井上真央

いじめ主犯格への誤解が判明 『明日の約束』展開に「恐すぎる」の声

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』

14日、井上真央主演の連続ドラマ『明日の約束』(関西テレビ・フジテレビ系)の第5話が放送された。

いじめや自死報道を受けた過剰な「犯人探し」に警鐘を鳴らす社会派ミステリーはますます盛り上がり、ネット上でもさまざまな感想が飛び交っている。

 

■いじめの主犯格にされた生徒と「誤解」

不登校の男子生徒・圭吾(遠藤健慎)がスクールカウンセラーの藍沢日向(井上)に告白した翌日に不可解な死を遂げ、日向がその真相を探っていくという本作。

第5話では、「圭吾の自死の原因となったいじめの主犯格」として、ネット上で個人情報を晒されたバスケ部キャプテン長谷部(金子大地)を巡る、重大な「誤解」が明らかになる。

それは、長谷部と圭吾が不仲になった原因は、圭吾の「喫煙をバラされたくなければ(バスケ部で)ベンチ入りさせろ」という趣旨の脅迫がきっかけだったことだ。

さらに、長谷部のLINEに送られてきた圭吾からのメッセージ「僕は、先輩のせいで死にます。」は、圭吾が死んだ後に送信されたものだったという事実が判明。

ネットでの犯人扱いやバッシング以上に、「自責の念」に苦しんでいた長谷部は、事実を知って泣き崩れる。

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』

残ったのは「誰が圭吾の死後、LINEアカウントから送信したか」という謎。現時点では「圭吾の母親(長間由紀恵)が送信した」という意見が主流だが、次回以降の展開が気になるところだ。

 

■いじめの連鎖に警鐘を鳴らすセリフ

また学校内では、ネット上で長谷部が吊るし上げられる原因になった「長谷部が圭吾の死に言及しながら怒鳴っている動画」を撮った生徒が特定される。

「動画は撮影したがネット上に流したのは自分ではない。動画が盗まれた」と釈明する彼に対し、バスケ部員たちは「お前、この後普通に学校に来られると思うなよ」と言って、彼を吊るし上げようとする。

そんな場面に割って入った日向のセリフが、印象深い。腹が立つのは当然だ、と理解を示しながらも、

「でもその気持ちのまま動いていると、おんなじことの繰り返しになるんだよ。間違ったことをしたら、正さなきゃいけないよ。反省もしなきゃいけない。でも間違ったことをした人間だからいじめていいなんて、理屈はない」

 

と話したのだ。現場に駆けつけた長谷部本人も、彼を許し、

「こういうの続くときりないから」

 

と、自分のために報復しようとする、部員の怒りの感情を止めようとする。

ゲス記事に踊らされる特定厨たち 『明日の約束』クズマスコミに反響

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)

7日、井上真央主演の連続ドラマ『明日の約束』(関西テレビ・フジテレビ系)の第4話が放送された。生徒の自死を巡る過激報道とネットの無責任な犯人探しはますます過激化。「さらに闇が深くなりそう」な不吉さで、注目を集めている。

 

■疑わしきは有罪? 晒される個人情報

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)

不登校の男子生徒・圭吾(遠藤健慎)がスクールカウンセラーの藍沢日向(井上)に告白した翌日に不可解な死を遂げ、日向がその真相を探っていくという本作。

第4話は、圭吾が所属していたバスケ部の顧問教師の辻(神尾佑)が何者かに襲撃され大怪我を負うシーンから始まる。

圭吾と揉め事を起こしていたと噂されるバスケ部キャプテンの長谷部(金子大地)も、週刊誌に「顔にモザイクをかけた動画」を流された後、ネット上で顔やプロフィールを特定され、個人情報を晒される。

 

■清々しいほどゲスなセリフ

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)

最後のシーンでは、長谷部が圭吾と揉めていた原因が明らかになるものの、正直今の時点では「圭吾の自殺の原因」とは考えにくい状況だ。

しかし、ネット上ではすでに「いじめの首謀者」として槍玉にあげられており、取り返しのつかない状況に。

情報操作に近い記事を書いた週刊誌記者の小嶋(青柳翔)に責任を問う教師たち。しかし、小嶋はあざ笑うかのようにこう言ってのける。

「デシタルタトゥー、て言葉、ご存じです? 加害者の個人情報が晒されるのは大昔、罪人に入れ墨を入れるのと同じ罪の証です。だけどね、肝心なのはそれをやるのは我々マスコミではなく、一般の人たち、てことです」

いじめ報道で安易な「学校叩き」は危険? 『明日の約束』テーマにネット震撼

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)

10月31日、井上真央主演の連続ドラマ『明日の約束』(関西テレビ・フジテレビ系)の第3話が放送された。未成年の自死報道に対する「過剰なバッシング」に警鐘を鳴らす内容に、ネット上でもさまざまな意見が交わされている。

 

■毒親とゲスジャーナリストに注目

スクールカウンセラーの藍沢日向(井上)が不登校の男子生徒・圭吾(遠藤健慎)に告白されるものの、翌日に彼が不可解な死を遂げる。自死とされた圭吾の家庭環境や学校生活に不可解な点を感じた日向が、彼の死の謎を追う…という内容の本作。

第3話では、マスコミや世間の「犯人探し」とも言えるバッシング報道の過激さに揺れる生徒と、教師の日常を追うストーリーが展開された。

「圭吾が死を選んだのは、学校でのいじめが原因」とマスコミに語る圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)の不気味な演技と、事件を追うジャーナリストの「ゲスすぎる言動」が話題になっている。

 

■ネット掲示板への皮肉?

