二日酔いに効果のある食べ物や飲み物の特徴と栄養素!

楽しいお酒の席は、ついつい飲む量が増えてしまうもの。

場も盛り上がるし自分も楽しいし、「ま、いっか!」となりがちです。

しかし、そんな時間も過ぎてしまえば、待っているのは二日酔いという名の地獄・・。

二日酔いは経験したことがある方なら誰しも、もう二度とごめん!と思うのではないでしょうか。

それなのに、またうっかりと飲み過ぎて二日酔いになってしまった・・。

自分を激しく責めながらも、心の中で願うのは一刻も早く二日酔いが抜けることですよね。

そんな時に知っておきたいのが、二日酔いに効果のある食べ物や飲み物ではないでしょうか。

「吐き気がして気持ち悪いのに何も食べる気なんて起こらないわ・・」と思うかも知れませんが、食べたり飲んだりすることで二日酔いが早く治るかも知れませんよ?

そこで今回は、二日酔いの時に覚えておきたい、二日酔いを早く解消してくれる栄養素を含む食べ物や飲み物をご紹介したいと思います。

二日酔いに効果のある食べ物や飲み物を選ぶ時のポイント!

二日酔いが起こる主な原因は、体内でアルコールが分解される時に発生するアセドアルデヒドという成分によるもの。

アセドアルデヒドはアルコールよりも体にとって有害な物質で、吐き気や頭痛、めまい、疲労感などを引き起こします。

また、大量のアルコールを摂取すると、解毒するために肝臓がフル稼働で働きますが、その際糖分を作り出すことができなくなって体が低血糖状態に陥ります。

さらに、アルコールには利尿作用があることから、体内の水分が大量に失われ、脱水状態になってしまうのも二日酔いが悪化する原因と言われています。

このようなことから、二日酔いを少しでも早く解消するには、次のような食べ物や飲み物を選ぶのがポイントになります。

・アセドアルデヒドを分解し代謝する肝臓の働きを助けてくれるもの

・水分を補えるもの

・糖分を補えるもの

 

二日酔いを治す方法【頭痛・吐き気・下痢】などの解消法!

 

二日酔いに効果のある栄養素や食べ物や飲み物の特徴

二日酔いを解消するには、脱水や低血糖といった状態から抜け出すことが大切です。

とにかく気持ち悪くて何も食べたくないという時でも、水分や糖分の補給は意識して行うようにしましょう。

その上で、少しでも何か口に入れられそうな場合は、次のような栄養素を摂取するようにするのがよいでしょう。

肝臓の働きを助ける栄養素

・オルニチン

・タウリン

・ビタミンC

・ビタミンE

・たんぱく質

・食物繊維

 

二日酔いの頭痛や吐き気を解消【市販薬・食べ物・ツボ】

 

二日酔いに効果のある食べ物や食品・食材おすすめ15選!

