京都

『わろてんか』ヒロインの妹を演じる19歳 大注目の女優・堀田真由の素顔に迫る

NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』で、葵わかな(19)演じるヒロイン・藤岡てんの妹(りん)を演じる、堀田真由(19)。

10月には、オムニバスホラー映画『狂い華』の中で『呪いうつり』に主演。母を亡くし、再婚した父と暮らす少女という難しい役をホラーテイストで見事に演じている。

しらべぇ取材班は、今もっとも注目の若手女優のひとりである彼女に、直接話を聞いた。

 

■笑いが絶えない『わろてんか』の撮影現場

数多くのお笑いタレントを抱える吉本興業の創業者、吉本せいをモデルにした『わろてんか』。撮影現場の雰囲気も、その題名のとおりだという。

堀田:「笑い」をテーマにしているので、ストーリー自体が見てくださる方も楽しいと思うのですが、演じている側も共演者やスタッフさんを含めて、とにかく誰かが笑っているような楽しい撮影です。

 

今まで出演させていただいた作品で、ここまで本番中に笑いを我慢して演じる現場は初めて。カメラが回っているときは、「素に戻って笑っちゃわないように」というのが、いちばん気をつけているところです(笑)

 

■滋賀県出身も活かして

そんな堀田の出身は、関西の滋賀県。今回の朝ドラの舞台にもほど近い。

堀田:『わろてんか』では京都篇に出演しているのですが、出身地とお隣ということもあって、それほど戸惑うこともなかったです。滋賀県の方言は京都に近く、やわらかい印象があるようで、はんなりしゃべる話し方は通じるものがありました。

 

とはいえ舞台は明治時代の京都なので、今知っている京都の言葉とはやっぱり違いもあります。ドラマの中で「私」のことを「うち」って言うのですが、私の地元とはイントネーションが違うんです。とてもよく出てくるセリフなのに、最初はなかなかうまく言えないこともありました。

 

ドラマは、てんとりんが暮らしていた京都から、大阪に舞台を移している。

堀田:今、ドラマは姉のてんちゃんが家を出て「大阪篇」なんですけど、妹のりんはお姉ちゃんが大好きな役なので、これからも様々な登場シーンがあります。楽しみにご覧ください。

『YOUは何しに日本へ』日本最大級の骨董市でYOUたちがGETしたお宝とは

13日に放送された『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)では、京都で開かれた骨董市・東寺の弘法市に訪れたYOUたちに密着。

東寺の弘法市は約800年前(1239年)から毎月21日に開かれている骨董市で、出店数は1,200店舗と国内最大級。そこには、お宝を探しに外国人がたくさん来ていた。

 

■お宝①:団扇

(画像は『Youは何しに日本へ?』のスクリーンショット)

広告デザインの学校を経営するイタリア人男性は、日本の古き良きデザインの発掘のために骨董市を訪れた。GETしたお宝は、70年以上前に作られた5,000円の竹団扇。6,500円のところを値切ったそうだ。

イタリアの彼が特に気に入ったのは、扇と柄の接合部分で、竹が細かく織り込まれており職人の技を感じる。高級な団扇は、江戸の絵師・歌川国芳なら8万円から45万円、同じく江戸の絵師・歌川広重なら350万円の値がつくことも。

団扇は学校に飾って、生徒たちにデザインの素晴らしさを伝えると語る男性。視聴者からは団扇の柄の美しさを褒めるツイートがあった。

うちわか納得だなしかもすげえええ綺麗だな#naratv #tvtokyo #YOUは何しに日本へ

— プチとあかほん@アイ♡濱中博(実況用垢) (@aihExpo4545) November 13, 2017

 

■お宝②:鯉のぼり

(画像は『Youは何しに日本へ?』のスクリーンショット)

日本に家族旅行でやって来たドイツ人一家が8,500円で購入したのは、鯉のぼり3色セット。日本に旅行をすると決めて調べていた時に、ネットの動画サイトで色とりどりの鯉たちが空を舞うのを見て、「欲しい」と心打たれたのだそう。

しかし、何故、鯉のぼりを飾るのかは知らず、『子供がすくすく育つように願いを込める』とスタッフが説明すると嬉しそうだった。

ネットでは、鯉のぼりが日本のお土産になることを喜ぶ人や、ドイツの庭ではためくであろう鯉のぼりのミスマッチさを面白がる人もいた。

鯉のぼりを日本のお土産にしてくれるってなんか嬉しいな #youは何しに日本へ

— わたなべ (@watter60996) November 13, 2017

ドイツの庭で鯉のぼり見たらビビるなーw #youは何しに日本へ

— mmmmiki (@ubmk38) November 13, 2017

会話は本音と建前? 京都府民の秘密に迫った『ケンミンSHOW』に「京都が怖い」の声

(hironakajima/iStock/Thinkstock)

9日に放送された、日本テレビ系バラエティ番組『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』では、連続転勤ドラマ『辞令は突然に…』を放送。今回は、京都府の秘密に迫った。

 

■本音と建前

京都府民といったら、上品で落ち着きがあり、会話からも気品が漂うイメージを持っている人も多そうだ。しかし、京都府民は会話に絶妙に「本音と建前」を使い分けている。その会話は奥が深く、ときには腹黒さを感じさせることも。

ドラマでは町内会の場面で、騒ぐ子供の母親に「おたくの子供さん元気でええねぇ~」と町内会長が声をかけた。

ところが、これは本当に元気だと思っているわけではなく「元気」というのは建前で本音は「うるさい」と感じている。思わず鵜呑みにしてしまいそうだが、府民同士では本音が伝わるようだ。

 

■褒めて不機嫌?