女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』で話題になったのは、日向に突撃取材をかけてきた男性ジャーナリストの「ゲスゼリフ」。

「いじめで子供が自殺した、芸能人が不倫した、こういう報道を見てまったく無関係な連中が当事者を叩くでしょ。これ楽しいんですよ。自分は正しい意見の持ち主だ、悪い奴や間違っている奴を叩きのめしてやる、て、その快感がね」

 

このセリフが放映された直後の時刻には…

・ガルちゃんのことだ(笑)

 

・ガル民言われてるぞ←

 

などなど、「ネットの掲示板ユーザーに対する皮肉」と受け取った意見が、複数連続投稿されている。

娘の恋愛に「いやらしい」 『明日の約束』毒親描写が壮絶すぎる

(画像は公式サイトのスクリーンショット)

24日、井上真央主演の連続ドラマ『明日の約束』(関西テレビ・フジテレビ系)の第2話が放送された。ネット上では仲間由紀恵、手塚理美が演じる「ゾッとする毒親」の姿に注目が集まっている。

 

■自殺した生徒は仲間はずれに?

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)

スクールカウンセラーの藍沢日向(井上)が不登校の男子生徒・圭吾(遠藤健慎)に告白されるが、翌日に彼が不可解な死を遂げ、その原因を調べ始める…というストーリーの本作。

第2話では、生徒や教職員が圭吾の自殺に衝撃を受ける様子が描かれた。表向きには平穏に見えた学校生活に綻びが生じ、動揺する生徒の言動から「圭吾がクラスで仲間はずれにされていた」という事実が浮かび上がる。

 

■娘の恋愛に「いやらしい」 毒親っぷりがスゴい

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)

前回の第1話では仲間の毒親演技に注目が集まったが、今回より視聴者を震撼させたのは手塚演じる尚子のほうだろう。

ある日、日向の恋人である本庄和彦(工藤阿須加)が家にやって来るが、日向は彼のことを尚子に伝えていなかった。

本庄の前では温和な雰囲気で、気に入った様子すら見せていた尚子。しかし、彼を送って来た日向が家に戻ってくると…

「あ~いやらしい。ママに隠れてこそこそ恋人作って」

 

「そんなことやってるから、偉そうにスクールカウンセラーなんて言ってて生徒を自殺させちゃうのよね」

 

と豹変。じつは彼女は、日向が幼い頃から彼女の行動を監視していたようで、ラストでは「明日の約束」と名付けられたノートの存在が明らかになる。

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)

それは日向の行動・態度改善のために、尚子が強制的につけさせていた交換日誌だ。その他、気に入らないことがあると感情的に罵る尚子の様子は、明らかに常軌を逸していた。

『明日の約束』で毒親役 仲間由紀恵の「ゾッとするエロス」が話題

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』

17日、井上真央(30)主演の連続ドラマ『明日の約束』(関西テレビ・フジテレビ系)が放送開始となった。

本作は井上が演じるスクールーカウンセラーの藍沢日向が、自分に告白してきた不登校の男子生徒が謎の死を遂げ、その真相を追っていくというストーリー。

スリリングなストーリーが展開された一方で、豪華な美人女優たちの熱演が早くも話題になっている。

 

■第一話はこんな感じ

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』

第一話では、日向が勤務する「椿が丘高校」の日常を追うことで、不気味な全体像が浮き彫りになった。登場人物の関係性から見ていくと…

・遠藤健慎(16)演じる不登校の少年圭吾の母・真紀子(仲間)のソフトな束縛

 

・山口まゆ(16)演じるバスケ部マネージャー増田希美香の母・麗美(青山倫子/38)の男癖の悪さ

 

・手塚理美(56)演じる日向の母・尚子の押し付けがましい母性

などだ。不健全な母性に支配された雰囲気の中、生徒と学校職員の日常に見え隠れする「不吉さ」が、ラストの「圭吾自殺」で一気に全体を包み込む。

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』

 

■毒親役・仲間由紀恵の美貌にゾッとする

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』

緊迫感あふれるストーリーの一方、ツイッターや匿名掲示板で話題なのが、謎の死をとげる男子生徒の毒親を演じた仲間由紀恵(37)の「ゾッとする美しさ」だ。

息子を監視しコントロールするような素振りを見せつつ、その態度はあくまで上品で柔和。潤んだ大きな瞳を持つ「変わらぬ美貌」と、ムッチリ感のある「人妻体型」。

そこはかとなく漂う狂喜に「怖いけど、きれい」「ふっくらしてエロいけど、ゾッとする」という趣旨の意見が多く見られた。

仲間由紀恵エロさが増してやがるぜ!!

— Kanta (@kanta3727) 2017年10月17日

母娘の交換日記も怖いけど、8才の子に「ママをイライラさせない」はキツイわ。みんなの闇が何らかの形で絡まってるのに、誰かが死をもって訴えないと解決しないって辛いね。仲間由紀恵さんのお肌ツルツル具合に目を奪われ、ヒステリーじゃない言い方が逆におぞましい#明日の約束

— ミナミさん (@ukobnan) 2017年10月18日

友だちが視聴継続決定と話してた昨日の「明日の約束」見た。怖い暗い重いの三重苦のうえに、仲間由紀恵さんの迫力に震える。美人の真顔ってホンマに恐ろしさ100倍。私も視聴継続決定!救いのあるラストでありますように…#明日の約束

— まあこ (@oishii_beer_) 2017年10月18日