に二世が多い謎を解き明かし、話題になっている。

 

■叩き上げの苦労…

音楽業界には名前をあげると尽きないほど、親をミュージシャンに持つ「二世ミュージシャン」が多数存在している。そんな二世が活躍する音楽界にピアニスト・清塚信也は…

「僕は、叩き上げ、母は僕が小さい頃から、自分がミュージシャンではないことをコンプレックスに思っていた。だからこそ『二世に負けるな!』と、厳しく育てられた。その結果、僕はひどい仕打ちを受けた。なので、当時、二世はすごい厳しい英才教育を受けているイメージをもっていた」

 

と、厳しく育てられ苦労した過去を明かした。

 

■音楽がネイティブになる

『Jupiter』や『おひさま~大切なあなたへ』など数々のヒット曲を世の中に排出した平原綾香の父はサックスプレイヤー・平原まこと。そんな有名な父をもつ、平原が子供の頃のエピソードを語った。

「サックスは、父の声のように身近なものだった。音楽をやりなさいとか練習しなさいとは、あまり言われたことがない。父のステージとかコンサートを聴いて自分で好きになった。

 

本格的にサックスを始めたのは中学のブラスバンド。小さいときから聴いていると、どの指を動かせばどんな音が出るかが繋がるから、初めて二週間で、ソロパートを吹けた」

 

父・まことはソロパートを聴いたときに娘の音楽の才能に気がついたようだ。

平原のエピソードに清塚は「親がミュージシャンでお手本がすぐ近くにあると音楽の一番美しい部分を身近で感じて、音楽がネイティブになる」と分析した。

『サンジャポ』杉村太蔵が清水アキラに激怒 「親なら保釈して面倒を見るべき」

(画像はAmebaブログのスクリーンショット)

5日に放送された、TBS系情報番組『サンデー・ジャポン』で清水アキラの息子・良太郎を保釈しないという決断に怒りを露わにし、話題になっている。

 

■税金がかかっている

覚醒剤取り締まり法違反で起訴されている、清水良太郎被告。裁判所に150万円を支払えばいつでも保釈できる状況だが、父・清水アキラは「反省するには短すぎる」と良太郎を保釈しないと宣言した。この騒動に杉村太蔵が激怒した。

その理由とは…

「一部では愛のムチとか立派なお父さんだと言われているけど、私は全く違った見方をしています。もし自分が親なら、息子がいかに警察に迷惑をかけているかを考えるべき。

 

有名人だから連日連夜マスコミが押し寄せるから対応をしないといけない。24時間自殺をしないか監視をして3食、食事もだす。申し訳ないけど全部税金で払ってる。親の責任だと言うなら早く保釈金を払って自分の家か民間の施設で面倒を見るべき」

 

と、莫大な税金がかかることや警察署にいることで他人に大きな迷惑をかけていると指摘した。

さらに、杉村は「保釈をしても、しなくても猛省するのがあたりまえ。このあたりが保釈制度の間違った使い方をしている気がする」と独自の意見を述べた。

 

■ネット民は杉村に好感

ネットでは杉村の意見に「正論」だという声が目立っている。

杉村太蔵、めっちゃマトモなコメンテーターやんけ

好感度上がった

— ひろみちおにーさん (@hiromitsu922) November 5, 2017

杉村太蔵正論

— まめだいふく (@abeidele) November 5, 2017

杉村太蔵ぐう正論

— なぎあ (@naginagivv) November 5, 2017

 

■二世タレントの親は甘すぎる?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,336名に「二世タレント」についての意識調査をしたところ、6割以上が「親が甘すぎる」と回答。

結果「甘すぎると思う」と答えたのは、なんと6割。さらに性世代別で見ると、自らも子を持つ女性が多いと思われる年代の割合が高く、50代に至ってはじつに8割近くが「甘すぎる」と回答。

連日の報道でアキラの息子に対して甘いと話題になっていた。しかし、今回は心を鬼にして保釈しないという決断に至ったのだろう。今後は、この決断がパフォーマンスだと思われないように猛省することを祈るばかりだ。