絶妙に「本音と建前」を使い分け奥が深い会話をする府民に対して、久本雅美が「なんか分かりづらくない? 子供に元気とかって」と本音を示すと、京都出身の千原せいじは…

「だから、『いつも綺麗ですね』と言われると機嫌が悪くなる女性がいる。『綺麗にしてはりますね』と年配の人に言うと若作りしやがってこの野郎という意味」

 

と、気をつけないと恐ろしい京都府民の会話を暴露した。

京美人の腹黒さは気遣いの美学? 『ケンミンショー』で京都の謎に迫る

(magicflute002/iStock/Thinkstock)

21日に放送された、人気バラエティ番組『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)

人気コーナーである全国美人探しを放送。今回は、京都美人の謎に迫った。

 

■なぜ京都には美人が多い?

京都は日本の中でも美人が多い地域として有名であり、「秋田美人」や「博多美人」と共に「京美人」「日本三大美人」と称されている。

京都に美人が多い理由は誰もが気になっているだろう。その理由を同志社大学・佐伯順子教授は…

「京都は『千の都』と言われ、実際1000年以上、日本の首都であり続けた。その洗練された都の文化に憧れて全国から美人が集まってきた。

 

そして、伝統文化の『茶の湯』や『生け花』の発祥の地であることから現在でも美意識が日常生活の中にも息づいているため洗練された女性が多く育ったと考えられる」

 

と語った。京都に美人が多いのは歴史的な背景が大きく関わっているようだ。

 

■美人も多いが腹黒い人も多い?

番組が京都に住む女性の特徴をインタビューしていると、「外ではニコニコしてるが腹黒い人が多い」という衝撃的な発言が飛び出した。

スタジオでは京都出身の三田寛子は自身の経験について、

「顔が美人でも大切なのは心だと教わった。物の言い方とかしつけの時に叩き込まれる。例えば、嫌いと言ってはダメ。相手に恥をかかさないために察してもらうための教育をされる」

 

と告白。単刀直入でない部分に腹黒さを感じる人も多いかもしれないが、その腹黒さは「気遣いの美学」でもありそうだ。

Apple 京都、京都経済センター内に2019年4月頃にオープンか 

京都に出店が予想されるAppleの直営店は、ストアスタッフの募集要項から京都駅・四条烏丸・四条河原町エリアに出店される可能性が高いと見られていたが、Macお宝鑑定団Blogによると、「Apple 京都」は京都産業会館およ […] 【続きを読む】

The post Apple 京都、京都経済センター内に2019年4月頃にオープンか  appeared first on デジノ杜.

Apple 京都、出店場所は京都駅・四条烏山・四条河原エリアか

Appleは京都に直営店の開店を計画していると見られているが、これまでは具体的な出店場所などに関する情報は一切なかった。 iをありがとうによると、「マイナビバイト関西版」にて「【ストアスタッフ】Apple 京都でのスペシ […] 【続きを読む】

The post Apple 京都、出店場所は京都駅・四条烏山・四条河原エリアか appeared first on デジノ杜.

秋に行きたい都道府県はどこ? ダントツ1位になった地域は…

(nicholashan/iStock/Thinkstock)

9月に入り、連日続いた猛暑も和らぎ、季節は夏から秋に突入。過ごしやすい気候となるだけに、旅行に出かける予定を立てている人もいるのでは。

しらべぇ編集部では全国の20代〜60代の男女1,349名に「秋に出かけたい都道府県はどこか」を調査。トップ5をランキング形式で紹介しよう。

 

■第5位 青森県(3.4%)

八甲田山や弘前公園など、紅葉が美しいスポットが多いことで知られる青森県が5位にランクイン。景色の良さに加え、リンゴ・梨・ぶどうなどフルーツも豊富だ。

冬は厳しい寒さとなるだけに、気候の良い秋に「訪れてみたい」と考える人が多いのかも。

 

■第4位 沖縄県(3.7%)

第4位は、紅葉とは無縁に近い沖縄県。一般的な「秋」を感じる機会は少ないことが予想されるが、それでも気候の良さが続くだけに、暑くもなく寒くもない沖縄を堪能したいという考えかも。

また、10月まで海で泳げるということも、高い魅力だろう。