人工未知霊体

タルパという幻影を作り出す方法

 

『タルパ』とは、チベット密教の秘術で、修行を極めた者のみに伝えられる奥義だとか・・・。

 

タルパを日本語で言えば、『人工未知霊体』となる。

 

つまり、人間が「無」から霊体(幻影)を作り出してしまう方法です。

 

その手順を以下に紹介します。

この秘術を極めると・・・

まず、あなたが理想とする人間を想像します。

 

イメージに揺らぎ(迷い)が出ないよう、全体のバランスを取りながら、細部まで想像します。

 

そして、人格も同じように細部まで想像します。

 

この秘術のポイントですが、「頭の中の世界」で想像するのではなく、“現実世界に重ねて想像する”のです。

 

「今、自分の目の前に理想の恋人がいる」、と想像します。

 

何か、とても簡単で、どこも特別ではないような気もしますが、「現実世界の上に重ねて想像する」というのは、簡単なようでいて、意外と誰もしないのです。

 

実際にやってみると、えらく難しいのが分かります。

 

細部まで想像出来るようになるには慣れが必要ですし、全体を捕らえながらやろうとすると、また難しいのです。

 

そして、理想の恋人をただ想像するだけでなく、「人格の形成」も同時に行っていきます。

 

恋人を「動かす」のです。

 

例えば、恋人と「会話」をしてみましょう。

 

もちろん最初は、あなたが恋人のセリフを考えて、一人で二人分の会話をスムーズに頭の中に流さなければなりません。

 

そして慣れてきたら、会話の内容も細部にこだわっていきます。

 

会話をする時、例え自分が考えたセリフだとしても、「恋人に喋らせる」事を忘れないでください。

 

恋人のセリフも、「この人ならこう答えるに違いない」とか、「この人は頭が良いのだから、ここまで考えて喋るはずだ」、と考えるようにします。

 

そのうち慣れてくると、自分が考えて喋っているのか、恋人が考えて喋っているのか、これらが全く分からなくなってきます。

 

そうして最後には、恋人自身があなたの力を借りずに喋り始めます。

 

(終)

The post タルパという幻影を作り出す方法 appeared first on 怖いもん通信.

タルパという幻影を作り出す方法

 

『タルパ』とは、チベット密教の秘術で、修行を極めた者のみに伝えられる奥義だとか・・・。

 

タルパを日本語で言えば、『人工未知霊体』となる。

 

つまり、人間が「無」から霊体(幻影)を作り出してしまう方法です。

 

その手順を以下に紹介します。

この秘術を極めると・・・

まず、あなたが理想とする人間を想像します。

 

イメージに揺らぎ(迷い)が出ないよう、全体のバランスを取りながら、細部まで想像します。

 

そして、人格も同じように細部まで想像します。

 

この秘術のポイントですが、「頭の中の世界」で想像するのではなく、“現実世界に重ねて想像する”のです。

 

「今、自分の目の前に理想の恋人がいる」、と想像します。

 

何か、とても簡単で、どこも特別ではないような気もしますが、「現実世界の上に重ねて想像する」というのは、簡単なようでいて、意外と誰もしないのです。

 

実際にやってみると、えらく難しいのが分かります。

 

細部まで想像出来るようになるには慣れが必要ですし、全体を捕らえながらやろうとすると、また難しいのです。

 

そして、理想の恋人をただ想像するだけでなく、「人格の形成」も同時に行っていきます。

 

恋人を「動かす」のです。

 

例えば、恋人と「会話」をしてみましょう。

 

もちろん最初は、あなたが恋人のセリフを考えて、一人で二人分の会話をスムーズに頭の中に流さなければなりません。

 

そして慣れてきたら、会話の内容も細部にこだわっていきます。

 

会話をする時、例え自分が考えたセリフだとしても、「恋人に喋らせる」事を忘れないでください。

 

恋人のセリフも、「この人ならこう答えるに違いない」とか、「この人は頭が良いのだから、ここまで考えて喋るはずだ」、と考えるようにします。

 

そのうち慣れてくると、自分が考えて喋っているのか、恋人が考えて喋っているのか、これらが全く分からなくなってきます。

 

そうして最後には、恋人自身があなたの力を借りずに喋り始めます。

 

(終)

The post タルパという幻影を作り出す方法 appeared first on 怖いもん通信.