ここでは、二日酔いに効果のある食べ物をご紹介したいと思います。

しじみ

二日酔いにはしじみが効くというのはよく知られたことですが、これはしじみに含まれるオルニチンに肝臓の働きを助ける作用があるから。

お酒を飲む機会の多い方は、しじみのお味噌汁を飲むようにしましょう。

にんにく

にんにくに含まれるアリシンやメチオニンという成分には、肝機能を高める働きがあると言われています。

柿は果物の中でも果糖を多く含んでいることから、低血糖による二日酔いの症状を鎮める働きがあります。

また、柿にはアセドアルデヒドの分解を促進するビタミンCやカタラーゼという酵素も含まれています。

梅干し

梅干しに含まれているピクリン酸には、肝臓の働きを高める作用があると言われています。

また、クエン酸には疲労回復効果があることから、二日酔いによる倦怠感を解消してくれます。

アロエ

アロエに含まれるアロエチンに、肝機能をアップする作用があると言われています。

アロエが手に入らない時は、アロエヨーグルトやアロエジュースを摂っても構いません。

牡蠣

果物の柿だけではなく、魚介類の牡蠣も二日酔いに効果のある食べ物となっています。

牡蠣に含まれるタウリンが、肝臓の働きを助けてくれます。

豆腐

豆腐や納豆など、大豆を原料としている食品には、レシチンという成分が含まれています。

レシチンにはアルコール性の肝硬変や肝障害を予防・改善する働きがあると言われています。

また、良質なたんぱく質を含んでいるため、肝臓の機能の修復が行われ、肝臓の働きを助けてくれます。

カレー

カレーには様々な香辛料が使われていますが、その中のターメリックは二日酔い予防飲料に含まれているウコンの別名です。

そのため、カレーを食べると二日酔いが解消されると言われています。

はちみつ

はちみつに含まれる果糖には、アセドアルデヒドの分解を促進する働きがあると言われています。

また、ブドウ糖は摂取後すぐにエネルギーに換わるため、体のだるさや倦怠感の解消に繋がると言われています。

 

はちみつの効能・効果【咳止め・ダイエット・美容】

 

アボカド

アボカドには、血行を促して内臓の機能を高める働きのあるビタミンEや、アセドアルデヒドを無毒化する働きのあるグルタチオンが含まれています。

卵に含まれるシステインには、アセドアルデヒドの分解を促進する作用があると言われています。

また、卵はたんぱく質の多い食品のため、肝臓の機能を助ける作用も期待できます。

大根

大根には消化を助ける酵素が多く含まれているため、二日酔いによる胸やけや胃もたれに効果があると言われています。

なお、加熱すると酵素が奪われてしまうため、生のまま摂るのがよいでしょう。

最も効率よく摂取できるのは大根おろしです。

ブロッコリー

ブロッコリーに含まれるスルフォラファンには、肝臓の解毒作用を高める働きがあると言われています。

ブロッコリーが苦手な方は同じアブラナ科の野菜であるキャベツでもよいですよ。

枝豆

ビールのお供に枝豆を食べる方は多いと思いますが、実はこの組み合わせはとても理に叶っていて、枝豆に含まれるビタミンCやレシチン、たんぱく質などが肝臓の働きを助けてアルコールの代謝を促進すると言われています。

 

枝豆の栄養とゆで方のコツと茹で時間【美味しくなる秘訣】

 

肉うどん

肉うどんにはたんぱく質や炭水化物などエネルギーになるものが含まれているため、二日酔いによる倦怠感や体のだるさを解消できると言われています。

さらに、アリシンが含まれているねぎや、システインが含まれる卵を付けるとよいでしょう。

二日酔いに効果のある飲み物おすすめ5選!

吐き気がひどくて何も食べられない・・という時でも、脱水症状を悪化させないために水分の補給が必要です。

どうせ水分を摂るなら、少しでも二日酔いの解消に繋がるものがよいですよね。

そこでここでは、二日酔いに効果のある飲み物をご紹介します。

トマトジュース

トマトに含まれるリコピンやクエン酸には、アセドアルデヒドの分解を促進する作用があると言われています。

生のトマトを食べてもよいですが、ジュースの方がリコピンの量が多いと言われています。

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインには、血管を収縮する作用があることから、血管の拡張によって起こる二日酔いの頭痛を緩和する働きがあると言われています。

また、利尿作用があるので、毒素の排出を促し二日酔いの解消に役立つと言われています。

グレープフルーツジュース

グレープフルーツジュースには、果糖やクエン酸など二日酔いに効果がある栄養が含まれています。

とにかく何も口にしたくないという時は、水を飲むだけでも構いません。

その際、はちみつやレモン汁を少量入れるだけでも、効果があります。

スポーツドリンク

スポーツドリンクには塩分と糖分が含まれているので、脱水症状を改善する効果があります。

二日酔いがひどいと飲んでも吐いてしまうかも知れませんが、塩分不足に陥ると脱水が重症化しますので、こまめに摂取するようにして下さい。

二日酔いの解消に効果のある食べ物や飲み物おすすめ20選!のまとめ

二日酔いはとにかくつらく苦しいものです。

アルコールが抜けるまで、布団の中でひたすら横になっているという方も多いようですが、少しずつでも飲んだり食べたりした方が、早く回復できるようです。

気持ち悪くて食べられない場合でも、水分だけはこまめに補給するようにして下さい。