京都府

巨大ヘビを段ボール詰めで放置! 身勝手な行動に怒りの声

(reptiles4all/iStock/Thinkstock)

犬や猫などのペットは、家族の一員。その愛おしい姿を見ることで癒やされ、明日への活力としている人も多いことだろう。

そんな「癒されるペット」の対象は、犬や猫だけではない。なかには、一般人からすると眉をひそめたくなるような爬虫類を愛する人も。

当然、ペットが猛獣であればあるほど飼い主がしっかり管理する必要があるのだが、途中で責任を放棄する人もいるのだ

そんな無責任な飼い主による事案が、また発生してしまった。

 

■ペットショップの店頭に危険な巨大ヘビ

事案が発生したのは滋賀県日野町。ペットショップの店頭に置かれたダンボールを店長が開けたところ、「引き取りをお願いします」という手紙とともに、なんと体長40センチの「ボアコンストリクター」というヘビが入っていたのだ。

中身を確認した店長は通報し、警察が所有者を探しているという。ボアコンストリクターは体長3メートルまで成長する外来種で、動物愛護法によって特定動物に指定される。

毒はないものの人間に危害を及ぼす可能性があるため、飼育の際は都道府県の許可が必要だ。

危険とわかっていながら飼育し、飼いきれなくなり放置したものと思われるが、非常に責任感のない行動と言わざるをえない。

なお、放置した人間が「許可を得ていたかどうか」は不明だ。

 

■ネット民からは怒りの声

身勝手な飼い主の行動に、ネット民からも怒りの声が噴出している。

「許可をとってないからそんなことをしたのでは?」

 

「動物を飼う前に、しっかり覚悟を決めろ。それができないなら飼うな」

 

「逃げていたら外来種を日本に放つことになっていた。ペットショップでまだマシだった」

 

「命を軽く考えている人間は動物を飼うな」

 

■若者はペットを衝動買いしがち

今回のようにペットを飼いきれなくなり、野に放つケースは多いと言われる。それもこれも、ペット飼う際に「命を預かる」という覚悟がないから。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の犬や猫をペットショップで買ったことがある人452名を対象にした調査では、20代の28.6%が「衝動でペットを購入したことがある」と回答している。

もちろん衝動で購入したとしても、責任を持って最後まで飼う人がほとんどのはず。しかし中には、きちんと育てる覚悟を持っていない人もおり、飼いきれなくなり捨ててしまう人もいるだろう。

最後まで看取る覚悟のない人に、ペットを飼う資格などない。

・合わせて読みたい→衝動的にペットを購入する人に懸念…プロが指摘「飼う資格ない」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 

  調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日

  対象:全国20~60代の犬・猫をペットショップで購入したことがある男女452名(有効回答数)

もっともラーメンが美味しそうな都道府県はどこ? トップ8を一挙紹介

全国津々浦々で、さまざまな個性を輝かせているラーメン。日本の国民食といっても過言ではないほど愛されている。

しのぎを削っている「ご当地ラーメン」だが、実際にラーメンが美味しそうと思われている都道府県は、どこなのだろうか?

しらべぇ編集部は、全国20〜60代男女1,349名を対象に調査を実施した。以下、ランキング形式で紹介しよう。

 

■7位:神奈川県 8位:京都府

47都道府県の中で、8位に入ったのは、人気チェーン店となった『天下一品』を産んだ京都府。京都駅近くの『新福菜館』など、京都ブラックラーメンなども人気だ。

わずかに京都を上回ったのは、神奈川県。豚骨醤油スープで全国区になりつつある「家系ラーメン」は、横浜市内に今もある『吉村家』が発祥だ。

 

■5位:茨城県 6位:熊本県

6位の熊本県は、白濁した豚骨スープにニンニクを炒めたマー油やニンニクチップがのる熊本ラーメンが人気。『桂花ラーメン』や『こむらさき』、『黒亭』など、名店も多い。

意外にも5位に入ったのは、茨城県。まだまだ知名度は低いが、ラーメンの上にレバーや野菜を炒めた「スタミナラーメン」が新しいご当地ラーメンとして頭角を現し始めている。

修学旅行、どこに行った? 全国1200名調査で圧倒的1位はやっぱり…

(MosayMay/iStock/Thinkstock)

学生時代最大のイベントといえば、やっぱり修学旅行。地域によって、目的地はさまざまだ。

そこで、しらべぇ編集部では、全国の20代~60代の修学旅行に行ったことのある男女1,277名に、「修学旅行にどこに行ったか」を調査。

結果をランキング形式で紹介しよう。

 

■第5位 沖縄県(4.2%)

第5位は沖縄県。

美しい海や首里城・国際通りなど、人気スポットの多い沖縄は、修学旅行地としても人気がある。

また、修学旅行で平和教育を行う学校も多く、ひめゆりの塔など太平洋戦争時の歴史を学ぶことができる点も選ばれる理由だろう。

 

■第4位 長崎県(4.6%)

こちらも南国で温暖な長崎県が第4位。

異国情緒溢れる町並みや、海も山も美しく、食べ物も豊富な点が支持されているのかも。

そして沖縄と同様、長崎県も平和公園や原爆資料館など、歴史を学ぶスポットが多数ある。

 

■第3位 北海道 (5.5%)

第3位は、観光地として人気の高い北海道。

札幌はもちろんだが、函館や旭川、『北の国から』で知られる富良野など、数多くの名所を持つ北海道だけに、修学旅行地としても人気のよう。

美味しいラーメンや海産物を食べ、スキーやスノボなど、ウインタースポーツを楽しんだ経験を持つ人もいるのではないだろうか。

 

■第2位 東京都(12.1%)

第2位は日本の首都・東京都。

関東地区以外の学生にとっては、憧れの場所でもあるだけに、修学旅行地に設定されることが多いようだ。

ちなみに、東京都を修学旅行で訪れた人を地域別に見ると、トップは東北地方。新幹線や飛行機など交通の弁が良く、比較的近いということも、票数が多い原因の1つかもしれない。

 

■第1位 京都府(30.6%)

2位に10ポイント以上の差をつけてダントツの1位となったのは、やはり京都府。

やはり金閣寺や銀閣寺、清水寺ほか見所も多く、日本の歴史を学ぶことができる京都は大人気だ。

長年修学旅行地として親しまれることで、受け入れ体制が整っていることも大きいだろう。

中には「海外旅行」という人もいる修学旅行。あの頃行った場所に再び訪れてみたら、新しい発見があるかも。

・合わせて読みたい→就職や転職時のネット書き込み 参考にする人の増加で企業も対応

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の修学旅行に行ったことのある男女1,277名(有効回答数)